« リハビリ投げ練 | トップページ | 難関・・・仕掛け作り »

免疫抑制剤

 免疫抑制剤なんて、普通は家にあるものではありません。どんな家にあるのか・・・・それは、臓器などの移植手術を受けた家族がいる家にあるのです。免疫抑制剤を服用することにより、移植手術とは切っても切れない関係の、拒絶反応を抑えることが出来るのです。

 我が家の息子はただ今小学校5年生。見た目には他の健常の子たちと何ら違うところはありません。で、唯一違うのが、この免疫抑制剤を毎日服用している、というところです。もうブログで何度も書いていますが、息子は生後5ヶ月で生体肝移植を受けました。服を脱ぐとわかりますが、息子のお腹には30センチ四方のところに逆T字型の傷跡が今でも残っています。その移植手術の影響で、息子は小学5年になる現在でも免疫抑制剤を服用しているのです。さて、息子は移植手術の唯一の証人である免疫抑制剤をいつまで服用する必要があるのか・・・・・近頃では家族の間でこの薬のことはほとんど話題に上ることはありませんが、家族皆がちょっと注目している部分ではあるのです。

 実は、今日は2ヶ月に1度の息子の定期健診の日でした。妻は勤めに出ているので、休暇を頂いている私が代わりに息子を病院に連れて行きました。病院は大阪市阿倍野区にある大阪市立大学医学部附属病院です。私が行くのは、ほぼ2年ぶりでしょうか。

 朝9時に受け付けを済ませ、すぐに採血。息子は子どもには珍しく、注射を嫌がりません。手慣れた様子で自分で腕をまくり上げて、看護師さんに手を差し出します。そして、採血が終わると、ご褒美のポケモンカードをもらうのです(^^)

 血液検査の結果が出るのを待って、10時半から主治医の診察がありました。2年ぶりにお会いする主治医の先生です。やっぱりさらに年を取られましたな。お互いに(^^;

 その診察の席上、息子の春休みを利用しての入院の日程が組まれました。何の入院か?! 別に状態が悪くなったわけではありません。1泊2日で入院をして肝生検をして、免疫抑制剤を止めれるかどうかの検査をするというわけです。この検査で合格が出ると、息子は晴れて免疫抑制剤を卒業出来るのです。

 実は、息子は大学病院での小児生体肝移植2例目にあたります。なので、成長過程でどのように変化していくか、といった経験値がまだ大学病院にはほとんどありません。まだまだ手探り状態。どうやら学会でも常に経過報告がされている模様です。言わば息子は大学病院での「実験台」のような存在なんです。「実験台」なんて聞こえは悪いですが、そうして大学の医学の進歩に貢献する役割を担う代わりに、数千万円と言われる高額な手術費用を全額無料にして頂いているという恩恵を受けています。

 息子は何例かある小児生体肝移植患者の中でも、すこぶる経過が良い患者なのだそうです。なので、春休みの入院→肝生検→免疫抑制剤の卒業は、病院にとっての経験値アップにかなり貢献するはずです。そして、息子も晴れて健常の子と同じ生活になる・・・・・

 ・・・・・病院を出た後、二人で阿倍野の地下にあるラーメン店に行きました。昼食にラーメンを食べたいという息子のリクエストで、有名なラーメン店「古〇」に行くことに決めました。息子とともにしょうゆラーメンを注文。息子は、ちょっと前(私の事故前?)までは1人前なんてとても食べきれなかったのに、今はラーメンの1人前をペロリと食べられるまで成長しました。時が経つのは早いものです。

 息子の入院まで、後2ヶ月と少し。平然と元気に過ごす息子を横目に、妻も私もドキドキしてきている、今はそんなところです。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

« リハビリ投げ練 | トップページ | 難関・・・仕掛け作り »

家族のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/58902009

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫抑制剤:

« リハビリ投げ練 | トップページ | 難関・・・仕掛け作り »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ