« 最近うんざりするもの | トップページ | キャスティング大会準備 »

父の故郷「丹波」へ

 去る19日に89歳で亡くなった、私の叔父の通夜、告別式に参列するため、昨日夜から父の故郷「丹波」へ行ってきました。

 私たち親類の間で通っている「丹波」については、このブログを始めた頃の記事「釣り好きの原点」で書かせていただいていますが、幼い頃から自分の故郷のようにお邪魔して、そこでお世話になった叔父が亡くなったのでした。

 いつ訪れても、「よう来てくれたな。」と笑顔で迎え入れてくれ、それでもって、真面目で几帳面で、私に言わせるとまさに「人格者」とも言えるべき叔父でした。

 例外なく戦争で痛手を負った人でした。昭和19年に満州戦線に配属され、終戦後はロシアの捕虜として、シベリアに3年間も抑留されました。氷点下40度以下にまで下がるシベリアでの環境は、叔父の身体にかなりの痛手をもたらし、抑留の際に負った傷が元で、平成元年には左足を切断しなければなりませんでした。ただ、切断する前はその傷のせいで体調がずっとすぐれることがなかったのに、切断後はそのときの病弱がうそのように元気になられ、家業の工務店の仕事と畑仕事に精を出された晩年でした。片足がなくても、とにかく真面目に、コツコツと、無き左足の分まで働く・・・がモットーの叔父でした。

 父もそうでしたが、同年代の方の生き様には、たとえそういった世相の中を生きていかざるを得なかったとはいえ、本当に頭が下がる部分が多いです。私ほどの年齢にもなると、親類の諸先輩方の法事ごとが多くなりますが、そんな法事のたびに、故人の偉大さを思い知るお話を聞かされるのです。

 このたびも、叔父の生き様をたくさん聞かせていただき、そして勉強になった、そんな葬儀告別式でした。

 昨夜は、次兄とともに、幼い頃随分とお世話になり、今はいとこが守っている本家に約30年ぶりに泊めていただき、いとこを交えて3人で、夜遅くまで語り明かしました。きっと叔父が、「たまには泊まりに来んかい!」と声をかけてくれたのでしょうね。久しぶりにいとことの楽しいひとときでした。

 昨夜から当地では断続的に雪が降り、通夜から告別式、そして初七日法要にいたるまで、ずっと雪でした。午後7時頃に帰路につきましたが、周山街道(国土162号線)の峠越えは約20kmに渡って雪道でした。スタッドレスタイヤがここで生かせるとは思っても見ず、昨年スタッドレスタイヤを初めて購入する気持ちになったのは、こんな場合の予感だったのかも、とさえ思えたほどです。叔父が見守ってくれていたのか、雪道でも何の問題もなく帰れました。

 親類の方を京都市内、そして木津川市に送り届け、奈良経由で午後10時過ぎに帰宅。

 少し疲れましたが、こういった大切な日の記録文を書くのも目的のひとつのブログですので、忘れないうちに書きしるしたく、PCに向かった次第です。叔父に元気をもらって、明日からまた元気に働けそうです。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

« 最近うんざりするもの | トップページ | キャスティング大会準備 »

保存版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/56813621

この記事へのトラックバック一覧です: 父の故郷「丹波」へ:

« 最近うんざりするもの | トップページ | キャスティング大会準備 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ