« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

一度やってみたかった挑戦

 今日は夕方から「処方」に行ってきました(^^)

 場所は、言うまでもなく、ムコナール。

 ただ、普通に釣ったのでは面白くないと思い、前々から試したかったことを決行しました。それは、キャスティズム+PEでの戦いです。

 キャスティズムをゲットしたのは、カワハギ、キューセン、それに薬処方や、近場のカレイなどを狙うときに、楽に釣りができると思ったからですが、実はネックはムコナールでした。

 武庫川では高い防潮堤の上から釣るのですが、足元にはテトラポットが低い位置に敷き詰められてあり、よほどの大物でない限り下には降りずにテトラ越しに獲物の抜き上げを余儀なくされる釣り場なのです。TⅡならば問題なく抜き上げられるのですが、果たしてキャスティズムの振り出し27号、並み継ぎの25号にそれが可能なのかどうか。しかも、テトラ越しに抜き上げなければならない釣り場であるにもかかわらず、ロッドの長さは3m85㎝なのです。TⅡよりも、40㎝も短い・・・・・

 そしてもうひとつ、キャスティズムのみ置き竿PEを、主にカワハギ、キューセン狙いでやっていますが、キチヌ狙い、しかも夜釣りでPEが通用するのか、まあ、普通に釣るのでは面白くないので、一種怖いもの見たさっていうのもありますね(笑)

 そんなわけで・・・・・

Imgp3993

 キャスティズム4兄弟も、ゴレンジャー部隊以上に壮観な眺めです(^^)

 PEは2.5号を使用しています。オモリは並み継ぎ、振り出しともに、30号を使用しました。それでわかったこと。ボケのエサをスナップ投法で投げると、飛ぶ飛ぶ(^^) 推定飛距離、軽く振って80mほどです。

 そして、一番の懸案の、獲物の抜き上げ・・・・・

Imgp3997

 また、こんな日に限って、アベレージサイズが良い良い(^^)

 どうってことなく、抜き上げができました。

 ただし、ラインがPE直結なので、アワセには若干のコツが必要です。これは、ナイロンラインでも同じだと思いますが、うまく工夫して合わせると、PE直結のせいで、キチヌのアゴにハリがクサッと刺さる感触までわかって、実に楽しいです。

 これで、懸案事項はすべてクリアしたので、これからこのキャスティズム4兄弟は出番が増えると思います。タックルが軽いので、本当に楽に釣りができます。

 え? で、結局獲物は何匹って?!

 フッフッフ・・・・ それはナイショです(~o~)/

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

2013大阪協会新年総会

 先日の連盟新年総会を受けて、今日は大阪協会の新年総会が開催されました。とはいえ、登録手続きや表彰などがあるものの、いつもの理事会と雰囲気は変わらずで、議事はいつも通り順調に消化されました。

Dsc_0135

 Y大物事務局長がお話中です。

 この新年総会で、ホッケの協会記録が承認されました。S投友会のOさんが釣られた、53.5センチ・・・ん? 寸法はうろ覚えってことで(^^; ちなみに、大物審査では、私がメジャーを当てさせていただきました。(なら、寸法くらい覚えとけよ~(^^; )

 協会役員人事もほぼ昨年度どおりということで、行事予定などを確認の後、午後9時前に散会。

 毎年のことですが、この新年総会はおみやげが多いのです。特に、昨年度は魚拓申請がことのほか好調で、そのため魚拓申請や大物、特別大物号数で顕著な数字の伸びがあったためなのですが、持ち帰るのが大変(>_<) 今日はいつもの福岡副会長が仕事のため欠席で、紙袋3袋分を私一人が持ち帰るはめになってしまって・・・・

Dsc_0136

 左上から、大物、特別大物号数達成の盾、大阪協会の事業報告書、一番上が申請魚拓。左の紺色の箱は、魚拓申請数第3位のゆうたろうさんの記念品。ゆうたろうさん、中身はもらってからのお楽しみですよ~(笑) で、右の封筒群は大物・特別大物バッチ。昨年度の理事会ではかなり滞っていたので、今年はいきなりドバッと渡されました(^^;

 あと、連盟機関紙の「投げ釣り」と、D社のカタログを人数分いただきました。

 まあ、こうした物品や書類の仕分けも会長の仕事なんですよ。自分もその立場でありながらこんなことを言うのもなんですが、各クラブの会長さん、本当にいつもご苦労様です。

 さて、新年総会の後は、早速今週末に初釣り大会が控えています。毎年釣果が少なくてテンションが上がりにくい大会ではありますが、(それでも、釣られる方が釣られるんですよね、不思議と(^^; )参加することに意義があるってことで、頑張って行ってきたいと思います。

 我が北斗サーフの皆さん、初釣り大会は審査が当たっていますので、よろしくお願いしますね。おっと、個人的な伝達事項を書いて、申し訳ありません(^^)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

薬中毒は免れない?(笑)

 それにしても寒い日が続いています。これだけ寒いと、さぞ各地とも水温が下がっていることでしょう。先日の熊野釣行の際に、渡船店の親父さんは、現在水温が12~3度とおっしゃっていました。これだけ下がると、グレなんかも食いが渋るそうです。

 さて、これから春までの釣りですが、どこに行くにも貧果覚悟で行かないといけないですね。しかも、防寒着を着ても寒くて、鼻水をたらしながら苦行のような釣りに行って貧果なら、いっそ行かない方がましかと思うくらいです。

 この時期、比較的釣果が望めるのは、南のカワハギくらいでしょうか。この時期のカワハギは肝が肥大していますので、食部門でも楽しみな魚種ではあります。あと、2月も後半を過ぎれば、各地でアイナメの便りも聞かれるはずです。

 そして、そして・・・・・

 この時期危険なのは、「薬中毒」です。この時期に特に特効薬である「ムコナール」がよく効くんですね。効きすぎるあまり、ついつい処方し過ぎてしまって・・・・1匹処方するごとに、300円が雪だるま方式にかさんでいくんです(笑)それがわかっていても・・・・・行っちゃうんですねぇ~(笑)

 ですが、このムコナール、冬の寒い時期にはなかなか味わえない、「ジャーッとドラグが出て、バシッと合わせると、グングンと引きが伝わって・・・・」を肌で感じることができるので、重宝な釣り場ですよ。練習にはもってこいです。

 さて、いつ行こうか・・・・・・もとい、いつ飲もうか・・・・・(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

ブログタイトル

 今日はちょっと変化球(^^)

 ブログを始めて、まもなく5年になります。コツコツ書きためて、たまった記事数1650件超。自分でもようやるわ、と思っていますが、1650件の記事がたまればたまるほど、それなりに使い道があるものです。

 どんなブログにも、管理人画面ではキー検索ができるようになっています。(というか、他のブログは知らないので、「おそらくどんなブログにも」という意味で書かせていただきました。)

 例えば、愛媛県に釣りに行こうと思えば、いつ行ったのか、どんな釣りをしたのか、釣果はどうだったのか、ということを知りたくて、検索キー「愛媛」で検索をかけると、愛媛に関連するブログがすべてリストアップされるわけです。

 確か、ユムシやコウジのエサの記事を書いたぞ、と思えば、検索キー「ユムシ」または「コウジ」で記事がリストアップされます。

 武庫川にいつキチヌを釣りに行ったっけ?と思えば、検索キー「ムコナール」が使えます(^^;

 ブログはもちろん、皆さんに情報を発信する役目があるわけですが、そう言いつつ、実は今では、このように自分にとっての文献集になっているのです。

 なので・・・・

 記事の題名には気を遣う必要があります。例えば、「初釣り」なんていう題名で、協会初釣り大会や個人での初釣りのことを書けば、数年後に検索をかけたときに、いつ、どこへ行った初釣りなのか、わからなくなってしまいます。なので、題名はできるだけ固有名詞化するように努めています。

 「2013連盟新年総会」などの題名がその良い例です。もし、連盟新年総会という題にすると、いつの新年総会なのかわからなくなってしまうからです。題名が被ることを防ぐ意味でも、題名はできるだけそのときにしか付けられないものにした方が良いのです。

 ただ、検索はブロガーである私自身しかできませんので、読者の方が望まれる記事をできるだけ簡単に検索できるように、カテゴリー分けしています。私ごときの記事がどれほど皆さんの役に立つかはわかりませんが、そんな使い方をしていただければ私も本望というものです。

 ブログ「楽しく投げ釣り、マジに投げ釣り」

 開始日、2008年2月16日(土)

 2013年1月29日現在 記事数 1653件 アクセス数 806125件

 皆様にかわいがっていただいて、今日にいたっています。これからもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

2013連盟新年総会

 の前に・・・・・

 昨日の釣り。

 Dsc_0127

 風景、良し!

 Dsc_0128

 弁当も言うことなし!

 Dsc_0129

 Dsc_0131

 カワハギも釣れて・・・・・

 Dsc_0130

 上物釣りでもなかなか釣れない、35センチのグレ。

 なかなか良い釣りでした。

 ・・・・・ってことで話は題名の中身に戻り・・・・・

 今日は全日本サーフキャスティング連盟の新年総会が、新大阪のワシントンホテルプラザで開催されました。連盟の会計報告、予算報告、行事日程など、連盟本体がどのように動いているのか、とくと拝見させていただきました。

 Dsc_0132

 シロアマダイの日本記録魚の計測をしています。60センチ台後半のアマダイなんて、釣れたらビビるでしょうねぇ(^^;

 総会の後は、場所を移して懇親会です。

 Dsc_0133

 岩田連盟会長のご挨拶。

 Dsc_0134

 連盟会員数千名を率いるボスと、大物号数のトップ、いや雲の上をひた走るお二人のツーショットなんて、なかなか見れませんよ~(^^)

 私自身は、また今年も色々な方とお話できて、大変勉強になった1日でした。

 さ、今日から2013年の全日本サーフがスタートです。連盟会員の皆さん、頑張って行事参加に励みましょう。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

やっぱり冬の釣りが好きだっ!!

 なぜなら・・・・・

 春~秋の釣りは夜釣りメイン。ってことは、夕方または深夜に釣り場に着いたら、どうしても朝まで釣ってしまいます。合間に仮眠を取ったとしても、そう長く眠れるものではありません。

 その点・・・・・

 冬の釣りで夜釣りをするのは、よほどのマニアックな対象魚や鳥羽のように、普通の釣り場では昼間に釣れるお魚を夜に狙えるなど、特殊なケースです。

 つまり・・・・・

 釣り場に着く時間にもよりますが、車中または宿でしっかりと仮眠が取れるということです。なので、冬の釣りは行き帰りが楽です。今回の釣行も、行き帰り一度も眠くならずに運転することができました。

 実は・・・・・

 釣行にデジカメを持参するのを忘れ、一応スマホ、もとい、メタボで写真を撮るには撮ったのですが、その写真をなぜかPCに送ることができず、よって、このたびの釣行は写真はなしです。つまらないブログですみません・・・・・

 行き先は熊野。同行者は、毎年この時期、熊野に一緒に釣行するのが定例となっている、我がクラブの元会長、萩山氏。まあ、年に数回あるかないかの、元会長孝行といったところです。

 渡船の船頭さんに、「寒さの底の日に釣りに来たね。」とからかわれたように、今日は全国的に大寒波が襲来した日でした。ですが、逆にこんな日は、釣行先は熊野しかない、とも言えるのです。風は風速8mほどでそれなりの風でしたが、止み間も多く、天気は晴れ、波は低い、ということで、そう寒さを感じることなく快適な釣りができました。さすが熊野!といったところでしょうか。

 ただ、例年になくフグが多く沸いていて、カワハギにエサが届く前にフグが釣れてしまう始末。釣り開始から4時間ほどはそんなことが続き、フグにかじられたハリスを交換するのに、座る暇もないほどの忙しさでした。ただ、そんな努力の甲斐があったのでしょうか、10時頃になってようやく26センチクラスのランクカワハギが釣れました。その直後にまたまた26センチクラスのカワハギが来て、何とか2枚釣れてくれてほっとしました。

 ん~、写真~っ(>_<)

 ちなみに、萩山氏はカワハギは20センチクラスが1匹だったものの、投げ釣りではめずらしい35センチのグレを釣って、何とかおかずをゲット。

 カワハギ、グレ共、活け魚陸送をしたのは言うまでもありません。グレは萩山氏のご自宅に到着と同時に、奥様がボールにピチピチのグレを入れて、台所に運ばれていました。

 そして、私のカワハギ・・・・・これだけは自宅でデジカメでの撮影なので、写真があります(^^;

Imgp3987

 やっぱり、活けのカワハギはうまいっ!!

 PS 通称「大台越え」のR169号線はこの時期ご注意ください。昨日夜も、伯母谷付近は雪道走行でした。道路情報を見られてからのルート選択をお勧めします。私の場合はとりあえず、スタッドレスタイヤに感謝!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

首のすげ替えで問題は解決するのか・・・・

 私のブログは一応投げ釣りブログです。そのことをわきまえつつ・・・・・

 例えば、カレイの超有名スポットである港へ「遠征」するとします。ところが、ある理由で、釣行直前に、一級ポイントである防波堤への立ち入りが禁止になった・・・・

 さて、あなたならそれでも強引に遠征して、港内でお茶を濁しますか。

 それとも、どうせ同じ海域だからと、隣の港へ釣行するでしょうか。これであなたのモチベーションは保てますか?

 もうひとつ・・・・

 高校野球の強豪校への進学を考えていたとします。ところが、何らかの理由で募集されなくなった・・・・・

 さて、あなたなら、その同じ県内にある、野球部がある別の高校への進学を考えるでしょうか。それで、甲子園に行くぞ!とモチベーションを保てるでしょうか。

 さて、ここで昨日の体育科問題に戻しましょう。

 体育科に進学する理由にはいくつかあります。例えば、将来教員志望であるとか、スポーツインストラクターの道を選ぶとか。ですがほとんどの場合、自分が取り組んでいるスポーツ種目にさらに取り組むために、「その」体育科に進学するわけです。入試の際に、自分が取り組んだスポーツ種目の実技テストがあるのはそのためです。「その」高校の体育科の、「その」クラブでなきゃならない理由が、「その」受験生にはあるわけです。もちろん、公立高校では推薦入学があるわけではありませんので、いくら進学したくても、入試で合格通知をもらわなきゃ、「その」クラブに入れません。それでも、「その」クラブに入部したいがために、かなり前から必死に受験勉強に取り組んで、「その」高校に合格することを目指します。

(ここで蛇足ですが、地方の有力選手をクラブ推薦などで集めることができる私立高校とは違い、あくまでも公立高校ですので、その種目において全国レベルにすることは、並大抵の努力では叶わない、ということを付け加えておきます。)

 さて、大阪府には、桜宮高校以外に体育科を有する高校が数校あります。そのうちの府立O高校の定員を増やして、体育科の需要をまかなう、という案が出ているそうです。「その」高校の「その」クラブを目指していた生徒が、同じ体育科だからと、別のO高校を受験することが自然と写っているのでしょうか。冒頭に書いた、2つの例のように「モチベーション」を保ってO高校を受験することができるのでしょうか。

 受験生を全く無視した今回の案、呆れて言葉も出ないといったところです。自殺事件は本当に痛ましい事件ですし、体罰を加えた顧問は重い罰を受けなければならないでしょう。ただ、そのことで、全く罪のない在校生や受験生、また、まっとうに勤務されておられた教員もおられるでしょうに、それを教員総入れ替えだの、体育科募集中止だの、他の高校の体育科の定員を増やすだの、一体何のための、誰に対する「制裁」なのでしょうか。要するに、「とにかく桜宮潰し」にかかっているように思えて、それがとっても恐ろしい・・・・・

 各界の方により、より冷静な判断がなされることを、私は切に祈っています。

 さっ、最後は気分を釣りに戻しましょう。

 明日はちょっと釣りに出かけます。最近は入試事務等で息が詰まる思いでしたので、息抜きという名目で行ってきます。

 ん~、近場・・・・かな?

 もしかすると、明日のブログはお休みをいただくかも・・・・・ 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

桜宮高校問題~マスコミも触れていない事実

 久しぶりに学校ネタです。先日は「冬の大三角」、理科ネタでしたが、学校ネタと一体どう違うのでしょうか(笑)

 今日は、私立高等学校の願書点検をしました。明後日金曜日の午後に、生徒に私立高校に出願させるための準備中なわけです。志願するためには、生徒本人が記入する、いわゆる入学志願書(通称「願書」)と、担任が記入する、個人報告書(いわゆる、内申書、と呼ばれるやつです。)が必要です。志願書は必要事項がしっかり記入できているかどうか、印鑑等は抜けていないか(こういう大切な書類では、シャチ○○と呼ばれる印鑑ではダメです。)、受験料がしっかり振り込まれてあるかどうか(振込み証明書を志願書の所定欄に貼り付ける形が現在の主流です。)などをチェックし、個人報告書は、同じく記入ミス、記入漏れの確認、成績データの確認などをします。そして、すべての書類の確認が終われば、角型の校長印を押印して終了します。校長印は本来校長が押印するべきものですが、願書の点検の場合のみ、学年にゆだねられます。ちなみに今日は、私が校長印を押印しました(^^;

 今は3年生は、受験準備真っ只中です。2月9日、10日の大阪私立高等学校入試に続き、公立高等学校前期入試、同じく、公立高等学校後期入試と続きます。

 入試と言えば・・・・・

 ブログにて触れようか触れまいか、かなり迷いましたが、桜宮高等学校の事件。体育科とスポーツ健康科学科の2学科が、普通科に振り返られて入試が行われることになったとか・・・・在校生や受験生を含む各界でかなりの波紋を呼んでいますが、果たしてこの方法はどうなのでしょうか。

 ここで、マスコミではほとんど触れられていない事実を皆さんにお知らせしておこうと思います。この事実を認識した上で、大阪市、大阪市教育委員会が下した決定を、どう判断されるかは読んでおられる方におまかせするとして、客観的事実のみを書いてみたいと思います。

 大阪市立桜宮高等学校の今年度の入試は、上にも書かせていただいた通り、体育科とスポーツ健康科学科は、普通科に振り返られて入試が行われます。そして、普通科のカリキュラムを体育科のカリキュラムを考慮して授業カリキュラムを組むと関係者はおっしゃっておられますが・・・・

 大阪府の入試制度では、体育科などの専門学科は、府内全域から志願することができます。なので、体育科は私の勤める中学の生徒も志願することができます。今まで、桜宮高等学校の体育科を志願する生徒を、私は何人も担任してきました。ところが、普通科は、学区制を適用されますので、第2学区に所属する桜宮高校は、第3学区に所属する私の中学からは志願できません。今まで府内全域の生徒に受験資格があったものが、特定の学区からしか志願できなくなるわけです。

 桜宮高校を目指して今まで頑張ってきた我が学区の生徒たち。彼らはこれから一体何を目標にしていけば良いのでしょうか。

 そして、なぜマスコミはこのことに言及しないのでしょうか。

 そこが私には不思議でなりません。

 2学科の3クラス分の定員を普通科に振り替えるだけで、問題が解決するのでしょうか。

 体罰は教育の敗北・・・・これは私の座右の銘としている言葉です。いかに強豪クラブの指導であっても、体罰はあってはならないものです。なので、今回の事件では何らかの措置はあってしかるべきだとは思いますが、大阪市長も大阪市教育委員会も、そして、それをとりあげるマスコミまでもが、何か論点、視点がずれている、私にはそうとしか思えないのです。

 皆さんは、上の客観的事実を知った上で、この問題をどう判断されるでしょうか。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

 

アミカゴテンビン仕掛け2013バージョン試作品

Imgp3984

 こんなのを使って・・・・・

Imgp3983

 こんな感じにすると・・・・・

 冬の寒い時期、釣れるかどうかわからないお魚を待つのに、たいそうな仕掛けを作るくらいなら、これを使ってハリス+ハリだけでいけばどうかと思いました。仕掛け作りが楽~(^^) 狙い物によって、ハリスの長さを変えましょう。

 ちなみに私の場合は・・・・・

Imgp3982

 アミカゴテンビン仕掛け2013年バージョン。

 何事も試行錯誤ってことで・・・・・(^^)

 さあ、いよいよアイツのシーズンがやってまいりました。この仕掛けで、ヤツをギャフンとイワせてやりましょう(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

フリーゲンBB追加その後

 先日、所有するパワーエアロフリーゲン4台のベアリングを追加した話を書きました。当初はクロスギヤ軸の前後に1個ずつ追加して、10BB化になる予定でしたが、クロスギヤ軸前の方にベアリングを1個入れると、まだ軸が前の方に出ているので、あと1個追加して、前はダブルベアリングにしてみました。残りの空白部分は、後部に元々入っていたブッシュを少しサンドペーパーで磨いて薄くすると、きっちり収まりました。ということで、合計11BBになったことになります。

 先日も書きましたが、元々回転フィーリングの良いフリーゲンですので、そう取り立てて回転フィーリングがさらに良くなったということはありませんが、少なくとも、対象魚に限らずエイやサメなどの超大物が掛かったときの負荷はかなり軽減されるものと思われます。とりあえず現状で使い続けてみようと思います。

 ところが、1台だけどうしても気になるリールがあるのです。アカレンジャーです(^^) ベアリング追加前から気になっていましたが、ハンドルを回してスプールが後から前に移動するとき、妙な感触があります。ベアリング追加で解消すると思いましたが、あまり改善されず。一体何なんでしょうか。

 昨日の日曜日は午後のひとときを利用して、アカレンジャーの分解組み立ての作業を、延べ4時間ほどしていました(^^; 7~8回はしたでしょうか。自分でもようやるわ~とは思いますが、納得できないので仕方ありません。分解してはグリスを交換して再び組み立て、納得がいかないのでまた分解して組み立てる。何度かするうちにやや改善された気配がありますが、結局それ以上はあきらめて、グリスとオイルを多い目に注入して、気にならないレベルにはすることができました。所有する残り3台のフリーゲンも11BB化しましたが、特に問題なく、絶好調な感じだけに、アカレンジャーがどうしても気になります。

 一体どこに原因があるのでしょうか。後日また分解していそうです(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

防寒着のファスナー破損

 今日は、兵庫協会さんが初釣り大会だったようですね。兵庫協会の皆さん、釣果はいかがでしたか。寒さが厳しい季節の釣りですので、釣果はともかく辛い釣りになったのではないでしょうか。今日は私は自宅でヌクヌクとさせてもらいましたが、再来週には我が大阪協会の初釣り大会が開催されます。寒い釣りは嫌やなあ、なんて思っていますが、とりあえず参加だけはしようと思っています(^^;

 さて、今日は防寒着が壊れてしまったお話です。

 先日の鳥羽釣行の際に、防寒着のファスナーが壊れてしまいました。防寒着の下にクラブベストを着ていたので、携帯やその他の物を取り出すために、上着のファスナを上げたり下げたり・・・・あるとき、何気なくファスナーを下げると、見事に横の生地に食い込んでしまいました。よくある噛み込みです。普通ならちょっと上下すると生地がはずれて解消するのですが、今回ばかりは横の生地にガッチリと食い込んでしまい、しかもそれが最上部、首の近くで起こったものですから、脱ぐこともできずでにっちもさっちもいかなくなりました。かくなる上は何とかして脱がないと、防寒着を着たまま帰らなければなりませんし、ベストのポケットには必要な物が色々と入っています。そして、力ずくで引っ張ると、何と金具がちぎれて取れてしまったのです。仕方なしに上着を左右に引っ張ると、金具がファスナーのレール?から取れてしまいましたが、何とか脱ぐことはできました。脱ぐことはできましたが、その代償は大きく・・・・・

Imgp3958

 翌日、メーカーに問い合わせると、修理できるかどうかわからないが、とりあえず釣具店に修理扱いで預けてほしい、と言われたので、今日上着を持って、いつもお世話になっている釣具のサ○○○ズに行きました。

 前情報では、D社は高価なゴア製品のみ修理対応してくれるとのことですが、S社はもしかすると門前払い? 釣具店の店員も、D社ならともかく、S社はねぇ、とつれない返事です。前日に私自身がサービスに問い合わせて、対応してくれた方から、とりあえず修理に出してほしいと言われたので、何とか門前払いだけは避けられましたが、修理してもらえるかどうかは微妙です。聞くところによると、修理対応をしてくれるD社の場合でも、ファスナー部分全取替えだそうで、かなりの金額がかかるとのこと。S社でも、もし仮にラッキーにも修理してもらえても、それなりの金額を覚悟しておかなければならないようです。

 私の防寒着は最上級モデルではなく、いわばゴアの中級品といったところですが、それでも万単位はする防寒着です。それがファスナーが破損しただけでボツになるなんて、あまりにももったいなくて、たとえ新品と同じ金額がかかったとしても、修理してもらわないと気が済まないのです。

 メーカーさん、お願い! 修理してっ(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

冬の大三角

 おお~、久しぶりに理科ネタです(笑)

 昨日のこと。

 息子が学校から理科のテストを持ち帰ってきて私に見せました。点数はさておき(笑)そのプリントの一番最後を見てみると、単元の項目とは別に、「冬の大三角」の話題が載っていました。冬の大三角・・・・皆さんはおわかりでしょうか?

 今、中学校3年生は受験前のこの忙しいときに、「地球と宇宙」という天体の単元を学習しています。私的には、1年生か2年生の、もっとゆったりとした時期に教えたい好きな単元なのですが、そんなこともあって、息子のプリントを見ながら息子に尋ねてみました。

私「○○(息子の名前)、冬の大三角、全部言えるん?」

息子「言えるよ。オリオン座のベテルギウスとおおいぬ座のシリウスと、こいぬ座のプロキオンやろ?」

 ぬぬ・・・・こいつなかなかやるな・・・正解やん(^^)

私「おお~、正解や!! じゃあ聞くけど、見たことある?」

息子「・・・・・・・・・ないよ・・・・」

 ふむ。そこで私の出番(^^)

 時は午後10時。昨日の夜は冬型で寒かったですが、しっかり晴れ渡っていました。今の時期はちょうどオリオン座が午後10時頃に南中する(真南に来る)はず。それで、風呂上りでまだ髪が濡れている息子に無理やり防寒着を着させて、二人で表に出てみました。ご存知と思いますが、オリオン座は比較的簡単に見つけられる、星座観察の初歩的な星座です。そして、その左下を見ると、全天一明るい恒星、シリウスが輝いていますし、オリオン座のベテルギウスとシリウスを結ぶ線を1辺とする正三角形を形作ると、冬の大三角のもうひとつの星、プロキオンもすぐに場所を特定できます。

 私がベテルギウスから順に指差し確認しながら息子に説明すると、すぐに見つけられたようで、

息子「あ! あれがベテルギウス! ということは、あれがリゲルやな。」

 四角形のオリオン座のベテルギウスの対角に位置するリゲルも見つけました。そして、オリオンの三ツ星、シリウス、プロキオンの順に息子は無事発見できたようです。本当はその大三角のバックには、夏とは反対方向の天の川が見えているはずなんですけど、さすがに私たちが住むこの地域では、それは無理ですね。

 私たち釣り人は、比較的空がきれいな釣り場で夜釣りをすることが多いです。私は職業柄アタリがないときなど、ついつい星空を眺めてしまうのですが、それはそれでなかなか良いものです。全天を流れる天の川なんて、ついつい見とれてしまうほどです。

 授業の際に生徒にも尋ねてみましたが、実際に星座をじっくり見たことがある生徒なんて、ほとんどいません。全員を夜釣りに連れていけば(いやいや、釣りじゃなくても)それも解決するのでしょうが、もちろん無理ってことで(^^;

 理科は机上の勉強よりも、そんな体験をする方がよほど知識が広がる、そのことを実証した、息子とのつかの間の星座観察でした。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

肌のケア

 肌のケア・・・と言っても、決して顔の肌荒れのことではありません。顔なんて多少荒れていても、釣りは出来るってことで、どーでもいいです(^^;

 問題は指です。毎年のように、この時期は指先がひび割れしてしまい、釣りの際には虫エサの体液などがしみ込むと、エサやハリが持てないくらいに痛んでしまいます。職業柄、チョークを持っての仕事ですので、どうしても指先が荒れやすくなるんです。

 Imgp3965

 これは私の左手親指の状態です。ひび割れしまくっています。今は爪を切ってありますが、釣行1週間以内には絶対に爪を切らないようにしています。深爪していなくても、このひび割れと相まって、ひどいときには指先に激痛をともなうほどです。毎年のこととは言え、頭の痛い問題です。

 以前、ブログで指サックを紹介させていただきました。確かに指先の保護には良いのですが、微妙な指先の感覚がないと仕掛け作りの際に不便極まりないので、この方法はしばらくとっていません。もっとも、代わりの対策があるから指サックを使わなくても良いことになっているのですが。

 その答えは、液体絆創膏です。

Imgp3967

 私が使っているものです。普通の絆創膏では、やはり指先の微妙な感覚がなくなって不便ですし、少し海水で濡れてしまっても剥がれてしまったりします。そして、指先などのアールがかかった部分には、貼りにくいことこの上ありません。その点、この液体絆創膏なら、指先の微妙な感覚を損なうことなく指先をガードしてくれますし、塗りやすく、何よりも多少濡れたくらいでは剥がれません。なので、大変重宝しています。

 上の指先の写真ですが、これでもケアしている方なのですよ。毎晩入浴後に薬をつけたりしています。ところがあまり効き目がなく、半分あきらめていました。

 ところが、悪いことは重なるもので、今度は足のかかとがひび割れ! 

Imgp3963

 痛い~(>_<)です! まあ、かかとなんてすぐに治るだろうとタカをくくっていたら、とんでもない!ヒビが段々とひどくなって、ついには足を引きずって歩く羽目に。その様子を見ていた妻が・・・・

 「その足、どうしたん?」

 そして、私が上の写真のことを妻に言うと・・・・

 「もっと早く言わないとあかんやん!」

 としかられて・・・・・(^^;

 Imgp3969

 強力なタイプを買ってきてくれました。ついでに指先のひび割れにも効くとのことなので、今日から毎日コレを塗ることにします。

 冬場は防寒対策だけでなく、こんなところにも気を遣わなければならなくて、本当に困った季節です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

審査方法検討中

 昨日お知らせした、北斗サーフ第4回オープン大会における審査方法を現在検討しています。昨年までの大会では、とにかく何でも1匹の長さを競う、ただし、カレイとアイナメは5センチ上乗せさせて審査するというものでした。ところが実際は、仮屋周辺は意外にスズキやクロダイが濃い場所で、スズキの大物が釣れれば、たとえアイナメ、カレイの寸法に5センチ上乗せさせたとしても、とても太刀打ちできる寸法ではありませんでした。スズキやクロダイが釣れるのは喜ばしいことですが、特に昨年は早い段階で77センチのスズキが飛び出し、早くも優勝を確定させてしまい、他の方が戦意喪失してしまうといった現象が起こってしまったのです。こういった場合でも、いかに他の方がモチベーションを保って釣り続けられるか、ということを検討しています。

 大阪協会の大会では、スズキとコブダイは本賞から除外されていて参考にできないので、他のクラブや協会の大会でどのような審査方法が取られているか、色々と調べてみました。

 よくとられる方法が、Sランク割です。釣れた実寸法を、全日本サーフで定められた、スーパーランクサイズで割るというもの。ただ、この方法では、いかにもスズキを不利な状況に追い込んでいるのが見え見えです。なぜなら、スズキのスーパーランクサイズは85センチだからです。ちなみに、カレイは50センチ、アイナメは55センチ、クロダイも55センチとなっています。いかに釣れるお魚のサイズが大きいスズキとはいえ、85で割られてしまっては数字がかなり小さくなってしまうのです。これでは逆に、スズキを釣ったら不利、といった印象になってしまいます。

 スズキやクロダイの魚影の濃い仮屋一文字ですから、スズキやクロダイが釣れれば有利だけれども、カレイやアイナメでも対抗できなくはない、そんな審査が理想です。そこで提案されたのが、「Aランク割」です。これは、スーパーランクで割る代わりに、ランク最低寸法で割るといったもの。この審査方法ならば、スズキは有利だけれども、カレイでも勝負できなくはない、といった印象の数字がはじき出されます。

 例えば・・・・・

 Aさんがカレイの36センチ、Bさんがスズキの60センチを釣ったとします。さて、どちらの順位が上なのか・・・・?!

 Aさん・・・・36センチ÷Aランク寸法30センチ=1.2

 Bさん・・・・60センチ÷Aランク寸法50センチ=1.2

 というわけで、順位は同じ、ということになります。昨年の方法では、たとえカレイの70センチが釣れても、スズキの77センチには太刀打ちできないことになりますが、この方法だと、スズキの60センチとカレイの36センチは対等に勝負ができることになります。ん~、もしかすると、コブダイが最も有利かもしれませんね。大物が釣れるけれども、最低ランク寸法が35センチ・・・・ ただし、春の時期にコブダイが釣れるかどうかは疑問ですが。ちなみに、過去の大会ではコブダイは釣れていませんね。

 実は、Aランク割はいずれクラブの審査でも取り入れようか、とも思っていて、言ってみれば試行できる場所を探している最中でもあるのです。

 参加された皆さんが、できるだけ最後までモチベーションを保ちながら釣りをしていただける、そんな大会になれば良いな、なんて思っています。何となく、全日本サーフ寄りな審査方法になってしまいますが、もちろん、一般の方の参加も大歓迎ですので、どしどしお申し込みください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

第4回北斗サーフオープン大会のプレお知らせ

 北斗サーフ新年総会にて、第4回北斗サーフオープン大会の要項がほぼ決定しましたので、ブログ上にて「プレ」の形でお知らせします。多数のご参加をお待ちしております。どしどしお申し込みください。

日時  平成25年3月31日(日)

場所  兵庫県淡路市 仮屋・森一文字

対象魚 検寸方法は未定ですが、他魚(スズキやコブダイ)の部は設けません。

     全日本サーフ所属でない方も参加大歓迎です。対象魚の詳細は、

      あらためてHPにて紹介させていただきます。

集合  午前5時 駐車場の調整の関係で、仮屋漁港、森漁港のいずれになるかは未定です。

     後日HPにて詳細をお知らせします。 

出船  午前5時半 (渡船は、仮屋の森渡船さんです。)  

     船頭さんに無理をお願いして、渡船時間を早めていただいています。

     釣り開始は、一文字に渡った後すぐOKです。

審査  午後2時 出船場所の駐車場にて

表彰  1位~10位まで。その他、ラッキー賞も用意いたします。

ルール  ・竿数は一人4本以内。状況に応じて。

      ・大会開始時刻前の釣りは自由ですが、渡船乗船前の釣果の審査提出はご遠慮ください。

      ・この大会における事故等の責任は負いかねます。ご了承ください。

      ・渡船に乗船しますので、必ず救命具・磯靴等を着用してください。

参加費  一人1000円(婦人少年は500円)+渡船料1000円

当日の潮 下りの中潮3日目 満潮8:26 干潮15:14(洲本標準)

申し込み締め切り 運営の都合上、3月25日(月)とさせていただきます。

 なお、申し込みはHP上からメールにてお申し込みください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/ 

活け魚陸送考

 活け魚陸送、というカテゴリを作った記念に、私の「活け魚陸送」について語ってみましょう。もともと、「活け魚陸送」という言葉は、Nサーフのイカプロさんが使われている言葉で、とりあえず、著作権法には違反していないことを祈っています(笑)

 さて、活け魚陸送ですが、私に限って言いますと、少々条件があります。それは、釣り場が徒歩で遠くないこと。そして、釣れたお魚が余り大物ではないこと。そうそう、忘れてはならないのが、その釣行時に腰の状態が良いこと(笑)などがあげられます。それでなくても荷物の多い投げ釣りのことですから、この上に帰り道に重いバケツを持って帰るわけにはいきません。それに、入れ物のサイズ的に、入れるお魚のサイズにも限界があるということです。

 活け魚を陸送するのは、本当に疲れますし、気も遣います。ですが、陸送に成功したあかつきには、自宅で活け造りを食べられるというご褒美が待っているのです。刺身好きには絶対に堪えられません。今まで数十年も釣り続けてきたお魚を活けで食べたときの、あの目からウロコが落ちるような気分、それがたまらないです。

 さて、私の陸送です。

Imgp3954

 36センチサイズの、バケツと活かしバケツのセットです(注 別売)。右側の青いバケツにお魚を入れて、ロープで海水に漬けておくことができます。横には排水用の穴が開いており、引き上げる際には半分以上の水が排出されて、引き上げ力の軽減をしています。それでもそこそこの重さですし、ロープはそれに耐えられるしっかりしたものが必要です。以前磯で水に漬けていて、波でもまれてロープが岩で擦れて切れてしまったという苦い経験もあるので、特に磯で使用する際には注意が必要です。

 蛇足ですが、もちろんこれはもともとアジ活かし用のバケツです。冬場のように気温が低いとき、陸上でアジを活かしていると水温が下がって凍死させてしまうことが多いので、そんなときはこのバケツを使って水面から深い位置に沈めておくと良いです。そして、5匹ずつほど小出しにしてアジを使います。付け加えですが、このバケツで、アジなら約40匹ほど活かすことが可能です。

 車などで移動の場合は、青いバケツをそのまま左のグレーのバケツに入れて、フタをすると水漏れの心配がありません。ただし・・・・・

Imgp3956

 ブクポンプとホース穴がそれぞれ1ヶ所しかありません。(もちろん、2穴2台式のものも発売されています。)アジを40匹活かして陸送するとなるとポンプ1台では心もとないので、私の場合は ・・・・・

Imgp3950

 こんな小物入れに・・・・・

Imgp3951

 穴を開けて・・・・・

Imgp3952

 ポンプを2台入れ込んで・・・・・

Imgp3953

 こういうシステムを組んでいます。すると・・・・・

Imgp3957

 こんな感じで、ツインポンプ仕様になります。

 こうしておけば、酸素量はもちろん十分ですし、フタをすると水がこぼれない、音がやや小さくなる(仮眠などのときに耳障りにならない。)、ポンプ自体が水濡れしない、などのメリットがあります。付け加えですが、このシステムは、D社の以前の20Lクーラーボックスに中蓋のように固定することができます。以前ご紹介した、アジ活かしクーラーのものと同じということです。

 なんだか、活けアジを運搬するときと話がごっちゃになってしまいましたが、要するに活かして陸送するのはどちらも理屈は同じということです。

 こうして、私は腰痛製作マシーン、もとい、活け魚陸送マシーンを組んでいます(笑)

 私は、車から近い場所で釣りをすることが想定される場合は、できるだけこの活け魚陸送システムを持参するようにしています。周りから見れば、「ようやるわ。」と言われそうですが、活けのお魚を一度でも食べたなら、きっとこのシステムは必需品と感じると思いますよ。

 もっとも、お魚好きの場合に限られますが(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

活け魚陸送4~アイナメ&クロソイ

 先日の鳥羽釣行の釣果の行く末のお話です。

 まず、無事特別大物500号となったアイナメ32センチ。活かそうと思ってバッカンに入れて海水に漬けておきましたが、しばらくして腹を上にしてしまったので、残念ながら締めてクーラーボックスにしまいました。

 それがこちら・・・・

Imgp3905

 このアイナメは、刺身にはせずに揚げおろし煮にして食べることにしました。ダイコンおろしをたっぷり入れると、なかなかおいしいおかずになります。

Imgp3906

 次に、アイナメの29センチ。こちらはハリを飲んでいたにもかかわらずバッカンで元気に生き延びてくれて(^^)、無事活け魚陸送が成功しました。ところが、活かしているときの写真が全くありません。以前どこかの寿司店で、水槽のアイナメにとんでもない値段がついていた記憶があって、それほどおいしいのか?!とそればかり気になって・・・・あっ!!と気づいた時にはすでに薄造りになっていました(^^;

Imgp3908

 活けのアイナメが高価なのがよくわかりました。いつも持ち帰るアイナメと全く食感が違っていて、まるでフグの薄造り、つまりてっさのような食感に驚かされました。ずばり、とんでもなくおいしい薄造りでした。

 さて、クロソイです。

Imgp3909_2

 先日UPさせていただいた写真は、すでにアイナメが犠牲になった後のもので、それでソイしか写真に写っていないのです。ところが、釣行当日の夕食は、アイナメの揚げおろし煮と薄造りがあるわけで、すでにおかずとしてソイが入る余地がありません。かといって、翌日はクラブの新年総会&新年宴会です。かくなる上はそのまた翌日の今日まで活かそうと、コンセント式のエアポンプに切り替えて今日まで延命させました。で、今日の夕方ようやく締めて、まずは魚拓取り。

Imgp3947

 締めた直後のクロソイです。ちょっとかわいそうな気もしましたが(^^;

 とにかく、滅多に食べられる食材ではありませんので、迷わず刺身にしました。

Imgp3948

 おっとめずらしい、エ○○ビールなんて出ていますね(^^) おいしい刺身なんでちょっと贅沢?といったところです。さて、刺身の方ですが、意外にもアイナメよりもモチッとしていて、しっとりとした食感でした。でも、やはり活けの特徴、プリプリ感は最高でした。お皿の真ん中には焼き霜造りにしたものが置いてありますが、焼きが甘くてちょっと皮が堅かったかも?とにかく、皮がしっかりしたお魚です。

 活け魚の陸送は、ヒラメに始まりカワハギ、フエダイ、マコガレイ、アイナメ、クロソイと、もはやブログではシリーズになりつつあります。そんなわけで、活け魚陸送、というカテゴリーを設けてしまいました。とんでもhappenな釣りシリーズとともに、こちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

2013新年総会

Photo

 当日の朝までかかって作成した資料。

 この資料や、他にクラブ員に渡す品物などを持って、新年総会に臨みました。今年の新年総会は、体調不良の安原氏、仕事の都合で川崎氏が欠席された他は全員出席の13名で総会を行いました。

Photo_13

 私が釣り上げたマダイのクラブ記録魚をホワイトボードに貼っていただいて、新年総会はスタートしました。

Photo_2

 会長(私)の年頭挨拶。

 そして、各種表彰です。表彰対象者には、例年該当するタイトル分の金一封が授与されます。

Photo_3

 事務局長のありみつやんか氏。

Photo_4

 副会長の福岡氏。

Photo_5

 会計の清水氏。

Photo_6

 そして私。ありみつやんか氏に授与していただきました。

Photo_7

 安田氏。

Photo_8

 大橋氏。

Photo_9

 そして、最後にゆうたろう氏と、表彰は続きました。

 様々な審議事項をこなし、新年度の登録手続きを済ませて、最後に集合写真を撮りました。

Photo_10

 そして、会場を変えて、いよいよ新年宴会の始まりです。

Photo_11

 副会長・福岡氏の音頭で乾杯!!

Photo_12

 総会以上に盛り上がった宴会でした(笑)

 今年度は、新しくhirota氏をお迎えして、総勢15名での活動スタートとなりました。

 私はクラブに入会して、かれこれ24年目に突入です。ブログを始めた頃に、「北斗サーフと私」という題で文章を書いた記憶がありますが、そのときに書いた文章の中にも、「クラブ員は家族のような、かけがえのない存在」といった内容のことを書いています。今は他のクラブに在籍するなどあり得ない、と思うほど、この北斗サーフのメンバーとは深いつながりで結ばれています。毎年、新年総会や宴会を重ねるたび、いつまでもこんな集まりが出来ればいいな、なんて思うのです。

 そんな北斗サーフのお世話係の会長、という役職につけていることは、手前ミソですが、もしかすると私の天職なのかもしれません。

 さあ、新年総会も無事終了!!

 今年も頑張って、釣りに行くぞ~!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

ちょこっと500号

 昨日のブログは失礼しました。お休みをいただいた理由は、読んでいただけるとおわかりになるかと・・・・

 この3連休は、皆さん釣りで遠出されているのでしょうか。月曜日は荒れ模様の天気となるようですが、明日の日中一杯は好天に恵まれそうですので、釣行に行かれている皆さん、どうか頑張ってたくさん釣ってください。

 さて私ですが、この3連休の中日、つまり明日は、北斗サーフの新年総会になっています。連休が分断される形になりますので、遠出するわけにはいきません。

 ってことで、昨日は仕事を終えてすぐにエサを取りに行き、帰宅後すぐに出発して、ちょこっと鳥羽に行ってきました。といっても、今日は日中に用事がありましたので、日の出前に現地を出発して帰宅する予定で出発しました。本当は気楽にキチヌでも、といきたいところなのですが、なにぶん、特別大物500号をキチヌ、エソ以外で、と啖呵を切っていましたので、時期的には少し早いかも?とは思いましたが、アイナメ狙いしか思い浮かばなかったのです。午後8時に自宅を出発、午後11時に釣りを開始して、午前5時半には納竿という、まさに、弾丸釣行です。

 現地で竿を出してしばらくすると、後からダンディな声で「釣れますか?」と声をかけられました。「いえ、まだ竿を出して間なしですよ。」と答えて後を振り向くと、そこに立っていたのは、S投友会のTさんでした。何でも、今日は夜釣りをして、翌朝から神島に渡るとのこと。上には上がいるものですね~(笑)徹夜明けに島に渡るなど、私には考えられません。Tさんは私と少しポイントが離れていましたが、声を掛け合えないほどの距離ではありませんでしたので、時折声を掛け合って釣りをしました。おかげで、寂しくない夜釣りをすることができて、ありがたかったです。Tさん、ありがとうございました。

 で、釣果。

 アイナメにはやはり少し時期が早かったかもしれません。アタリは激シブでした。が、何とか午前1時半頃に弱弱しいアタリが出て、

Imgp3900

 何とか特別大物500号、アイナメ32㎝をゲットしました。この写真は、納竿直前にTさんに撮影していただいたものです。初めはバッカンで生かしていましたが、後ほど点検に行くと昇天しかかっていましたので、仕方なくクーラーボックスにしまってありました。

 あと、午前2時過ぎに実寸29.5cm(拓寸30センチオーバー)のアイナメ、そして、実寸28.5㎝(拓寸未定・・・・ん? 未定って?!)のクロソイを釣り上げることができました。初釣りがあまり芳しくありませんでしたので、何とか挽回せねば、と思い、特別大物500号はもちろんのこと、少なくともランク3枚を目標に釣行しましたので、何とかこれで目標達成です。ただ、やはり時期的にはアイナメは早いのでしょうか?アタリは小さいし、渋いし、おまけに、一番の時合いと思った午前4時頃にアタリが全くありませんでした。あと1ヶ月ほど待ち、かな?!

 そんなわけで午前6時前には納竿。

 Tさんは今日が初釣りとのことで、無事36㎝のアイナメをゲットされていました。しばらく談笑した後、Tさんは定期船乗り場に移動されていきました。

 サイズは小さかったですが、何とか目標としていた、シロギス、カレイ、アイナメのいずれかで特別大物500号、を達成できて正直ほっとしています。たかが通過点なので、だからどうなんだ、と言われればそれまでですが、そういった些細なことでモチベーションを高められるのは、自分自身まだまだ新鮮な面持ちで投げ釣りに向かい合えているな、とうれしくなってくるのです。1匹、1匹の大物を大切にする、特別大物を粗末に扱わない、というのが私のポリシーと思っています。

 さて、余談ですが、上の拓寸未定のクロソイ、とはどういうことなのかと言うと・・・・・

Imgp3909

 というわけですので、拓寸確定は、また後日ってことで(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

同時作業

 今週末の日曜日は、クラブの新年総会があります。今、その資料作りでおおわらわしています。

Imgp3897

 ただ今フル稼働中の、我が家のプリンターEPSON PMG4500です。

Imgp3895

 印刷された資料がどんどんたまっていきます。

 そして、資料印刷と同時に、なぜだかわかりませんが、仕掛け作り(^^) 同時並行作業なので、おおわらわです。

Imgp3898

 これだけあれば、何とかなるでしょう(^^)

 印刷作業はまだ進行中ですので、今日はこのへんで・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

499号の処遇

 特別大物。人によっては、「けっ、たかが特別やんけ。」とか、「僕は申請せーへんよ、特別は。」なんてミソクソに言う方もおられますが、私にはこだわりがあって、釣ったお魚は大物、特別大物にかかわらず、必ず申請します。こだわりなんて言ってもそんなに特別なことではなく、クラブに籍を置いて以来釣り上げた大物の数と大物申請、特別大物申請の数(もちろん、スーパーランクの数も)を一致させ続けたい、ただそれだけなのです。なので、私の場合は、大物号数258号と特別大物499号、そしてスーパーランク4号を合わせた761匹は、すなわち私がこの23年間のクラブ在籍の中で釣り上げた大物魚の数ということになります。自分で言うのもなんですが、歴史が刻まれたかけがえのない数字だと思っています。

 さて、特別大物号数499号なんて、多く釣る人から見れば「たかが・・・」がつく数字です。ですが、こんな数字でも、実は我が北斗サーフ内で一番数が大きい特別大物号数なんです。クラブの先頭を切って号数UPをきわめていく以上、否応なしに意識せざるを得ません。なので、次に釣り上げた大物魚は、たかが・・・がつくとしても、私にとっては特別な数字500号ということになります。もしかすると、クラブにとっても大きな意味を持つ数字かもしれません。

 さて、先日の釣行でエソによる特別大物500号達成は避けることができました。つまり、現在499号です。それでは、次のメモリアルな数字、500号目はいったいどこで釣った何というお魚なのか、が焦点となります。ところが、季節的なタイミングが悪すぎて、夏のお魚で決めるには、今から夏まで釣りを我慢しなければならなくなります。かといって、軽々しくキチヌなどで決めたくはない・・・・困ったものです。いったいどこで何を狙えば良いのでしょうか。ただ、ひとつ思うことは、やはり500号というメモリアルなお魚を釣ることによって初心に帰れそうな、シロギスやカレイ、アイナメあたりで決めることができれば、なんて思っているのです。さて、そのXデーはいつになるのか。

 今から作戦を立てていくことにしましょう。

 ただ、ひとつ気がかりが・・・・特別大物500号に近くなってから、大物の獲得ペースが急激にダウンしていること。自分では特に意識はしていないのですが、これがいわゆるプレッシャーというものでしょうか? それとも、私がスランプなんていう言葉を使ってよいものなら、そうなのでしょうか。何となくギクシャクして、大物が釣れなくなっていることに、ちょっと焦りを感じているのも事実なんです。早くそんな「ギクシャク感」から開放されるためにも、500号、早く決めてしまいたいものです。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

プラス2の効果は?!~10BB化

 先日来、リールのアップグレードを得意とされているTsuchyさんとスピニングリールのベアリング追加の話をしていまして、現在所有されているパワーエアロプロサーフのベアリング追加を検討されているとのこと。私たちが簡単にベアリングを追加できる部分は、クロスギア軸の前後、特に後部とのことで、私も研究してみることにしました。

 私が所有しているリールは、パワーエアロフリーゲンTDというリールですが、このリールは標準で8個のベアリングが装着されています。これだけ多くのベアリングを有するフリーゲンのことですから、もう装着できる部分はないのでは?と思ってメーカーの分解図を見てみると、意外にもクロスギヤの前後にはベアリングが入っておらず、代わりに樹脂製のブッシュが埋め込まれているみたいです。ちなみに、スーパーエアロSDはクロスギヤの後ろ側にはベアリングが装着されていて、これで巻き心地の差を出しているのかも?と思いました。

 それで私も、Tsuchyさんにベアリングのメーカーやサイズなどを教えていただいて、取り寄せてみることにしました。どちらかと言えば機械音痴な私ではありますが、リールの分解・メンテナンスは一応できるようになっています。

Imgp3879

 これが今回取り寄せたベアリングと、隙間を埋めるためのスペーサーと呼ばれるワッシャーです。

Imgp3880

 リールの分解には、ちゃんとリールのネジに合ったサイズのものを使用します。意外に固く締めてありますし、ネジ山が潰れてしまっては大変です。

Imgp3881

 これが、パワーエアロフリーゲンのお尻の部分。この銀色のカバーをはずして、ベアリングが装着できます。

Imgp3882

 カバーをはずすと、さらに2つのネジで固定されている内カバーが装着されていて・・・・

Imgp3883

 そのカバーもはずしてしまうと、白色のいわゆる「ブッシュ」と呼ばれる樹脂製のパーツが見えます。これをベアリングと取り替えるだけです。ただし、内カバーをはずすとクロスギヤが外側にピュッと飛び出して来る恐れがあり、飛び出すと分解しないと装着できなくなるので、指で押さえながら慎重にブッシュをはずします。

Imgp3884

 ブッシュとスペーサーを取り外せました。代わりに・・・・

Imgp3885

 ベアリングと隙間0.1mm用のスペーサーを埋め込みます。すると・・・

Imgp3887

 こんな感じに、ベアリング追加の完了です。クロスギヤが樹脂製のブッシュを摩擦抵抗をかけながら回転する代わりにベアリングが装着されたわけですから、この部分に関しての摩擦抵抗はほぼ解消することになります。

Imgp3888

 ついでにこの際本体を分解して、前側のブッシュもベアリングにチェンジすることにしました。

Imgp3890_2

 こんな感じ(^^) 

 これで、クロスギヤの回転部分はほぼ摩擦がなくなります。

 フリーゲン自体もともと巻き心地はすこぶる良いので、ベアリングに替えたところで、ちょっと軽くなった「気」がするだけなのですが、実釣で負荷がかかったときなどにおそらく効果を発揮すると思っています。

 パワーエアロフリーゲンTD~10ベアリング仕様~の完成です。

 比較的簡単にできる作業ですが、あくまでも自己責任ということで、もし挑戦されるならその点をしっかりとご理解の上行ってください。

 あ、そうそう、最近導入したリール「パワーエアロアルブリードCI4」の方も、後ろ側のブッシュをベアリングに替えてみましたが、こちらはとても巻き心地が軽くなって、効果てきめんでした。今度はアルブリードの前側にも挑戦してみたいと思っています。こちらはちょっと難攻不落かも??

 なお、詳細はTsuchyさんのブログに書かれていますので、そちらも参考になさってください。 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

 

 

おっちゃんをなめんなよ!(^^;

 今回の釣行の狙いは、「一応」活けアジでヒラメ、デカエソ、そして、虫エサでアマダイでした。

 活けアジの釣りはいつやってもドキドキします。投げてアタリを待っていると、アジが暴れて竿先がブルブルと震えて、もしかすると、アジの近辺に大物魚がいるのでは?なんて思ってアドレナリンが噴出する感覚があるのです。活けアジの釣りは一旦投げ込むと、じっくりとアタリを待てるので、竿数は多くても結構のんびりやれる・・・・・はずでした。ところが、投げども投げども、底を取って糸フケを取って三脚に竿を立てると「ジーッ!」すぐにドラグが鳴ります。正体は? 言わずとしれたイカです。魚類とは明らかにドラグの鳴らし方が違います。お魚ならエソであれヒラメであれ、マゴチであれ、「ジーーーッ」と連続で鳴らすことが多いですが、イカの場合は、

 「ジーッ、ジーッ、ジーッ・・・・・」

 イカにも、イカがジェット噴射で逃げようとしている、といったドラグの鳴らし方をします。投げる竿、投げる竿、ほとんどがこれです。そして、竿を立てると、一瞬イカの重みが感じられますがすぐに軽くなり、上げてみるとアジの頭の部分がかじられている・・・・ イカは何を好んでアジの頭ばかりをかじるのでしょうか。エサを即死させてからゆっくり食べる算段なんでしょうか。それにしても、これじゃエサがもちません。片手間の飲ませ釣りですので、アジは30匹しか購入していなかったのです。みるみるアジがなくなっていき・・・・

 「こりゃイカん!」

 「イカがわしいヤツめ!」

 「おっちゃんはイカるゾ!」

 と、つまらないオヤジギャグを言っていても仕方がないので、いっそイカ狙いをしようと、かかりづり4号の竿にウキとイカ仕掛けをセットして、ウキを流すことにしました。

 ところが、流せど流せどアタリはありません。ウキ下もしっかりと底を取っているので、アタリがあっても良いはずなのですが。それに、投げ釣りのポイントとバッティングして、釣りにくいことこの上ありません。

 「クッソ~ッ、イカさま野郎! おっちゃんをなめんなよ・・・・」

 頭脳を働かせ、今度はアタリが多いぶっ込みスタイルで狙ってみます。ヒラメ狙いの胴突き仕掛けのハリの部分を、先ほどウキ釣りで使っていたイカ専用の仕掛けに替えました。この仕掛けはうまくできていて、イカが乗ると反動で後のイカリバリがイカの後に位置して、合わせるとイカに刺さるという仕組みになっているのです。

Imgp3872

 仕掛けは1本しか持参していませんので、根ガカリでロストするとそれでおしまいですが、このままイカになめられているわけにはいきません。全く、つまらないところで負けず嫌いを発揮するものです(笑)

 そして、この仕掛けで1投目。すると早速ドラグを鳴らすアタリが! 竿は先ほどのかかりづり4号を使っているので、グワーン、グワーンと竿先が絞り込まれて、アタリ自体は面白いです。そして、ゆっくりと竿をあおると・・・・・

 乗りました!! イカのジェット噴射が感じられます。なかなか良く引いて面白い! ところが、1段高い護岸越しに巻いていたので、水面に現れたことに気づかず、無念のバラシ。回収してみると、触腕の先がハリに掛かっていました。身が切れたようです。残念ですが、釣り上げることが不可能でないことがわかり、再挑戦! 今度はアタリがあったら、段の上に乗ることにします。

 数投後、またアタリがありました。竿をゆっくりあおって・・・・またまた乗りました!! 今度こそは取り込むぞ!と決意して段の上に上がって玉網を構えます。すると、水面に姿を現したのは、どうやらコウイカのようです。アオリイカではありませんがコウイカもおいしいので慎重にランディング。

 取った~!! (^o^)/

 「それ!見たことかっ!! おっちゃんをなめんなよっ!!」

 イカに思い切り言ってやりました(笑)

Imgp3855

Imgp3856

 まあ、要するに今回の釣行は、ドラマはこれだけだったということで(^^;

PS 食部門

Imgp3862

 今回、私ごときに釣られてしまったコウイカです(笑)

Imgp3863

 これがキモです。

Imgp3874

 ゲソを使って、好物の塩辛を作りました。

Imgp3864

 コウイカのイカ墨は他のイカよりも大きいので、パスタの材料に・・・・・

Imgp3865

 この状態で冷凍して、後日イカ墨パスタを作る予定です(^^;

Imgp3873

 もちろん、刺身好きの我が家の定番メニューも。

 ぶっ込みのイカ狙い、意外に使えることがわかりました(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

特別大物500号を阻止・・・?!

 昨日は渋滞を考慮して(というよりも、往生際悪くギリギリまで釣ったので(^^; )深夜の帰宅になりましたので、ブログを2日間も休ませていただきました。今日から本格的に再始動させますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 ところで、初釣り遠征、大した釣果ではありませんでしたので、釣行記は気が向いたときに書くということで、今日は表題がどういう意味なのかを書いてみようと思います。

 今回の初釣り釣行には、特別大物号数497号で出発したのですが、

 498号は・・・・

Imgp38432

 ワニエソ52センチ・・・・

 499号は・・・・

Imgp38502

 イラ39センチ・・・・

 おっと、これで500号リーチがかかりました。

 愛媛でこれらの魚種はどうしても避けては通れません。できれば500号はエソやイラではなく、「アマダイ」なんかで決めたいと思っていましたが、釣り開始の早い段階でこの2匹が釣れたので、500号はこの2種のどちらかじゃないか、と腹を括って(笑)さらに釣り続けると・・・・

Imgp38512

 キャー! やっぱりっ(>_<) ついに来て「しまった」エソ。

 ただ、このエソはちょっと大きい目。実寸で62.5㎝あります。このまま写真申請すると、特別大物500号。ただ、持ち帰って魚拓にとると・・・・?

 ぶっ細工な魚拓ではずかしくてお見せできませんが、拓寸65.1㎝。以前58㎝のエソを自己記録にもかかわらず写真申請してしまって、ちょっと心残りな部分があったのですが、これでようやく魚拓で自己記録更新することができました。

 人生初のエソ60㎝オーバーは、特別大物500号ではなく、無事スーパーランク4号として申請されることになりました。

 エソの特別大物500号は、そんなわけで阻止できました(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

やる気があるのかないのか・・・・(^^;

Imgp3839

 パンパンのロッドケース(竿9本入り)・・・・・・

Imgp3840

 パンパンのリュック(リール8台、オモリ約40発入り)・・・・・・

Imgp3841

 でかいアジバッカンに・・・・・・

Imgp3842

 35Lのクーラーボックス・・・・・

 荷物はでかいが、やる気は小さい・・・・・(^^;

 だって、寒いですやん(>_<)

 まあ、とにかく行ってきますわ。

 明日のブログはお休み(の予定)です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

2013初釣り遠征

 遠征と言える距離ではないかもしれませんが、私にとっては遠征釣行、明日の夜から愛媛県西南部へ初釣り釣行に出発します。毎年のことなので年中行事とも言える釣行なのですが、今回はちょっと趣向を変えて、宇和島市よりも南部へ行く考えでいます。初めての釣り場ばかりなので不安はありますが、未知の世界への挑戦、なんて格好良く考えれば気が楽です。それに、先日もお話させていただいたように、遠征に行ったからと言って必ずしも好釣果に恵まれるとも限らないので、遠征に行く場合はあまり入れ込まないで行くことが大切だと思っています。

 あれ? さっきから一生懸命言い訳してる?!

 ま、いいか(^^;

 さて、今私が愛媛へ釣行して、何を狙うべきなのかということを考えてみます。

 釣り場のシチュエーション的にみて、大物号数をUPするにはヒラメを釣るしかなさそうです。または、レアなネズッポ狙い? ん~、それでなくてもレアなのに、この厳寒期に釣るなんておそらく至難の業でしょう。あと一応「狙える」とすれば、キューセンのBランク(28cm)以上、カワハギのDランク(35cm)以上でしょうか。まあ、看板は大きく出して行かないと面白くありません。何と言っても「夢」を釣りに行くわけですから。

 さて、問題は特別大物の方です。ただいま号数は497号。あと3号で500号の区切り目になります。出来れば・・・・エソで500号は避けたいと思っています。記念の500号は格好良くアマダイあたりで決めたいですが、活けアジでヒラメを狙う使命がある以上、エソは避けては通れない魚種でしょう。もしエソで500号達成なら、仕方なしに受け入れることにしましょう(笑)どうせなら、70cmオーバーのオバケエソなら許せますが(爆)

 さて、一応仕掛け作りは一段落しましたので、今から荷造り作業に入ろうと思います。荷物がかなり大量になりそうで、ちょっとゾッとしますが(笑)

 それではまた・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

 

ようこそ!2013年

 皆さん、新年明けましておめでとうございます。旧年中は「楽マジブログ」を読んでいただき、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 さて、早速ですが今日は午前4時起き。寝たのが新年を迎えて1時間後の午前1時でしたから、2013年最初の睡眠時間は3時間ってことで(笑)まあ、釣りの仮眠よりはよく眠れました(爆)

 午前5時に出発して大神神社に初詣に行ってきました。

 約1時間で大神神社に到着。午前6時前の時点ではまだ渋滞もなく、神社に結構近いところで駐車できましたが、帰り道に往路を見ると早くも渋滞が始まっていました。午前4時~6時の間にはやはり参拝客が少ない時間帯があるようです。

Imgp3814

 本殿に続く参拝道の鳥居です。比較的すいているのがわかります。

Imgp3815

 でも、本殿前は結構な参拝客で賑わっていました。

 今年はどんなことがあるのかな? 家族3人が無事1年を過ごせますように。

 いつものルートをたどっていると、途中の小高い丘で・・・・・

Imgp3828

 山際が明るくなってきました。

「春は曙。やうやう白くなりゆく山際すこしあかりて・・・・」

 清少納言の有名な随筆、「春は曙」の一節ですね。まさにその通りの光景が深々と冷え込んだ朝のひとときに訪れました。2013年初めての朝焼けです。しばらくこの光景にひたっていましたが、初日の出はスルーしてルート通りに進みます。

 そして、学問の神様「久延彦神社」で、息子に絵馬を書かせて・・・・

Ema

 これで本日の初詣ミッションは完了です。この後、いつものお店でいつものように、にゅう麺を食べて大神神社を後にしました。

 その足で我が家のお墓参りに行きました。本当なら初詣の「ついで」は良くないのでしょうが、生前父が好きだった大神神社の空気を父に届けたくて、それでお墓参りに行くのです。我が家のお墓は、母の遺言通りに「河内平野を見下ろすことができる」小高いところに立ててあります。母が亡くなってから父がこの場所にお墓を立てて、そして自分も一緒に入っているわけですね。

Imgp3837

 お墓を立ててある場所から神戸方面を望んでみました。毎日父と母は生前同様喧嘩しながら、この風景を眺めているのでしょうか(笑)

 さて、いよいよ新年がスタートしました。どんなことが待ち受けているかはわかりませんが、また1年間精一杯生きていこうと思います。

 皆さんにも、今年1年が幸多い1年間でありますよう、お祈りしています。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ