« 天井を見ていた午後 | トップページ | アーカイブ釣行記2~三重県熊野市 2008.1.19 »

アーカイブ釣行記1~愛媛県北条港 2007.11.22

 ~ランク物はコッパガレイ~

P1150052

平成19年22日の夜から、クラブの萩山氏、藤井氏と共に愛媛方面へ釣行した。
 境水道も気になったり、近辺の明石付近でも大型イシガレイが釣れているとあって行き先を迷ったが、以前から愛媛方面でカレイ狙いをしたかったので、私が愛媛方面を提案して2人の了解を得た。

 行きは瀬戸大橋を渡り、伊予インターで降りた後、とりあえず愛媛瀬戸内側の西方面からということで、長浜から晴海埋め立て、拓海埋め立て等から戻る方向で釣り場を検討、下灘町の豊田漁港が雰囲気もよかったので(実績ではなく、いつもこんな感じで釣り場をめるので、ドジを踏むのかも・・・・)明け方から萩山氏、藤井氏は大波止の最初の曲がり角付近、先端に近い曲がり角で私が竿を出した。夜明け直後から餌取りは時々あるものの、本命どころか対象魚が1匹も釣れない。藤井氏がなんとモンゴウイカを釣る始末。結局私は、1回のアタリをとって、28cmのマダイ、ではなくチャリコ(^^; 萩山氏は釣果なしという結果で、11時頃に場所を変える決断をした。やはり、この近辺はカレイには早かったか・・・・・ しっかりと情報収集してから来るべきだった。

 一度松山市内にもどり、昼食をとった後、釣具のダイシンさんに立ち寄って情報を仕入れた。やはり、松山市内や北条方面が良いとのことであった。北吉田の大波止、帝人埋め立て等を見て回ったが、もうひとつインスピレーションがはたらかない。ところが今年の私は、このインスピレーションが曲者(^^; はたらいたところで釣ったためしがない。そのことが脳裏をよぎったが、ええいままよ!! と、以前から気になっていた北条方面へ行こうと私が提案。

萩山氏 「春にはアイナメのええサイズを釣ったけどな。秋はわからんな。」
藤井氏 「潮が速くて釣りにくいですよ。僕は釣ったためしがないですよ。えー、ほんまに行くんですか?」

 まあ、二人とも気のない返事であったが、提案を押して、無理やり二人を北条に連れて行く。ところが、まさかこの曲者インスピレーションがここ北条ではたらくとは。場所は、北条港の埋め立て地の左角。萩山氏が良型アイナメを釣ったポイント。そこに萩山氏が入り、続く埋め立て地の右方向に、藤井氏、私の順に並んだ。時間は午後2時半頃。

 藤井氏の言うように、とにかく潮が速い。対岸に鹿島という島があるが、その水道筋にもあたるためだろう。特に今日は大潮なので、まるで小鳴門海峡で釣りをしているような気分だ。風が強い上に、埋め立てに積んである砂も巻き上がり、テンションは軒並み↓  ところが、おそらく潮が緩んできた頃だろうか。萩山氏の釣り座の横にある灯台の側で風をよけながら話をした後、釣り座に戻って餌の点検で巻き上げてみると、1本の竿がやや重い。巻き上げてみると、なんとピラピラとコッパガレイが舞っている。それぐらい薄っぺらいカレイ。

私 「萩山さん、コッパガレイですわ。」

 とりあえずカレイが誰かに釣れるとテンションが上がるもの。それを報告した後、メジャーを当ててみると、あれま!! 29.5cm。もしかすると拓寸でAランクあるやん(^^; 私がカレイを釣るときは、まあこんなもん。カレイのアタリ、ようとらん。まあ、強風でわからないのも無理ないが・・・
 ところがである。劇的場面はその約1時間後に待っていた。時間は午後4時過ぎ。3人が見ている目の前で、萩山氏の近投の竿の竿尻がパカーンと、それは見事に浮いた。あわてて竿に飛びつき、大アワセをして必死に巻き上げる萩山氏。手前のかけ上がりが意外に厄介なので、精一杯の高速巻取り。ところが近投なのになかなか浮いてこない。時間にしてどれくらいかかっただろうか。ようやく姿を見せたのは、なんとでかいマコガレイ!



 まさかそんなサイズが釣れるとは思っていなかったので、3人とも玉網を出していない。どうしようかと考えるまもなく、萩山氏はそれを思い切りよく一気にゴボウ抜きしていっちょ上がり。実寸43㎝の見事なマコガレイであった。
 その後はアタリもなくなったが、合間に萩山氏は用意していた「魚拓セット」で魚拓を取り、拓寸44センチの、マコガレイクラブ記録と相成りました。私のカレイもついでに取ってもらって、上記の拓寸達成!!
たとえ特別大物回りになっても、魚拓サイズはうれちい(~o~) 
私のインスピレーションも少しは役に立ったのかな? 
 24日朝も同場所で粘ったが釣果なく、昼過ぎに西瀬戸道経由で帰阪。

本日の言葉・・・・ あのアタリなら、私にもわかる(^^;

« 天井を見ていた午後 | トップページ | アーカイブ釣行記2~三重県熊野市 2008.1.19 »

アーカイブ釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/59888908

この記事へのトラックバック一覧です: アーカイブ釣行記1~愛媛県北条港 2007.11.22:

« 天井を見ていた午後 | トップページ | アーカイブ釣行記2~三重県熊野市 2008.1.19 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ