« 絶好期・絶好機の遠征 | トップページ | 弱い!! »

イトヨリダイ三昧

 イトヨリダイ

 関西近辺では滅多に釣れませんが、愛媛や高知方面に行くと釣れるようです。私も昨年まではイトヨリには全く縁がなかったのですが、1月に嘉島にてソコイトヨリ30センチを釣ったのをきっかけに、5月のゴールデンウィークにも上五島にてイトヨリダイ36センチ、そして、このたびの釣行でも、思いがけずにイトヨリダイが釣れました。何か、イトヨリダイ付いている感じです(笑)

Imgp2986

 黄色い縦縞模様も美しい、イトヨリダイ36センチ(拓寸37.2センチ)。シロギスを狙っていて、いきなり竿先をひったくっていったので、絶対に「巨」だと思ったのですが(笑)、残念ながら?ラッキーにも?それはイトヨリダイでした。

 前回釣ったときは、ほとんどを刺身やカルパッチョにして食べてしまったので、おいしかったとは言え、ちょっと後ろ髪引かれるものがありました。市場魚介類図鑑によれば、イトヨリダイは身に独特の甘みがあり、火を通す料理にすると絶品、とあります。そんな料理にもすればよかったかな?と思っていたわけです。そこにきて、今回のイトヨリダイ。前回のものよりも大型(そう、自己記録です。)だったので、半身を刺身系にしても、あとの半身やアラは火を通す料理に使えるかも? 

 そう言えば、小学生くらいの頃は、よく母がイトヨリダイを買ってきて、煮付けにして食べさせてくれました。おいしかった記憶がありますが、それだけに今回は、煮付けは避けてみようと思いました。そして、色々と調べていくうちに、「煮る」「焼く」以外に「蒸す」という言葉がやたらと目につくことがわかったのです。

 蒸したイトヨリは、皮目と身の間に独特の風味がある。

 この言葉に釘付けになってしまったのです。それで、身を「蒸し物」に、アラを潮汁にしてみることにしました。

Imgp3026

 我が家には専用の蒸し器はありません。というか、蒸し物にはあまり縁がないのです。ただ、鍋に入れる蒸し用の台はありますので、水を入れた鍋に蒸し台を入れ、しっかり蒸せるようにアルミニウム箔を敷いて、出汁昆布と一緒に蒸し上げました。

 で、これが蒸しあがりです。

Imgp3027

 酒も少々入れて蒸しましたので、それはそれは風味の良い蒸し物が完成しました。カルパッチョと潮汁は製作過程を省きますが、本日の夕食は、見事にイトヨリダイ三昧となったわけです。

Imgp3028

 左、カルパッチョ、中、蒸し物、手前、潮汁です。特に蒸し物は・・・・

Imgp3029

 身がホクホクで、そのまま食べても甘いのなんの。その上に、ポン酢をつけて食べると、これがまた極上の酒の肴となりました。

 もちろん・・・・

Imgp3030

 潮汁も、最高の味でした。イトヨリのアラは捨てるとバチが当たるそうです。よく言ったものだと、これをズズズ~ッとすすって納得しました。

 滅多に釣れるお魚ではありませんが、逆に言えば、お魚屋さんで売っているものでも出来るし、他の魚種でも白身魚ならおいしいのでは?と思いました。イトヨリダイたった1匹で夕食1食分を賄ってくれて、たまにしか釣れないイトヨリダイに大満足の夜でした。ゆうたろうさん風に言えば・・・・

 改めて、上五島のイトヨリダイに感謝!!     (笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 北斗サーフでは、常時、新規会員を募集しています。私たちと一緒に投げ釣りを楽しみませんか? 連絡をお待ちしています。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/

« 絶好期・絶好機の遠征 | トップページ | 弱い!! »

食部門」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になります。
遠征、お疲れ様でした。そして、うらやましい限りの釣果。おめでとうございます。
それにしても、イトヨリダイの蒸し物、写真を見ているだけで、ふんわりとした食感と甘みが伝わってきそうで、よだれが・・・(笑
お魚屋さんでしかまだ見たことがありませんが、是非、一度釣ってみたいです。
それにしても刺激がきつすぎです。
釣行記楽しみにしておりますが・・・今年は、ゆうたろうも10数年ぶりに遠征しようかと・・・またいろいろと教えてください!
お願いいたします。m(_ _)m

>ゆうたろうさん
おお~、私の「ゆうたろうさんコメント誘導仕掛け」に見事に食いついてくださいましたね(笑)
遠征は滅多に行けませんが、行けば釣果以外にも何か得るものがあるのがいいですね。行かれる際はまた声をかけてくださいまし(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/54945095

この記事へのトラックバック一覧です: イトヨリダイ三昧:

« 絶好期・絶好機の遠征 | トップページ | 弱い!! »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ