« 再手術の方向へ | トップページ | ウォッシャブル(笑) »

ソイ(タケノコメバル)とアイナメづくし

 先日の釣行で、ゆうたろうさんから頂いたタケノコメバル・・・・・

140214osesoi1

140214osesoi2

 活け魚陸送を敢行して 当日の夕食で刺身を食べようとしましたが、なんと新鮮過ぎて、包丁がうまく入らないではないですか! それでも無理やり刺身にしたのですが、切り分けがひどくなって、よって写真は無しです(^^; 身自体も、コリッ、モチッというよりも、ゴリッ、シャキッって感じで、もう一つ刺身としてのうまみに欠けました。なので、とりあえずアイナメの半身を刺身にして食べました。アイナメの刺身はやっぱりおいしい~(^^)

 ソイの刺身は諦めました。

 さて、今日。

 昨日は事情があってお魚を食べられなかったので、今日は残ったタケノコメバルとアイナメづくしの夕食となりました。今日はその料理の数々を、アルバム形式にてご紹介します。

 エントリーNo.1 アイナメの昆布締め

Imgp0254

Imgp0255

Imgp0256

 釣行当日はタケノコメバルもあったため、アイナメを1匹すべてを刺身にすることは出来ませんでした。ですが、アイナメは我が家では出来れば刺身で食べたい。どうしたものかと悩んだ挙句、思いついたのがこれです。元々甘いアイナメの刺身が、しまってさらに昆布のおかげで甘みが増して、とてもおいしかったですよ。皆さんも、アイナメが数釣れた時は、ぜひこの昆布締めをお試しください。日持ちがするので、さらに日が経っても刺身感覚で食べることが出来ます。

 エントリーNo.2 タケノコメバルの皮の湯引き

Imgp0257

 皮がすごくしっかりしたお魚ですので、熱湯にさらす時間を少し長い目にして、湯引きにして食べました。それでも食感はしっかりとしていて、しいて言えば、ナマコのような歯ごたえでした。

 エントリーNo.3 タケノコメバルのアラ煮

Imgp0258_2

Imgp0259

 我が家は、基本的に煮つけはアラの部分しかしません。それで十分におかずになるからです。で、胴のメイン部分は大好きな刺身に出来ます(^^) 

 タケノコメバルの煮つけ、皮の部分はゼラチン質でとてもおいしかったですが、身はやはりしっかりとし過ぎていて、煮つけには向いていないのかなと思いました。煮込む時間が短かったからでしょうか。決してまずくはないのですが、少し締まり過ぎている感じはありましたね。

 エントリーNo.4 タケノコメバルのから揚げ

Imgp0260_2

Imgp0261

Imgp0266

 半身を今日刺身にするために、冷蔵庫のチルドルームに入れて寝かせておいたら、なんと今日見たら凍っていました(^^; 温度設定が低すぎました(>_<) それで、仕方なくから揚げにしましたが、これが意外に正解で、身がしっかりとしているので、若鳥のから揚げのような感覚で食べることが出来ておいしかったです。息子もパクパクと食べていたので大成功ですね。今日は少し本格的に、ポン酢にもみじおろしで頂きました。

 エントリーNo.5 タケノコメバルのアラの味噌汁

Imgp0267

 はっきり言って、これが一番おいしかったかも? 赤みそ仕立てで作りました。アラ汁ということでみそを少し濃い目に入れましたが、決してみそが勝ちすぎることなく、骨のダシがよく出ていて、それがおいしかったと思います。

Imgp0268

 まあ、何を隠そう、食部門のブログは1年ぶりくらい? それで、うれしがって写真をたくさん撮影してしまいました(^^; 次はいつ食部門ネタが書けるかな?

 お粗末様でした。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

« 再手術の方向へ | トップページ | ウォッシャブル(笑) »

食部門」カテゴリの記事

コメント

ふぐたろうさんへ。フルコースですね~?家が近くだったら(呼んで欲しかった)・・・・釣った魚はホントに美味しいです。私も買うのは(塩鮭)(干物のサンマ)(明太子)くらいで、鮮魚コーナーの昼網のガシラ。を見つけても、値段とサイズを見て(絶対買いません)そういえば、長い間(カレイ)(カワハギ)食べてないわ

>釣好人見さん
こんにちは。
お魚は、しょっちゅう釣っていると、どうしてもぞんざいに扱いがちです。私の場合は、今、食べておいしいお魚に飢えていますので(笑) ソイを頂いて大切に料理しました(^o^)

ふぐたろうさん、おはようございます。

ソイもアイナメも縁が無いので羨ましいです。超旨そ~♪ メニューも豊富ですね。

まだまだ復調には時間がかかるようですけどフルキャストできる日が早く来ると良いですね。

>ひむか百景さん
こんにちは~。
あ、そっか~、ソイもアイナメも北方系のお魚ですからね。
ですが、以前クラブ員が国東半島でアイナメを釣ってきたという記録が残っています。
私が住む近所の紀伊半島でもそうなんですが、アイナメが住む地域、住まない地域の境界線が存在しています。九州ではどのあたりが境界線なのでしょうか。

>読者の皆様
ブログUP当初はゆうたろうさんに頂いたお魚をムラソイと表現していましたが、精査の結果、タケノコメバルであることが確認できました。両者は大変良く似ており、区別がつきにくい魚種です。ただ、体型や模様の特徴から、タケノコメバルと判断した次第です。よって、2月26日現在で、ムラソイをタケノコメバルに訂正いたしました。ややこしいことで申し訳ありません。

                                            by ふぐたろう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/59146430

この記事へのトラックバック一覧です: ソイ(タケノコメバル)とアイナメづくし:

« 再手術の方向へ | トップページ | ウォッシャブル(笑) »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ