« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

疑心暗鬼・・・

 頼みの綱の右手。そう思ってバシバシ酷使するうちに、ついに右手もおかしくなってしまいました。数週間前からおかしいなとは思っていましたが、ここ3、4日でついに肘が上がらないほどの痛みが走るようになって、ついにレントゲン検査をする羽目に。すると、主治医の先生が骨折と見間違うほどの症状だったそうで(診断は腱板損傷=肩を上げるための腱が傷んでしまうこと。)今ではPCを触るのも気が重いほど。それでも数日開けてしまったので、今日は気合いを入れて、肘を上げないようにキーをたたいています。

 明日は早朝から久しぶりに採血があるそうです。かかとの怪我の目途がどうやら立ってきたようで、かかと手術の事前検査と私は見ています。かかとを手術しなければとりあえず退院の目途も立ちません。かかと手術後約4週間が退院の目安と言われているからです。手術さえ終われば、ようやく退院への道が開ける・・・ ほっとしたいところなのですが・・・

 一つ心配事が・・・

 以前も書いたように、リハビリは午前午後に分けて頑張っているのですが、肝心の左手、右足の可動域に全く進歩が見られないのです。左手、右足の手術からすでに6週間が経過していて、そろそろ動く目途が立っても良いようなものですが、なかなか。やはり、当初の予想通り、手術の本体よりもリハビリが厳しいということが現実味を帯びてきました。おまけに、頼みの右手が負傷ということで、リハビリにも大きな影響が出ています。

 かかとの手術後4週間が退院の目途ということで、その退院時期までにある程度のリハビリを終えておかなければならないところですが、私自身全く自信がありません。この先どうなっていくのか、全く不透明な状態です。

 本当に歩けるようになる?

 左手が使えるようになる?

 仕事に復帰できるんやろか?

 投げ竿、持てるやろか。

 疑心暗鬼が日々深まっていく様相です。 とりあえず、今は2回目の手術待ちといったところです。

バイク事故の恐ろしさ2

 8月の上旬に病院に警察の方が来られて事情聴取されたのですが、逆に私が質問を浴びせかけました。どのようにぶつかって、どのように吹っ飛んで、どのように倒れたのか。ところが、ぶつかった瞬間のことはいくら現場検証をした警察の方に尋ねても要領を得るはずがありません。その時の歯がゆかったこと。そして、かくなる上は当事者、つまり加害者の方に尋ねるしかない、とその時思ったわけです。

 昨日、その機会がようやく訪れました。加害者の方が、警察の方の事情聴取後初めて、お見舞いに来てくれたのです。そして、私は尋ねました。空白の1秒間のことを。

 それによると、衝突した私は、バイクとは全く別行動をしたそうです。加害者の方の目線でいくと、目線よりはるか高く、ボンネット、フロントガラスの上を飛んでいったと。おそらく最低10mは飛ばされたのではないか、とのことでした。そしてバイクは、加害者の方の車の前部バンパーを破壊しながら、信号機の柱の根元あたりで止まったそうです。

 私はおそらく1回転くらいしたのでしょうか。気がついたときには横たわっていた、というわけです。

 バイク事故の恐ろしさは、衝突の瞬間ヘルメット以外に身を守ってくれるものがないこと。夏は薄着なのでなおさらです。衝撃のほとんどを身体で受け止めなくてはならないということなのです。昨日の夢のお話ではありませんが、いずれは招くことになっていた運命的な事故だったのかもしれません。

 テレビをつけると、当たり前のようにクラッシュシーンや事故現場のシーンが映し出されていますが、私は反射的に目を背けたりチャンネルを変えたりしています。ちょっと震えが来たりすることもあります。PTSDとまでは言いませんが、事故のトラウマはしばらく消えることがないでしょうね。バイクはもうこりごりです。

 付け加えですが、加害者の方とはもめたりこじれたりは一切ありません。30代の、とても腰の低い好青年といった方です。そのあたりは円満に進んでいるものと思われますのでご安心ください。

バイク事故の恐ろしさ1

事故に遭遇した私のバイクは購入後7年で廃車という運命となりました。実はバイクを購入した直後にある夢を見た記憶があります。

・・・・・・ある占い師に水晶玉で占いをしてもらいました。

ふぐ「私のバイクは10年後どうなっていますか?」

すると占い師はしばらく水晶玉に手をかざした後おもむろに…

「10年後、あなたのバイクは・・・・・・もう存在しません。」・・・・・・

起きてすぐに夢を思い出し、変な夢を見たなあ、程度で済ませていました。存在しない、というのは、廃車ばかりではなく、他人に譲るとか売りに出す、といったことも考えられるわけで、そう深く考えなかったのです。

それが、10年立たずして、事故で廃車になるとは・・・・・・

今にして思えば、一番不幸な形でまさに正夢となってしまいました。

私の無残な姿で廃車になったバイクを、偶然妻が写メってくれていました。その何枚かを今日は公開させていただきます。

1__4


3___2


横向き写真でごめんなさい。

なぜ公開する気持ちになったのか、

それは、実は今日加害者の方とお会いする機会があって、衝突した瞬間のことを一番よく知る当事者の方に尋ねることができて、ようやく事故の真相が見えてきたからなのです。私が一番よくわからなかった、そして知りたかった、衝突してから横たわるまでの、ほんの1秒未満の時間・・・・・・

それは、聞くだけで背筋が冷たくなるようなお話でした。

                                                                                     つづく

ヤケクソ?気分転換?

長期入院で気分が滅入るのも嫌だし、自分的にはブログも更新していきたい。さらに、現在私が使用しているものはかなり年代もの…

というわけで・・・・・・

Dsc_0177

PCを新規導入しました。

状況的に寝たままでも使えるようにと・・・・・・

Dsc_0176_2

タブレット型にも変身するタイプです。世にいう「うるとらぶっく」って奴です。価格的にはバトルサーフの〇本分ですが、これからしばらく使えないものと値段を比べてもね(笑)

しばらくは私の強い味方になるかな?

ある日の病院食

Dsc_0175


確かに、このお魚はアジ…ですが…

なんかねぇ。

近頃は何やら病院食ブームらしいですが、そりゃもちろん、栄養バランスは取れていると思いますよ。でもですね…

「意外とおいしいね。」

この発言は、入院患者さんの前では控えた方が良いと思いますよ(笑)

健康体だから美味しいのです。健康体ではない身体で毎日3食、このアジのように、アジが薄っぺらいおかずが続くと思うと……(泣)

早く健康体になって、何でも美味しく食べられるようになりたいです。

祝!初優勝!!

今日は、北斗サーフ8月度月例会の日でした。

もちろん、私が参加出来るわけではありませんが(笑)ありみつやんか氏から早速情報を受け取って、本来ならホームページにてご報告というところをブログにて報告という形に代えさせていただきました。

釣り場  和歌山県新宮市王子が浜

釣り時間  当日午前0時から夜明けまで

対象魚  全日本対象魚の1匹長寸

結果(参加6名)

優勝  ゆうたろう氏  クロダイ47.6㎝

準優勝  ハンシマンノン氏  二べ  39.5㎝

3位  hirota氏  二べ39.0㎝

4位  ありみつやんか氏  キチヌ38.5㎝

5位  安田氏  二べ28.7㎝

6位  清水氏  二べ26.1㎝

ここしばらくの日照り続きのせいでしょうか、釣果の方は振るわず、ランク魚は上記とゆうたろう氏のキチヌを合わせた5匹のみだったようです。ただ、うれしいことが3つもありました。それは、

1 新鋭の御三方が1、2、3フィニッシュ!!

2 hirota氏大物申請第1号達成!!

そしてそして!

ゆうたろう氏月例会初優勝!!

ゆうたろうさんは、お仕事の都合でなかなか日曜日の月例会には参加出来ない事情がありまして、そこを曲げての参加で初優勝!!  かっこいい~!!

ゆうたろうさん、おめでとうございますっ!もうそろそろ、「新鋭」から脱出ですね(笑)

王子が浜の状況は、やはり台風などのひと荒れ待ちのように思います。ご参考まで。

3歩進んで2歩下がる……

 今日もいつもの通り午前中からリハビリ。ここしばらくのパターンは、午前中に理学療法士に両脚のリハビリ、午後に作業療法士に左手の機能回復訓練をしてもらうことになっています。

 それで午前11時。理学療法士を待っていると、いつもは一人なのに、今日は二人?しかも、なんと車いすをもって来ました。二人ともちょっと覚悟を決めている様子です。何の?私を車いすに乗せる「覚悟」です。

 で・・・

 本当は写真をUPしたいところですが、ちょっとみすぼらしい姿なのではずかしい!!二人の「決死」の努力でなんと車いすに乗れました!!もちろん、病室の外に出て、南向きの談話室から1ヶ月半ぶりに太陽の光を浴びて、おまけに昼食まで談話室で(^o^)

 とても気分転換になりました。

 

 が…

 

 1時間後に病室のベッドにもどるとぐったり…悲しいけれども、ベッドに戻ってホッとする自分がそこにいました。それに、車いすに乗り移るのに、二人がかりで大変な重労働。二人には感謝感謝ですが、逆に復帰はまだまだ遠いことを思い知らされて、ちょっとしょぼくれたりして…

 

 3歩進んで2歩下がるといったところでしょうか。ただ、トータルではマイナスにはなっていないと思うので、根気よくリハビリに取り組んでいこうと思います。

あっぱれ!日川高校!! かたや・・・

今日はこういう題名にしておくと検索キーにかかりやすいかと思いました。いや、別に不純な動機ではなく、本当に健闘をたたえたいと思ったのです。

今日の高校野球、山梨代表日川高校対大阪代表大阪桐蔭戦、皆さん観ました?私は一応桐蔭を応援しようと思って最初から観ていたのですが、久しぶりに手に汗握る好試合になりました。大方の勝利予想は桐蔭だったと思いますが、私は実は日川高校の前の試合をたまたま観ていて、投打のバランスの取れた良いチームだなと思っていましたので、苦戦を予想していました。案の定、延長戦にもつれこむ接戦となりました。桐蔭高校側から見れば、日川高校の先発がエースの本格派投手ではなく、変化球の切れが冴えわたる控え投手だったせいもあり、変化球をどちらかと言えば苦手とする桐蔭打線は切れの良い変化球にほんろうされました。そして、中盤からエースを投入する監督の采配。得点シーンも、四球や相手のミスにつけこんだ桐蔭高校よりも、日川高校の方がよほど胸をすくものがありました。

かたや、大阪ばかりでなく全国から選手が集まる私学の強豪校、かたや、県立高校ですよ。そのハンデキャップを考えても日川高校の健闘は絶賛に値すると思いました。桐蔭打線が延長10回にサヨナラ打を放った瞬間、日川高校のエースの目はすでに真っ赤になっていて、つい私ももらい泣き。

日川高校、よく頑張りました。今日の健闘はぜひ今後の自信につなげてほしいと思います。

で・・・

終了が午後6時をかなり過ぎていて、ちょうど阪神VS広島戦が始まった頃だ、と思って、ウルウル目でチャンネルをチェンジ。

すると・・・

なんと・・・!!

先発岩田が1回の表に、すでに5点取られていました。

ほんま、学べない投手ですね。打線も貧、貧、貧打にマートンの退場つき。

日川高校を見習ってほしいと思ったのは私だけでしょうか。新井とか、目死んでるやん。

本日、京セラドームに観戦に行かれた皆様、ほんと、お疲れ様でした。

お盆の独り言

今年のお盆は病院の中で迎えることになりました。そう言えばお盆のせいか、お気に入りに入っているブロガーさんのブログ更新も少なく、釣り仲間からのメールなども少ない、静かで寂しくて退屈なお盆になってしまっています(笑)

私の方はと言えば、手術した左手と右脚は普通にしていれば痛みはほとんどなく、あとはリハビリ次第というところなんですが、左かかとの手術が、擦り傷の回復次第ということで全く目途が立たず、本格的なリハビリはかかとの骨折手術以降と言われている私にとっては、先行きの見えない不安な日々になってしまっています。もう1ヶ月以上もの寝たきり生活。お見舞いに来てくださった方には「元気そうで安心したよ。」って言われますが、本当のところ精神的には結構参ってしまっているのが現実です。

実は、今日は息子の定期検診の日でした。もちろん、妻が病院に連れて行ったのですが、息子の主治医に言われて、妻も初めて気づいたそうです。今年の8月末で、息子の生体肝移植から10年。10周年です。当時4ヶ月だった息子が10歳になり、主治医も妻も10歳歳をとって。

そして、同じく10歳歳をとった私が大けがで長期入院。

何の因果なんでしょうかね。

でもやっぱり、そんな状況であっても、息子が元気に頑張っていられることが何よりの幸せなのだと実感しています。

早く私も治さないとだめですね。

かかとの手術以降は日にち薬かな?

緊急地震速報

昨日の夕方に、リハビリの先生に病室で施術してもらっているとき、突然枕元の携帯電話が鳴り響きました。

リハビリ先生「着信ですよ。」

ところが、鳴りはじめた瞬間から違和感がありました。設定したことがない着信音だったからです。それで、一旦施術を中断してもらい、携帯を見ると、なんと緊急地震速報でした。

え?! 奈良県で地震発生?!

緊急地震速報は震度5以上というおぼろげな記憶がありましたし、発生地点が奈良県ということで、それが本当なら10数秒以内に本震がやってくるはずです。私は思わずリハビリの先生と固唾をのんで身構えました。

まあ、その後のことは皆さんもよくご存じの通りで(^^;

でも、本当に地震が起こっていたらどうなっていただろう……

ベットに横たわりながら思わず背筋に冷たいものが走った私でした。

今日は、採血の針挿入を失敗しまくられ、出血大サービスとなったふぐたろうでした。採血の目的は、腎盂腎炎の原因特定とのことで、2か所からの採血の必要があったとのことで……

はーっ、苦しいなぁ……

苦難の連続

1 管がこわい……

数日前から腎盂腎炎になりかけまして、39度弱の熱が続いていました。難しく言えば「導尿管」、いわゆる「おしっこの管」ですね。こいつが不調で発熱したようなのですが、新しく入れ直してもらって熱も落ち着いてきました。ただ、「新しく入れ直す」って簡単に言いましたが、要するに「あそこの先」から管を入れたり抜いたりするわけです。入れるときはとりあえずゼリー状の麻酔を使ってもらいましたが、入れるも抜くも「20秒の激痛」といいましょうか、経験しないとわからない激痛を味わいました。まあ、そのおかげで腎盂腎炎も収まってきたのですから仕方ないのですが。

2 新たな発見

毎日リハビリも頑張っています。発熱していた間は中止でしたが、午前午後で2人の理学療法士にお世話になっています。

その中で、怪我をしていないはずの左膝の曲りが悪い?おかしいことに気づき、理学療法士の方に主治医に進言してもらってレントゲンを撮ったわけです。

ありました…

新たな骨折…

左膝内側にはく離骨折が見つかりました。

まあ、はく離骨折ということで特に治療は必要ないとのことですが、リハビリには確実に影響があるので頭が痛いところです。明日はCT検査をする予定です。

かかとの傷が治る10日後あたりに再度の手術があり、苦難はさらに続きます。

お見舞い

さあ、今日も「片手ブラインドタッチ?」で、頑張ってブログ記事を書いてみましょう。「片手…」なんて書きましたが、実際問題、事故前に比べるとブログを書くのに5倍ほどの時間を要します。こんなところでも、両手が使えるって幸せなことなんだなってつくづく感じているところです。

さて、入院中は余りあれが楽しみだ、なんていうことは少ないのですが、週末になると各方面の方がお見舞いに来てくださる、それが大きな楽しみでしょうか。

Dsc_0171_1


今日は、神戸の釣り仲間の皆さんがお見舞いに来てくださいました。今日は午前中に兵庫教会の事故防止講習会が開催されたそうで、その足で、皆さんで来てくださったのです。余り写りの良い写真ではありませんが、ようやく病院内で写真をUPする方法を覚えましたし、モデル良しということでお許しください(笑)

約1時間ほど、近況報告や皆さんの楽しい釣りのお話などで盛り上がり、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。やはり、持つべきものはお友だちですね。心配してわざわざ大阪の八尾まで出向いてくださって、涙が出るほどうれしかったです。

そうそう、この5人の方が帰られるのと入れ替わりに、三重のお家に帰られる途中ということで、Tsuchyさんも立ち寄ってくださいました。もう皆さんご存知と思いますが、私にとって神戸の釣り仲間の方々と親交を深めるきっかけを作ってくださった方ですね。

ホームページやブログで、「釣り仲間の輪を広げよう」なんて偉そうに謳い文句を言いながら、実は私自身の周りにもたくさんの釣り仲間の輪が出来ている、それを痛感した1日でした。

何だかうまく表現出来ませんが……汲み取ってくださいね。

紹介が遅れましたが、先週の日曜日にはkisu356さん、hageproさん、イカプロさんがお見舞いに来てくださいましたし、火曜日にはhedai隊長さん、事故直後に、カズエースさんが駆けつけてくださいました。

本当にありがとうございます。

交通事故で重傷、という不幸な目に遭遇した私ではありますが、かけがえのない釣り仲間の皆さんに支えていただいていることがわかって、逆に少し幸せを感じている今日この頃です。

皆さん、もしお暇があれば、お見舞いなんていう堅苦しいことは言わず、おみやげもいりませんので(笑)ぜひ遊びに来てください。私にとっては皆さんのお顔を見ることと、釣りの大漁報告などが一番の良薬と思われます。

どうかよろしくお願いいたします(^^)

今日は大切な日でした

昨日私は看護師さんに洗髪してもらえるようにお願いしました。

 「自分も身を清めておかなくてはならないのです。」

そう言うと看護師さんはにっこりと笑って承諾してくれました。

そうして、さっぱりとした髪で今日を迎えて……

何年も前から私のブログを読んでくださっている方なら、おそらく察していただける、今日は大切な日……

吹奏楽コンクール中地区大会の日でした。

今回の事故リタイアで一番後ろ髪を引かれたのが、吹奏楽部のことでした。夏休みの前半、本当なら練習に明け暮れている日々。ところが、ベットに釘付けの毎日を送ることになって、毎日気が気ではありませんでした。もちろん、若い顧問があと二人いてクラブを見てくれてはいるのですが、どんな形であるにせよ、自分が関わらないと不安には変わりません。先月26日には、わざわざ顧問に病院に来てもらって、これでもか、というほど打ち合わせをしました。

そして今日……

無事発表を終えたようです。

コンクール初体験の顧問に、不安な気持ちを押し殺して信じてついていった生徒たち。結果がどのようなものであったにせよ、顧問、そして生徒たちに、よく頑張ったと賛辞を送りたいと思います。

……一つ、肩の荷が下りました。

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ