« 節分 | トップページ | Wムコナール1勝1敗の巻 »

KW vs ローライダー

 私は今まで特に「投げる」ことに拘って釣りをしてきたわけではない。飛距離がそこそこでも魚が釣れればそれでいいじゃないか、という考え方。ましてや、キスに引き釣りにもそうのめりこんではいないので、「○色付近でアタリがあった。」なんていう言葉ともほぼ無縁。6色ってどのへんや? 行ったことないなあ(笑) そんな私が語るのだから、あまりあてにせず読んでいただきたいのだが・・・・

Imgp2168

 これは、私が愛用している、D社キャスティズムのバットガイド。ローライダーの20サイズ。私のキャスティズムは25号385だが、キャスティズムは同じ長さならすべての号数で、同じサイズのローライダーガイドを使用している。ローライダーと言えば、ここ10年ばかり?の並継ぎロッドの主流を占めるガイドだ。

 それに対して・・・・

Imgp2163

 先日購入した、D社アマキャスター、ではなく(^^)プロキャスターのバットガイド。近年F工業さんが開発された、通称「KWガイド」の25サイズ。K?W?何の略やろか~(笑) KYなら「空気が読めない」になるのに・・・・さしずめ、「空気がわからん」?(笑)

 とりあえず、そんな専門的なことはわからないので、2つの特徴的なバットガイドを並べて撮影してみた。

Imgp2169

 どちらも、左側がトップ方向。KWガイドは少しトップ寄りに傾斜している。

Imgp2170

 重ねるとよくわかるが、足の高さは、KWガイドの方が低いようだ。口径は25サイズのKWガイドの方がもちろん大きい。

 以前のD社トーナメントキャスターはローライダーガイドであったが、メーカーの推奨では、#2にガイドが二つ。ローライダーの長所を生かして、バットガイドはリールシートから結構近い位置にあった。それに対して、プロキャスターは、#2にガイドがひとつ。

Imgp2173

 なので、リールシートからバットガイドまでが、少し遠く感じられる。

 なんて、ゴチャゴチャ書いても、結局メリットデメリットはわからないわけで・・・ローライダーはPEを意識しているが、KWはナイロンにも対応? KWガイドはバットガイドの絡みが多発? うわさなのか、本当なのかよくわからないが、とりあえず私自身が使ってみて、後ほどまた感想などを書いてみたいと思う。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 ただ今、下記ホームページにて、「北斗サーフ第3回オープン大会のお知らせ」を貼り付けています。どうぞご覧ください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://hokutosurf087.la.coocan.jp/

« 節分 | トップページ | Wムコナール1勝1敗の巻 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

ふぐたろうさん、まいど~。お久しぶりです。
今回も興味深い記事をありがとうございます。
KWガイドの私の印象は、PEが主流のラインになって以降の
ガイド試作品第2弾という位置付けが正しいのではないかと思っています。
多分まだまだ改善されていくのではないかと。
ローライダーではライン特性からくるカラミ抑制を重視し、
竿の曲がりをやや邪魔する傾向があるような?
KWは曲がりへの追従は良いけれども、カラミ抑制力がちょっと落ちたような?
背反のバランス取りなんではないかと感じています。
どちらを重視されるかはキャスターの質にもよると思うんですけどね。
今の私にはローライダーの方が有り難いですね。投擲が毎回違う下手さ加減のためだと思います(笑)。

>inachangさん
こんにちは。まいどどうもです(^^)

とは言え、私レベルの技術ではどちらのガイドを使っても結果はあまり変わらないような気がします。
ただ、ローライダーよりもKWの方がロッドの曲がりに追随・・・・となると、ちょっとありがたいかもですね。
あとは、ガイドの糸がらみ・・・・とりあえず自分で体験してみなければ、と思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/53895701

この記事へのトラックバック一覧です: KW vs ローライダー:

« 節分 | トップページ | Wムコナール1勝1敗の巻 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ