« アーカイブ釣行記1~愛媛県北条港 2007.11.22 | トップページ | アーカイブ釣行記3~兵庫県西宮市武庫川尻 2008.3.8 »

アーカイブ釣行記2~三重県熊野市 2008.1.19

~カワハギはサビキ君が好き~

 1月19日は、萩山氏と熊野へカワハギを狙いに行った。18日の夜8時に岸和田の萩山氏を迎えに行き、南阪奈道経由で国道169号線に入る。先日来の寒波の影響で169号線が凍結の恐れがあるため、状況をみて最悪松坂回りも考えたが、幸い問題なく通過でき、日が変わる頃に港に着いた。
 6時半に目的の磯に渡る。風も弱く釣り日和の感じがする。萩山氏とともに期待に胸を膨らませて道具の準備。実は今日は前から実行しようと思っていた仕掛けを用意した。

Amikagotenbin2_2


Sabikikun_2

 冬のカワハギは特定の場所で群れていると思われ、、本当は引き釣りで探る方が
良いのだろうが、それよりも餌取りの少ないこの時期は撒き餌をして魚を寄せる方が良いのでは?という単純な考えからのものだ。市販のL型テンビンにオモリ入り撒き餌カゴをつけたのだが、竿の負荷(DXを使用)に合った号数がなかったので、20号の撒き餌カゴに糸オモリを巻いて25号程度にチューニング、それに撒き餌(丸キューサビキ君)を詰めれば27号程度になる。 
       丸キューのサビキ君は、三角形のパッケージの先端を切ると、カゴに手を汚さず餌を詰められる仕組みになっているので、大変便利である。アミエビに各種配合餌も混ぜられてあるので、やわらかめの練り餌のような感覚。魚の寄せもよく、餌持ちも良いと考えた。このテンビン、使用してみて気づいたが、意外に遠投もできる。足場が悪い磯で私が投げても100m程度は飛ぶ。それに、カワハギの場合はオモリが着底したら空アワセをしたが良いとされるが、この仕掛けは空アワセが撒き餌を撒く効果があるとも思われる。この仕掛けを今後は色々な場面で使用してみようと思う。

 さて本題だが、私は3本(うち、1本はアミカゴテンビン使用)萩山氏は2本の竿を出す。私が1本目のアミカゴ仕掛けを投げて2本目を投げ終わった後、1本目の竿にさっそく竿先をひったくるアタリが出た。まさか1投目からアタリが来るとは思っていなかったのであわててしまい、思わず早アワセをしてスカ(>_<) 気を取り直して3本をセットした。途端にまたアミカゴ竿にアタリ。今度は一呼吸置いてしっかりと合わせた。久しぶりにカワハギ特有の締め込みを味わいながら上がってきたのは待望のカワハギ24㎝。本来は放流だが、1匹目なのでお土産確保でキープ(^^; ランク物ではなかったものの、1匹釣れて少しほっとした。
       8時頃、萩山氏が大きく竿を曲げた。足元には28㎝はあろうかというカワハギ!だが、残念ながら足元でバラシ。お互いに初めからついていないことこの上ない。私は1匹釣れて少し余裕が出たのか、次のアミカゴ竿のアタリはさらにじっくり落ち着いて合わせることができた。早合わせをしなくても、置き竿で待って合わせることができる典型だ。

  「萩山さん、めっちゃ重たいわー!!」

 
 一瞬、30㎝オーバーが来たかのような重量感が手元に伝わってきた。ご存知だと思うが、カワハギの締め込みはかなりきつい。独特の段引きのような締め込みがたまらなくてこの釣りをする人が多いくらいだ。それも、根ガカリのような締めこみだったので、大いに期待して取り込んで見ると・・・・・なんと、26㎝オーバーのダブル!! 長年カワハギを狙っているが、ランク物のダブルは初めて(^o^) どおりで重いはずだ。なんだかうれしいような、残念なような複雑な心境。
でも、とりあえず釣れて、うれちい(~o~) さて、次のアタリもアミカゴ竿。取り込むと、本日最長寸の拓寸28cmと22㎝の、またまたダブル! さてさて、次もまたまたアミカゴ竿。これは27㎝。今日は一体どうなっているんやろ? 何匹釣れることやら・・・・  アミカゴ仕掛けが功を奏しているようだ。そこで、H氏にもアミカゴテンビンを使用してもらい、2人でアミカゴ撒き餌釣法の絨毯攻撃をかける。

Kawahagi26over08120_2


Kawahagi2801120_2


Rankdouble01120_2


 ところが、釣りというものは不思議なもので、何匹釣れるのか?なんて考えると釣れなくなるものだ。その後は食いが渋くなった。萩山氏には未だにランク物が来ない。二人とも時折20㎝前後が来てはリリースを続ける。昼を過ぎて、萩山氏が近投で良いサイズを釣るが、残念ながら25㎝。それをヒントに私も近くにアミカゴ竿を放り込むと、なんということか、すぐに26㎝が来た。それが1時半。 うまくいかないもので、その後萩山氏にはとうとうランク物は来なかった。「オカズが釣れたらええねんよ。」と言って笑う萩山氏の笑顔が心を和ませてくれた。そして、2時に迎えの船が来るのでやむなく納竿。
 
 結果的に見ると、カワハギが釣れたのはほとんど(ランク物はすべて)アミカゴ竿。今回はたまたまかもしれないが、普通のテンビン仕掛けには餌取りも来ず、餌がそのまま上がってくるのに対し、アミカゴ竿はほとんどと言って良いほど餌を取られたことから、魚を寄せる効果は十分あったように思う。すべての釣りに生かせるかどうかは疑問だが、餌取りが少ない時期のクロダイ狙いとか、キューセン、カワハギ狙いなどの際に試してみたい。

Hagiyamakawahagi01120_2

Minatonite01120_2



« アーカイブ釣行記1~愛媛県北条港 2007.11.22 | トップページ | アーカイブ釣行記3~兵庫県西宮市武庫川尻 2008.3.8 »

アーカイブ釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/59889869

この記事へのトラックバック一覧です: アーカイブ釣行記2~三重県熊野市 2008.1.19:

« アーカイブ釣行記1~愛媛県北条港 2007.11.22 | トップページ | アーカイブ釣行記3~兵庫県西宮市武庫川尻 2008.3.8 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ