« 第2回協会大物名人戦参戦記(PV編) | トップページ | 初体験~鍼治療 »

第2回協会大物名人戦参戦記(本編)

 宇井の岸壁は、10年以上も前に一度竿を出したきりです。当時はまだ渡しの船が出ていた記憶があります。潮止まりに渡し乗り場付近でコンパクトロッドで竿を出されていた方がなんとクロダイとマゴチを釣り上げていて、私も張り切って粘ろうと思ったら、あいにく潮は下げに入っていて、渡しの船の航路ともろにかぶって、関係の方に釣りを止めてくれ、なんて注意された記憶があります。悔しくて、いつかはもう一度竿を出したい、そう思っていたのが、この宇井岸壁でした。

 で、その後は竿を出す機会がなく、そして、昨日の名人戦でようやく念願かなって竿だしとなったわけです。

 とりあえず3本の竿を出して、車の中で待機。エサはたまにフグに取られます。ユムシも取られるので、手返しはしっかりとしました。なかなか本命からのアタリがないので、新しい竿先ライトの色を色々と変えて遊んでいましたが、赤や緑はわかったから、次は青に変えよう、なんて思って車を出た瞬間に、まさにその竿のドラグがジャー!と鳴りました。キツネにつままれた気分で糸を送って合わせると、しっかりとした重みが乗り、久しぶりに大物のやり取りを味わって・・・・ありみつやんか氏にすくってもらったのは・・・・

Imgp3646

Imgp3647

Imgp3649

 69センチのスズキでした。境水道での釣りは、スズキのBランク(60センチ)以上を釣ることが目標でしたので、一応これで目標達成!! 大物号数1号UPです。ちなみに、アタリは満潮からの返しの流れ始めでありました。

 その後、二人とも粘りましたが、アタリはそれっきり。ありみつやんか氏が仕事疲れのせいで車でウトウトし始めたので、私もついつい車の中へ・・・・

 それでも、港から船が出て糸を引っ掛けられたら大変、と眠りは浅く、時折車を降りては、手返しをしました。

 午前5時頃から再開。すると、手返ししてまもなくドラグを鳴らすアタリ。このとき、竿先を見ながら車を降りてドアを閉めたもので、指をドアに詰めてしまいました。目から火花が飛び散るほどの痛みで、糸を送って合わせましたが、先ほどのスズキと同じような手応えを感じたものの合わせが甘く、痛恨のハリはずれ。悔しいやら痛いやらで、涙がボロボロ・・・・血豆になっちゃいました(^^;

 それでも、根気よく手返しをしていると、午前6時頃になって再びアタリ!

Imgp3650

 54センチのスズキ。今日の審査は異種2匹なので、Bランク以下のスズキは写真を撮ってリリースです。先ほどバラしたものより、明らかに軽かった・・・・

 さて、いよいよ夜明けの時合いです。季節柄、カレイの期待は大です。マコガレイ、もしかすると、大型のイシガレイが釣れるかもしれません。そう思うと自然に胸が高鳴ります。私は一斉にカレイ仕掛けに替えて、アオイソメの房掛け爆弾を連続で投擲! さあ、来い!! カレイっ!!

 しかし、カレイは釣れませんでした。納竿までカレイはなし。おまけに、スズキやカレイ以外のお魚は一切釣れず。さらに、午前9時頃には49センチのまたまたスズキも釣れて、私は心の中で叫びました。

 「ここには、スズキしかおらんのんかいっ!!」

 時間は刻一刻と過ぎ行き、納竿まであとわずか。岸寄りを攻めたり、岸壁の際を攻めたり、手を替え、品を替え手返しを続けました。このままでは異種の相方がありません。折角のスズキも、審査権利なしで終わる可能性があります。それだけは何とか防ぎたい・・・・

 私は、タックルボックスの中を探りました。一番小さなハリの仕掛けを探すためです。すると、ありました! カワハギ用の仕掛けが。ハリはスピニングBの11号で、私が当日持参した、一番小さなハリの仕掛けです。これでダメなら仕方ないか・・・・そう思って沖向きに遠投しました。

 しばらく我慢してアタリを待っていると、カワハギ仕掛けの竿先が、異様な動きをしています。不規則にお辞儀しているのです。おかしいな、と思って巻いてみました。すると・・・・

Imgp3658

 やったー、シロギスのダブルです。サイズは20センチほどと小さかったですが、うれしいのなんの。これで何とか審査権利を獲得。さあ、頑張るぞ!と思って手返しをして時計を見ると、なんとすでに11時半を回っています。ありみつやんか氏も私も、時間を忘れて釣りをしていたようです。それで、後ろ髪を引かれつつ、あわてて納竿をして、審査会場に向かったのでした。

 名人戦の結果は、9位。ただ、結果はともかく、頑張って目的を達成できたのが私はうれしく、今回の名人戦に参加できて、本当によかったと思った次第です。

 この名人戦では、やはり「名人」と名前がつく人の集まりらしく、大物が続々と審査会場に持ち込まれました。ここで結果をお知らせしたいところですが、それは大阪協会のHPで発表されますので、それまでしばらくお待ちください、ということで。

 それでは追伸です。

Imgp3654

 大阪銀鱗投友会の栗谷氏。 マコガレイ37センチ。

Imgp3657

 大阪釣友サーフの下浦氏。スズキ55センチ。

 これらが目立った宇井岸壁の釣果です。

Imgp3652

Imgp3653

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/

« 第2回協会大物名人戦参戦記(PV編) | トップページ | 初体験~鍼治療 »

プチ釣行記」カテゴリの記事

コメント

目標達成おめでとう御座います。
今夜からのタカノハ釣も頑張って結果だしてください。

>闇夜の釣り人さん
こんばんは。早くにコメントをいただいていましたが、仕事の関係で釣行できるかどうか不確定でしたので、とりあえず一旦非公開にさせていただきました。ご了承ください。
釣行はブログに書かせていただいたような有様です。まだまだ修行不足のようです。

闇夜の釣り人さんは、どちらかのクラブの方ですか?もしよろしければ、メールをいただければうれしいのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/56198182

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回協会大物名人戦参戦記(本編):

« 第2回協会大物名人戦参戦記(PV編) | トップページ | 初体験~鍼治療 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ