« 今シーズンの天王山(かも?) | トップページ | またまた陸送しました~再UP »

紀伊半島反復横飛び釣行記~その1

 20日から22日にかけて、紀伊半島一人(釣りの)旅に行ってきました。で、釣行記を書こうと思うのですが、こともあろうにデジカメを持参するのを忘れ、バッテリー消耗の激しいスマホで写真を撮らざるを得なくなって、そのため、デジカメ使用は連絡とランク釣果写真のみ限定になってしまいました。写真が少ないですが、それでも差し支えなければ、どうぞお読みくださいませ。

 今回の釣りでは、目標を3つ掲げて出発しました。

 作戦1  タカノハダイ制覇(Aポイント)

 作戦2  特別大物500号達成にむけて(Bポイント)

 作戦3  大物号数UPを目指して(Cポイント)

 そのために、目的地を3ヶ所に絞って釣行しました。ただ、目標を達成するためとはいえ、夜も昼もぶっ通しに釣るなんて出来るわけはないので、基本的に午前0時から早朝までは釣りをしない休憩タイムという計画にしました。エサはTポート南港店で購入したユムシ50個とマムシ5000円。これだけを持って私の「反復横飛びスクランブル釣行」は始まったのです。

 反復横飛びスクランブル釣行って?! それは読んでいただければわかるかと(笑) 別名「逆V字スクランブル」とも名づけています。いやいや、そんな「あほくさ~、勝手にせいや~!」なんて言わずに、まあ読んでくだされ(笑)

 1日目 Aポイント→Bポイント

 午前8時過ぎに出発。Tポート南港店にて上記のエサを購入して、湾岸、関空道、阪和道、R42号線経由で一路南へ。阪和道を南紀田辺ICまで乗ると南紀方面はとても早いです。途中のファミレスで昼食をゆっくりととり、午後2時過ぎには、Aポイントに到着しました。

 作戦1・・・Aポイント

 ここはタカノハダイでは結構有名らしいですが、最近はあまり話も聞かれず、半信半疑での竿出し。とりあえず2本の竿を用意して第1投! 

 いきなり竿をひったくるアタリが! お!タカノハかっ?!と思って巻き上げると、24センチほどのカワハギのダブル。1投目から幸先がよろしい。で、それ以後投げるたびにアタリがあり、2本竿では忙しいほどです。仕方なしに1本竿で続行したのですが、投げる、即アタリ、巻き上げる、で、手返しが大変。状況的には、カワハギ、フグ、フグ、カワハギ、フグ、フグ、といった感じなのですが、小1時間でカワハギばかり二桁釣果! 釣り初日ということですべて放流するのがもったいないほど。ただ、サイズ的には今イチで、最大で実寸25.5センチ(帰宅後魚拓をとって、拓寸26.0センチ)。

20120923_095150

そして、最後に竿を吹っ飛ばす勢いでアタリがあり、グイグイ締めこむので「もしや?!」と思いましたが、上げてみるとなんと25センチと27センチのグレのダブルでした(笑) グレなんて滅多に釣れないのに、これも放流。ちょっと食べたかったな~(笑) それにしても、タカノハダイが釣れません。どれもこれも「もしかしてタカノハダイ?!」なんて思う始末で思わず苦笑い。

 まあ、当たり前かもしれませんが、タカノハダイはアタリも引きも経験したことがないもので、わからないんですよね。

 そんなわけで、近々の再挑戦を誓い、2時間ほど遊んでBポイントに向かいました。

 作戦2 Bポイント

 午後6時前にBポイント着。ここは、先月の月例会で好釣果を得たところです。つまり王子ヶ浜(^^)。先月の好調を再度夢見て、特別大物号数UPを目指します。熊野川は泥濁り状態で海にも流れ込んでいますが、不思議とその濁りは王子ヶ浜には達していません。沿岸流の影響でしょうか。何とも不思議な光景です。濁りがあれば転進も考えていましたが、状況的には釣り可と見て竿を4本出しました。エサはユムシオンリー。25匹のユムシがなくなれば納竿の予定です。つまり持参したユムシの半分だけ使用。それはなぜかって? 後ほどわかります(^^) 時間的には午後11時頃まででしょうか。満潮は午後8時半頃なので、満潮をはさんで上げ下げ両方狙える計算です。

 投げてしばらくはアタリがありませんでしたが、20分ほどたってアタリが出だして・・・・

Dsc_0104

Dsc_0103

Dsc_0102

Dsc_0101

Dsc_0100

 クロダイ、キチヌばかりでニベ、ヘダイはなし。やはり濁りの影響があるのかもしれませんね。

 午後9時過ぎにはバックラッシュをさせるほどの高速ドラグ鳴らしがあってかなりの大物がかかりましたが、残念ながらハリはずれ。締め込みの感じからすると、もしかするとヘダイの大物でしょうか。これを機にアタリが途絶えたので、午後10時過ぎには納竿しました。実質3時間半の釣りでランク5匹は、私にとっては上出来です。

 さて、納竿した後はR42号線沿いにある「○き家」にて遅い目の夕食をとり、号数UPを目指すべく一路Cポイントへ移動です。明日は今回の釣行の山場と思っています。さて、どんな釣果が得られるでしょうか。

 1日目結果・・・・特別大物6号UP 485号(予定) 

                                     続く

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣へ  よろしければ、クリックお願いいたします。 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

 北斗サーフキャスティングクラブ公式サイトはこちら・・・・

« 今シーズンの天王山(かも?) | トップページ | またまた陸送しました~再UP »

プチ釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/55724066

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島反復横飛び釣行記~その1:

« 今シーズンの天王山(かも?) | トップページ | またまた陸送しました~再UP »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ