« 活け魚陸送4~アイナメ&クロソイ | トップページ | 第4回北斗サーフオープン大会のプレお知らせ »

活け魚陸送考

 活け魚陸送、というカテゴリを作った記念に、私の「活け魚陸送」について語ってみましょう。もともと、「活け魚陸送」という言葉は、Nサーフのイカプロさんが使われている言葉で、とりあえず、著作権法には違反していないことを祈っています(笑)

 さて、活け魚陸送ですが、私に限って言いますと、少々条件があります。それは、釣り場が徒歩で遠くないこと。そして、釣れたお魚が余り大物ではないこと。そうそう、忘れてはならないのが、その釣行時に腰の状態が良いこと(笑)などがあげられます。それでなくても荷物の多い投げ釣りのことですから、この上に帰り道に重いバケツを持って帰るわけにはいきません。それに、入れ物のサイズ的に、入れるお魚のサイズにも限界があるということです。

 活け魚を陸送するのは、本当に疲れますし、気も遣います。ですが、陸送に成功したあかつきには、自宅で活け造りを食べられるというご褒美が待っているのです。刺身好きには絶対に堪えられません。今まで数十年も釣り続けてきたお魚を活けで食べたときの、あの目からウロコが落ちるような気分、それがたまらないです。

 さて、私の陸送です。

Imgp3954

 36センチサイズの、バケツと活かしバケツのセットです(注 別売)。右側の青いバケツにお魚を入れて、ロープで海水に漬けておくことができます。横には排水用の穴が開いており、引き上げる際には半分以上の水が排出されて、引き上げ力の軽減をしています。それでもそこそこの重さですし、ロープはそれに耐えられるしっかりしたものが必要です。以前磯で水に漬けていて、波でもまれてロープが岩で擦れて切れてしまったという苦い経験もあるので、特に磯で使用する際には注意が必要です。

 蛇足ですが、もちろんこれはもともとアジ活かし用のバケツです。冬場のように気温が低いとき、陸上でアジを活かしていると水温が下がって凍死させてしまうことが多いので、そんなときはこのバケツを使って水面から深い位置に沈めておくと良いです。そして、5匹ずつほど小出しにしてアジを使います。付け加えですが、このバケツで、アジなら約40匹ほど活かすことが可能です。

 車などで移動の場合は、青いバケツをそのまま左のグレーのバケツに入れて、フタをすると水漏れの心配がありません。ただし・・・・・

Imgp3956

 ブクポンプとホース穴がそれぞれ1ヶ所しかありません。(もちろん、2穴2台式のものも発売されています。)アジを40匹活かして陸送するとなるとポンプ1台では心もとないので、私の場合は ・・・・・

Imgp3950

 こんな小物入れに・・・・・

Imgp3951

 穴を開けて・・・・・

Imgp3952

 ポンプを2台入れ込んで・・・・・

Imgp3953

 こういうシステムを組んでいます。すると・・・・・

Imgp3957

 こんな感じで、ツインポンプ仕様になります。

 こうしておけば、酸素量はもちろん十分ですし、フタをすると水がこぼれない、音がやや小さくなる(仮眠などのときに耳障りにならない。)、ポンプ自体が水濡れしない、などのメリットがあります。付け加えですが、このシステムは、D社の以前の20Lクーラーボックスに中蓋のように固定することができます。以前ご紹介した、アジ活かしクーラーのものと同じということです。

 なんだか、活けアジを運搬するときと話がごっちゃになってしまいましたが、要するに活かして陸送するのはどちらも理屈は同じということです。

 こうして、私は腰痛製作マシーン、もとい、活け魚陸送マシーンを組んでいます(笑)

 私は、車から近い場所で釣りをすることが想定される場合は、できるだけこの活け魚陸送システムを持参するようにしています。周りから見れば、「ようやるわ。」と言われそうですが、活けのお魚を一度でも食べたなら、きっとこのシステムは必需品と感じると思いますよ。

 もっとも、お魚好きの場合に限られますが(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

« 活け魚陸送4~アイナメ&クロソイ | トップページ | 第4回北斗サーフオープン大会のプレお知らせ »

活け魚陸送」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。札幌で釣りをしているちゃんぽんと申します。
釣った魚を活魚輸送をして、おいしく刺身と肝までいただくという発想に驚きました。
もしよろしければ、僕のブログでもこの活魚輸送に関するページの掲載をしたいのですが、
よろしいでしょうか?

>ちゃんぽんさん
はじめまして! 遊びに来ていただき、ありがとうございます。
私は元々、色々なアイデアを皆さんに知っていただくためにブログに書かせていただいています。それが広まっていけば私の本望です。どうぞ、ちゃんぽんさんのブログにも、「活け魚陸送」ページを作って、読者の皆さんに知ってもらってください。
また、遊びに来てくださいね~

こんにちは。承諾ありがとうございます。
では、さっそく掲載させていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

はじめまして
活け魚陸送について興味を持っています。
差し支えなければ、ブクポンプの機種を教えて頂けないでしょうか。
またこのシステムで40匹のアジは何時間ほど生きていられるのでしょうか。
よろしくお願いします。

はじめまして。
活け魚陸送について興味を持っています。
差し支えなければ、エアポンプの型名を教えて頂けないでしょうか。
また、40匹のアジはこのシステムで何時間ほど生きているものでしょうか。
よろしくお願い致します。

はじめまして。
活け魚陸送について興味を持っています。
差し支えなければ、エアポンプの型名を教えて頂けないでしょうか。
また、40匹のアジはこのシステムで何時間ほど生きているものでしょうか。
よろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/56550359

この記事へのトラックバック一覧です: 活け魚陸送考:

« 活け魚陸送4~アイナメ&クロソイ | トップページ | 第4回北斗サーフオープン大会のプレお知らせ »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ