« のっぴきならない装具です | トップページ | 天井を見ていた午後 »

小保方晴子さんを本当に責めるべきか

 私は一応中学校で、理科教育の端くれを担っているつもりです。ですが、だからと言って、STAP細胞のことについては記者会見を観ていてもちんぷんかんぷんで、とても理解出来るレベルではありません。そのレベルでのお話ということで・・・・

 要するに、簡単に言ってしまえば、ある特定の細胞を特定な処理をすれば、無限の可能性を秘めた細胞を作り出すことができ、それをSTAP細胞と名付けた、そういうことになると思います。

 研究自体はとても魅力的で、もし本当にそれが実現すれば、iPS細胞とタッグを組んで、世の中の色々な病魔をやっつけていくことが可能なのではないかと思います。もしかすると、パラリンピックというものの存在自体なくなることも可能ではないでしょうか。これ、皆さん意味がおわかりですか? そして、皆さんもおそらくそのような目で見られていたのではないでしょうか。

 ところが、このたびのことでは、どうも論文が世に出る方法が良くなかったみたいです。他人の文章を無断で引用したり、前の論文の写真を引用したり・・・・・それがそもそも言われ出したのは、他の科学者が再現実験を試みるも、全くうまくいかなかったところから始まっているわけです。本当にこのSTAP細胞を作り出すことが出来るのか、論文はねつ造ではなかったのか。そういう意見が内外から出始めた・・・・・そこで、やり玉に挙がったのが、その研究を担当するユニットのリーダー、小保方晴子さんです。

 世間では、この小保方晴子さんを悪く言う方が多くおられるようですが、本当にそうでしょうか。確証があるわけではありませんが、私はそうでないような気がしてならないのです。小保方晴子さんを前面に押し出して、スクープを取ろうとした、そういった意図が見え隠れするような気がするのです。皆さん、冷静になってよく考えてください。それほど重大なミスを犯した論文が数々の目をかいくぐって世に出たこと自体、おかしいと思いませんか? どこの目もかいくぐって、世に出たわけですよ。野依さんという、ノーベル化学賞を受賞した方が長をされる理研が、この論文をいとも簡単に世に出してしまっていること自体が、私は不自然という気がしてなりません。それで私は思ったのです。小保方さんも、もしかすると被害者かもしれないと・・・・

 STAP細胞のことがニュースになるやいなや、小保方さんは、リケ女(理系の女子)とか割烹着を着た科学者、そして、美人ということで、一躍時の人になりましたよね。そんな小保方さんがSTAP細胞を完成させたら大ニュースになるわけですよ。ですが、聞くところによると、リケ女は内部から発せられた言葉っぽいですし、割烹着もやらせだったという話すらあります。

 皆さん、STAP細胞は今のところ論文取り下げという形で埋もれてしまう可能性が高いです。ですが、実際このニュースが出たときは、どなたも目を輝かせて注目したではないですか。まだ結論は出ていないわけですし、ここは静観してみませんか。

 そして、小保方さん。彼女はやはり優秀な科学者だと思います。方向性を変えて本当にSTAP細胞を生み出すかもしれない、まだ私はそう思っています。そんな優秀な科学者を私たち自らの手で潰してしまうような軽はずみな発言はよしましょう。何よりも心を一番痛めているのは彼女のはずです。もっと優しい目で彼女のことを見てあげれれば、私はそう思っています。

« のっぴきならない装具です | トップページ | 天井を見ていた午後 »

コメント

同感です

小保方晴子さんについての記事を転載しましたが、
いろいろな方の意見を聞きたかったのです

 

ふぐたろうさん、まいど~。
お加減はいかがでしょうか。無責任なことは言えませんが、まあ明日を信じて焦らずに。
ところでこの話題、私も同じような感想を持っています。
ちょうど昨日、釣具屋のオヤジとこの話題を肴にしていたんですが、
誰が得をするのかという大人目線から見ていると、研究者を差し置いて、
表に出てこない思惑がいろいろとありそうですよね。
サイエンスとしての結論はこれからの追試の繰り返しから明らかになっていくことで、
誤認めいた話題は研究にはつきものですよね。常温核融合のような(笑)。
ただ、マスコミに問われるべきことはないんですかね?と感じます。
あんなにチヤホヤしていたのに、手のひらを返したように上げ足取りばかり。
全く読み手や視聴者をバカにしているとしか思えません。はっきり言って嫌いです(笑)。

ふぐたろうさんへ。不自由な左手で、長い記事を書いてくださったんですね?私は研究に付いては何も判らないに、近いので、発言出来ませんが、今回事で再確認したのは(マスコミ恐るべし!)です。割烹着や、指輪まで散々褒めちぎった上、美人リケ女って持て囃して置きながら、今回の報道。コピペしていたのが事実であっても、研究は成功していた、と後に確認出来たら、今度はどう報道するつもりなんだろう?それを、思うと、もし私が何かの事件の容疑者と疑われて、実は無関係、、、って証明で来た時、私ってどうなるんだろう?って思います。足元を掬いたい人って沢山いるんですね。

>なつみかんの釣りさん
初めまして。ようこそおいでくださいました。
・・・・転載ですか? ん~ 人の意見と自分の意見が一致することってあり得ないわけですから、出来ればなつみかんの釣りさんご自身の意見をお聞きしたいな~と思いましたね。ちなみに、私的には、Mさんのブログ記事については、何も嵩にかかってそこまで言わなくても・・・と思います。誰でもミスってあると思うんですね。でも、ミスから人は成長するのです。私はそこに期待したいですね。10人が指を指しているとして、何もわざわざ11人目にならなくても良いのでは?と思いました。
色々なご意見があってしかりと思います。また、ぜひ遊びにいらしてくださいね~(^^)/

>inachangさん
毎度~です! まだ日間賀島の調子が上がらないようで、今年は遅れているかもですね。4月に爆発かも?(^^) 今後の記事に期待していますよ~
 
STAP細胞の記事に限らず、こういうニュースが注目を集めると、その方面の知識人の方やマスコミが、ことごとくウザくなってきますね。なんでも、小保方さんのツイッターに応援ツイートをした知識人の方が、そのツイートを削除されたなんていう話も耳に入ってきました。最低だな~と思いました。
マスコミは特に、ほんと、手のひら返しが好きですね~(>_<) 

>釣好人見さん
こんにちは~
最近はちょっといい気になって、右手を無理に伸ばしてキーを打ったりしています。痛い目に合わないうちに、控えめにしたいと思っています(笑)

ほんと、これからSTAP細胞が本当に作られることになったとき、マスコミはどのような反応をするのでしょうね。もっと冷静に、揺るがない記事を報道するマスコミはいないものでしょうか。ほんと、マスコミってこういうときに恐ろしい存在です。

ふぐたろうさん、まいど~。またちょっと失礼します。
私の釣りは最近、全く良いところなしです(笑)。もうちょっとぐらいは上手くなりたいので頑張ります。
また本件ですが、世間の論調があまりにも一面的に過ぎるように感じられ、怖いのです。
また、それを煽るマスコミにも嫌悪感を感じる訳です。
やはり正しい日本のオッサンのあり方として、姿形は汚くても、
物事を多面的に見られるようになりたいと思います。
そうしていろいろな可能性を見出しつつ、おもろい世の中になるように模索を続けなければと思います。
それこそがオッサンの存在意義ではないかと。言うは易し行うは難しですが。
でもそうでないと、娘に洗濯物を分けられてしまう汚いだけの存在です(笑)。

>inachangさん
まいど~です!
物事を多面的に見ることは大切なことですね。
私もこの件については、フラットな目で多面的に見れるようにしよう・・・・
もうひとつ・・・・物事を多面的に見ること・・・・これは、投げ釣りの際にも大切なことですね。
固定観念で遠投ばかりせず、チャポッと近投でドスン!!ということもありますし(笑)
私なんて、固定観念、先入観の塊みたいな奴ですから(汗) 投げ釣りは一向に工夫が
施されません。何事も多面的、ですね。

同感です。
持ち上げるにせよこき下ろすにせよ、論文を理解出来ない素人があれこれ言うことではありません。
同業の科学者たちの間では激論と真相の追及があっても良いと思いますが。

>Robertさん
こんばんは。
上で書いたことを棚に上げてこんなことを言うのもなんですが、私が思うに、科学者が激論を戦わせる以前のレベルなのかもしれませんね。いずれにしても、真相の追及はしっかりとするべきと、私も思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/59302881

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方晴子さんを本当に責めるべきか:

« のっぴきならない装具です | トップページ | 天井を見ていた午後 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ