« 鳥羽と言えば・・・・ | トップページ | 怠っていたこと »

秘密作戦・・・というほどのものではなかった(^^;

 先日の熊野釣行の際に実行した、いわゆる2つの「秘密作戦」。なんて書いたが、とりたてて秘密というほどの「秘策」ではないので、ま、参考程度に。

 まずその1

Imgp2219

 大型アミカゴテンビン(25号)と・・・・

Photo

 の組み合わせ。まあ、アミカゴが変わっただけで、以前に釣行記で書いた内容とほとんど同じなのだが、このアミカゴ、意外に遠投ができるのでおもしろい。大型のアミカゴを使用したせいで、○Qのサビキ君は竿3本で約2袋使用。

 その2

Imgp2220

 枝バリのシモリウキ。

 これは、意外に実践している方は多く、そういう意味では取り立てて目新しいものではないが、このシモリウキの本当の効能は、言える方は少ないのではないだろうか。

 もちろん、目立って魚を寄せる、という目的はあるが、もうひとつ大切な働きは、ハリ先が海底を掻くのを防ぐこと。今回使用したハリは、スピニングB11号であったが、このハリはハリ先が繊細なので、出来るだけ先がなまるのを防ぐ目的でシモリウキをつけた。

 だが、寄せる効果は確かにあると思う。海底に沈んだCランクカワハギ、沈んだことに気づいたときに釣り上げたカワハギはいずれも枝バリに食っていた。もちろん、最後に釣れたダブルも、枝バリに食いついたことは間違いないわけで(^^; マキ餌が海底に溶け出したときに、エサが海底「近く」をフワフワと漂っているとしたら・・・・うん、きっと私も食いつきたくなるな(笑)

 これからも吹流し2本バリ仕掛けでは、枝バリにはシモリウキをつけることにしよう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 ただ今、下記ホームページにて、「北斗サーフ第3回オープン大会のお知らせ」を貼り付けています。どうぞご覧ください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/

« 鳥羽と言えば・・・・ | トップページ | 怠っていたこと »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!秘密作戦(撒き餌カゴ)は以前から気になってました(^_^)ゞ極寒期の明石、淡路島界隈が低活性になった時になんとかお土産を持ち帰るために色々やりましたがまったく駄目で、、、(泣)やはり最後の手段(撒き餌!!)やってみよ~と最近考え中でした(笑)
天秤の下にカゴを付けるパターン一度、試してみますm(_ _)m

>電気屋さん
こんばんは。日々研究をされているようで(^^;
私は、アミカゴテンビンは、潮の速い場所では効果が薄いのではないかと思います。
投げ釣りは、カゴ釣りやサビキ釣りのように「動」の釣りではありませんので、
マキエが出来るだけ長くとどまるようなシチュエーションが必要と思っています。
あくまでも私見ということで!!

こんばんは!たびたびすいません!!僕も潮の速いところでは当然無理やと思います(^_^)ゞ
ただ、先週、淡路島の某港内で34のマコ釣れたんですが、まったく活性の無い海でも探り続けると釣れるんやったら撒き餌で少しは活性上がって釣れる確率も上がるかなって思いまして(^_^)ゞ

>電気屋さん
港内狙いなら面白いかもしれませんね。
しかも、春限定・・・ですね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/53984192

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密作戦・・・というほどのものではなかった(^^;:

« 鳥羽と言えば・・・・ | トップページ | 怠っていたこと »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ