« 小バリ化傾向 | トップページ | 今週末は合同月例会 »

力糸の選択

 私がテーパーラインを使用しなくなってから、もうかなりの年月が経ちました。きっかけは、5本巻きや10本巻きで市販されているものが、どうにも割高に感じたからです。で、今使用しているのは8号の1000mボビン巻きのナイロンラインというわけです。

 テーパーラインの一番オモリ側は、大抵12号や14号などの太い号柄になっているので、当初8号の力糸では非力なのではないだろうか、という心配がありました。ですが、実際に使用してみて、私はそんなに強振できる方ではありませんので、振り切って「バチン!!」と高切れさせたことはほとんどなく、今では普通に力糸として8号のナイロンラインを使用しています。

 上五島に行く数日前、私は力糸に使用するボビン巻きのラインが底を尽きかけていることに気づきました。それでいつものように、近くの釣具店へ買い足しに行ったのですが・・・・

 ありません。私がほしい銘柄は、8号だけ売り切れのようです。

 まあ、どこかに売ってるやろ、と思った私はF8やBBなどを巡ったのですが、どこを探しても、いつも使っている銘柄がない!でも、8号ならどれでも同じ?と思い、クイ○○○ーの8号500m巻きを購入して帰りました。

 で、上五島で実際に使用・・・・・ところが、強振して何度が高切れをさせる始末。今までこのケースで高切れをさせたことがほとんどないにもかかわらずです。そういえば・・・・・?と思ってもう一度クイ○○○ーのラインを手に取ってみると、いつも使っている銘柄より細い気がするし(実際は太さで号柄が決まるので、そんなことはないのですが。)柔らかくて頼りない感じがします。そういえば、以前これも有名なボビン巻き「海○丸」を使っても、同じような現象があったっけ?

 結論は、しなやかなラインは、力糸には向かない?

 で、私が使用している1000mボビン巻きは何という銘柄なのかというと・・・・

Imgp3039

 別のボビンに巻きかえる際に穴を開けたので、ちょっと見苦しいですが(^^;

 これは、OGK(大阪漁具)というメーカーから発売されている、「POINTY」というラインです。持った感じがとてもしっかりしていて、シャンとしている、そんなイメージのラインなんです。で、このラインを力糸に使用してから、高切れはほとんどありません(いや、記憶にないので、ほぼ0回かも?)

 昔からこのラインを使っていたので、8号なら何でも良い?なんて思っていましたが、初めに当たったラインが一番良かっただけのことだったみたいです。1000m巻きで販売価格が1000~1500円ほどするので割高感はありますが、それでもテーパーラインに比べれば安いもの。1回15mほど使うとして1000mだと67回使える計算なので、ボビンが1500円としても1回22円ほど。また、硬めなのを活用すると、緊急時のハリスやモトスにも使えて、結構使いでがあります。

 道糸が3号以下だとちょっと結束が苦しいですが、4号より太い糸なら問題なく結べますし、振り切りも安心してできます。

 今日は、私が使用している力糸用のボビン巻きをご紹介しました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣へ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/

« 小バリ化傾向 | トップページ | 今週末は合同月例会 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/55044394

この記事へのトラックバック一覧です: 力糸の選択:

« 小バリ化傾向 | トップページ | 今週末は合同月例会 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ