« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

11月30日現在の状況

   すみません。今日は自分のための記録的文章になります。

 11月30日現在の、各部の状況を記録しておきます。

 まず、左のかかと。

 ほとんどむくみは取れていますが、小指から外側かかとに至るまでの表皮に痺れが、また、左足全体にまだ熱っぽさが残っています。かかとはかなり体重をかけて曲がるようになってきましたが、ふくらはぎの筋肉がかなり落ちているため、膝とともに体重をかけるとかなり震えた状態になります。左ひざの曲り角は、135°です。

 次に、右の膝。

 膝頭の下の部分、5×10センチメートルの範囲の無感覚は、未だに残っています。歩くと膝の関節が少し痛いのと、足を曲げると、鵞足と呼ばれる膝内側の筋肉に痛みが出ます。これは、外側筋肉が使えていないからだそうです。

 ですが、今日の計測で、両太もも、ふくらはぎ回りのすべてが約1~1.5センチほど太くなったとのことです。自主トレの成果が表れて筋肉が戻ってきました。ちなみに、右の膝の曲り角も135°です。

で、左手。これは現在の状態を写真に収めてみました。

Dsc_0211

 これは、握ってみたところ。まだ微妙に、てのひらに指がつきにくいです。特に人差し指。

Dsc_0212

 これは、広げてみたところ。指が伸びきらない(>_<) よって、壁にペタンと手が付けない。

 それにしても、しわしわの手やね(^^; ちょっと悲しい・・・・でもこれは、むくみが取れてきた証拠なのですよ。なので、お許しを。

 今のところ、左手の握力は、21.6kg。ようやく20kgを越えてきました。で、現在の左手の相棒は・・・・・

Dsc_0210

 もっぱら、これ(15kgタイプ)をニギニギしています(^^) もちろん、早朝にアクセラスの超音波も欠かさず当てています。

 さて、問題の両肩。

 今日もかなり鍛えてもらいましたが、まだ、「バンザイ」をすることが出来ません。背中にも手が回らないので、衣服の着る、脱ぐがかなりきつい。やはり、肩が一番の不安要素で、手術の可能性も残されています。しかし・・・・

 チョークを持って、黒板に字を書く・・・・

 投げ竿を振り切る・・・・

 ためにも、肩はしっかりと治さねばなりません。頑張りどころです。

 今日はすみません。自分の記録のための文章になってしまいました。ですが、後のためにも、記録は残しておかないと・・・ね。

 

当地の天候は、快晴・・・

 もしかすると、へんなたとえ話かもしれませんが・・・・

 地方に公共の乗り物を使って旅をしたとき、思わず「ついに来たぞ~!」って思える瞬間があります。それは、車内(機内)アナウンスを聞いた瞬間です。

 例えば飛行機。

 「皆様、当機はまもなく〇〇空港に着陸いたします。当地の天候は晴れ、気温は20℃、湿度は70%でございます。」

 これを聞いた瞬間、ようやく「当地」に到着した自分を想像できるのです。

 たとえば列車。

 「皆様、まもなく〇〇に到着いたします。△△方面はお乗換えください。次に、お乗換えのご案内をいたします。△△方面、普通列車の△△行きは、□番線から〇時〇〇分の発車・・・・」

 やっと着いた~(^o^)

 そんな気持ちにさせられて、このアナウンスを聞きながらおもむろに網棚から鞄を下すのです。この瞬間に、ワクワク感は最高潮に・・・・・

 で・・・・・

 皆様、当列車はまもなく、「退院」駅に到着いたします。当地の天候は快晴です。次に、お乗換えのご案内。投げ釣り方面は〇番線から、居酒屋方面は△番線から、銀玉方面は□番線からの発車となります。おうち滞在の方は、その場でごゆっくりおくつろぎください。

 退院駅を出ますと、次は復活駅までとまりません・・・・・・

えっ、もう?!

  今日、病院の1階ロビーに降りたら、もう飾り付けてありました。

Dsc_0209_2

  もうそんな季節なんですね。

  ちょっと、浦島太郎のような心境になりました。

  入院から5ヶ月。 そう言えば、長いようであっと言う間の5ヶ月でした。

退院を迎えるにあたって

 12月5日に退院することになりました。約5ヶ月もの間、自分でもよく頑張ったなと思いますし、その間、ご心配をおかけした皆様、お見舞いをしてくださった皆様には、本当に感謝の言葉もありません。本当にありがとうございます。

 院長「矢野さんが最初に目標とされていた12月初旬に退院ということにしましょう。両肩の様子は気になりますが、今後のリハビリと受診の経過を見て、その状況で最悪のこと(肩の手術のこと)を検討しても遅くないでしょう。」

 こういうお話でした。それで、迎えに来てくれる妻と、病院の方との相談で12月5日になったと言うわけです。

 本来なら手放しで喜びたいところなんでしょうが、そうではないから不思議です。自分はまだ完全に身体が元に戻ったわけではない、この気持ちが強いです。先日の、Fさん語録でも書きましたが、退院したい気持ちと残りたい気持ちと・・・・・これは、きっと入院されている方、またされたことがある方が、退院直前に考える共通の不安だと思うのです。ですが、この不安を言うと・・・・・

 院長「病院でなきゃできないリハビリもありますが、家で生活していく上で自然にリハビリになることも多いのです。病院から自立することも大切なんですよ。」

 この言葉に、ふんぎりがつきました。

 今、一番不安なことは、足のことより、肩や手のこと。生活に支障がないか、それが不安です。退院してからの生活も大切でしょうが、12月5日の退院までに、できるだけのリハビリ、自主トレの努力は積んでいきたいと思います。

 そやっ!! 退院せんと、釣りに行かれへん!!

 これを合言葉にして・・・・・・

ゴールが・・・・・見えた!!

  入院から数えて141日目の今日、院長先生からようやく、ゴールのテープの位置を示していただきました。まだ、確定の日時は示されていませんので、詳細は後日ということになりますが、そう遠い未来ではないのは確かです。

  となれば・・・・・

  リハビリをさらに頑張らねば・・・・・

  自主トレをさぼるわけにゃいかんぞ。まだまだ手負いの身。

  とりあえず今日は報告ということで・・・・・

滅多にできない役

 ポーカーで言うと、ロイヤルストレイトフラッシュ。

 麻雀で言うと、役満。

 花札で言うと、五光。

 いずれも、それぞれのゲームで滅多にできない手役です。

 これがもし、釣りなら? しかもそれが大会なら? 

 先日の、大阪協会名人戦で、とんでもない釣果が上がったとのことです。釣り人は、KクラブのSさん。釣り場は境水道近辺ということで。そして、釣り上げたランク魚が・・・・・

 ヒラメ(しかも60センチ近い?)、マゴチ、スズキ、エソ、そして、釣り場的にほぼあり得ない、コトヒキ!! の5魚種制覇!!(>_<)(>_<)(>_<) 五光制覇と言うべきか。

 飲ませ釣りで対象としている魚種をすべて制覇に、コトヒキのおまけ付きですよ。

 釣り、しかも大会で釣り上げた魚種としては、およそ考えられない釣果です。

 詳細は、後日UPされる協会HPをご覧ください。

137日ぶりの帰還~その2~

 朝は7時頃に起きました。病院に比べれば、2時間ほど寝坊です(^^; 起きたときにいつもは肩の夜間痛の名残りを感じるのですが、不思議と感じません。夜間痛を予想して、息子が持っているクッションを借りたのですが、それが功を奏したようです。

 ふむ、起き抜けの気分が良い・・・・・(^^)

 で、ベットの上、そして外のガレージで自主トレをした後、朝食。好物のベーコンエッグとご飯、味噌汁。おいしかった。昨日の鍋よりもインパクトがあって・・・・

 午前10時前にお出かけ。予定通り、大神神社参拝です。妻の新車のお祓いをしてもらいます。久しぶりのお出かけなので、ものすごく緊張しましたが、高速に乗る頃にはようやく慣れてきました。

 やっぱり、娑婆の空気はええなぁ(^^) 

 昨日の沈んだ気持ちがようやく晴れてきた気がしました。ちょっと、退院が待ち遠しくなったかも?

 11時頃に到着すると、天気も良く、七五三の翌週、農林産物即売会などのイベントが催されるせいでしょうか、結構な賑わいを見せています。何とか11時の部に滑り込めて、無事お祓い完了。そこに車を止めさせてもらって、本殿に参拝をしました。

Dsc_0201_4

 妻の車と、車のお祓い所です。

Dsc_0202_5

 こちらが、いつもの本殿です。お賽銭はうんと奮発して〇円(^^)

  で、これからも家内安全でありますように・・・・・

Dsc_0203_2

 おみくじは引かないと、心に決めていました。その代わりに、お守りを・・・・・

Dsc_0204

 ぜんざいの即売会に遭遇(^^)  1杯200円。

Dsc_0205_2

 で、大神神社に参拝に来たらなぜか食べたくなる・・・・・

Dsc_0208_2

 三輪そうめんの、煮麺。

Dsc_0206

 お店の紅葉がとってもきれいでした。久しぶりに、ブログ用の外の写真が撮れて満足(^^)お祓いやお参りも無事終えたので、午後1時には帰路につきました。

 で、午後2時くらいに帰宅。

  結局、歩くときには妻か息子に寄り添ってもらい、石段も砂利道もクリア出来た感じです。家に帰っての違和感は確かにありましたが、妻と息子に気遣われていることが再認識できて、、早くしっかりと歩けるようになって退院せな!!と思えたのでした。何だかんだ言っても、入院期限はあと3週間です。それまでには、追い出されるのではなく、自分で納得して退院しようと思っています。





137日ぶりの帰還~その1~

  今日は午後6時前に、籠に戻ってまいりました(^^;  戻る瞬間、映画「ローマの休日」の、宮殿に戻る瞬間のオードリー演じるアン王女を思い出したのでした。そんな、ええもんではないって? ま、それはそうですが(^^;

  137日ぶりの帰宅は、読者の方は恐らく「感動した!!」などの反応を予想されたでしょうが・・・・・

  まず、玄関に入った瞬間に、全く自分の家ではない感覚が。雰囲気、風景、そしてにおいに至るまで、すべてのことに違和感を感じてしまったのでした。特に、家のにおい、いわゆる「生活臭」。怪我の前は全く感じることはなかったのに、4ヶ月離れると、こうも露骨に感じてしまうものなのでしょうか。このように、玄関に入って何となく感じる違和感が、妙に切なかったのでした。

  そして食事。夕食は鍋物にしてもらいましたが、ビールが苦くて飲めない、鍋の具材が熱くて食べられない、特別に買ってもらった新鮮なはずの刺身が、ビニールを食べているような食感しか感じられない・・・・一番楽しみなはずの食事が、ビールの味と同じく、ホロ苦いものになってしまいました。

  食事以外のことをついでに言うなら、肩痛のせいで、振り出し、並み継ぎにかかわらず、竿を継ぐ事すら容易でなかったのは大いにショックでした。

  ただ、生活する上で課題にしていたことはほとんど達成したのですよ。玄関を入って家に上がれるか、ソファーに座れるか、階段を上り下りできるか、トイレができるか、お風呂に入れるか、湯船に浸かれるか、ベットに寝ることができるか、などなど。病院のリハビリでは目標を「高低差の克服」に据え、各場面を想定して練習を積みました。ストレッチ、腹筋、スクワット、階段訓練など、それはそれは頑張りました。でも、課題を克服したうれしさよりも、4ヶ月以上も自宅を離れて入院生活を強いられたつけが、想像もしていなかった全く違う部分に回っていることのショックの方が大きかったかもしれません。

  何だか外泊させてもらって、かえって気持ちが沈んだかも?

  夜ベットに入って、暗い気持ちのまま眠りにつきました・・・・・

看護師さんとの会話の中で

 自分的には結構面白いのです。今日はそんな話題。

看護師A「私は〇〇(都市名)生まれなんですよ。就職で大阪に出てきました。」

ふぐ「ふ~ん。じゃ、もしかすると、出身高校は〇〇西高校とか?」

看護師A「いえ、違いますけど、〇〇西高校のこと、知ってはるんですか?」

 この瞬間、あたかも同郷人を見つけたかのように、看護師さんの目がキラッと輝きます。

 で、ここでネタばらし(^^) 都市名に東西南北をつけた高校って、結構実在率が高いのですよ。なので、〇〇西高校は、私の出まかせです(笑) ちょっとがっくりした顔の看護師さんに、ペロッと舌を出してあやまります(笑)

 まあ、ふぐたろうって、いやらし~い奴?!(笑) でも皆さん、そんな会話になった時は、一度試してみてください。

 でも、次の会話はかなり使えています。釣りで遠征に行くことが結構多いので、〇〇(釣り場、または釣り場近くの町)の部分で会話が一致することがあるのです。

看護師B「私は〇〇(釣り場、または釣り場近くの町)生まれなんですよ。」

ふぐ「ふ~ん、じゃ、△△(釣り場)の近くやね。」

看護師B「え?! △△のこと、知ってはるんですか?!」

ふぐ「まあね(^^)」

  こうして、看護師さんとの会話を生み出します。会話ネタ作りは、ちょろいもんですな(笑)」

  さて、今日11月22日は、「いいふうふ(良い夫婦)」の日です。偶然にもこんな日に外泊(^^) 看護師さんとの会話の中で気づいたことです。悪くないっしょ?!(笑)

 

 

33年ぶりの再会

 昨日は、「自分的懐メロ」シリーズを書いてみました。入院中はスマホやPCに触れる機会が多く、必然的にYouTubeなども利用して様々な楽曲を聴く機会もあるわけです。懐かしい様々な楽曲が私の耳に復活しました。ほんとうに懐かしくてうれしいことです。

 実は昨日、そうしてまた色々と懐メロを探索し、ネット検索をするうちに、とても懐かしい人に再会することが出来ました。楽曲をヒントにふと名前を思い出して、試しにGoogle検索をかけてみたところ、その方のfacebookがヒットしたのです。何という奇跡!! その方とは浪人・予備校時代に予備校で知り合い、実は私が教員を目指すためのヒントをくれた方なのです。

  今でも良く覚えています。

友人「俺な、学校の先生になろうと思ってるねん。」

私「学校の先生?!」

 学校の先生、それは全く自分としては予期せぬ職業でした。それまでは、とにかく魚の研究をして、そしてそして・・・・と、研究のことばかりが頭にあって、実際の進路先は理学部で魚類の研究をするか、はたまた水産学部で魚の養殖の勉強をするか、と、職業のことなんて全く考えもしなかった・・・・要するに、進路としては全く現実味に欠けるものだったわけです。「夢ばっかり追っかけてたらあかんぞ!」と、それはもう、親にも心配されるほど・・・・・

友人「学校の先生になるねん。」

 隣の席だったその友人に、自信あふれる顔でそういう言い方をされて、何だか無性に自分が気恥ずかしくなったのを覚えています。

 学校の先生・・・・・

 その友人のおかげで、当初の希望進路とは違うものの、生物好きの自分がもしかすると子どもに教えることもあるのではないか、そう思えるようになってきました。無謀な夢を捨てて、少しだけ現実を見つめて・・・・・

 よし、教員を目指そう!!

 そういうわけで、その友人とともに教育大学、教育学部を中心に進路希望を絞っていくことになりました。

 浪人の1年間、その友人も含めて数人のメンバーと大いに遊びほうけました。予備校の授業なんてそっちのけで遊びまわったこともありました。もちろん、受験が押し迫ってきたときはお互いを切磋琢磨して勉強に明け暮れていましたが。

 あれだけ遊びほうけたにもかかわらず、遊んだメンバー全員が二浪せずに希望校に合格したのは奇跡としか言いようがありません。全員が合格確定した後、皆で祝賀パーティを開いたのを覚えています。

  残念なこと・・・・・その友人とは連絡先を交換せずに別れてしまったこと。地方の大学に進学した彼とは、その後音信不通になってしまいました。そして、いつの間にか大学生活に順応してしまった私は、その友人のことも忘れていき・・・・・きっと彼もそうだったのでしょう。今のように、携帯電話があれば、番号交換くらいはしていただろうに、ね(笑)

  話を戻して・・・・・まさかGoogleでヒットするなんて思いもしませんでした。名前を見つけたときには、一瞬息が止まるかと思いました。

  現在その友人は教員にはなられていません。ただ、私と同じ公務員。そして、別の方面で教える仕事をされているとのこと。メールで近況を送ってみたところすぐに返事が返って来て、私の事故のことを気遣ってくれました。33年ぶりの再会・・・・・までは果たせていませんが、退院した後に本当の再会をする約束をすることが出来ました。

  33年かぁ、長いなあ。

  その友人ですよ、さだまさしのアルバム「夢供養」を聴かせてくれたのは(^^) 

  何の因果か、アルバムタイトルが「夢供養」。この意味、おわかりでしょうか。

 

 

好きなアーティストと、そのきっかけ

 入院して以来、暇があれば音楽を聴いています。媒体は、スマホとパソコン。しかも、新しい曲や難しい曲を聴くのではなく、もっぱら「自分的懐メロ」を聴いています(^^; 若い人にはきっとわからないであろう、私と同じ年代の人にしか通じない話題(^^)

 ①自分が好きなアーティストと②好きな曲、③アーティストを好きになった年代と④きっかけを書いてみようと思います。私と同年代の方は特に注目!!

 ①さだまさし ②極光(オーロラ) 主人公 道の途中で 風に立つライオン 道化師のソネット 親父の一番長い日 ③予備校時代 ④予備校の友達の家に遊びに行ったとき、「夢供養」のアルバムを聴かせてくれた。

 ①小椋桂 ②糸杉のある風景 野ざらしの駐車場 ③ 高校1年 ④ テレビの青春ドラマ「俺たちの旅」のファンだった。なので、中村雅俊も好き。「恋人も濡れる街角」とか、「ただお前がいい」とか。

 ①オフコース ②愛の中へ 君を待つ渚 Save the Love Yes-No 逃すなチャンスを 僕等の時代 ③大学1年 ④ サークルの友達の影響

 ①松任谷由実 ②ダンデライオン dang-dang ③ 就職1年目 ④ラジオで流れた「ダンデライオン」が衝撃的だった。

 ①松田聖子 ②風立ちぬ 青いサンゴ礁 赤いスイトピーなど、あの頃のヒット曲すべて ③大学2年? ④ザ・ベストテンの影響(笑)

 ①太田裕美 ②しあわせ未満 木綿のハンカチーフ ③高校3年? ④ABCヤングリクエストでかかっていた木綿のハンカチーフ、舌っ足らずの優しい歌声が衝撃的!(^^)

 ①薬師丸ひろ子 ②100粒の涙 Wの悲劇 すこしだけやさしく ③大学4年? ④角川映画の、「セーラー服と機関銃」が衝撃的だった。

 ①サザンオールスターズ ②真夏の果実 LOVE AFFAIR TSUNAMI いとしのエリー ③大学?年 ④これもザ・ベストテンかな?

 ①矢沢永吉 ②時間よ止まれ ③就職してから ④友達が歌うカラオケのお株を奪った(笑)

 さ、若い頃のアーティストの思い出が私とシンクロする方は、この指とまれ!!

PS なお、上記男性アーティストで紹介させて頂いた楽曲は、ギターあるいはカラオケで、すべて網羅させていただいています(^^)

  ショーもない話題ですみません(^^;

タッチ アンド ゴー

 聞いてください!

 ようやく外泊許可が出ました!! 今週の金曜日から土曜日にかけて、1泊2日で自宅に「お泊り」します。実に、137日ぶりの自宅です。ただし、金曜日の夕方から土曜日の夕方にかけてですので、たった丸1日のタッチ アンド ゴー帰宅(^^; もっともこれには理由があって、この外泊は、退院した時に困らないように、家での生活の不都合を「体験」しようというもの。特に、足が悪い私には、入浴や2階の寝室など、高低差が一番のハードルとなります。これらを克服しないことには、退院はあり得ないと思っています。

  それと・・・・・もうひとつ内緒の外泊理由・・・・・

 実は、妻が最近車を買い換えました。車が変わると、いつも大神神社にお祓いに行くのですが、私が入院ということで行けず状態が続いていました。それで、土曜日の午前中は、大神神社にご祈祷をしていただきに行こうと思っています。

 実は、事故ったバイクには、大神神社のステッカーが貼ってあったんですよ。なのに不幸にも事故?!と受け止めるか、命が助かったのは大神神社のご加護?と受け止めるかは気持ちの持ちようなんですね。。私は素直に、お礼参りということで行って来ようと思っています。

 今日は、院長先生自ら、私の両肩に注射を打ってくださいました。おかげで、今は少し肩の調子が良いかも? いやいや、まぎれもなく注射のおかげなんです。なので、油断大敵!! 明日のリハビリは気合いを入れて臨むように、との院長先生からのお達しがあったので、頑張ります!!

板ばさみ

  今日は、1階のリハビリ室でジャズコンサートがありました。と言ってもそんなに大げさなものではなく、ボーカル、エレピ、弦バスの、簡単な変形?ピアノトリオでしたが(^^;

Dsc_0200_2

  そして、次の木曜日には昼食で、パンバイキングも催されます。パンが取り放題(^^)  と言っても、もちろん病状によりダメな方もおられますが(^^;

  このように、病院サイドの心遣いがじんわりと染み入ります。リハビリも充実しています。良い病院だと思います。Fさんの言葉ではありませんが、ここにずっと居たい気持ちもあります。ちゃんと治すためなら。

  ですが、やっぱり早く退院したい! 病室の向かいのベッドの方が、来週早々にも退院されるようで、嬉しそうに私に報告してくださったので、お祝いの言葉をお返ししておきましたが、正直やっぱり心のどこかで羨ましい気持ち、もしかすると妬ましい気持ちもありそうで、自己嫌悪の塊です。

  退院したい。元気に歩きたい。学校に行きたい。釣りに行きたい。おいしいものが食べたい。

  とか、贅沢なんかなあ・・・・・

  ・・・・・って、健康なら普通にできることばっかりやん!!(>_<)

  明日は、両肩に注射を接種する予定です。痛み止め、炎症止めです。手術回避か?!

  とにかく、治るためなら藁をもすがりたい!

  何とかしてくれ~  両肩痛!

本日の釣果(^^)

  全日本カレイ選手権大会に参加された皆さん、釣果はいかがでしたか?天候にも恵まれ、まずまずの釣り日和だったのではないでしょうか?

  私にもとりあえず釣果がありまして・・・・・

Dsc_0203_1

  7.5センチ級が・・・・・

Dsc_0204_1_2

  3匹も(^^)

  とりあえず、他魚の部に審査提出(笑)

  まあ、妻の内緒の差し入れですが(爆)

 




プロフィール

 私の釣り仲間の皆さんは、今夜から全日本カレイ選手権に参加されるのですね。頑張ってきてください!! というか、そろそろ釣りの禁断症状が出かかっている私には耳に毒なお話ですが、皆さん気になさらずに、どしどし私の耳に「毒」を流し込んでくださいませ。くれぐれも、「無毒」はだめですよ、無毒は!!

 って、フグかい?!(笑) もちろん、毒=好釣果、無毒=ド貧果のことですよん(笑)

 実は、ブログのレイアウトを色々と点検していまして、私を紹介するプロフィールが白紙だったことが判明!!人物像がわからないのはいかん!!ってことで、このあたり → にあるプロフィールをしっかりと作成しておきました。大した内容ではないですが、またご覧ください。

 ということで、肩の手術が現実味を帯びてきた、ふぐたろうでした(>_<)

6月にさかのぼる話~出たっ!!

 6月のある日のこと。

 私は翌日の実験の準備をするために理科室にいました。顕微鏡観察のための、備品消耗品関係の準備です。顕微鏡観察で危険なことはそうありませんが、ガラス消耗品(スライドガラス、カバーガラスなど。)を使うことと、レンズで直接太陽を見るとか、よほどのことがない限り怪我はしない・・・はずでした。

 カバーガラスのケースの中を見ると、1枚が割れた状態で入っていました。生徒に触らせると危険なため、私はその破片を取り除こうと指を差し入れました。大きい方の破片はうまく取り出せましたが、小さい方が細長くてうまく取れません。それで私はとがった両端を人差し指と親指でつまもうとして持ち上げようとした瞬間、親指にクサッと刺さってしまいました。そんなに痛くはありませんでしたので、慌てることなくその破片を指から抜こうとして・・・・・

 ポキッ!!

 なんと、破片が折れてしまったのです。そして、かけらが指に残ってちょっと焦ったのでしょう。ピンセットが必要備品としてすぐ横にあるにもかかわらず、私は指でそのかけらを取りました。これが良くなかった? で、職員室に戻って絆創膏を貼ったのですが・・・・・

 10日ほどして、皮膚はほぼ治って絆創膏をはずしましたが、なんだか違和感が。指先がなんとなくチクチクと痛いのです。なぜ痛みが残るのか・・・・良く考えると簡単に理解できます。かけらを全部取りきらないまま治癒させてしまったというわけです。このままではいけないと思い、機会を見て自分で刃物で切って取り出すか、外科に行くか・・・・そう思っていました。

 で、そう思っていた矢先の交通事故・・・・・・

 寝たきり生活の間、そんなことはすっかり忘れ去っていました。

 10月初旬のある日・・・・・

 親指の先がなんだかチクチクと痛いことに気付きました。

 「あれ? なんでやろ?」

 で、よくよく考えてみて、その「カバーガラス事件」を思い出しました。そして、あろうことか今いる場所は病院!! すぐに看護師に事情を言って主治医に伝わり、なんと、怪我の部位とは別に親指の先のレントゲンまで撮ってもらえました。ほどなくして、主治医がやってきて・・・・・

 主治医 「矢野さん、レントゲン、見る?」

 で、見せてもらうと・・・・なんと! やはり小さなガラスの破片が写っています!!

 ふぐ 「どうしたら良いですか?」

 主治医 「じゃ、逆に聞きますが、1ミリほどのガラスのかけらのために、ブスッと指に麻酔を注射して、1センチほどメスで切る痛い手術を受けますか?」

 ・・・・・うろたえる、ふぐ。

 相変わらず整形外科医は言い方がエグイのぉ(>_<)

 主治医 「幸いにも、血管には入るおそれがありませんから、このまま放っておいて、新陳代謝で皮膚表面から出てくるのを待ちましょう。」

 どうしても私にはそれが信じられなくて、このまま一生ガラスのかけらと付き合う決意もしたのですが・・・・・そんなこんなで、指先に違和感を感じながらも転院して・・・・・

 今朝のこと。親指の先が何かコリッと痛くない違和感があったかと思うと・・・・・

 なんと、出てきましたっ!!

Dsc_0201_1

 ここから・・・・

Dsc_0200_1_4


 こんなものがっ!! 長方形の紙のほぼ中央にある、茶色っぽいガラス片、わかります? こんなに小さなガラスの破片が、6月から私の指先でいたずらをしていたのです。

 「こんにゃろめっ!!」

 と、ガラス片に言いましたが、何となくこれが、今の現状が良い方向に向いていく幸運の女神のような気がして、私は思わず、このガラス片を大切に紙に包んで仕舞いました。

 ちょっとしたことでもゲンを担ぎたくなる今の心境なんでしょうかね。

 なかなかのお騒がせ、「カバーガラス事件」でした(笑)

一喜一憂

 今更一喜一憂するわけではないのですが・・・・・

 お見舞いに来てくださった方が、私を見て口をそろえておっしゃるのは、

 「おお~、かなり歩けるようになってるやん!! 退院も近いな!!」

 まあ、確かに足の方は、毎日スクワットや自転車こぎなどの自主トレも含めてかなり鍛えているつもりです。まだ階段などの段差はなかなかしんどいものがありますが、平坦な場所なら、本当に怪我をしているの?という歩き方が出来るようになっています。足はある意味、骨折をした「張本人」ですから、それを考えると順調な回復ぶりと言えるでしょう。

  ところが、私の頭を悩ませるもの、いや、リハビリスタッフや医師までが首をかしげているのが、両肩と骨折した左手です。原因は以前にも書いた気がするので端折りますが、とにかく肩の痛みと可動域が一向に改善される気配がないのです。リハビリのスタッフは肩に力を注ぐあまり、まだ握力の回復もままならない左手のリハビリを、時間切れのために出来ずじまいで終わることも多いです。

  もしかすると、系列の病院で、肩の手術を受けるかも?大げさではなく、声に出ているのは事実です。そうなると、退院時期がずれ込む?

  私の本音は、とにかく早く治りたい、それだけです。治るためなら、退院が遅くなるのも、甘んじて受け入れましょう。

  これが今の本音です。

  別に、落ち込んでいるわけではありません。なので、どうぞご安心を・・・・・・

世界ふしぎ発見??

 栄養が豊富で、病院食に毎食使える食材と言えば、やはり〇〇に勝るものはないようです。ちなみに確かめてみたのですが、今日の朝も昼も、すべての方のおかずに1品は〇〇が使われていました。

 〇〇と言えば緑黄色野菜の王様とも言える野菜です。緑黄色野菜には、他にカボチャ、ピーマン、ホウレンソウなどがあります。緑黄色野菜がなぜ身体に良いのか、それは、ベータカロテン(以前はカロチンって言っていましたが、今もその呼び方は間違いではないみたいです。)が含まれているからです。ベータカロテンは、体内でビタミンAの材料になります。材料になるだけですから過剰摂取になることはないのですが、サプリメントから摂取する場合は、特に喫煙者や妊娠の可能性のある方には悪影響があるようです。食物からとる分には問題はないとのことです。

 さて、では問題の効能です。

 病院食に多く使われるくらいですから、よほどの効能があるはずです。それで私はネットで調べてみました。

・ ビタミンAの材料になる。

・ 発育を促進する。

・ お肌の健康を維持する。

・ 暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能にかかわる。→ 鳥目予防?

・ のどや鼻の粘膜にはたらいて、細菌から身を守る。

・ 有害な活性酸素から身を守る、抗酸化作用。

・ 免疫力増強。

・ 心疾患予防。

・ ある種のがんのリスク軽減。

 はは~っ、ベータカロテン様、恐れ入りました!!

 ってことで・・・・・

 昨日の問題の正解は、「ニンジン」でした。

 ふむ、そこのあなた、「スーパーひとし君」は取り上げですよっ!!(笑)

食べ物の話

  食部門のカテゴリーとは全く関係がない話ですが(^^;

  今の病院は、デザートくらいなら許してもらえますが(笑)基本的に食事持ち込み禁止なのと、部屋食ではなく食堂での食事ですので、ほぼ病院食だけでお腹を満たしている状況です。まあ、聞こえは「不幸」ですが(爆)、意外に今の病院の食事はおいしいです。カレー、焼きそばなどはもちろんのこと、丼物、麺類など、普通に食べたくなるようなメニューが多いですし、サバの味噌煮やブリの照り焼きなども、結構いける味です。第一に、お魚には絶対に骨を残さずに調理してありますので、食べやすいというのもあります。

  あの・・・前の病院がまずかったという意味では・・・・決してありません(^^;;;;  ってことで(笑)

  それと、患者によって、メニューや調理方法が違えてあるのはもちろんなのですが、私のメニューも含めて、全員に毎食必ず使われている食材が、米や調味料以外にあるのです。転院以来ずっとチェックしていますが、間違いなく使われていますね。私的には、そんなに病気やけがの回復に貢献するのか!!といった感じの食材なのですが・・・・・

  さて、その食材とは一体なんでしょうか。

  例のFさんがおっしゃいました。

  「家では、これ絶対に残すと思う。病院やから、しゃーないから食べてるけど・・・・」

  Fさんのこの言葉がヒントです(笑)  Fさんのこんな子供っぽいところが素敵です(笑)

  正解は、CMの後ってことで(笑)

 

Fさん語録

先日、私が禁断の一言をかけてしまった方のお話、第2弾です。

  仮にFさん(男性)とします。脳梗塞を患って、もう3ヶ月も入院されているとのこと。言葉は聞き取りにくく、食事もおぼつかなくてボロボロとこぼしながら食べておられますが、笑顔がキラキラと、とっても素敵な方で、その上言葉の一節一節が重いのなんの。この方の言葉を聞くと、涙が出そうになり、身につまされます。

Fさん「3か月前はな、まだ寝たきりやってん。」

ふぐ「そしたら、歩けてる今は大進歩じゃないですか。」

Fさん「せやけどな、やっぱり自信がない。」

ふぐ「僕も寝たきりやったけど、今はなんとか歩けるようになってきたんですよ。何とかなりますよ。」

Fさん「怪我と病気は違う。怪我は外から来るし、病気は中から。持ってる気持ちが違うねんよ。」

ふぐ「・・・・・・・」

Fさん「矢野さんはもうすぐ退院できるよ。」

ふぐ「Fさんも一緒に退院を目指しましょう!!」

Fさん「僕はな、ここにおりたい気持ちもあるし、家に帰りたい気持ちもある。家に帰ったら、家族にまかせっきりになってしまうから。家族に迷惑かけるん、嫌やから。」

  ここで、すでに泣きそうになっている、ふぐ。

Fさん「みんなの顔見てみ、みんなそういう顔してる。気持ちがわかる・・・・・」

  そう言われて、食事をされている他の方の顔を見渡すと・・・・・

  皆さん、ボロボロとこぼしながらも、一生懸命食べておられます。でも、顔はそう言われると、家に帰りたいけど自信がないよ、迷惑かけてしまうよ、そんな顔に見えてくるのです。中には、ご家族に介助されながら食べておられる方もいます。病気の家族を介助するって大変なこと、しみじみ思えてきます。

  Fさん、すごいです。身体は確かに不自由ですが、周りをそうやって見渡して思いやる心を持っておられるのです。何か、すごい人生勉強をさせられている気がして、Fさんへの感謝の気持ちが芽生えてきたのでした。

  食事が終わって、Fさんが椅子から立ち上がろうとされたとき、私ごときが思わず椅子を支えて、手伝ってしまいました。そして、病室への道を、途中まで一緒に歩いて・・・・・別れ際にFさんはにっこり微笑んで言ってくれました。

Fさん「ありがとう。」

  Fさん、お休みなさい。明日も元気に、がんば・・・・

  何でもありませんよ(^^)

「手軽にとっつける今風の投げ釣りを、リハビリに取り組む私が研究する」宣言

  というわけで、長い題名ではありますが(^^;

  今日は、大阪協会の大物事務局長でSSの会長、お湯さんがお見舞いに来てくださいました。

  お湯会長と言えば、G社のフィールドテスターをされていて、DVD「3名手の釣り」にも出演されている、お名前の知られた方ですね。折角の機会なんで、収録の釣りのエピソードなどを聞かせていただいたりしましたが、お互いの子どものことや、近頃の投げ釣り離れのことなど、そして協会に新たに結成されるクラブのことなど、楽しく、かつマジに語らせていただきました。特に、年頃の子どもを持つ親にとっては、携帯電話を持たせる、持たせないは重要な課題であり・・・・(笑) ま、そんなところです(^^;

  それから、投げ釣り離れの大きな要因のひとつとして、道具が大がかり、スタイルが今風ではない、などの理由があげられますが、「手軽にとっつける今風の投げ釣りを、リハビリに取り組む私が研究する」宣言をさせていただきました。私がもし仮に釣りに復帰したとしても、本格的な投げ釣りは無理だろうと思われます。でも、やっぱり投げ釣りがしたい!!そんな私が研究するのです。

  ふむ、これは間違いないでしょう(笑)

  今の私にはとてもじゃないですがバトルサーフは振り回せませんが、これから投げ釣りにとっつこうとする方にとっても、表現としては同じことが言える気がするのです。そのこともお湯さんに話させていただきました。

  でも、さすがに協会大物事務局長、クラブ会長、そしてG社FTまでされるだけのことはありますよ。投げ釣りを語らせると熱い熱い(^^) 私よりは数百万度、温度が高いです(笑)

  そして最後に・・・・・

お湯さん「さすがに今日持って来たら、他の方とかぶらないでしょう(笑)」

Dsc_0204
 

  本日発売です(^^)

  お湯さん、ありがとうございましたm(_ _)m

なくてはならない相棒ナウ(笑)

  何だかよく似た題名が頻繁に出てきますな(^^;

  今の「なくてはならない相棒」です。

Dsc_0203

  「アクセラス」と言います。

  日本語で言うなら、「超音波治療器」。器具メーカーから保険?無料?レンタルの器具なんです。超音波を骨折部位に当てると治癒期間が大幅に短縮されるということで、骨折治療には今や当たり前の器具なんだそうですよ。この器具を先月から9か月間借りることになっています。今度の相棒は結構長い付き合いになりそうです。

Dsc_0200

  これは、骨折部位にはめる、「ホルダー」です。

Dsc_0201

  本体から伸びている電極に専用ジェルを塗って・・・

Dsc_0202_2

  骨折部位にはめたホルダーにはめ込みます。ん?ちょっと手術跡が見えていますね。手術部位には金属板が入っているので、金属板に超音波が当たらないようにホルダーをはめなければなりません。でないと、はじかれてしまいます。

  そして、スイッチオン!
Dsc_0199_2

  骨折部位1ケ所につき超音波発振時間は1回20分。骨折は3ケ所ですので、合計1時間(ホルダーの付け外しを入れると1時間15分)かかります。朝5時に一回目が覚めますので、その時にはめて終わるまでウトウトやってます。日中にすると、リハビリや食事の時間と重なったりでややこしいので、早朝に済ませることにしているのです。

  超音波を当てても全く効果を自覚できないので、自分では半信半疑ですが、気持ちでリハビリを後押ししてくれている気がするのでまあ良しとしています。

  退院したら、釣りにも持っていくのかな?(笑)

  超音波でお魚が寄ってけーへんかな?(爆)

大漁を夢見て

たまにはこんなブログでも許してください(笑)

Dsc_0198_2


  それにしても、いくらPCゲームとはいえ、釣れるお魚がブラックバスやブルーギルばかりで、少々げんなり(笑)

  大型のターポンは、どこにおるねん!!(爆)

言ってしまった、禁断の一言

  食事時に隣の席に座る方が、珍しく弱音をこぼされました。

  「もうしんどいねん、めいっぱいやねん。ほんま言うと、もうリハビリ止めたいねん。」

  その方は、私が入院したときは車いすに乗っておられたのですが、今はおぼつかないながらも、杖をついて歩けるようになっておられます。ところが、リハビリがきついことで有名な(^^;この病院なので、つい弱音を吐かれたのでしょう。で、私はその方に、自分が言われて嫌な言葉をつい言ってしまって、大いに反省しています(>_<)

  「〇〇さん、そんなこと言わんと、頑張らな!!」

  言ってしまうものなんですね。

  誰でも弱音を吐きたい時ってあるもんです。どうしてそれを、受け取ってあげられないんでしょうかね、私っていう人間は(>_<)

  かく言う私も、今日はリハビリ絶不調。あちこち痛みが走って大変でした。

  リハビリ、あ~しんど。

スキルアップ

  私が事故をした直後のブログのコメントで、「この際何かのスキルアップをしましょう。」と励ましのメッセージを書いてくださった先輩先生がおられました。実は、事故以来ずっとその言葉が胸に鳴り響いています。

  スキルアップできること。

  こんなに途方もなく長い時間を持て余しているときにこそできるスキルアップ。

  一体何が出来るやろ?

  とりあえず、スキルアップとまではいかないまでも、自分にとって良かったことは、

1  体重が7kg減りました(^^; 目指せ!10kgの減量!!

2  食後に必ず10分ほど歯磨きをするようになりました。(今までは、短く朝夜の2回。)

3  タバコを止められそう(^^)

4  たくさんの人、しかもほとんど自分よりも年上の人が一生懸命にリハビリを頑張っていて、自分自身のリハビリだけでなく人生の色々なことに関して勇気をもらったこと。

5  入院しなければ出来なかった出会いや、感謝することがたくさんあったこと。

6  家族のありがたさが身に染みたこと・・・・(>_<;;;

  こんなところでしょうか。

  で、実際にこれから目指すスキルアップを考えてみました。

1  ウィンドウズ8を攻略する!!

  私が普段使っている自宅パソコンは、Apple社のMacBookですが、乗っかっているOSが、来春にサポートが切れるXPと、MacOSXの古すぎるバージョン(>_<)の二つです。このままではいかん!!と思っていたところのVAIO with Windows8 導入ですから、この際Excel、Word、Powerpointもまとめてマスターしちゃいましょう!という魂胆で、すでに現在勉強中です。北斗サーフの新年総会資料や年賀状は、このVAIOで作る気満々です。

2  料理の腕を上げる!!

  退院したらしばらく自宅で療養とリハビリに励むわけですが、妻は仕事、息子は学校です。掃除洗濯は自信がなくても、リハビリの一環で夕食作りをするのも良いかな、と思い、VAIOの手書き機能を使って、ネットを参考にオリジナルレシピを作成中です。もっとも、即実行は自信がありませんが(^^;  もちろん、魚料理だけではありませんよっ(笑)

3  投げ釣りの新境地を開拓する!!

  自分自身がこういう怪我のハンデを背負うことになってしまって、投げ釣りから逃げようとする気持ちがあることに、薄々気づいていました。ですが、先日とある方のブログを見たことがきっかけで、それじゃいかん!!と思い始めました。さる方のブログの、さる方のエピソードなのですが、逃げようと思っていた自分が恥ずかしくなりました。それで、元の投げ釣りはしばらくは出来なくても、自分が出来うる限りの投げ釣りをしていけばいいじゃないか、そう思い始めたのです。そのことについては、また機会があれば書いてみます。

  上の3つのことが、果たしてスキルアップにつながるのか、それは疑問ですが、少なくとも、現状を前向きに見つめるためのきっかけにはなってくれると思っています。ただ今第3コーナーを通過中と思われます。最難関の第4コーナーはどうなるかわかりませんが、とりあえず、間もなくゴールが見えてくるでしょう。

  前進あるのみです。

釣りに絡まない3連休

  この3連休も、釣りにほとんど絡みませんでした。絡んだと言えば、カワハギの写真を送ってくださった方がおひとりと、マコガレイの写真、それもご丁寧にお魚の顔の拡大写真を送ってくださった方がおひとり(^^; そんなところでした。自分自身がいつから復活釣行できるか、関心はその話題に移りつつあります。もっとも、まずは退院の目途を立てることが先決ですが(>_<)

  昨日の日本シリーズ最終戦、なかなか面白かったですね。前の試合で160球完投負けを喫したマ~君が連投して話題になっていましたが、よくよく考えると勝ちゲームならほぼ100%登板することがわかっていたような感じがしないでもありませんでした。とにかくは、東北の皆さんが勇気と希望を持てるような試合だったことは間違いありません。MVPを取った美馬投手、なかなか爽やかな選手ですね。私には、アンパンマンのように見えました(^^)

  楽天球団の方、また楽天ファンの方、日本一おめでとうございます。

  もうひとつ野球で気になることが・・・・・

  中日ドラゴンズの井端選手。

  勝負の世界は厳しいとは言え、球団や球界の貢献者にそんな仕打ちがありますか、っていう話です。阪神ファンなら、荒木、井端の1、2番コンビにナゴヤドームでこっぴどくやられた記憶があるはずです。でも、裏を返せば、それだけ良い選手だったってこと。特に私は井端選手が好きでした。中日球団にも貢献しているはずです。それが、いくら今シーズン活躍出来なかったからと言って、給料を88%カットして、嫌なら出ていけみたいな態度はあんまりでしょ、と言いたいのです。ちょっとファンを無視した行動だと思います。

  他にも、巨人の小笠原選手、谷選手、DeNAのノリこと中村選手など、球界に貢献した選手たちの去就が注目されています。

  戦力になるかどうかは別にして、阪神も含めて何とかならないものでしょうかね。こういう選手達にこそ、貢献したで賞のようなものを与えてあげたいと思うのです。

雨のち晴レルヤ

  この秋は、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」とTBS系列の日曜劇場「半沢直樹」の話題で持ちきりでしたね。視聴率競争をしているかのごとくマスコミも取り上げていました。入院していてテレビドラマを観る機会が結構多い私の立場からすると、2つともそれだけの値打ちがあったドラマだったと思っています。面白かったぁ(笑)

  ですが、民放系はここからがいけない。良いドラマだから視聴率が高かったという結果を誤解して、高い視聴率を取るためのドラマ作りになってしまっていて、その結果惨憺たる途中経過になってしまっていると思います。「安堂何とか」はかつてはやりのアイドルと女優を起用すれば良いドラマになると錯覚してる? 「リーガル何とか」は、直前にもてはやされた俳優を起用して、それなんだかウケ狙いが露骨すぎません?  その他のドラマもチョコチョコ観てみましたが、ありゃダメっしょ。

  その点・・・・・

  ちょっといいなと思うドラマが、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」です。その前の「あまちゃん」がすごい人気だったので、テレビ局も俳優さんたちもさぞやプレッシャーがかかっているだろうと思いきや、そんなことを気にせず、しっかりとした脚本で王道を歩んでいる、そんな感じがします。確かにストーリーは軽いラブコメディーといったノリですが、それがかえって新鮮さを感じます。食べ物が主役と言っても良い内容ですが、その料理魂が何となく共感できます。それに、ヒロイン「め以子」役の杏さん、「西門悠太郎」役の東出昌大さんが爽やかな印象で、その他の俳優さんたちも、決して視聴率を取りに行こうとしていない、そんな姿勢に私は思えます。

  明日からは、いよいよ舞台が大阪に移され、和の食文化が展開されます。どんな料理が登場して、め以子が嫁ぎ先の西門家でどんな活躍をするのかがとても楽しみです。

  それともうひとつ・・・・・

  ゆずが歌う主題歌「雨のち晴レルヤ」がなかなか素敵な歌ですよ。YouTubeでフルバージョンが公開されていますが、今の自分の立場と照らし合わせて、聴いていて涙が出てきました。皆さんもぜひ聞いてみてください。

  付け加えで、もうひとつ・・・・・

  先日、人気不人気テレビ局のランキングが公表されていました。「不人気」の第1位が、Fテレビ系列(これは何となくわかる気が・・・・・)、第2位がNHKとなっていました。

  んん~・・・・・

  意外に私はNHK好きですよ。入院中よくNHKを観ています。

  ま、付け加えですがね~(笑)

会長抜きでも

  昨日は、クラブ事務局長のありみつやんか氏、今日はクラブ宴会部長の松本氏が見舞いに来てくれました。

  松本氏は、このブログやホームページにはあまり登場しませんが、昨年まで単身赴任で広島在住だったため、月例会等の行事に余り参加できなかったのです。今年はようやく単身赴任が解除されて、大阪に戻ることが出来たため、クラブ行事には積極的に参加してくれています。これからどんどん、皆さんのPC画面上に登場してくれることでしょう(^^)

  さて、昨日ありみつやんか氏が来てくれた時のこと。

  「  今年はついに俺も申請数が100件超えたわ~。」

  と、報告してくれました。すごいすごい!! ありみつやんか氏念願の100件オーバーです。彼はとにかく技術云々ではなく、仕事柄釣りには行きにくい、というハンデキャップがあるためになかなか申請も伸びない、という不運もあるのですが、今年はその逆境をはねのけて、見事に100件オーバー申請という快挙を達成したことになります。

  さて、我がクラブには、今年も頑張って申請してくれているメンバーが、ありみつやんか氏も含めて何人かいます。

  ゆうたろう氏が150件近い申請をされており、安田氏とありみつやんか氏も100件オーバー。おまけに、清水氏も60件近い申請・・・・・・

  待てよ、今年はクラブの申請合計はどうなってるんやろ・・・・・・

  自分がリタイアしているせいもあって、ほとんど気にすることなく今まで過ごしてきましたが、今日は久しぶりに協会のホームページに遊びに行ってきました。

  で、大物申請数を、クリック・・・・っと。

  ・・・・・・

  じぇじぇじぇ~!!!

  10月現在ですでに500件をオーバーしてる!!  っで、協会第2位!!

  すげ~っ!!

  昨年は、私が100件少し申請して、最終合計500件半ばほどだったのに、今年は私抜きで、昨年を遥かにしのぐ勢いです。最終600件超えも夢ではない!?

  会長がリタイアしている間に、クラブメンバーがフルスロットルで頑張ってくれているようです。

  んん~、頼もしい!!(^^)

様々な事情で・・・・・

  今日は、先日お話した方が退院されていきました。今日の朝食で食事をご一緒するのは最後でしたので、食後もゆっくりとお話させていただきました。

  「退院されたら今日はご自宅で一杯やれますね。」

  と言うと、その方は、

  「わしはほとんど飲めへんねん。まあ、ビールの小さい缶1本が関の山やな。だから、酒はあんまり心配してないねん。」

  とおっしゃりました。

 「でもなあ、タバコはどうかなあ。」

 おっと、私と同じ心配があるようで(笑)  けれど、私も言われていますが、タバコは骨のくっつきを悪くするそうです。なので、今回ばかりは私もその方も、タバコはやめなければ、って思っています。

  さて、今度はその方の反対隣の方がおぼつかない口調で、

  「酒はな、飲みすぎるとこんなことになるねん。」

  と、ご自分を指さされました。反対隣の方は車いすに乗っておられて、右手もうまく使えません。言葉も少しご不自由です。

  もう皆さんもお分かりのように、その方は脳梗塞を患って現在リハビリ中なのです。

  「わしは酒を止めなあかんねん。」

  もう懲りた、といった口調でその方はつぶやかれました。

  リハビリの先生の話では、入院患者の約半分は整形外科関連、残り半分は脳神経外科などの関連の疾患だそうです。皆さん、色々な事情がおありなんですね。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ