« ささやかながら速報 | トップページ | ようやく釣行記(^^) »

コンクール当日の記録~私自身のために

 演奏前に私は指揮台の上に立ち、まず生徒達に向かって笑顔を見せ、リラックスさせます。そしておもむろに胸に手をやって人差し指を立てました。

 「心をひとつに。」

 前の日に私が生徒に覚えさせた、私の演奏前のパフォーマンスです。

 そして、おもむろに私は指揮を振り始め、演奏は始まりました。一生懸命練習して、音楽室や体育館で鳴り響いた楽曲が、今日は大きなホールの舞台の上で鳴り響いています。その時間が長かったような、短かったような。

 演奏が終わった後は記念写真撮影があります。全体の集合写真とパートごとの写真、3年生だけの写真と、記念撮影は進んでいきます。生徒達は演奏が終わってほっとしているのかテンションがとても高く、みんなでキャーキャー言いながら写真撮影をされていました。私はこのときすでに、気持ちのひっかかりがありました。演奏中にいくつかのミスがあったからです。直接演奏には関係ないミスだったので、審査には影響しないとは思いましたが、気が気ではありません。

 その後、楽器を運送店のトラックに積み込み、一足先にバイクで学校に向かいました。学校でトラックから楽器を降ろすためです。生徒達はホールで他の学校の演奏を聴きながら審査発表までの時間を過ごしています。その時間を利用して、楽器を学校へ運ぶ作戦なのです。

 学校に着くと、少し遅れてトラックも到着。職員室にいた先生に手伝ってもらって、楽器を1階のトラックから近い部屋に運びました。その間、なぜか気持ちのもやもやがずっと続いています。楽器を降ろした後、コンビニで買った弁当を職員室で食べ、休憩する間もなくバイクで帰りの引率の下車駅まで向かい、そこから電車でホールまで戻りました。バイクを下車駅で停めたのは、引率後すぐに帰宅して、釣行準備をしなければならないからです。ただ、電車に乗ったのが遅く、ホール到着が審査発表の時間ぎりぎりになりそうです。どんな発表でも受け止めるつもりではいましたが、その瞬間だけは立ち会っておかなければなりません。

 電車に乗っている間、ずっと演奏のことを考えていました。

 「あの部分の指揮を、もっとこうすれば、ああすれば・・・・」

 考えれば考えるほど、不思議なくらいにネガティブになって、後悔の文字が浮かび上がります。舞い上がっていたのは自分自身ではないのか、そんなことさえ考えました。おそらく金賞は無理だろうな、そうも思い始めていました。

 ホールに到着すると、すでに審査発表が始まっていました。ぎりぎり私の学校の発表には間に合ったみたいです。私は座席に座る時間もなく、観客席の一番入口寄りの通路で審査発表を聞くことにしました。生徒達は観客席に座っているようです。

 「○番  ○○市立○○中学校 銀賞。」

 「△番  ○○○市立○○中学校 銅賞。」

 こんな感じで発表されていきます。

 実は、私の学校の直前に演奏した学校が、待機する舞台袖で聴いていてとても上手で、間違いなく金賞を取ると思っていました。ところが、あろうことかその学校は銀賞。瞬間私は、自分の学校の金賞をあきらめました。

 そして、私の学校の番。

 「○番 ○○○市立○○中学校 金賞 ゴールド!」

 え?!

 一瞬耳を疑いました。

 金賞?!

 前の学校が銀なのに、なぜ私の学校が?!

 気がつくと、観客席に座っている私の学校の生徒から、大歓声が上がっていました。その声を聞いて、ようやく金賞の実感が湧いてきました。

 今年のコンクール練習では、私なりに考えた独自の練習方法を2~3取り入れました。その練習方法が効を奏したのか、よく考えると本番の演奏は他のミスはあったもののほぼ理想通りのものでした。「金賞」がわかってからよく思い出してみると、演奏自体にはミスはほぼなく、何を自信なく過ごしてたんやろ?なんて、苦笑いが浮かんだほどです。ですが、ここ何年も金賞から遠ざかっていて、自分自身の指導方法が果たして良かったのか、なんてずっと思っていたものですから、ついつい自信なげな考え方になってしまうんですね。

 ホールを出ると、舞台で賞状とトロフィーを授与されたキャプテンが待っていました。顔にはややこわばった笑顔が浮かんでいます。

 「おめでとう。」

 と言って握手をすると、途端にキャプテンは泣き崩れてしまいました。よほど緊張していたのと、よほど嬉しかったんでしょう。続いてホールから出てきた生徒達も、皆泣き顔でクチャクチャになっていました。

 先日私は、「生徒の喜ぶ顔が見てみたい。」なんて書きましたが、こんな感じに喜びを表現するとは思ってもなく、私までなんだか泣けてきたのを覚えています。

 解散の駅の前にある広場で生徒を集合させ、私は生徒達に言いました。今回の結果はうれしいものになったけれど、この結果を次の学年が受け継いでいかないといけない。この先もさらに練習や!と。

 最近は自分自身クラブ運営に疲れていて、もうそろそろクラブ顧問も引退なのかな、なんて思い始めていましたが、これでまた来年も頑張らなければならなくなりました。1年ぽっきりで良い結果を途絶えさせるわけにはいきません。この時期、釣りとクラブの両立は難しいですが、来年の今頃もきっと、釣り禁止でクラブ指導を頑張っていることでしょう。

 「熱中できることがあるんはええことですよ。」

 若い先生は私にそう言ってくれました。確かにその通りかもしれませんね。吹奏楽がなければ、夏休みの前半はきっと、無味乾燥なものになっていることでしょう。吹奏楽のおかげで、私は頑張れているのかもしれない・・・・

 仕方がない。来年もまた指揮台の上で、指揮振りますわ(笑)

PS 2つのクラブを運営するのは大変・・・・(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣へ  よろしければ、クリックお願いいたします。 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

« ささやかながら速報 | トップページ | ようやく釣行記(^^) »

保存版」カテゴリの記事

コメント

ふぐたろうさん、まいど~。そして金賞おめでとうございます!
私も高校生の時に学生指揮でコンクールに挑戦し、
1年目に最下位に近い銀賞、2年目に金賞となって同じような感覚を味わい、泣けました(笑)。
本当の喜びは楽には得られないんだなと感じたことを覚えています。
私自身、コンクールにはいろいろと反論を持っている者ですが、
金賞を受賞したということは、何かしらキラリと光るものがある演奏だったと解釈します。
生徒の皆さんの演奏はきっと全員の情熱が凝縮された、感動的な演奏だったんでしょうね。
オリンピックの報道のように何でも美化するのは感心しないので、そういうつもりではないのですが、
音楽が光るということは、結構、正直なもので、心のベクトルが揃ってないと実現されないものですよね。
教師冥利に尽きますね(笑)。お疲れさまでした。

inachangさん
まいど~です。
吹奏楽ネタでは、いずれinachangさんにコメントをいただけると期待していました(^^)
私も実は、音楽で競争なんておかしいと思っていますが、実際に指導している立場では
これは言いにくいです。かくなる上はコンクールを「利用」して、音楽の技術よりも
チームとしてのまとまりを作っていこうと考えを改めました。その結果が金賞に
繋がったのだから、結果良しとしておきます。
心のベクトルは、かなり同じ方向に向けさせることができたと、一応自負しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/55349476

この記事へのトラックバック一覧です: コンクール当日の記録~私自身のために:

« ささやかながら速報 | トップページ | ようやく釣行記(^^) »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ