« 今どきのガイドなんて・・・・ | トップページ | なくし物、買いなおす前にもう一度探そう(^^) »

AR-Cエアロのとりあえずインプレッション

 各社のリールのニューモデルのことも絡むお話なのですが・・・・・

Imgp0198

 これは、昨日にお話させていただいた、リハビリタックル「キャスティズム」の相方リール、AR-CエアロCI4+です。標準ではベアリングが6個ですが、クロスギア軸後とハンドルに1個ずつ追加して、8ボールベアリング化してあります。これで、巻き味は確かに軽くなりましたが、ハンドル自体が短いため、25号相当のオモリをいつも巻き上げなければならない投げ用リールとしては巻き上げトルクの不足は否めませんでした。そこで・・・・

Imgp0199

 右が標準の55mmハンドル、右が、SAサーフリーダー用70mmハンドルです。色が少し違和感があるのは仕方がありませんが・・・・・

Imgp0200

 ハンドル換装後のAR-Cエアロです。もし何でしたら、パワーエアロサーフリーダーと呼びましょうか(笑) これで巻き上げトルク不足は、劇的に解消されました。このハンドルを装着した後の自重は、およそ280g(ナイロン4号150m含む)、この軽さがキャスティズムの軽さとも相まって、竿、リール合計で600g強の重さを達成出来て、まさにリハビリに取り組む私が使いやすいタックルとなってくれたわけです。

 でも、わざわざAR-CエアロのハンドルをSAサーフリーダー用に取り換える人なんて、私くらいしかいないでしょうねぇ(^^; まあ、リハビリタックルの考案ということで、言い訳は成り立ちますが(^^;

 それで、使用してみてのインプレは・・・・・

・川尻のキチヌ狙いで・・・軽いスナップ投法で80m程度の飛距離を確認。ボケをエサとする釣りなので、そう思い切り振れないという悪条件ではありましたが、それよりも私の肩の状態の方が80mほどの飛距離で限界の感がありました。

・キチヌの取り込みで・・・獲物が掛かると巻き重り感が大きくなることが予想されましたが、全くの杞憂でした。もっとも、40㎝未満のキチヌしか取り込んでいませんので、これより大きな獲物ならどうなるかわかりませんが、あまり心配いらないのでは、と思っています。

・岬公園裏で・・・岬公園裏は、岸から80mほどまで岩礁帯が広がっていて、それよりも沖に砂地があり大型カレイが狙えるポイントです。カレイを狙うなら、少なくとも100mは投げなければなりませんが、先日の初釣り大会では、狙う獲物がアイナメ、クジメ、カサゴなどの根魚でしたので、80mほどの距離で釣りました。巻き上げで根に掛かる心配がありましたが、巻き上げ速度(最大86㎝/ハンドル1回転)という速い巻き上げ力のおかげで、その心配もすぐになくなりました。巻き上げは体感でも速いです。投げ用リールと比べても遜色ありません。そんなわけで、そういった根回りでも使えることが立証されました。

 後、一番の課題は、潮の速い場所での釣りです。これも一度どこかの場所で試してみる必要があります。カレイ狙いなどでは、速い潮流の釣り場をはずすことが出来ませんので。

 ラインキャパが、ナイロン4号150mですし、ストロークが17mmですので、投げると確かにラインのスプールエッジへの抵抗感はあると思います。ですが、AR-Cスプールの恩恵に加え、元々そう遠投力がない私のことですので、あまり問題を感じずに使っています。気になるようなら、PEに巻き替えることも考えます。

 ところで、私がこのリハビリタックルを考えついたことを知る由もないでしょうが、偶然にもD社から、25mmストロークのライト感覚のリールがリリースされることになりました。ドラグもクイックドラグを装備していますので、ちょっと「やられたな~」感はありましたが、聞くところによると、自重が400g以上になるとか? D社の営業の方は先日の連盟新年総会で「ニューカマーが出現します。」なんて言っておられましたが、おそらく、ライトタックル部門を充実させたという意味に私は受け取りました。それならば、もう少し自重に工夫が必要なのではないのかなと思いました。400g強の自重では、すでにライトタックルの域を超えていると思います。それとも、クイックドラグのシステム自体400g強の自重が限界なのでしょうか。いずれにしても、出来ればFショーなんかで実物を触ってみたいところです。

 それと、S社さん。かくなる上は、PAサーフリーダーCI4+17のリリースが待たれるのでは? または、D社と同じように、25mmストロークを新たにリリースしますか?

 私が思惑しているわけではありませんが、釣り業界では投げ釣りのライトタックル化の波が確実に押し寄せているようです。

 どなたが言い出しっぺかはわかりませんけど、ね(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

 

 

« 今どきのガイドなんて・・・・ | トップページ | なくし物、買いなおす前にもう一度探そう(^^) »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
AR-C エアロ所有しております。
自分もベアリングプラスしたくネットで検索した所、このページにたどり着きました。
ベアリングサイズを教えて頂けたら嬉しいです。
また、手順なんかもできたらお願いします。

>Yuuさん
初めまして。ようこそ当ブログにお越しくださいました。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、AR-Cエアロのベアリング交換ですが、パーツリストのパーツ番号で言いますと、74番のハンドルブッシュが、内径4mm外径7mm幅2.5mm(業界用語で、740zz?)、 クロスギア軸後の95番のブッシュが、内径3mm外径6mm幅2.5mm(630zz)のベアリングに、それぞれ交換出来ました。ハンドルは79番ネジをはずしてから、77番ネジをはずしてください。クロスギアは、ボディガードのパーツをはずした後、93番ネジをはずします。その際、軸をしっかりと手で固定してからはずしてください。

追加方法は一応説明させていただきましたが、あくまでも自己責任でのベアリング追加をお願いしますね。

お邪魔しますm(__)m
あくまでも主観です・・・D社の25mmストロークのリールについて実際に手に持ってみましたがガタイの割には重く感じられました。まあ45の廉価版(?)を持った後だけに余計にそう感じたかもしれません・・・ただ組み合わせるロッドによってはバランスが取れるのかもしれませんが、ライト感覚と言われればそうではないと思います。
それから廉価版の45は以前のモデルと現行の上級機種とのスプールの互換性があると云うことなのでちょっと選択肢が広がったかなと・・・心が揺らぎますが、ただ新しい並継の425は出ないと云う事なのでここは喝!です。 あとS社の赤竿なんですけど、一緒においてあったプロトモデルの方が色・塗装・仕上げ等々見た目は断然良い感じがしました(^_^;)。


>hirotaさん
Fショー報告、ご苦労様です(^^;
 
質実剛健並継ぎ425派のhirotaさんとしては、AGSの425がリリースされれば即買いでしたでしょうに、ちょっと残念ですね。追加リリースはされないのでしょうか。
ベーシア25に関してはコメントは一応スルーということで(^^) 
ベーシアの45QDが復活して、パワーサーフ以外の選択肢がまた出来てよかったのではないでしょうか。スプールの互換性があるというのは、もしかすると、以前の45QDとも使いまわしが出来るということですね。ですが、やはり少し価格が高すぎますね。もう少し廉価に抑えられないものでしょうか。3~4台揃えるとなると大ごとです(>_<)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/59083904

この記事へのトラックバック一覧です: AR-Cエアロのとりあえずインプレッション:

« 今どきのガイドなんて・・・・ | トップページ | なくし物、買いなおす前にもう一度探そう(^^) »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ