« 釣行記その1~アクシデントの連続 | トップページ | お魚の持ち帰り方法 »

釣行記その2~終わってみれば・・・

 Nさんに連絡するとすぐに磯づたいに歩いてきてくださり、食料を半分も!分けてくださいました。これで何とか朝までもつかも?

 Nさんが来てくださったのは午後9時頃だったでしょうか。この時点で2人とも未だ釣果なしです。とにかく、日が暮れるまではクサフグが沸いていてエサがもたず、日が暮れると今度はアナゴの猛襲で、どこに投げても、何のエサでもアナゴ、アナゴ、アナゴ。私はともかく、Nさんもです。Nさんがダメなら私がダメでも仕方がないかも? 午後7時くらいに2度アタリがありましたが、アタリがあっただけましかもしれません。最近の岡山近辺は、特に水島あたりでイシモチが不調との情報をこの釣行前に仕入れていました。不調とわかっていたし、消去法で選んだ釣り場ですから、ボウズでも仕方なし? 私もNさんもそう思ったと思います。

Imgp3484

 今回の私のポイントです。ポイント名はなんだっけかな? やかん? いやいや、そうじゃなかった、ケトル? いや、そうでもない(笑) まあ、知っている方は「はいはい、わかったよ。」とおっしゃると思いますが・・・・(^^)

 干潮が午後8時頃。期待の干底返しもアタリはありません。とにかく、午後10時頃までは本命からのアタリは全くなく、相変わらずアナゴのオンパレード。すべてリリースかと思いましたが、渡船のおやじさんがアナゴは持ち帰ってほしい、とおっしゃっていたので、釣れたアナゴをすべてキープ(^^; 20匹は下らなかったと思います。

 さて、満潮が午前1時頃。本命からのアタリがあるのは、その前後しか考えられません。それで、アナゴが来るのを嫌がらずに手返しをします。すると、午後11時頃になって急にアナゴが途絶えました。エサも返ってくるように。もしかするとチャンス? 沖に向かう潮にまかせて、ドラグをゆるめて流していくことにします。暗闇の中にも遠目に潮がよれているのがわかります。すると、ついに来ました! 小さいアタリだったのですが・・・・

Imgp3485

 やっと1匹目。「あいつ」ではなく、「こいつ」いや、コイチでした(^^; 40センチちょうどと小ぶりではありますが、初の獲物にテンションが上がります。

 そして、それから30分ほどたって・・・・

Imgp3486

 今度は、ドラグは鳴らしませんでしたが、竿先がググーッと入りました。

Imgp3487

 40センチオーバーのコイチ。

 さあ、時合いと思いきや、急激にサイズダウン。

Imgp3488

 小グチ・・・・

Imgp3489

 小コイチ。えっ? ココイチ?? カレーかい!!(笑)

 そんなわけで、満潮をあっけなく迎えて、再びアナゴおねえさんが頻繁に声をかけてくるようになりました。

 午前4時前だったでしょうか。Nさんがどうされているのかと見に行くと、マダイ40センチが1匹釣れただけ、とおっしゃいました。おお~、もしかして、7回を終わって2対1でリードやん(^^) 野球にたとえてばかりで申し訳ありませんが、本当にNさんと釣りに行くと、ナゴヤドームの阪神のように点が取れなかったり、大差で負けたりと、勝つことは初めからあきらめ半分。ですが、今の時点で2対1。これはもしかすると勝算がある??

 で、それを確認して自分の釣り座に戻って手返しです。

 すると・・・1本を巻くとやたらと重い(>_<) 手前に来るまで魚とはわかりませんでした。時すでに下げの5分を過ぎ、シモリがあたり一面に姿を現し始めたので、根ガカリしないようにゴリ巻きしたからでしょうか。力糸まで巻いて、ようやく魚とわかりました(^^;

Imgp3491

 釣れた瞬間のコイチ。腹部が黄金に光って、それはそれはきれいなお魚です。

Imgp3492 

 43センチ。また「こいつ」ですが、釣れるに越したことはないということで・・・ おお~、これで3対1のはず? もしかすると、ダメ押し点かっ?

 5時半を過ぎて明るくなりだし、シモリだらけの海を見ると戦意がうせてきました。それで、ボチボチ荷物運び。干潮時は渡船乗り場は離れたところになるのです。ちょうどNさんの付近でしょうか。それで荷物を運んでいくと、

 Nさん「つい今しがた、釣れ始めました。時合いですよっ!」

 釣れたお魚を、クーラーボックスに入れたところだったようです。で、釣れたのは、な、なんと!!マダイ42センチ、クロダイ45センチ、シログチ35センチ??

 ん? 8回裏に一挙3点?? 逆転やん(ToT)

 急いで釣り座に戻って9回表の攻撃をするも、残念ながらアタリなし。ストッパーの岩瀬に抑えられた気分(泣)

 そんなわけで、午前7時前の渡船に乗って、港に戻りました。

 結局コイチが3匹釣れたのみで、「あいつ」はついに釣れませんでした。  「あいつ」とはもちろん、スズキのことです。Nさんは、私の釣果とは全く色違いの(笑)マダイ、クロダイ、シログチ(^^; まあ、私には「あいつ」が釣れなければ何が釣れても同じという感覚でいましたので、コイチはコイチで十分でした。

 よく、コイチを食べることを嫌がる方がおられますが、負け惜しみではなく、マダイよりもクロダイよりも、特にムニエルなら絶対にコイチの方がおいしいと思っています。なので、おみやげができた私は、たとえ逆転負けを喫しても、満足な気分で帰宅できたのです。惜しくも敗れましたが、今回はなかなか善戦したのではないかな? と自己満足に浸りつつ(笑)

 それでは、2人の釣果をば・・・・

Imgp3502

 大物を持つ姿が、様になりますなあ。

Imgp3500

 クーラーボックスでのお魚の保管方法は、勉強になりますよ~

Imgp3506

 で、私の釣果。ん~~、まあよしとしましょう(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣へ  よろしければ、クリックお願いいたします。 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

 北斗サーフキャスティングクラブ公式サイトはこちら・・・・

 

« 釣行記その1~アクシデントの連続 | トップページ | お魚の持ち帰り方法 »

プチ釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/55942744

この記事へのトラックバック一覧です: 釣行記その2~終わってみれば・・・:

« 釣行記その1~アクシデントの連続 | トップページ | お魚の持ち帰り方法 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ