« 帰省ピーク前の帰省 | トップページ | 宮崎県帰省その2 »

宮崎県帰省その1

  昨夜の9時頃に大阪を出発。愛媛県八幡浜港に到着が午前2時半、朝まで車中で仮眠をして待機。八幡浜港発5時50分のフェリーにて大分県臼杵港着8時15分。そして、午後3時に宮崎県えびの市の実家着。

  往路の行程はざっとこんな感じでした。幸い、私の運転もそう問題はなく、今のところ体調自体は良いです。

  臼杵市からえびの市まではもう少し時間短縮が出来るのですが、今回は少し理由があって、リールのことと宮崎県への帰省のことをネットで色々と検索しているうちにお知り合いになった、宮崎県日向市ご在住のハンドルネーム、ひむか百景さんにお会いさせて頂いたために時間が遅くなったのです。ひむか百景さんは、ライトタックルでルアーやエギング、そしてキス狙いなどを楽しまれている、いわば現状リハビリ中の私の釣りをご指南してくださっている方です。ネットで知り合いになれた方とお会いできる折角の機会ですし、ぜひためになるお話を聞かせていただきたいと思い、私の方からご無理を言ってお会いしていただくことにしました。

  お会いしている間は、妻と息子は道の駅日向で温泉施設に入ったりで時間をつぶしてもらい、私はひむか百景さんに連れられて、付近随一の1級ポイント、耳川尻に連れていって頂いて、思いがけずいくつかのタックルをお借りしてキャストさせていただくという「幸運」に恵まれました。実釣ではありませんでしたが、今回の宮崎帰省でまさか竿を振る機会に恵まれるとは思いもしなかっただけにとてもうれしく、またここでの狙いものや付近でのヒラメやオオニベのポイントを聞かせていただいて、1時間余り楽しい時間を過ごさせていただき、お別れしました。

  写真UPしようと思いましたが、データ量の設定が大き過ぎて、大阪に戻ってからでないと無理な模様です。とりあえず、今日のところは報告ということで、後日改めてご紹介いたします。

  とりあえず、家族3人とも長旅で疲れて、現在えびの市の実家でくつろいでいるところです。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト  http://hokutosurf087.la.coocan.jp/  

« 帰省ピーク前の帰省 | トップページ | 宮崎県帰省その2 »

家族のこと」カテゴリの記事

コメント

ふぐたろうさん、こんばんは~

本来ならばサクッと素通りの宮崎県北部・日向市にお立ち寄りいただいてありがとうございました!

蒲江・・・須美江・・・北川インターから延岡南インターまでは無料で、延岡南インターから門川インターが250円、日向インターまではちょっと割高・・・というのは地元の発展のために口にしませんでした(笑)

お子さん達は、太平洋を眺めながら入れる大浴場を楽しまれたかなと思いますが、あの温泉は元日早朝営業で入浴しながら初日の出を拝めることもできます。
いつか年末釣り納め、年始に入浴後に初釣りなんていうのも楽しめたらと思います。

今回ふぐたろうさんに私の竿を振って頂いたことで、特にショアガンはキャスト直後の穂先のブレ方を確認できました。今後使用するルアーのタイプについて非常に参考になりました。ありがとうございました。

ブログUPしまして、今回最初にナス型3号で試投して頂いたアジングロッドとリールの組み合わせでの釣果を紹介しました。あのロッドのルアー負荷Maxは11gで、オモリ3号相当になります。

今後の何かしらの参考にして頂けたらと思います。今後ともよろしくお願いします♪


>ひむか百景さん
いやあ、日向市滞在時間はとても楽しかったです。妻と息子も、良い温泉を紹介していただいた、と満足していました。

高速道路は、新しくできた、あるいは初めて通過するルートは必ず利用する主義ですので、あまり割高は気になりませんでした(笑) 空き空きの高速道路は走っていて気持ちよかったです(爆)

ところで、本来私は投げタックル専門ですし、しかも手負いの身と言うことでライトタックルに挑戦していますので、ルアータックルについては本当に素人です。そんな私が数投しかしていないのに、それがひむか百景さんの参考になっているなんて、思いもしませんでした。ただ、ルアー竿のような柔らか目の竿は、振り止めをできるだけ高い位置で、を意識はしました。

アジングロッドでナス型3号のオモリで、あれだけ飛ぶのはちょっとびっくりでした。これからしばらくの釣りにはおおいに参考になると思います。色々なリールの巻き心地は手が覚えていますので、AR-Cエアロ改善の際には役立つと思います。私こそお世話になり、感謝しています。

またいつか、今度は必ず釣りで訪問させていただきますので、そのときはよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/58794302

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県帰省その1:

« 帰省ピーク前の帰省 | トップページ | 宮崎県帰省その2 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ