カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 4周年 | トップページ | 家族で奥飛騨方面・高山旅行~乗鞍編~ »

2019夏休み企画第1弾~家族で奥飛騨方面・高山旅行・1日目~

 息子は今年高校2年。夏休みとはいえ、補習やら宿題やらで結構忙しそうで、高校2年でこの調子なら、3年生になれば受験活動なども入ってきて家族旅行もままならないぞ、ってことで、息子の休みの短い間隙をぬって、8月8日~10日の2泊3日の日程で家族旅行に行ってきました。

 行先は、飛騨高山と新穂高、乗鞍方面です。

 前々任校に勤めていたとき、あるクラブが全国大会に出場したのですが、そのときの会場が岐阜県高山市。観光もかねて同僚の先生方と応援に行ったのですが、そのときの高山の印象がとても強く、帰宅して妻にそのことを言うと、「私も行ってみたい。」と即座に言いました。ところがその後、なかなか行く機会がなく…

 それから15年の歳月が過ぎ……

 ようやく今回目的を達成できることになりました。

 高山に旅行先を決めたのは、家族3人の休日と、日程の中日にちょうど高山の有名なイベントである「高山手筒花火大会」と重なったことが決め手になりました。まあ、たまたま高山をネットで検索していて、この花火大会のことを知ったのですが、この花火大会を観れたのはラッキーでした。

 それと、もうひとつは乗鞍。

 私が新任だった頃、当時私は2年生の受け持ちで、翌年の3年生の修学旅行が乗鞍高原方面だったのですが、夏にその下見に行ったときのこと。修学旅行の行程には入っていない、乗鞍山頂にも行ってみようということで行ったのですが、山頂近くのバスターミナルである「畳平(たたみだいら)」付近が濃霧に覆われ、登頂断念を余儀なくされて、いつかは山頂に登ってみたいと思ったのでした。ところがその後、なかなか行く機会がなく…

 それから35年の歳月が過ぎ……

 ようやく今回目的を達成できることになりました。

 今回の旅行は、それぞれの積年の思いがようやく叶ったものとなりました。まあ、息子は無理やり付き合わせた感は否めませんが(^^;

 それから、旅行初日。最初は白川郷に行こうと思ったのですが、妻のリクエストで新穂高方面へ行き先を変更。

 白川郷と言っても、夏は暑いだけやしねえ、との妻の一言に、妙に納得(^^; 

 

 というわけで…

 

 8月8日の午前6時過ぎに出発。近畿圏内の渋滞を回避するために出来るだけ早い目に出発して、早く現地に到着したいとの考えです。

 近畿道から第2京阪道路、京滋バイパスから名神高速道路、東海北陸道を通るルートですが、6時過ぎに出たにも関わらず、案の定京滋バイパスで渋滞。まあ、これは計算済み。予定通り、午前9時過ぎには東海北陸道に入ることができ、11時前に高速を降りて、高山市内経由で新穂高ロープウェイ乗り場に到着したのは、午後0時を少し過ぎた頃でした。

 新穂高という観光地は、メジャーなのかマイナーなのかはよくわからないのですが、要は穂高連峰を岐阜側から観光するための施設。これが長野側からだと、あの有名な上高地になるわけです。

 ロープウェイは、新穂高温泉~鍋平高原間の第1ロープウェイと、乗り換えて、しらかば平~西穂高口間の第2ロープウェイに分かれています。新穂高温泉に車を停めて第1ロープウェイに乗る方法と、少し車で山を登って、しらかば平駅から第2ロープウェイに乗る方法の2通りがあり、料金は往復でなんと100円しか変わりません。なので、第1ロープウェイから乗ろうと思いましたが、生憎駐車場が満車ということで、仕方なく第2ロープウェイに乗るべく、しらかば平駅横の駐車スペースに車を停めて、第2ロープウェイに乗車。

67957063_668574150234263_312347780595895

P8080076

 これがしらかば平駅です。ここからロープウェイに乗って…

67631974_668580990233579_629645721453828

68492463_668574190234259_363740886813428

 ロープウェイ山頂の、西穂高口駅着。

 ここは標高2156mとのことですが、ここが西穂高岳に登るためのスタート地点にもなっています。

67659381_668574316900913_338116574625084

 駅舎の屋上にある、展望デッキです。

 当日は実に天候が良くて、見晴らしは最高でした。

68319315_668574283567583_592184464365322

 西穂高岳。

67632925_668574230234255_444695212688251

 奥に見えるトンガリ山が、あの有名な槍ヶ岳です。

 この展望デッキには、

68753494_668574346900910_674823376056877

 標高で最高地点にあると言われる、郵便ポストが設置されています。

 私たちは、しばらく展望デッキで風景を楽しんだ後、帰りのロープウェイに乗り、しらかば平駅で、少し遅い目の昼食を取りました。

 当日の宿は、奥飛騨温泉郷のひとつ、平湯温泉に宿泊予定。新穂高からはそう時間はかからないということで、宿に行く前に平湯大滝を訪れました。

P8080092

 どうせついでだからと侮っていましたが、なんのなんの、関西ではなかなか見ることが出来ない雄大な滝の風景に、家族3人とも心を癒されたのでした。

 午後4時に、平湯温泉の宿に到着。少し早い目にチェックインしました。

P8080160

 1泊目にお世話になった、旅館「たなか」さんです。夜の撮影なので、暗くてよくわからないですね(^^; こじんまりとしたお宿でしたが、露天風呂が完備されていて食事も最高でした。宿の中は写真撮ってなかったな~。すみません。

 というわけで、2日目はまた後日。

                                          その2へ続く

 

 

 

« 4周年 | トップページ | 家族で奥飛騨方面・高山旅行~乗鞍編~ »

家族のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4周年 | トップページ | 家族で奥飛騨方面・高山旅行~乗鞍編~ »