« ホッケがいなくなる?? | トップページ | タックルの価格感覚と投げ釣り人口の関係? »

「瓜二つ」なリール

   来週の日曜日は我が校の運動会の日。明日から1週間ハードな運動会練習が待ち構えているので、今日は完全休養日です(^^)v

 昨日、ついにあの「瓜二つリール」をヤフオクにて購入しました。

Imgp3359_3

 S社の、パワーエアロアルブリードCI4という、何とも長ったらしい名前のリールです。以前から気になっていたリールではありました。キャスティズムなどのショートロッドと組み合わせるとバランスが良いのでは?と思っていたのです。それで、どのリールと瓜二つなのかと言うと・・・・・

Imgp3345_3

 おそらく、製造過程がほとんど同じだと思うのですが、パワーエアロスピンジョイXTとほとんど同じ形です。スピンジョイXTと同じ形ならば、TⅡとも組み合わせられないことはないと思ったので(TⅡとスピンジョイXTを何度か組み合わせて使ってみました。)購入に踏み切ったわけです。で、その二つのリールの違いは何か?ということを、今日は書いてみようと思います。

 まず、数字的には、ギア比は4.3、巻き上げ速度はハンドル1回転で84cm、その他、スプール径とストローク(30mm)まで同じ数値ですが、大きな違いが二つあって、まずはボールベアリングの数。スピンジョイXTが5個なのに対して、アルブリードは6個。はっきり言って、ベアリング1個でこんなに変わるのか、と思うほどハンドルは軽く回せます。そして、もうひとつは、ボディ材質の違いから、自重がスピンジョイXTが570gなのに対して、アルブリードは何と480gと、90gの差があります。メーカーの説明によると、アルブリードはCI4製のボディとローターであるのに対して、スピンジョイXTは「強化樹脂」となっているだけです。CI4とは、S社新開発のカーボン樹脂のこと。かつての「チタノス」の後継ということでしょうか。フリーゲンにもローター部分に使用されていますが、強度的にはどうなんでしょうね。ですが、持った感触は確かに軽く、スピンジョイXTがズシッと手のひらに重みが来るのに、アルブリードは比較の問題でしょうが、ほとんど重みを感じないくらい軽いのです。それでは、瓜二つ君を写真でご紹介しましょう。

Imgp3346_3

 スプールノブ。おそらく色が異なるだけでしょう。

Imgp3349_4

 リールの後部。アルブリードは「CI4」というエンブレムがつきます。スピンジョイXTはボディ左右の接合部にヒラヒラのようなものがついていて、そのせいで立てるとウルトラセブンを想像してしまうのは私だけでしょうか(笑)

Imgp3350_2

 メインシャフトも当たり前でしょうが、同じ太さです。

Imgp3352_2

 スプールもデザインが異なるだけでほとんど同じですが・・・・

Imgp3353_2

 スピンジョイXTのスプールには糸止めがついているのに、CI4にはついていないです。S社は少し価格が高いリールには糸止めを付けない方針なのでしょうか。糸止めの方が断然使いやすいのに、このあたりは理解に苦しむところです。各社のフィールドテスターが信用できないのは、このあたりに原因があること、早くメーカーも気づいてほしいです。

 さて、折角ですので、パワーエアロフリーゲンTDとも大胆に比較してみましょう。

Imgp3354_2

 ボディ部分はそれほど大きさの違いはわからないですが、一番の違いはスプールやローター部分にあると思います。それと、ハンドルはフリーゲンが90mmに対して、アルブリードは80mmです。

Imgp3355_2

 こんなに、スプールとスプールノブの大きさに違いがあります。ちなみに、フリーゲンは35mmストロークです。ただ、パワーエアロフリーゲンたる所以はここにある?

Imgp3356_2

 メインシャフトの太さが全然違います。いかにフリーゲンは大物に対応しやすいかを物語っていると思います。

 数字的に比較すると、フリーゲンはギア比3.4、ハンドル1回転で81cmの巻き取りですから、巻き取りはアルブリードの方が早いことになりますね。もっとも、巻き上げのトルクやパワーは全く異なると思いますが、速度的にはフリーゲンと遜色がないと言えるでしょう。

 ただ、スプール径が小さい30mmストロークの致命的な欠点は、遠投力がないということでしょうか。まあ、私程度の技術ならそう差は出ないと思いますが、そのあたりがストレスにならなければいいな、と思っています。

 あとひとつ、ドラグのすべりがやや硬めに設定してあるということ。フリーゲンやスピンジョイXTよりも硬いので、ドラグフリーメインでは使用しない方が良いかもしれません。

 今回このリールを購入したのは、以前にも書かせていただきましたが、フリーゲンの必要がないと思われる釣り場で使おうと思ったからです。なので、それより以前に購入した「廉価タックル」とは少しニュアンスが異なります。今回の購入は1台ですが、ボチボチ買い足して、4台体制になればいいなと思っています。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣へ  よろしければ、クリックお願いいたします。 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

 北斗サーフキャスティングクラブ公式サイトはこちら・・・・

« ホッケがいなくなる?? | トップページ | タックルの価格感覚と投げ釣り人口の関係? »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

私もスーパーエアロのアルブリートとスピンジョイXTをおもに子供に使わせています。スピンジョイはアームローラーにBGがないので部品を注文してアルブリートと同じ使用にしました。当たり外れがあると思うのですがスピンジョイのほうが私のは回転は良いです(キススペやフリーゲンには及びませんが)ギヤ比が高いのとアルブリートはハンドルが70mmなのでキス釣りでも良型が2~3匹かかると巻き上げが重そうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/55614299

この記事へのトラックバック一覧です: 「瓜二つ」なリール:

« ホッケがいなくなる?? | トップページ | タックルの価格感覚と投げ釣り人口の関係? »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ