« 3本or4本or8本?! | トップページ | とんでもhappenな釣り27~間隔「ゼロ」収束地帯 »

竿3本・・・すると三脚は?

 またまたPCから朝の更新です。ってことは、釣りには行っていないということですね(^^; 今日は本当ならさる方と熊野にでも行こうかという話をしていましたが、お互いに体調が悪く、断念しました。よって、3連休はのんびりと自宅で過ごしています。年賀状印刷や大掃除など、家にいればいるでそれなりに仕事もあるんで、好都合であることは間違いないのですが、やっぱり釣りに行きたい~ですね(^^)

 私のブログのアクセス数は、他の方と比べてどうなのかよくわからないのですが、1日平均1000アクセスほどです。日本ブログ村のOUTポイント、つまり、ブログ村から私のブログに入ってこられる方の数が、ここしばらく1位を独占しています。本当にありがたいことです。

 ここ2、3日、問題提起の文章を書いているせいでしょうか、昨日のアクセス数がついにブログ開設以来初めて1500アクセスを突破しました。それだけ関心が高いテーマだからでしょうか。ブログの位置づけを単なる釣行記だけではなく、投げ釣りやそれ以外のテーマを毎日更新で書く事を心がけていますので、読者の方のニーズには多少応えられているのか、と一応納得しています。

 いずれにしても、投げ釣りの裾野人口を増やせれば、という夢を持ちつつのブログ運営ではあります。皆さん、もっと投げ釣りの楽しさを広げて行きましょう。

 さて、前置きが長くなりましたが、今日は「三脚」のお話です。

 先日、あるサーフのクラブの方と竿数と三脚の関係をお話する機会があって、竿数が3本として、皆さんは何台の三脚を並べられるのかという話題になりました。例えば、我がクラブのゆうたろうさんは、竿さばきが上手で、1台の三脚で5本の竿を並べる技術を持ち合わせておられます。私にはとても真似できることではありません。竿5本なら、三脚は3台でしょうか(^^; 

 すると、大会ルール、「竿3本以内」なら何台の三脚? 

 これは私の想像ですが、一番多いのが2台の三脚で2本、1本と並べる方法かなと思っています。次に、三脚1台とクーラー竿立てを併用する方法。これは私がよくやる方法です。でも、1台の三脚に3本の竿を並べるのが、一番周りからみてスマートに見える方法だと思うんですね。ただ、3本並べると真ん中の竿さばきがややこしくなるので、この方法を好まない方は多いと思います。

 何が言いたいのか。

 釣り場独占を防ぐ目的で竿数を3本以内と制限しても、1台の三脚に竿1本、つまり、3台の三脚を出すと、それで十分に釣り場独占になるのではないか、ということです。想像してみてください、5m間隔で並べられた3台の三脚で、約10mの場所を占拠していることになるのです。果たしてこれは好ましいことなのでしょうか。でも、ルール上は竿3本以内を守れています。

 皆さんはこの状態に、OKを出しますか?

 竿数3本以内というルールはもちろん賛成なのですが、三脚の数も1台まで、というルールが必要なのではないかと思いました。逆に言えば、三脚が1台なら竿数は問わない?なんていうルールも、現実的ではありませんがありかと思います。

 三脚を増やせば増やすほど、ロッドケースを占拠する割合が増えるので、私的にはあまり多い三脚を持参するのは好きではありません。もっとも、これはあくまでも、私個人の意見ということで。

 今日は、三脚の台数のお話でした。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト 

« 3本or4本or8本?! | トップページ | とんでもhappenな釣り27~間隔「ゼロ」収束地帯 »

コメント

 ふぐたろう会長  ご無沙汰いたしております。
 この2か月仕事が忙しくていろいろご迷惑をおかけし、すいませんでした。今も仕事中ですが、ようやく多少、内職する余裕も出てきました。
 今週こそは、2か月半ぶりのお休みをいただけそうですので久しぶりにのんびり竿出ししようかと思っております。それでも最近は、三脚に4本がせいぜいかと・・・(笑
 新年度は気分一新。タノマジ精神で新しい目標に挑戦したいと思います。何かとお手を煩わしますが今後ともよろしくおねがいいたします。
忙しい中で、このブログチェックが、唯一の慰めでした。ありがとうございます。(笑

>ゆうたろうさん
お久しぶりです。
ここしばらくはそれどころではないかと、電話連絡も控えておりました。
どうやら生きておられるようで、安心しました(笑)
ゆうたろうさんが復活されれば、我が北斗サーフは勇気100倍です。
今後のご活躍を期待しています。

三脚の数のこと、昨日の書き込みにそれ含めてコメントしてしまいました。
三脚で思い出すのは、荷物は置いといてまずは三脚を置きに走る大会モード(または、渡船で渡る防波堤のポイント確保)の全日本サーフ会員の悪評と、播磨新島の赤灯台で、三脚の足同士が当たる位置に後から来た人に三脚を置かれたことですね。
心に余裕があるかないかで、すべて決まると思います。
私は今は余裕がない時もあり、まだまだ人間が出来てません(^^;

> Tsuchy@神戸自宅さん
今は、神戸のご自宅におられるのですね。出張お疲れ様でした。ゆっくりお休みください(^^)
三脚の足が当たるほどの距離に三脚を置かれると、私でもきっと心が狭くなるでしょう。ですが、釣り場によっては、「その釣り場の常識」というものがあることがあります。
 「いや、ここらの人は、皆これくらいの距離に三脚置いてるよ。」
といった場合です。昔私も経験したことがあります。
ふむ。明日のブログテーマはここらあたりですね(笑)
それと、自分で言うのもなんですが、渡船を降りて三脚を置きに走った経験があるだけに、なんとも言い様がないですね(^^; それと、夜中の場所取りの三脚置き。自分がするのは少々抵抗がありますね。何となく罪悪感と矛盾を感じながら、仕方なく置くことはあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/56374959

この記事へのトラックバック一覧です: 竿3本・・・すると三脚は?:

« 3本or4本or8本?! | トップページ | とんでもhappenな釣り27~間隔「ゼロ」収束地帯 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ