« 食事どきに読まないように・・・・とんでもないメモリアルな日 | トップページ | 悩むところ »

青 VS 赤

 昔少年の頃、私はウルトラマンにぞっこんでした。

 と、ここまで書いて表題から怪獣の名前を言える人は、かなりの「当時オタク」ですね(笑) そう言う私は、どちらかと言えば今でもオタクであります(^^; 50歳を越えた今でも、初代ウルトラマンの画像や映像を観ると、ドキドキします。ちょっとはずかしいですが・・・・・(^^;;;;;

 怪獣の名前は、青怪獣アボラスと、赤怪獣バニラです。実は、この回の話が、私は初代ウルトラマンの中で3本の指に入るほど好きです。もうかなり前、20年くらいになるでしょうか、メイクオブウルトラマン、というか、円谷プロでウルトラマンが誕生するまでのお話を、確か三上博史さんと南果歩さんの主演でドラマ化されたことがあって、そのときに、アボラスはレッドキングを改造したもの、ということを初めて知りました。予算が少なくて、苦肉の策だったそうです。そんな、改造されたものでも、私たち子ども心をかき立てる魅力があったのだ、と思うと、ますますウルトラマンがいとおしくなって、確かビデオを借りて観た記憶もあります。

 初代ウルトラマンは、私と同世代の人々の少年時代の、一大ヒーローだったんですね。ビデオを借りてきて、今度は息子と観てみようと思います。

 さて、これだけで終わったのでは、ただのウルトラマン回顧録になっちゃいますね(笑) もうおわかりと思いますが、今回の主役はこちらです。

 青怪獣アオイソメ(^^)

Imgp4182

 と、赤怪獣アカイソメ(^^)

Imgp4181

 最近は、下のアカイソメにはまっています。冬の一時にしか店頭に出ない赤コガネの代役になるのではと思うのですが、どうでしょうか。私が最近よく利用するお店「○ポート」の店員さんの話では、アカイソメはアオイソメよりも動きが良いので、房掛けにして動きを止めるよりも1匹刺しの方が効果があると教えてくれました。活きもアオイソメより良いとのことです。

 また、アカイソメとアオイソメは別種類なのではなく、アオイソメの中から赤味が強いものを選別して繁殖させたものだそうです。道理で、色以外は全く同じ外見なはずです。つまり、アカイソメはアオイソメの品種のひとつで、完全養殖のエサなんですね。最近では虫エサの輸入元の中国や韓国の対日本情勢がよろしくないようで、エサがいつまで安定流通するかわからなくなっています。アカイソメばかりではなく、マムシやチロリ、コガネも、完全養殖のものですべてカバーできるようになると良いですね。

 クロマグロの完全養殖に成功した、○大水産試験場にお願いしてみてはどうでしょうか(笑)

 とにかく、これからもカレイやシロギス狙いなどに、アカ、アオ共併用して使ってみようと思っています。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

« 食事どきに読まないように・・・・とんでもないメモリアルな日 | トップページ | 悩むところ »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/56961079

この記事へのトラックバック一覧です: 青 VS 赤:

« 食事どきに読まないように・・・・とんでもないメモリアルな日 | トップページ | 悩むところ »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ