« アーカイブ釣行記34~兵庫県明石一文字 2011.10.29~30 | トップページ | 楽マジブログ、条件限定で復活します »

アーカイブ釣行記35~兵庫県南あわじ市福良漁港 2011.11.23

~2011カレイ釣り第2戦~

 11月23日(水)は勤労感謝の日で休日。一方、kisu356さんは会社の定休日ということで休日が久しぶりに一致。本当ならば四国の南へレアな魚種を狙いに行く予定であったのであるが、当日は生憎の雨模様の予報。そんなわけで四国釣行はあきらめたが、折角休日が一致しているのだから、カレイでも狙いに行きましょうか、ということで、全日本カレイの当日にカレイが好調だった南あわじ市福良へ行くことになった。ここのところカレイ狙い3連敗中のkisu356さんと、前回のカレイ釣りで好釣果を得た私の組み合わせ。果たして結果はいかに???

 前日の火曜日、kisu356さん方に午後10時に向かい、エサ店を経て釣り場に到着したのが、水曜日の午前0時過ぎ。全日本カレイの当日に好調だったので、さぞ釣り人は一杯だろうと思い釣り場に向かうと、意外にも誰もいない。少し肩透かしを食った感じにはなったが、とりあえず場所だけは押さえて車に戻って宴会と仮眠。

111123enkai1

 kisu356さんは黒霧島のお湯割り。

111123enkai

 私はいいちこのお湯割りとコンビニで買ったベーコンで一杯。寒空の中で飲む焼酎のお湯割りがまた、五臓六腑に染み渡る(^^;釣りはこんな楽しみもあるから良いですね。
      二人とも、一合ほどの焼酎を飲んで、ほろ酔い加減で即仮眠。
      気持ち良く寝れました。

 さて、いよいよ釣り。二人とも、午前5時半頃に起床。早速竿を出すことに。

111123asayake

 美しい朝焼け。あれ?雨の予報じゃなかったっけ?もしかすると、これから天気が崩れていくのかな?

 意外にも朝から快晴に恵まれ、風もほとんどない、いわゆる「カレイ日和」。これはちょっと期待できるのではないだろうか。二人ともワクワクしながら手返しをした。

111123katabirakarei1

 まず手始めはkisu356さん。木っ端カレイとキスのダブルに、kisu356さんは思わず苦笑い?。
 いやいや、カレイがいることががわかって、テンションは上がりモード。

111123katabirakarei2

 またまた、kisu356さん。今度は30センチオーバーです。
 ちなみに、エサは青イソメ。

111123twoshot

 kisu356さんがこの日最大の37センチを上げた直後に、ようやく私にもカレイが!! サイズは29.5センチ。持ち帰って魚拓をとることに・・・・(拓寸 30.3センチ)
      両方とも、やはり青イソメに釣れた。

111123katabirakarei3

 ちょっと小さめだが、kisu356さんにもう1匹。今日は絶好調のkisu356さんです。
 これも青イソメのエサに来た。もしかすると、今日のアタリエサは青イソメかな?

111123katabiramattari

 まったりとアタリを待つkisu356さん。これぞカレイ釣り!といったスタイルです(^^)

 時合いがあるようでない、強いて言えば、下げ潮のさなかに食っているということ。(干潮は午前10時40分)。これは、込みに変わるとどれくらい釣れるのやら? 期待感が嫌でも膨らんでくるが、唯一の不安点は、アタリエサが青イソメっぽいということ。二人とも青イソメは500円分しか持参していなくて、次の時合いに備えて、青イソメの節約を余儀なくされた。ところが、込み潮に変わるとアタリが全くなくなってしまった。近くのコンビニでおでんを買ってきて二人で食べたり、ラーメンを作って食べたりと、食べる方優先にして時合い待ちをしたが、一向に当たる気配がなし。それどころか、この頃から船がやたらと波止の際を通りだして、引っ掛けられること数回。ひどいときにはほぼすべての竿を引っ掛けて、私の竿があやうく水没しかけた。幸いにも玉網で浮いていたタックルを引っ掛けて回収できたが、ちょっと腹が立ったのは、知らずに引っ掛けたならまだしも、引っ掛けたことを自覚してこちらを見ているにもかかわらず一言も声をかけずにスルーしていく船が多かったということ。相手は職漁船、こちらは遊魚者ということであまり強くは言えないが、それにしてもあまりにも開き直った態度に釈然としない二人であった。よほど釣り人に対して恨みがあったのかな?

 さて、午後になってもアタリはやはり出る気配がない。多く持参したマムシで時合い待ちをしていたが、もちろんこれで釣れるわけもなく・・・・・とりあえずは夕方の満潮まで粘ってみましょうということで、ゆっくりと打ち返しを続けた。

111123kisudaburu

 時折キスが釣れてきたりで、それなりに魚の気配はあったのだが。

 満潮の一時間前の午後3時過ぎ、私が数少ない青イソメでの集中攻撃をかける前に、kisu356さんにいただいたカレーうどんを食べていたそのとき!!

111123katabirakarei4

 アチャー! 時合いはすでに訪れたようだ。釣れてきたのは立派なランクサイズ、32センチのマコガレイ。あわてて私も打ち返しをしたが、その後カレイは釣れず、午後5時まで粘ってようやく納竿した。

111123katabirasukari

 kisu356さんはスカリを持参されていて、釣れたカレイすべてを生かしておかれた。なかなか迫力のある釣果?

111123katabirakarei5

 kisu356さん、ランクサイズのマコガレイを手に。kisu356さんは、これでようやくカレイ戦連敗をストップ。

111123yuyake

 結局、夕暮れまでねばってしまいました(^^;

 私にはカレイは1匹しか釣れなかったが、キューセンが来たり、シロギスが来たりで、それなりに楽しい釣りであった。それよりも、kisu356さんと二人で、おでんをつっついたりうどんを食べたり、アホな話をしながら楽しく釣りをできたのが一番よかったかも? この日は雨の予報だったが、結局納竿まで雨は1滴も降らず。天候にも恵まれて、楽しい釣りになった。

 ちなみに、マコガレイの卵の入りは6~7分といったところ。この分だと、12月の上旬あたりがピークになるかも? 少々往来する漁船には気を遣わなければならないが、それ以外は至ってのんびりと釣れる福良周辺に、あなたも釣行してみませんか?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

« アーカイブ釣行記34~兵庫県明石一文字 2011.10.29~30 | トップページ | 楽マジブログ、条件限定で復活します »

アーカイブ釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/60903689

この記事へのトラックバック一覧です: アーカイブ釣行記35~兵庫県南あわじ市福良漁港 2011.11.23:

« アーカイブ釣行記34~兵庫県明石一文字 2011.10.29~30 | トップページ | 楽マジブログ、条件限定で復活します »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ