« この夏最後の戦闘モード | トップページ | ニベとコイチ »

そのカケアガリ!!

 今日はゆうたろうさんとともに、KTサーフのIさんに水先案内をしていただき、塩飽諸島は手島へ行ってきました。潮回りが小潮とあまり良くなかったのですが、そこは塩飽の隅々まで知り尽くしたKTサーフのIさんです。クラブの方とわざわざ相談してくださって、ポイントを選択してくださいました。

 昨日の午後5時に釣り場に入り、今日の午前6時までの約13時間の長丁場でした。釣り場は通称送電線横の磯、という結構有名な磯だそうですが、果たしてどうでしょうか。3人で足場の良いポイントに一人ずつ入りました。前回の広島釣行の際は、赤い魚は出ずに黒とスーだけだったので、今回はぜひとも赤いヤツを釣りたいものです。

 釣り場に渡ったときは、満潮から下げに入る頃。ここから干底までがとりあえず最初の集中点と言えるでしょうか。ところが、釣り始めからエサ取り全開です。どのエサをつけても10分ともちません。これでは朝までエサがもつかどうか心配なので、加減しながらボツボツすることにしました。と、暗くなる前にIさんから入電。早くも黒をゲットされたとのこと。エサ取り全開の中、見事です。私はこういうシチュエーションではあまり良い経験をしていないので、とりあえずマイペースでボツボツ打ち返し。ポイントはそう潮が動くわけではなく、底は近く以外はそう根があるわけでもなく、どちらかと言えばノッペリした底のようです。ただ、カケアガリを発見するのが不得意な私でも、どうしても気になるカケアガリらしきものが70m付近に存在しています。マダイが回ってきたら、必ずそこを通過する、そう信じて、その「カケアガリ」付近に仕掛けを留めて根気良く待ちました。

 午後10時半。干底。ここまで特に変化なし(^^; 暗くなると同時にエサ取りも消えて釣りやすくはなったのですが、如何せんアタリが出ません。その間にも、Iさん、ゆうたろうさんは赤や黒を順調に追加されている模様です。飛距離、ポイントが間違っている? 疑いの気持ちはありましたが、とりあえず仕掛けを置く目ぼしい場所は「そのカケアガリ」しかないので、今日はその場所で討ち死に覚悟で打ち返すことに決めました。

 午後11時半。ドラグがチリチリと鳴り始めて、潮が動き始めたことを知らせてくれています。いわゆる、干底の返しです。アタリが出るとしたら今から満潮の午前3時半までの間しかない!と信じて、どんどん打ち返します。ここまで1度もアタリはなし。   

 もしかすると、ボウズかも・・・・(>_<)

 ま、いいか。星空はきれいで雨の心配はなさそうだし、そよ風がそよそよと吹いて、心地よい釣りなのです。蚊も思ったよりひどくなく、快適そのもの。これでボウズで文句を言ったら罰が当たるでしょう。眠くはないので、おにぎりを食べたり、ジュースを飲んだりで、時間を過ごします。

 午前2時を少し回った頃でしょうか。

 潮の流れでチリチリと鳴っていたドラグが、突然けたたましく鳴り響きました。明らかにアタリです。今回初めてのアタリです。糸を十分に送り込んで、竿先で魚の感触を確認して大あわせ! 乗りました!! 念のため巻き上げ途中に2度あわせをしてさらに巻き取りました。頭を振る感触がわからなかったので、赤か黒かは自信がありません。どうか赤であってくれぃ!

 やった~! 赤です!!

 サイズはしれていますが、念のため玉網ですくって・・・・

Imgp3326

 40センチを少し切るサイズ。

 不思議なものです。ボウズを覚悟したときに、たとえ40センチであっても本命が釣れると、全身に満足感がただよって、もういいや! ってなってしまうんです。苦労して、「そのカケアガリ」で粘って釣り上げただけあって、うれしくて仕方ありませんでした。ちなみに、ヒットエサはタイムシでした。

 とはいえ、もしかすると満潮前の時合いなのかもしれません。満足感をしまい込んでさらに打ち返します。

 午前3時前、予想通りアタリです。先ほどのマダイよりも鈍いドラグの鳴り方だったので、また潮の流れか?と思いましたが、合わせると魚の感触があります。マダイだったら30センチ程度といった引きです。エサはタイムシなので、私はマダイを確信して巻き上げました。が、上がってきたのは・・・・

Imgp3327

 意外にも、40センチのコイチ君でした。タイムシにコイチも食いつくんや~、とカルチャーショックを受けながらもちょっとがっかりでしたが、先日の王子ヶ浜で釣り上げたニベとは少し趣きが異なる魚体だったので、しばし見とれてしまいました。きれいな魚体です。

 さて、満潮の午前3時半を過ぎるとアタリがなくなった、というか再びエサ取りが暗躍し始め、とても太刀打ちできなくなってきたので、午前5時過ぎに明るくなったのを機に納竿しました。たったの2匹の釣果でしたが、狙ったポイントで釣り上げた2匹なので、それなりに満足感は漂っていました。ちなみに、Iさんは赤3匹に黒2匹、ゆうたろうさんは、号数UPのための赤狙いでしたが、残念ながら黒5匹。お二人ともさすがです。ランク物を見事に5匹ずつ。それにひきかえ、私は2匹。

 仕方ないですね。アタリそのものが2回しかなかったのですから、どうしようもありません。ただ、先ほども言いましたが、満足感はそれなりに感じることができて、とりあえずほっとしました。

 KTサーフのIさん、このたびはお世話になりました。次回も近いうちに、塩飽の素晴らしい海で竿を出させていただきたいと思っています。

Imgp3330

Imgp3331

Imgp3335

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣へ  よろしければ、クリックお願いいたします。 

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

 北斗サーフキャスティングクラブ公式サイトはこちら・・・・

« この夏最後の戦闘モード | トップページ | ニベとコイチ »

プチ釣行記」カテゴリの記事

コメント

ふぐたろう 様
当日は大変お疲れ様でした。
ご一緒させていただけたこと、とても嬉しかったですし、楽しかったです。
また、いつの日か、ご一緒できる日を楽しみにしています。

>ぶんちゃんさん
こんにちは。
先日は、手島の水先案内、どうもありがとうございました。ご一緒させていただいて良いポイントに入れたことよりも、こんな形で交流させていただけたことが、本当に大きな収穫と思っています。また仲間を募って釣行いたしますので、そのときはまた一緒に竿を並べさせてください。KTサーフの他のメンバーの方々にもよろしくお伝えください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/55505455

この記事へのトラックバック一覧です: そのカケアガリ!!:

« この夏最後の戦闘モード | トップページ | ニベとコイチ »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ