« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

手術・・・・そして、復活への戦いはまだ続く・・・

 少し考えるところがありまして、しばらくブログをお休みしようかと思っています。

 実は、3月11日に入院、12日に手術が決まりました。右肩の手術です。夜間痛がひどく、昼間もあまり腕が上に上がらない状態で、色々なリハビリ(リハビリタックルの投げ釣りもそのひとつ)を先生のアドバイスを受けながら試みてきましたが、どうしても快方には向かわず、やむを得ず手術に踏み切ることになった次第です。このままだと、一生腕が上に上がらない状態のまま、と宣告されたのが覚悟を決める直接のきっかけとなりました。

 今回の手術は関節鏡手術によるものですので、手術自体はそんなに大層なものではないのですが、問題は手術後のケアです。まず4週間ほど脇にバルーンを挟み、脇に角度をつけた状態で固定しなければならず、その固定も一度に外れるのではなく、徐々に角度を緩めて外していく、そして、外してもリハビリを徐々に行って、その後に腕が上がるかどうかを試みていく、というとても気の長いものになると思われます。おそらく、右手がしっかりと使えるようになるのは夏くらいと思われます。また、主治医の先生と相談して、今は肩の手術に専念して、右膝のプレート除去手術はもうしばらく期間を置いて検討する、ということになりました。こちらの手術予定は、7月頃になるでしょうか。

 事故直後の手術と異なる点は、右手が使えるかどうか。事故直後は右手が使えていたこともあって、ブログUPは意外にスムーズにすることが出来ていました。今回の手術では、しばらくは右手が使えない可能性もあり、動きがおぼつかない左手のことも含めて、とても生活をスムーズに送れるとは思えず、PCを操作する以前の問題なのではないかと思われます。なので、必然的に、ブログを閉じるわけではないけれども、少なくとも休止をせざるを得ないのではないか、と思っているのです。

 今まで折角リハビリに励み、釣りもリハビリを兼ねて自分なりに努力をして、そして生活にも仕事にも投げ釣りにも大手を振って復活する意気込みでしたが、残念ながらその願いはまだしばらく先になる見込みです。

 手術後の様子がどのようなものになるか、それは全く未知な部分ですが、不自由な右手を押してブログを続けるという自信がなくなってきた、というのが正直なところです。そして、このようなことから、ブログを書くぞ!という意気込みも少し萎えてきたというのも、ぶっちゃけの本音なのです。ただ、入院や手術の記録としては、このブログのコンセプトである部分でもありますので、それだけは死守して記事をUPしたいと思っています。それ以外の部分では・・・・・しばらくお休みかもしれません。

 皆さん、余り釣りにも行かない投げ釣りブログで、さぞ退屈されていたことでしょう。そんなブログであるにもかかわらず、よく今までお付き合いしてくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。ブログを開設以来ほぼ丸6年を経過し、円熟期を迎えるべきところなのでしょうが、それがままならない今としてはブログを一旦休止し、しっかりと身体を復活させてから、ブログも気持ち良く復活するのも良いかな、とそのように考えています。

 来月の入院までは、気が向くままに記事をUPするかもしれませんが、入院までの期間でブログの継続をするか否か、決めていきたいと思っています。もしかすると、半年ほど竿を振れる状態ではないかもしれない・・・・とても悔しいです。

 が・・・・

 早く五体満足な身体に戻りたい・・・・

 仕事に早く復帰したい・・・・

 投げ竿を思い切り振りたい・・・・

 そんな気持ちだけは、石にかじりついてでも持ち続けていきたいと思っています。

 まずはさておき、手術のご報告と現在の心境、ということで・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  今までポチをしてくださっていた方、 本当にありがとうございます。少なくとも毎日、複数の方がポチをしてくださっているのは、本当に励みになりうれしいことでした。ブログが復活しましたら、またよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。

命が燃えればいいんだよ

 表題のフレーズでハッとされた方は、おそらく私と同年代がそれ以上の方ですね(^^) 覚えてますか?

 「VIVA!! じゅんなま~っ!!」

 と言うフレーズ。今は懐かしい、昭和44年頃に放映されていたサントリービールのCMです。実は私は、小学3~4年の頃にこのCMを見て、トローリングという釣りにとても憧れを抱いたんです。そして、釣りそのものにのめりこんでいくきっかけにもなったCMと言えます。ふとしたきっかけでこの歌のフレーズが頭をよぎったんで検索をかけたところ、下記のYouTubeの動画がヒットしました。その名も「サントリーCM集」。私と同年代またはそれ以上の方、ぜひご覧ください。懐かしいですよ~ もちろん、それ以下の年齢の方もぜひご覧ください(^^)

 ちなみに、純生~!!のCMは下記動画の2分55秒あたりからスタートします。まあ、他のCMもとっても懐かしいので、じっくりご覧くださいませ。

 もうひとつちなみに、歌を歌っているのは「森田公一とトップギャラン」、出演の俳優さんは、日本のチャールズブロンソンこと、個性派俳優の佐藤允(まこと)さんです。佐藤さんは一昨年に残念ながらお亡くなりになられました。

http://www.youtube.com/watch?v=FJ9Ix95iqHo

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  よろしければ、ポチをお願いします。

アイナメの南限ライン(推定)

 以下のように推定してみました。ただし、過去に1匹でも釣れた記録が残っている釣り場を元にしたラインであって、実際はこのラインはもう少し北に位置しているものと思われます。九州の北部(特に福岡県近辺)や愛媛県北部が私にはほとんどわからないので、それも含めて皆様からご意見を頂けるとうれしいのですが・・・・・

0016_5a3

 

 今までの皆様のコメントや私自身の経験から言いますと、同じ北方系のお魚でも、メバルやソイ、カサゴの仲間は、アイナメの仲間よりも南限ラインははっきりしていないのではないかと思われます。また、同じアイナメの仲間でも、クジメはもう少し南限ラインは南に位置するのではないかと思います。

 まあ、この推定ラインが正しいか正しくないかは別として、こうして魚種別に科学的に究明していくのはとても興味深いことだと思っています。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  よろしければ、ポチをお願いします。

真央ちゃん、よく頑張ったね

 アイナメ南限についてのコメントをたくさん頂くことが出来て、もう少しそのお話を引っ張りたいところなのですが、とりあえずご意見をもう少しお待ちするということで、今日は全く別の話題を書いてみます。

 たくさんの方がブログやツイッターにて書かれている、真央ちゃんのお話です。

 真央ちゃん、オリンピックが始まる前から、期待とその重さ、そして余計なプレッシャーがとてつもなく大きなものだったことと推察します。本当に、気の毒なくらいにメディア(国内外を問わず。特に某国。)が書き連ねて、到着したソチの空港では周りを取り囲んで取材攻勢・・・・もう少しそっとしておいてあげればいいのに・・・・そう思ったのは私だけではないはずです。これに関しては、サラちゃんについてもそう思いました。

 予想通り、と言えば失礼かもしれませんが、真央ちゃんはSPで16位と大きく出遅れて・・・・あれだけ期待されていたジャンプがうまくいかなくて・・・・あちゃ~と思ってしまいました。はっきり言って、あれは真央ちゃんの責任ではないと思います。

 ですが、そこからが凄かったですね。FSで完璧な演技を見せて、10人抜きの6位入賞! 10人のごぼう抜きは、国際大会では新記録なのだそうですよ。もっとも、元々16位の位置にいる子じゃないので、当然と言えば当然かもしれません。

 ご存じと思いますが、金メダルがロシアのソトニコワ選手で、韓国のキムヨナ選手は残念ながら銀メダル。優勝を逃したヨナちゃんも、ある意味気の毒な存在です。ヨナちゃんは銀メダルを納得しているのに、まるで親衛隊のような存在の韓国メディアがそれを許さないかのようなコメントを残し・・・・・そんな親衛隊まがいの韓国メディアのせいで、周りから見るとヨナちゃんはまるで悪者のような存在になってしまっています。ヨナちゃんはヨナちゃんなりの頑張りをしたのだから、周りはそれをしっかりと認めてあげてほしいと思います。真央ちゃんが今のような存在になり得たのは、間違いなくヨナちゃんのおかげですよ。そんな意味で、私はヨナちゃんには感謝するべきと思っています。

 真央ちゃんは、結果はメダルを逃すことになってしまいましたが、もしかすると、メダルを逃してより一層輝く存在になっているのではないか、と思っています。あの、金、銀、銅の中に真央ちゃんがいたら、きっと同じように韓国を筆頭とした各国メディアに書きまくられることでしょう。ソトニコワ選手やキムヨナ選手よりも、上位であっても下位であってもです。ですが、FSの演技は最高のものを残し、終わった瞬間の涙は、多くの人に感動をもたらし、そしてメダルに絡まずとも6位入賞と納得の結果を残こし・・・・そして結局、メダルを手にした3人よりも、全世界の人にとって輝いた存在になったのは間違いないことでしょう。

 真央ちゃんには心からお疲れ様、と言ってあげたいし、しばらくゆっくり休暇でも取って、これからのことを考えてくれれば、と思っています。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  よろしければ、ポチをお願いします。

アイナメの南限に関連して・・・・・

 近畿地方近辺限定のお話になって、それ以外にお住まいの方には興味のないお話かもしれませんが・・・・

 近頃、地球温暖化?海水温の上昇?が原因かどうかわかりませんが、カレイやアイナメなどの北方系?のお魚が釣れる南限が狂ってきたような気がするのです。例えば、以前ブログにも書いた記憶があるのですが、私がクラブに入会する前の投げ釣り道場は、和歌山県北部のカレイ釣りだったんですね。和歌山県北部のカレイ釣り場と言えば、加太、住金裏、和歌山北港、紀ノ川尻、水軒、雑賀崎、新和歌浦、下津、東燃裏、有田川尻、などがあげられると思います。以前のカレイ釣り専門の雑誌には、必ず掲載されていたポイントばかりです。また、和歌山県下のカレイ狙いでは、必ずアイナメも対象魚としてくっついてきたものです。そして、私の記憶が確かなら、時期は乗っ込み期よりもむしろ、2月から3月下旬にかけての花見ガレイのシーズンに分があったような?

 で、近辺に住んでおられる方にお聞きしたいのですが、最近上記のポイントで、カレイやアイナメが釣れたことがあるのでしょうか? 少なくとも、私は釣ったことがありませんし、また狙いに行こうとも思えなくなってしまっています。情報が入ってこずに、本当は密かに釣れているのかもしれませんが、

 「おっ、紀ノ川尻で大判のマコガレイが釣れ出したみたいやから、行こうぜ!」

 なんてことには、おそらくなっていないのではないかと推測しています。

 最近はどうしたんでしょうね。やはり温暖化の影響でしょうか。私が投げ釣りを本格的に始めた25年ほど前は、例えば住金裏に釣行すれば、かなりの確率でカレイを釣ることが出来ていたのですが・・・・・(現在は、住金裏は立ち入り禁止になっているとのことです。)

 なんだか寂しいお話になりましたね。

 どなたか、過去にさかのぼってでも良いですので、最近ここでカレイやアイナメが釣れた、なんていうお話を聞かせてください。景気よく、せめてお話だけでも聞きたいものです。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  よろしければ、ポチをお願いします。

アイナメの南限

 題名とは関係ありませんが、皆さんのお宅では、肉じゃがには牛肉を使われますか?それとも豚肉を使われますか? ちなみに、私の自宅は大阪ですが、肉じゃがには牛肉を使うのが当たり前と思っています。

 以前にこの話題がテレビで取り上げられていたことがあって、関西では牛肉、関東では豚肉を使うのが普通、とのことで、じゃどこに境界線があるのか、ということを調べる番組だったんですね。すると、何と! 牛肉と豚肉の境界線が、ほぼ愛知県の岡崎市にあるという調査結果が報告されていました。本当かどうかは知りませんし、それはともかくとして、それを緻密に調べあげたテレビ局の執念といったものを感じたテレビ番組ではありました。

 さて、本題ですが、先日ブロ友のひむか百景さん(宮崎県ご在住)からアイナメ&ソイづくしの記事にコメントを寄せてくださって、私には縁のない魚種だ、とおっしゃいました。私は最初、「そっか~、宮崎県やもんなぁ。」と思ったのですが、そう言えばかなり昔の我がクラブの記録に、大分県国東半島でアイナメが釣れた記録が残されているのです。大分県国東半島では釣れて、宮崎県では釣れない? じゃ、釣れる釣れないの境界線はどこ? そんなことを思ったのですが、同時に、じゃ、紀伊半島では? 四国では? などと思いが巡っていったわけです。 

 私がこの20数年のサーフ人生の中で知らず知らずのうちに知識?として得た情報によれば、紀伊半島の和歌山県側では、有田川尻の右岸、造船所前でアイナメが釣れるという情報を聞いたことがありますが、有田川尻以南で釣れた話を聞いたことがありません。また、同じく紀伊半島の三重県側では、五ケ所湾の相賀浦では釣れるが、それより南での情報を聞いたことがありません。

 よって、紀伊半島ではアイナメが釣れる南限は、和歌山県側が有田川尻、三重県側が五ケ所湾、であると私は推測しています。

 四国ではどうなんでしょうか? 徳島県なら阿南市くらい? 岡川尻や椿泊では釣れた話を聞いたことがありますが、それよりも南は聞きませんね。また愛媛県は? 残念ながら、愛媛県の情報は、私自身全く持ち合わせておりません。佐田岬半島くらいが境界線? 

 また、紀伊半島での私の情報自体もあてにならないな~と痛感したことがあって、例えば、メバルもほぼアイナメと同じ南限かと思っていたら、自分自身三重県熊野市の鬼ヶ城で釣り上げた経験がありますし、テレビ番組でメバルゲームと称して、七里御浜で釣っていたのを目撃したことがあります。もしかするとアイナメも、私が推測する南限よりも、もっと南で釣れた記録があるかもしれませんね。

 私自身、そんな情報に興味がありますので、何か情報をお持ちの方は、古い情報でも構いませんので、ぜひ教えてください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  よろしければ、ポチをお願いします。

ウォッシャブル(笑)

 あれ? 

 先日と題名が被っている?!

 いえいえ(^^) 先日は、「ウォッシャブル?」と疑問形で、今回は、「ウォッシャブル(笑)」 と断定していますので、前者は語尾を上げて、後者は語尾を下げてください(笑)

 そんなことはどうでも良いのですが・・・・・(^^;

 先日の鳥羽釣行では雨&雪のために、タックルがずぶ濡れになってしまいました。キャスティズムも御多分に漏れず、振り出しロッドなのに中に水が入って最悪状態になりました。そこで、自前のウォッシャブル機構が大活躍です(^^)

Imgp0250_2

 この状態でリビングに置いておけば、数時間で中は乾いてしまいます。

 パーツ類も・・・・・

Imgp0251

 この通り(^^)

 接着部分の扱いに気を遣わなければなりませんが、うまくやると振り出し竿もこうして効率良く手入れが出来ます。

 リールもしっかりと乾かして、注油をしておきました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

ソイ(タケノコメバル)とアイナメづくし

 先日の釣行で、ゆうたろうさんから頂いたタケノコメバル・・・・・

140214osesoi1

140214osesoi2

 活け魚陸送を敢行して 当日の夕食で刺身を食べようとしましたが、なんと新鮮過ぎて、包丁がうまく入らないではないですか! それでも無理やり刺身にしたのですが、切り分けがひどくなって、よって写真は無しです(^^; 身自体も、コリッ、モチッというよりも、ゴリッ、シャキッって感じで、もう一つ刺身としてのうまみに欠けました。なので、とりあえずアイナメの半身を刺身にして食べました。アイナメの刺身はやっぱりおいしい~(^^)

 ソイの刺身は諦めました。

 さて、今日。

 昨日は事情があってお魚を食べられなかったので、今日は残ったタケノコメバルとアイナメづくしの夕食となりました。今日はその料理の数々を、アルバム形式にてご紹介します。

 エントリーNo.1 アイナメの昆布締め

Imgp0254

Imgp0255

Imgp0256

 釣行当日はタケノコメバルもあったため、アイナメを1匹すべてを刺身にすることは出来ませんでした。ですが、アイナメは我が家では出来れば刺身で食べたい。どうしたものかと悩んだ挙句、思いついたのがこれです。元々甘いアイナメの刺身が、しまってさらに昆布のおかげで甘みが増して、とてもおいしかったですよ。皆さんも、アイナメが数釣れた時は、ぜひこの昆布締めをお試しください。日持ちがするので、さらに日が経っても刺身感覚で食べることが出来ます。

 エントリーNo.2 タケノコメバルの皮の湯引き

Imgp0257

 皮がすごくしっかりしたお魚ですので、熱湯にさらす時間を少し長い目にして、湯引きにして食べました。それでも食感はしっかりとしていて、しいて言えば、ナマコのような歯ごたえでした。

 エントリーNo.3 タケノコメバルのアラ煮

Imgp0258_2

Imgp0259

 我が家は、基本的に煮つけはアラの部分しかしません。それで十分におかずになるからです。で、胴のメイン部分は大好きな刺身に出来ます(^^) 

 タケノコメバルの煮つけ、皮の部分はゼラチン質でとてもおいしかったですが、身はやはりしっかりとし過ぎていて、煮つけには向いていないのかなと思いました。煮込む時間が短かったからでしょうか。決してまずくはないのですが、少し締まり過ぎている感じはありましたね。

 エントリーNo.4 タケノコメバルのから揚げ

Imgp0260_2

Imgp0261

Imgp0266

 半身を今日刺身にするために、冷蔵庫のチルドルームに入れて寝かせておいたら、なんと今日見たら凍っていました(^^; 温度設定が低すぎました(>_<) それで、仕方なくから揚げにしましたが、これが意外に正解で、身がしっかりとしているので、若鳥のから揚げのような感覚で食べることが出来ておいしかったです。息子もパクパクと食べていたので大成功ですね。今日は少し本格的に、ポン酢にもみじおろしで頂きました。

 エントリーNo.5 タケノコメバルのアラの味噌汁

Imgp0267

 はっきり言って、これが一番おいしかったかも? 赤みそ仕立てで作りました。アラ汁ということでみそを少し濃い目に入れましたが、決してみそが勝ちすぎることなく、骨のダシがよく出ていて、それがおいしかったと思います。

Imgp0268

 まあ、何を隠そう、食部門のブログは1年ぶりくらい? それで、うれしがって写真をたくさん撮影してしまいました(^^; 次はいつ食部門ネタが書けるかな?

 お粗末様でした。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

再手術の方向へ

 実は、昨日の午前遅くに、系列病院の診察予約を入れてありました。なので、元々釣行は朝帰宅予定でした。雪のためにさらに早い目に納竿したおかげで、高速道路が通行止めになる前に奇跡的に帰宅出来たので、この診察をキャンセルせずに済んだわけです。ただ、釣りから帰宅後に大雪の中再度病院に行くのは大変なことでした。それでも、早い目に自宅を出たので、診察予定時刻の1時間前には病院に着くことが出来ました。そして、診察の予定時刻まで、ロビーのイスに座ってウトウト・・・・・

 釣りを早い目に切り上げて病院の診察を優先。早い納竿はゆうたろうさんにももちろん了解して頂いていましたが、大雪のせいでの納竿はある意味私にはほっとさせるものがありました。折角の休日に、ゆうたろうさんに早く釣りを切りあげてもらわなければならないのは、私にはとても気が引けるものだったのです。もちろんゆうたろうさんは、私にはくれぐれも気にしないように、と言ってくださいましたが。本当に懐の広い方です。

 そんな思いをしてまで診察を優先させて・・・・・

 運命の診断結果を聞かなければならない・・・・・

 辛いなぁ・・・・・

 退院以来、右肩を優先させてリハビリを続けていました。肩の腱板(肩の骨や肩甲骨近辺にある筋肉をつなぐための腱。腕の上げ下げのための重要な部分です。)がもし損傷していても、リハビリ次第では正常な動きをさせることが出来るようになると言われていたからです。ところが、思ったほど右肩の状態は好転しませんでした。それで、昨日の診察では肩専門の医師と、数日前のMRIの画像を元にしてこれから先の治療方針を相談させて頂いたわけなのです。念のためエコーでの検査もしてもらいましたが、私の肩の腱板は部分的ですがやはり断裂しているとの診断でした。炎症部分も見られる・・・そして、リハビリでの好転が見られないということで、予想通り手術を勧められました。診断から手術の方法に至るまでものすごくわかりやすい説明でしたので、納得せざるを得ない感じになってしまって・・・・・腱板は、自分自身では再生しないそうです。なので、このまま放っておいても、腱板が元に戻ることはあり得ません。完全に治癒させようと思えば、手術しか選択の余地はないということです。

 説明によると、手術自体は内視鏡手術でそんなに難しい手術ではないとのことですが、問題は手術後。腱板の切れた部分を骨にくっつける手術を行い、約10日間入院をして症状を安定させます。そして、くっつけた部分から筋繊維が伸びて骨に密着するのを助けるために4週間ほど肩を固定しなければなりません。つまり、リハビリ等を含めて完治までに2~3ヶ月かかる見込みとのことです。

 手術の予定は、先生の予定が空いている日程の最速で、3月13日に予約・・・・・ん?! 本来の仕事復帰予定の半月前に手術をすると言うことは・・・・? もしかして、仕事復帰が延期?!先生によると、固定が取れてもしばらくはチョークを持って黒板に字を書くなんて、絶対にダメだそうです。それどころか、車の運転など、生活に必要なこともかなり制限されそう・・・・・投げ竿を振る? おそらくしばらくは無理でしょう。リハビリの釣りすら出来なくなります(>_<) 

 ですが、リハビリで好転が望めない以上、手術を選択する以外には方法はなく・・・昨日はそんな究極の選択をしてきたというわけです。そして、実は前回の3ヶ所の手術部位のうち、右膝だけ歩く際にかなりの違和感があり、この際ですので違和感がある膝のみ、肩の手術の前後の日程で、入れてあるプレートを取る手術もして頂く予定になりました。

 事故直後から、そう簡単に完治するなんてあり得ないとは思っていましたが、まだまだ先は長いということを、改めて思い知らされている次第です。

 手術予定まであと約1ヶ月として、それまでに釣りにあと何回行けるかな?

 なんて、そんなことを言っている場合でもないか・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

大雪の鳥羽釣行

 ゆうたろうさんと、昨日から鳥羽に行ってきました。

 本当は、先週の同じ曜日に行く予定だったのですが、天候が思わしくないので1週間ずらしたわけです。ですが、結果的に今週の方が天候がさらに悪かったかもです。

 昨日の夕方に目的地に到着するように出発。まだ明るい間に釣り場に着きました。ゆっくり準備して、暗くなった頃から投げ始めたのですが、手負いの私が準備にもたついている間に、

140214oseainame

 ゆうたろうさんがいきなり、1投目で40センチオーバーのアイナメを上げて、テンションマックス状態になられました(^^)  

 続いて2投目に、なんと40センチをはるかにオーバーするタケノコメバルが!!

 注) このタケノコメバルは、ゆうたろうさんのご厚意で、私が魚拓を取るという条件で、活け魚陸送便で持ち帰らせていただくことになりました。それで、活きを重視して、釣り場での写真がありません。そこで、私が持ち帰った後の写真をどうぞ(^^;

140214osesoi1

 活け魚で持ち帰ったお魚は・・・・

140214osesoi2

 40センチオーバーのタケノコメバル!! ソイの仲間です。

Imgp0249

 拓寸、45.8㎝になりました。ゆうたろうさんは昨年のハゼクチに続いて、またしても年間大物候補のゲットです(^^)

 自宅での写真ばかりで、釣りの臨場感が全くないことをお許しくださいませ(^^;

 さて、この2匹でテンションマックスになった二人ですが、その後はアタリがなくなってしまいました。そして、日付が変わる頃には雨が降り出して、どうも嫌な気配です。ですが、午前0時頃の干底からの込み潮を狙って、二人ともひたすら打ち返しました。私はどうしても疲れてくるので、休憩しつつの釣りでしたが、ゆうたろうさんはほぼ休憩することなく打ち返しをされていたと思います。本当に頭が下がります。

 そして、午前3時頃、ボウズを覚悟していた私に、ついに神様が微笑んでくれて・・・・・

 (すみません。雨のため、これも釣り場写真がありません。)

 140214ainame

 31センチと小ぶりですが、何とかランクアイナメをゲット。リハビリタックルで激流の中釣り上げたアイナメだったので、私はもう大満足です。それでも、さらなる釣果を目指して、打ち返しを続けました。ところが、午前4時を回ると雨が雪に変わって、これがまた大雪になってきました。帰りの道中が心配なので、二人で相談して午前5時には納竿して帰路についたのですが・・・・・

140214yukigesiki

 げ~、雪国やんかぁ~(>_<) これ、名阪国道ですよ。スタッドレスタイヤに感謝!!

 それでも、通行止めになる直前に西名阪藤井寺インターチェンジまで通り抜けることが出来て、あと30分遅ければ通行止めになっていたという、まさにぎりぎりの帰宅になりました。ただ、私は帰宅後、大渋滞の中病院に診察を受けに行って、あわただしい1日となってしまいましたが。

 前回ゆうたろうさんとの串本釣行で、二人ともOOHAZUREを引いていますので、今回はゆうたろうさんにグッドサイズのアイナメとタケノコメバル、そして、私にもお情けのポンアイナメが釣れてくれて(クロダイ、キチヌ以外のランク魚を釣り上げるのは、ほぼ1年ぶりです。)、二人とも大満足な釣りになりました。

 私としては、リハビリタックルで激流制覇・・・・・これが一番うれしかったかも・・・・

 キャス&AR-C・・・・意外にキャパが広そうです。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

驚愕のゆうたろうさん(>_<)

  釣り場に到着して、いきなりゆうたろうさんが40センチオーバー連発!
大会なら早くも「異種2匹長寸」で上位入賞ってところです。
  私ですか? ははは…(^^;
  詳細はまた明日。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

ライトタックル用ロッドケース

 昨日はライトタックル用バッグのことを紹介しましたが、今日は、キャスティズム用のロッドケースを新調しました。

 S社かD社で、出来るだけ廉価のものを探して・・・・

Imgp0233

 S社のBOAT&CAST 160P というロッドケースです。前モデルに比べて保護材がしっかりとしたロッドケースに仕上がっています。そして、価格もお手頃・・・・・

 キャスティズムの仕舞寸法は142㎝。なのに、なぜ160㎝サイズを?!

 それは・・・

Imgp0234

 段差でこのように使いたかったからです。本当はオモリとスナズリまでセットしておくのですが、とりあえずリールを取り付けた状態の写真です。手が少し不自由なので、こうしておけば現地でスタートの仕掛けだけはすぐにセット出来ます。リールや仕掛けをセットしたまま仕舞えるリールインタイプも探してみましたが、リールインタイプはケース自体が太くてかさばるので候補から除外しました。

 160㎝で少し扱いが悪いですが、これで現地でのセッティングが早くなって助かります。

 主に近場でこの使い方をする予定です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

リハビリに使う釣りアイテム・・・少し進歩

 本題の前に・・・・・

 よく、今日の祝日のことを、「建国記念日」と呼ぶ方がおられますが、これは間違いで、正確には「建国記念日」と言います。これを解説すると、古事記、日本書紀、神武天皇、紀元節、と調べていく必要があるのですが、ちゃんと理由があるんです。要するに、今日2月11日は建国された日ではなくて、建国したことを祝う日を、紀元節である今日に設定した、ということらしいですね。他の国ではちゃんと、建国記念日とか独立記念日、などの名前で、同じような日が存在しています。

 ま、「の」のあるなしだけのことなんですが・・・・・(^^;

 話を釣りの話に・・・・・

 リハビリ釣行で、出来るだけ荷物を少なくしよう、ということで今まではクーラーボックスの回りの「スカート」部分に小物類を収納していました。

Imgp0017

 ですが、これだけではどうしても収納が不足なのと、いつまでも自分を甘やかすわけにもいかないという理由で、一瞬S社のシステムバッグを復活させようと思いました。ですが、やっぱり今の自分には荷が重い・・・・それに、システムバッグはバトルサーフ&フリーゲン復活のときまで取っておきたい・・・・という理由ですぐに却下。

 さて、どうしよう・・・・・

 バッカンはたくさんありますが、どうも納得出来ない・・・・・

 そこで、思い出したのが、かつて熊野カワハギランガン釣行に使っていたこのバッグです。

Imgp0222

 5年ほど前、ランガン目的のリュックをヤフオクで探していたところ、適当なのが見つかって、確か1000円ほどで落札したこのバッグ、実はカメラ用なんです。なので、一応二層式になっていて、下部にカメラを収納出来るロッカーがあります。しばらくは使われずに、倉庫の奥の方で眠っていました。

Imgp0223_2

 この、カメラ用ロッカーがリールロッカーに使えます。普通の投げ用リールなら2台が限界ですが(カワハギランガンにタックルは3セット以上は不要)、AR-Cエアロならこのように3台収納出来ます。4台くらいならいけそうです。

Imgp0227

 このポケットが・・・・・

Imgp0228

 オモリ収納に使えて、

Imgp0231_2

 上部に仕掛けや他の小物類を入れて・・・・

Imgp0232

 ま、こんなことはしないとは思いますが(^^;カメラ用ということで三脚ホルダーも付いているので、こんな使い方も出来るということで(^^) リハビリ用ということで、期間限定の使用ですから、タックル以外は出来るだけ出費が少なく済むようにしたいと思っています。

 蛇足ですが、カメラ用のバッグって、釣りに使えそうなものが意外に多いんですよ。一度ヤフオクを覗いてみてください。結構退屈せずに物色出来ます(笑)

 さ、こんなアイテムを用意して、本人はいつどこに何を釣りに行こうとしているんですかねぇ(^^) 

 「手負いの身なんやから、無理したらあかんよ。」 by 自分(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

はしご・・・何の?!

 今日は、午前中にいつものようにリハビリを済ませて、午後はそのリハビリ病院の系列病院で、検査および診察を受けました。時間調整で、その道中にある大きな釣り具屋さんで暇つぶし(^^)

 というわけで、病院のはしごです(^^; ほぼ1日、病院漬け(>_<)

 右肩のMRI検査に続いて、もう何度となく受けている、レントゲン撮影。このレントゲン撮影、一度完全に撮影しようと思えば、各部分で3~4枚、合計10枚以上も撮影することになります。事故で入院直後からもう慣れっこになっていますが、本当にレントゲン撮影の枚数が多い・・・・もしかして、X線で放射能汚染されているかも・・・・・(^^;

 MRI検査の結果、やはり肩には水が溜まっている部分と炎症を起こしている部分があるとのことで、その検査結果を見てようやく主治医も、私が痛がるのを納得してくれたようです。普段からの痛みはもちろん、夜間に寝ているときの痛みが尋常ではなく、ひどいときには1時間おきくらいに痛みで目が覚める始末なのです。可動域の改善よりも、この痛みをなんとかしてほしい・・・・・

 それと、右膝の違和感・・・・・かかとのボルト、左手首のプレートは残した方が良いと進言されましたが、右ひざに関しては、先生は「取ってもいいよ。」との判断。

 これらのことより、私の予想ではここ1ヶ月以内くらいに、肩の内視鏡手術と膝のプレート除去手術を同時に施術される可能性が出てきた、と見ています。

 また入院かな・・・・・

 それで、手術?

 嫌やなぁ(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

私には出来ない釣り

 ずばり、テレビ取材の釣りです。

 今日はまたまた1日家にこもって、釣り具の手入れや仕掛け作りをしていましたが、時間が有り余るほどあったので、ネットで釣りの動画を観ていました。

 

 私は、釣りのテレビ取材を受けたことはありませんが、やはりそれなりのプレッシャーを感じながら釣りをしなければならないんでしょうね。テレビクルーが同行するということは、それなりに費用もかかっているでしょうし、釣果がなければ、その回の取材はボツになってしまうこともあり得るわけです。ある意味、テレビ局に大損害を与えてしまうこともあるわけです。

 私にはおそらく耐えられないでしょう。

 プレッシャーに弱い人間ですから(^^;

 おそらく、取材の前夜は、おしっこをちびりそうになりながら、眠れない夜を過ごすことになるでしょう(笑)

 ですが、単なる取材はともかくとして・・・・・

 よく、インストラクターらしき釣り人が、解説をしながら目的を達成するべく釣りをする、といった動画がありますよね。磯釣りのNさんとか、ルアー釣りのMさんなど、結構有名なインストラクターもおられるようで、おそらく今日のFショーにも駆けつけて講演などをされていたのではないでしょうか。今日はその方々の動画を観ていたのですが、ほんと、大変そうですよ。釣れなければ解説にならないし、目的のお魚が釣れなければ、これも目的を達成出来ない。

 インストラクター「こういう狙いで、こう攻めていくわけですよ。」

 なんて解説したら、その通りに釣れなければ説得力がない。なので、釣れなければ、本当にあの手この手を使って、とにかく目的のお魚をゲットするべく努力されます。もちろん、目的のお魚がゲットできたから動画として成り立っているわけで、もしかすると、その釣行の何倍もの回数の空振り取材釣行をこなしておられるのではないか、と推察します。

 ですが、その攻め方を観ていると、本当に頭が下がるほどの努力をされているんですよね。テレビの取材だから釣らなければならない、といった切迫感がひしひしと伝わってくるのです。磯であれば、攻めるポイント、ウキ下、仕掛けの工夫、コマセの打ち方、立ち位置に至るまで、ルアー釣りならば、ポイント、ルアーの種類、ルアーの色、ルアーの引き方、ベイトの観察、攻める深さなど、攻め方にありとあらゆる工夫をされています。そして、ちゃんと結果を出して番組が終わるからすごいです。

 私がもし取材を受けたら、2、3投して釣れなければ・・・・・

 ふぐ「今日はどうやら、ダメみたいですぅ(>_<)」

 なんて、すぐにギブアップするかも(^^;

 ですが・・・・・

 そういう釣りが出来る、出来ないはともかくとして・・・・・

 そういった、彼らの釣りの工夫は見習うべき部分があるのではないかと思いました。私は1回の釣行で、はたしてそこまで釣り場を攻めきれているか・・・・・投げるポイント、投げる距離、仕掛けの工夫、エサの工夫、釣る工夫など、ありとあらゆる手段を講じて目的のお魚を釣り上げるべく、頑張れているか。

 釣種は違いますが、目をつける観点はとても参考になる動画視聴でした。

 早速、次回の釣行で生かせるよう努力してみます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

スナズリ2014バージョン

 皆さん、フィッシングショーには行かれましたか? 私は、大雪情報をテレビで観ながら、今日は1日中家にこもっておりました(^^; 実は、少しは行ってみようか、という気になっていたのですが、雪模様の天候と手負いの身であることをしっかりと自覚して、Fショーは自粛したわけです。明日も行かないと思います。様々な新製品のインプレッションは、おそらく色々な方がブログで書かれるでしょうから、私はとりあえずパスさせていただきましょう。

 今日は、昨日のスリーブ止めペンチの話題に引き続き、スナズリの話題をば。と言いながら、過去の自分の記事でスナズリをキーワードに検索をかけたら、結構な数の記事が掛かりましたので、今更、といった感はありますが、今からまさにスナズリを作ろうとされている方が、もしかするとおられるかもしれないということで、その方たちのために記事を書くということで、話題がかぶってもこの際どうか大目に見てください(^^;

 先日、釣具店をブラブラ歩いていたときに、ふと目に止まったのがこれです。

Imgp0203

 イシダイ用のラインなんてあまり興味はありませんが、号数と裏側の表示を読んで、ピピッと来るものがありました。

Imgp0207

 耐水性が高いということは、再利用するスナズリには最適な素材かもしれません。対摩耗性は普通のナイロンの約20倍で瀬ズレに強く、そしてフロロよりも低伸度ということですが、サイトのレビュー等を見てみると、魚の急激な引きに対しては柔軟さも持ち合わせているということで、スナズリ2014バージョンの素材として使用してみることにしました。

 ラインそのものは・・・・・

Imgp0204

Imgp0205

 こんな感じです。触った感触は、ナイロンよりもかなり硬く、シャンとしています。

 折角ですし、他にすることもありませんので(^^;スナズリ作りでも実況してみましょう(笑)

Imgp0208

 スリーブを通します。スリーブはSサイズです。

Imgp0209

 サルカンを通します。サルカンはクレンスイベルの6号と、少し小さ目を用いました。

Imgp0210

 もう一度ラインをスリーブに通し・・・・・

Imgp0211

 スリーブを上にたくし上げて・・・・・

Imgp0212

 端を切って・・・・・

Imgp0213

 専用ペンチで締めます。

Imgp0214

 出来上がり(^^)

Imgp0215

 スナズリの全体です。長さは好き好きですが、私は50㎝とっています。

 そして、このスナズリを・・・・・

Imgp0219

 テンビンにこのように通します。

 シモリ玉を使うのは、サルカンがテンビンの穴に入りこむのを防ぐ目的です。シモリ玉を使うと、サルカンはかなり小型が使えます。シモリ玉で注意することは、穴のサイズが両端で異なるので、上側(リール側)に大きい方の穴が来るようにしましょう。ラインは今までは、ナイロンの30号を使用していましたが、こちらのイシダイ24号の方が軽く仕上がった感じがします。

Imgp0220

 サルカンは小さい方が、魚が食ったときにテンビンの下の穴を通過しやすいと思います。

 ジェットテンビンや固定テンビンを使うとき以外は、大抵この型のスナズリを使っています。特に今は、左手が不自由なもので、2~3本撚りを作るためにラインを撚ることができないので、撚り糸は作らず、スナズリのみの使用になっています。

 こうして、今日はまた30本ほどのスナズリを作りましたが・・・・・

 昨日と同じことを 言うようで恐縮ですが、今や釣りに必需品のスナズリを作る道具、

Imgp0202

 やっぱり見つかって良かった~(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

なくし物、買いなおす前にもう一度探そう(^^)

 退院して帰宅したとき、色々な物をどこにしまってあるのか、随分と忘れてしまっていました。特に困ってしまったのは、私が入院している間に妻がかなり整頓してしまい、その上悪いことに、月日が経ってしまって、それをどこにしまったのか整頓した妻ですら忘れてしまっていたことでした。さらに、私自身が置いた場所を忘れたのと、妻がしまった場所を忘れたのがごっちゃになって、さらにさらにややこしいことになって・・・・・結局は色々なものを買いなおすことになってしまいました。

 ですが、なくしたことを、どうしても納得出来ないものってあるものです。

 「この家から、勝手に出ていくはずがない! 足が生えて、歩いていくなんて、あり得ない!」

 そう思って、新しいものを買わずに我慢して、1ヶ月以上もの間探し続けて、今日ようやくその努力が実って探し出すことが出来たものがあるのです。

Imgp0202

 スリーブ止め用のペンチ。

 なくした物を買いなおすと、そのなくした古いものがすぐに出てきた、っていう経験ないですか? このペンチ、絶対にそうなるだろうっていう気がずっとしていたんですね。それで、買いなおすことが出来ずに、気が付けば色々なところを探して、探して、探して、探しまくって・・・・・

 そして、ついに出てきてくれました。ペンチもついに根負けってところでしょうか(笑)

 これがなければ、砂ズリが作れない・・・・

 よかった、よかった(;o;)

 ま、ちょっと大げさですかねぇ(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

AR-Cエアロのとりあえずインプレッション

 各社のリールのニューモデルのことも絡むお話なのですが・・・・・

Imgp0198

 これは、昨日にお話させていただいた、リハビリタックル「キャスティズム」の相方リール、AR-CエアロCI4+です。標準ではベアリングが6個ですが、クロスギア軸後とハンドルに1個ずつ追加して、8ボールベアリング化してあります。これで、巻き味は確かに軽くなりましたが、ハンドル自体が短いため、25号相当のオモリをいつも巻き上げなければならない投げ用リールとしては巻き上げトルクの不足は否めませんでした。そこで・・・・

Imgp0199

 右が標準の55mmハンドル、右が、SAサーフリーダー用70mmハンドルです。色が少し違和感があるのは仕方がありませんが・・・・・

Imgp0200

 ハンドル換装後のAR-Cエアロです。もし何でしたら、パワーエアロサーフリーダーと呼びましょうか(笑) これで巻き上げトルク不足は、劇的に解消されました。このハンドルを装着した後の自重は、およそ280g(ナイロン4号150m含む)、この軽さがキャスティズムの軽さとも相まって、竿、リール合計で600g強の重さを達成出来て、まさにリハビリに取り組む私が使いやすいタックルとなってくれたわけです。

 でも、わざわざAR-CエアロのハンドルをSAサーフリーダー用に取り換える人なんて、私くらいしかいないでしょうねぇ(^^; まあ、リハビリタックルの考案ということで、言い訳は成り立ちますが(^^;

 それで、使用してみてのインプレは・・・・・

・川尻のキチヌ狙いで・・・軽いスナップ投法で80m程度の飛距離を確認。ボケをエサとする釣りなので、そう思い切り振れないという悪条件ではありましたが、それよりも私の肩の状態の方が80mほどの飛距離で限界の感がありました。

・キチヌの取り込みで・・・獲物が掛かると巻き重り感が大きくなることが予想されましたが、全くの杞憂でした。もっとも、40㎝未満のキチヌしか取り込んでいませんので、これより大きな獲物ならどうなるかわかりませんが、あまり心配いらないのでは、と思っています。

・岬公園裏で・・・岬公園裏は、岸から80mほどまで岩礁帯が広がっていて、それよりも沖に砂地があり大型カレイが狙えるポイントです。カレイを狙うなら、少なくとも100mは投げなければなりませんが、先日の初釣り大会では、狙う獲物がアイナメ、クジメ、カサゴなどの根魚でしたので、80mほどの距離で釣りました。巻き上げで根に掛かる心配がありましたが、巻き上げ速度(最大86㎝/ハンドル1回転)という速い巻き上げ力のおかげで、その心配もすぐになくなりました。巻き上げは体感でも速いです。投げ用リールと比べても遜色ありません。そんなわけで、そういった根回りでも使えることが立証されました。

 後、一番の課題は、潮の速い場所での釣りです。これも一度どこかの場所で試してみる必要があります。カレイ狙いなどでは、速い潮流の釣り場をはずすことが出来ませんので。

 ラインキャパが、ナイロン4号150mですし、ストロークが17mmですので、投げると確かにラインのスプールエッジへの抵抗感はあると思います。ですが、AR-Cスプールの恩恵に加え、元々そう遠投力がない私のことですので、あまり問題を感じずに使っています。気になるようなら、PEに巻き替えることも考えます。

 ところで、私がこのリハビリタックルを考えついたことを知る由もないでしょうが、偶然にもD社から、25mmストロークのライト感覚のリールがリリースされることになりました。ドラグもクイックドラグを装備していますので、ちょっと「やられたな~」感はありましたが、聞くところによると、自重が400g以上になるとか? D社の営業の方は先日の連盟新年総会で「ニューカマーが出現します。」なんて言っておられましたが、おそらく、ライトタックル部門を充実させたという意味に私は受け取りました。それならば、もう少し自重に工夫が必要なのではないのかなと思いました。400g強の自重では、すでにライトタックルの域を超えていると思います。それとも、クイックドラグのシステム自体400g強の自重が限界なのでしょうか。いずれにしても、出来ればFショーなんかで実物を触ってみたいところです。

 それと、S社さん。かくなる上は、PAサーフリーダーCI4+17のリリースが待たれるのでは? または、D社と同じように、25mmストロークを新たにリリースしますか?

 私が思惑しているわけではありませんが、釣り業界では投げ釣りのライトタックル化の波が確実に押し寄せているようです。

 どなたが言い出しっぺかはわかりませんけど、ね(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

今どきのガイドなんて・・・・

Imgp0196

 これは私が所有するリハビリタックル、「キャスティズム」のガイド部分です。 現行モデルのKWガイドではありません。あくまでも旧型ですが、とても気に入っています。それが何か?

 ところで、今年もこの週末に、フィッシングショー大阪が開催されますが、それに先立って、各社ともカタログ冊子やWEBサイトのカタログが更新されました。今日は特に竿のことを書いてみようと思います。

 G社は昨年にバトルサーフをリリースしていますので大きな変化はないようですが、D社とS社はどちらも、赤い竿をリリースするみたいですね。D社はともかく、なぜS社まで赤? で、両社ともリールシートが板シートではなく、パイプシート?スクリューシート?なるものを採用されたようで・・・・

 素直じゃないですね。なぜ普通に板シートじゃだめなんでしょうか。軽いのに・・・・

 それと、これも両社とも、あるいはG社も含めてのことですが、そんなにKWガイドっていいのでしょうか。私にはよくわかりません。私的には上の写真のような、バットガイドが折り畳み式Wキャスピンガイド仕様が一番好きなのですが。

 思うに、ガイドって、言ってみればF社が独占していますよね。どの釣り具メーカーもF社の言いなりに、受け売りのように新型ガイドを採用して、じゃ、前モデルはだめなのか?ってことになります。私は全くそうは思わず、このキャスピン型ガイドが、優れているとか優れていないといったメーカーの謳い文句にかかわらず、一番「使いやすい」と思っています。

 こんなことは不可能だとは思いますが、リールシートやガイドの仕様をオーダーメイド出来るようにしてもらえたらな~なんて、夢のようなことを考えています。

  自分が所有するバトルサーフもそうなのであまり大きな声では言えませんが・・・・

 はっきり言って、私はKWガイドは嫌いです。パイプシートも嫌いです。

 そんなことに心血を注ぐよりも、もっと廉価で優れたタックルをたくさん開発してくれたらどんなに良いことか、なんて思っています。

 皆さんはいかがですか? 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

久しぶりの診察

 今日は、1ヶ月半ぶりの主治医の診察の日でした。診察というよりも、現在の状況を報告して、今後の方針を固めていこうというものです。問診のような感じでした。

 その結果、来週に系列の病院で、肩のMRI検査および他の部分のレントゲン、そして、もしかして関連のある腰の検査もすることになりました。

 骨折の部位は左手、右ひざ、左かかとの3ヶ所で、それぞれの部分にプレートやボルトが入っていますが、そのうち、右膝のプレートは除去する手術に踏み切る可能性があります。歩けることは歩けるのですが、明らかにプレートが邪魔しているような感触があって、どうしても歩きづらいのです。また、肩についても、MRI検査次第では手術に踏み切る可能性があります。いずれにしても、予断を許さない状況にあると言えます。

 実は、自覚の範囲での話になりますが、自分の感覚では退院直後とそう状況が変わっていないような感じがしています。両足に関しては、歩くのは何とか平面ならば大丈夫ですが、それにしても長時間は無理ですし、立ち続けることも難しい。さらに、階段などの段差や高低差になると、なかなかスムーズに移動することが出来ないなど、見かけよりも困難な状況が続いています。左手は、物をつかみにくい、力が入らない、指が曲がらない、伸びきらない、これも退院直後とあまり変化なしです。肩は、何とか可動域は増えてきたものの、夜間痛がひどくて睡眠不足の日もしばしばです。

 それでも、やや負けず嫌いな性格のせいか、こんな状態だから釣りを自粛する、といった消極的な行動はどうしても納得できず、それで、退院以来合計4回釣りに行きました。ですが、気分転換とリハビリにはなったかもしれませんが、どれも体力的には辛いものばかりでした。リハビリタックルで何とか助けられていますが、もしかするとこれ以上進歩がないのではないか、と心配しています。

 釣りのような趣味の段階でこの状態ですから、仕事となるとどこまで周囲の足を引っ張らずにやり遂げていけるか、少し自信がありません。

 仕事復帰まであと2ヶ月足らずとなりましたが、それまでに何とか、人並みに動ける身体には戻しておきたいと思っているのですがどうでしょう。手術が突然入ることになれば、仕事復帰も危うくなるかも。

 とりあえずは、来週は検査をしっかりと受けてくるつもりです。

 ちょっと暗いお話でしたね。どうも、申し訳ありませんm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

ウォッシャブル?

 10年ほど前に、S社から「ウォッシャブル」と称して、穂先を2分割できてガイド類がすべてはずせる振り出しロッドが発売されていました。穂先の上半分が抜けるためにすべてのガイドがはずせるので(確か、すべて遊動ガイドでした。)、振り出しであるにもかかわらず、全ピースがはずせて洗えます、という謳い文句でした。ファインセラミックという名前でしたっけ? スピンパワーの前身モデルでしたね。私は所有していませんでしたが、どんな使用感だったのでしょうか。とりあえず、理にかなった仕様ではありました。ピースをはずして洗えるので、乾かすのも楽だったはずです。そして私は、この仕様が少しうらやましくもあったのです。

 振り出しロッドの欠点は、中を洗ってしまうとなかなか乾かないこと。ピースがすべて中に入った状態で洗ってしまうので水分が蒸発しにくく、そんな現象が起こるわけです。なので、いつもは私も洗うことなくふき取るだけにしています。

 そう、「いつもは」です(^^) 

 ですが、時折ファインセラミック的手入れをすることがありまして・・・・・(^^)

 最近主力で使っているリハビリタックル、キャスティズムですが、昨日の初釣り大会でも使ったので、帰宅後手入れをしようと思ったときのこと。そのうちの1本を伸ばそうと思うと、中で「ジャリ!」と嫌な音がして、伸ばしにくくなっていました。どうやら中に砂が噛んでしまったようです。夜中に雨が降ったことが原因なのでしょうか。何度かふき取って同じ作業をしようと思いましたが、やはり「ジャリ!」と音がします。このまま強引に伸ばそうとすると、ブランクに傷が入るのは明白です。そこで、時折最終手段で使う手を実行することにしました。

Imgp0193

 これが、リハビリタックル、旧キャスティズム27号385です。「KWガイドではないところ」が良いので気に入っています(^^)

Imgp0194

 あらら、3分割されました(>_<) 

 もしかしてだけど~(^^)

 ガイドをはずしたとか・・・・・?!

Imgp0195

 キャスティズムの固定ガイドは#2のガイドとトップガイドだけなので、外す手間が少なくて済みます。こうやって、すべてはずしてしまいました。すると、ブランクがすべて取り外すことが出来ます。

 で、この状態でブランクを洗って、今は陰干し中です。急ぎであれば中にティッシュの丸めたものを通してやると良いでしょう。

 さらに・・・・復帰させるときには、トップガイドのみ接着剤で取り付けて、#2のガイドは接着しないで取り付けます。こうすると、また取り外すことが簡単に出来ます。

 この方法、さしずめS社版ウォッシャブル機構とでも言いましょうか、ブランクをしっかりと手入れするには良い方法だと思っています。ただし、皆さんに強くお勧めしているわけではありません。ガイドを外す勇気がなければしない方が良いし、私の場合はあくまでも自己責任ということで作業を行っています。この方法で手入れをされる方は、その点を良くご理解の上、作業してくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

復活の「中(ちゅう)」狼煙(^^) 大阪協会初釣り大会

 今日は、大阪協会初釣り大会が開催されたので、私も参加してきました。前回の合同納竿大会よりは、若干気合いを入れての参加です(^^)

 今日の大会規定では異種2匹の長さ合計で審査されますので、何とか工夫して2種類のお魚を釣らなければなりません。それも、寸法をそれなりに稼ぐ必要があります。ただし、審査時間に戻ってくることさえ出来れば釣り場は自由です。なので、クラブ員の人たちは皆、違う種類の2匹を求めて、各地を転々とするのです(^^)

 私はクラブの安原氏と作戦を立て、川尻でキチヌを釣った後、どこかでアイナメやカサゴを釣る、という作戦に出ることにしました。

 その結果・・・・・

Imgp0188  

 クジメ21センチ。岬公園裏にて。

 たかだか21センチのクジメですが、本命よりもこちらが釣れた方がうれしいこともあるのですよ。これは、経験した者でないとわからない・・・・・なぜなら、本命に続き・・・・・

Imgp0189  

 異種の2匹がちゃんと釣れてくれたからです。キチヌは34センチありました(^o^)  

 明け方、ボケのエサが後2匹~の段階で、奇跡的に釣れたキチヌ、そして、場所替え後わずか1投で釣れてくれたクジメ。 岬公園裏での釣りは、わずか2投で終了しました(笑)

Imgp0190

 今回は、反撃の「中」狼煙くらいにはなったかな?

Imgp0192

 久しぶりの入賞で、仕掛けケースを頂きました。この仕掛けケース、きっと記念に残る大切なものとなるでしょう。30賞中の26位ですから大したことないのかもしれませんが、めっちゃうれしい・・・・・ 「手軽にとっつける今風の投げ釣りを、リハビリに取り組む私が研究する」宣言・・・・少しずつ実を結びつつあるようです。

 プロジェクトのS投友会の皆さん、プロジェクトお疲れ様でした。 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

下処理

 最近、リハビリ以外は自宅にいることが多くて、じっとしていてもリハビリにはならないと思って、洗濯や掃除、夕食の準備などを出来るだけするようにしています。いわゆる、主夫です(笑) 特に夕食の準備は、料理人になりたいな、なんて思ったことも瞬間的にあったので(^^;嫌いではありません。PCから色々なレシピを拾ってきて、自分なりにアレンジして作るのは、結構楽しいものです。

 以前にお話したと思いますが、私は包丁やのこぎり、ハサミなど、力がいる作業は基本左利きなんです。ところが、左手が怪我のため、握りしめることと力を入れることが不得意になってしまっているため、逆に包丁を使ったり、フライパンや鍋を持ったりする作業が良いリハビリになっていると思っています。フライパンなんて、怪我以前は気にせず持っていましたが、いざ怪我をしてみると、重みがずっしりと手にのしかかって、かなり厳しいものがあるのですよ。お魚を下すときも、出刃包丁の重みが結構手に負担になるのです。

 さて、今日の夕食はトマト系のパスタにしようと思っています。そこで、買い物をして材料の下準備をしようとしましたが・・・・・はたと困ってしまいました。どこまで下準備をしても良いものか・・・・・例えば、パスタを茹でるのは、前もってしておいて良いものかどうか・・・・

 そんなことを考えているうちに疲れてしまって、それで今PCに向かっているというわけです(笑)

 そこで、ふと思いつきました。皆さんは、釣ったお魚をお刺身にするとき、もちろんすぐに食べるなら問題ありませんが、下処理の時間と食べる時間にずれがあるときは、どこまで下処理をしておきますか? というより、どこまでの下処理をすることを納得出来ますか?というお話です。

 例えば、お魚をお刺身にするとき、次の手順を踏むと思います。

1 魚体を真水で洗って、ぬめりや汚れを取る。

2 うろこを引く。

3 内臓を取り出す。

4 3枚に下ろす。

5 皮を引く。

6 お刺身に切り分ける。

 私は、前もってしておいて良いと思うのは、3までです。それ以上してしまって時間を置くと、身が柔らかくなる気がしてダメですね。人によっては1ですら、身が緩むと言って嫌う人もいるようです。磯釣りに行くと渡船乗り場で釣ったお魚の下処理をされている方を良く見かけますが、内臓は取っても、うろこを引かない人が結構おられます。そして、海水と氷を混ぜたものに入れて持ち帰られます。新鮮なまま持ち帰るための、釣り人の知恵ですね。

 さて、皆さんは何番までOKですか?

 さ、それじゃ、パスタの下処理をしておくことにしましょう。あと1時間で夕食の時間です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ