« 実は先輩、同じ誕生日・・・ | トップページ | ここまでやるか(笑) »

全か無かの法則

 表題の法則は、高校生物で出てくる法則ですが、今回は全くそれとは関係ないお話です。

 リールのドラグの調整は、磯釣りやルアー釣りなどではとても重要な作業ですね。釣りを開始する前にガイドに糸を通して、糸を引っ張ってどれ位の力を加えれば糸が出ていくか、この調整をするわけです。つまり、これらの釣りの場合、魚が掛かったときにいかに糸の出し入れで魚が引く力をかわすか、これが釣果にかかわってくるわけです。磯釣りやルアー釣りなどでは、とても繊細なドラグが必要と思われます。

 では、投げ釣りの場合はこのようなドラグの使い方をするのかというと、ちょっと違っています。投げ釣りの場合は魚が掛かったときに、糸の出し入れで魚をあしらうことはほとんどありません。もちろん、ないとは言いません。ですが、「ほとんど」ないです。

 しかるに、なぜ投げ専用リールにはドラグがついているのか・・・・・

 投げ専用リールにはご存じのように、ドラグ付きとノンドラグの2タイプがあります。ノンドラグリールはシロギスの引き釣りのように、ドラグで「糸を出す」必要がないジャンルで主に使われています。では、ドラグ付きリールは? この場合のドラグの使い方を指して、「ドラグフリー釣法」という方法が生み出されました。アタリを取るときのみドラグを完全フリーにして、エサを食った魚に抵抗を感じさせずに糸が出るようにしてやるわけです。そして、合わせから魚を取りこむときは、ドラグをしっかりと締めて巻き取りを開始する・・・・・

 そんなもん、わかっとるわいっ!! って?(笑)

 まあまあ、そう気を荒立てずに(^^;

 だから私は、そんな投げ釣りでのドラグの使い方を指して、「全か無かの法則」と呼びました。投げ釣りにおいては、リールのドラグは完全に締めるか、完全にゆるめるかのどちらかで良いからです。

 最初にも書いたように、磯釣りやルアー釣りで使われるリールは、ドラグがとても繊細に出来ています。そのリールをドラグフリー状態にしてやろうと思えば、ノブを何回回さなければならないか・・・・現に、私がこれから使おうとしているリール「AR-Cエアロ」は、15回くらい回さなければ完全フリーになりません。

 そこで・・・・

 やっちゃいました。

 何を?

 ドラグのワッシャー抜き(^^;

 ドラグワッシャーを何枚か抜き取って・・・・・

 完全に締めるとしっかりと締まるし、ゆるめるには、何と4回転で済むようになりました!投げ釣りで使うには、「全か無かの法則」を適用して、これで十分なわけです。もっともこれは、AR-Cエアロのドラグノブが特徴的な形をしていたのでひらめいたわけであって、どのリールでも使える作戦ではないと思われます。ですが、試してみる価値はあるのではと思った次第です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

« 実は先輩、同じ誕生日・・・ | トップページ | ここまでやるか(笑) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/58920570

この記事へのトラックバック一覧です: 全か無かの法則:

« 実は先輩、同じ誕生日・・・ | トップページ | ここまでやるか(笑) »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ