« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

フリーゲンTDプチカスタム

 これでどやっ!!

Imgp1525

 フリーゲンに赤は似合わないって?!

 アカレンジャーだからいいのっ!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ホームページの容量

 自分で言うのも何だが、クラブの公式ホームページの管理と自分のプライベートブログの管理をふたつともしている方は珍しいと思う。ブログは頑張って毎日更新を目指しているが、HPに関してはなかなか思うように更新ができず、月例会報告やたまに書く釣行記をUPするぐらい。管理がしんどいというわけではないが、HPを更新する新鮮なネタが少ないというのが事実。ただ、以前なら釣行記としてHPにアップしていた記事を、ブログの方でアップすることが多くなったので、HPの更新が少なくなったのも仕方がないことかもしれない。そろそろ、ビッグな記事でも書きたいものだ(笑)

 ところが、そんなHPであるが、ついに契約容量が満タンになる時期が近づいてきた。もともとは自分が契約しているインターネットプロバイダのHPサービスを利用したもので、総容量も300MBと実に小規模なHPとしてスタートしたわけだが、それが、HP開設3年半を経過して、現在の総使用量291MBと、満タンまであと9MBに迫っている。

 ところがよくしたもので、私が契約した当時から月日が3年も過ぎると、ちゃんとプロバイダの方で大きな容量のホームページサービスが開始されていた。いずれはそのサービスにチェンジするときが来るだろうが、まだ当分300MBまでは遠いのでこのままでいいかな、なんて思いながら、ついに現在の状態まで来てしまったというのが実態だ。

 そろそろHPの引越しも有りうる? 

 私ども、北斗サーフのホームページをブックマーク、およびリンクを貼って下さっている方、もしかすると近いうちにそれを変更していただくことになると思うので、一応予告ということで今日ブログに書かせていただきました。その節はどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

寒暖差克服~カッパを活用

 昼間と夜の寒暖差が大きい今の季節。こんな季節は釣りに行くときの服装がとても難しい。日中は半袖でも過ごせるような陽気でも、夜、特に未明から明け方の冷え込みは、晴天の放射冷却現象も相まって、とても厳しくなる。曇がちな日よりも、晴天の日の方が寒暖差が激しいから要注意だ。

 私の場合は今の季節、上はTシャツに長袖のシャツ、それにクラブベスト、下はジャージで釣行することにしているが、寒さ対策のためにリュックにトレーナーを1枚入れて、それに加えてカッパを持参するようにしている。カッパは意外に保温効果があって、寒いときなどは防寒着としても重宝する。さすがに真冬は厳しいものがあるが、それ以外の3シーズンは、カッパがあれば雨も冷え込みも回避できて重宝するわけだ。しかも、カッパは小さく折り畳めるものが多く、持ち運びに苦労することはない。

 ある釣具店の店主の方に、真冬でも防寒着は基本的にはいりません、と教えていただいたことがある。下に中着、つまりインナーを着用して、その上からカッパを着用すると良いというのだ。それを真似てみたことがあるが、真冬にもかかわらず寒くなく快適で、とても良かった記憶がある。カッパは雨や雪を防ぐだけではなく、寒さも防ぐアイテムとして重要である。

 あと、付け加え。ビーチパラソルも意外に防寒効果がある。風を防ぐ目的で横倒しにして設置すると、風が直当たりするよりも、体感温度で少なくとも2~3度は変わってくる。これも是非試してほしい。

 もうひとつ、救命具。これは自動膨張式のものより、普通のベスト型のものが良い。着ているだけで防寒効果があるし、丸めて地面に置くと、仮眠するときのマクラにもなる(^^) もっとも、磯で夜釣りをする場合は、安全のために自動膨張式は避けた方が良いのは、皆さんもきっとご存知だろう。

 それらの工夫をした上でそれでも寒ければ、テントを持参するなり、アルポットなど、暖かい食品が調理できる器具を持参したりで工夫するしかないだろう。

 とにかく、日中は30度近くまで気温が上がり、明け方には15度以下になることも多いので、寒さで釣りに集中できなくなることを防ぐために、防寒対策もしっかり考えて釣行したいものだ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

キチヌトランプ

 今日は、大阪協会9月度理事会の日。今日は副会長の福岡氏が仕事の都合で欠席、私一人の出席となった。

 18時過ぎに会場に到着すると早速、各種大会の申し込みの後、いつものように大物審査。先日の釣行でお世話になった、NサーフのN師匠とともに、大物審査を進めていった。

 相変わらず、キチヌの申請がダントツ。しかも今月は、淀川尻に加えて紀の川尻の申請も多く、相変わらず大阪協会の特徴を如実に表す審査となった。で、どのクラブも写真申請を多く出されていて、しかも最近はどのクラブ員さんもランニングコストを抑えるべく、ファイン氏にプリントしたり、最小のL版の用紙を利用したり。どなたもご苦労なさっているようだ。それで、L版の申請写真の束を見ていると、まるでトランプの束を見ているような気がして、審査をするN師匠と相談の結果、今日のブログの表題は上記のとおりに・・・・(^^)

Imgp1512

 ちなみにこれは、キチヌトランプ北斗サーフバージョン。一番上の青いタオルに乗せたキチヌの写真は、新入団のルーキー、ゆうたろうさんのもの。本当に頼もしい限り。本当にトランプに見えなくはない? で、一番上の「カード」を引いて、と・・・・・

 神様、どうか、ハートのエースが出ますように・・・・(笑)

 さあ、川尻のキチヌのシーズンもいよいよ終わり。これからは、様々な魚種が狙える秋の好シーズンを経て、カレイのシーズンへ・・・・月日が経つのは早い、早い。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

とんでもhappenな釣り17~悪夢?正夢?

 ある波止に釣行したときのこと。

 朝からの釣りに備えて、私は一人漁港の波止付け根の駐車スペースで、車を停めて仮眠しようとしていた。ソーセージをつまみにビールを飲みながら車のテレビを見ていたが、眠気をもよおす気配がない。それでも、睡眠不足を心配してテレビを消し、シートを倒してフラットシートに改造して寝る試みをした。

 ちょっと暑いので窓を少し開けて寝たのがいけなかった。ようやくウトウト~としかかったときに、

 蚊「ン~~~~~~(^^)」

 しまったと思っても遅かった。私は持参したタオルケットを頭からかぶって寝ようとした。が、今度は暑くて寝られない。だんだんと額あたりに汗が滲んでくる。我慢しきれずにタオルケットを取ると、

 蚊「ン~~~~~~(^^)」

 またタオルケットをかぶる。でも暑い。この繰り返し。それでもようやくタオルケットをかぶりつつも眠りについたようだ・・・・・・・・・

 私は波止を歩いていた。ポイントに向かうために。ところが、それを待ち構えていたかのように、大粒の雨が突然降り出して行く手を遮った。私はひるまずに波止の先端へ。大雨の中道具をセッティングして釣り開始。大雨のせいかアタリは遠い。大雨の中アタリもなく、私は少しイライラしかかっていた。と、そのとき! 私の後方、波止の付け根の方で爆発音のような大音響が鳴り響いた。私は驚いて後を振り向いた。そして、思わず愕然! 先ほど私が歩いてきた波止の中間部がなくなっている!! 残った地方寄りの波止の先端に工事の人が・・・・

 私「何があったんですか!!」

 大声を出して尋ねてみた。

 工事の人「あ、波止を一文字にするために、中間部をダイナマイトで爆破しました。」

 工事の人が叫び返した。

 私「え~、そんなの、聞いてないよ~」

 工事の人「へ?知らなかったんですか? お気の毒に・・・・」

 私「ギョエ~、どうやって車に戻ったらええねんな~!!」

 工事の人「いや~、私たちの立場ではなんとも・・・」

 私は、涙が後から後から溢れてきて、もう地方に帰れなくなった自分を哀れんだ。

 私「ああ~~~、 帰りたいよ~」・・・・・・・・・・・

 そこでハッと目が覚めた。タオルケットの中だった。額はもう汗びっしょり。あまりにもリアルな夢だったので、その後はもう寝ることができず、仕方なく釣り場に向かうことにした。ところが、釣り座に着くと、待っていたかのように大粒の雨が!! おお~、どこかで見たような光景・・・

 その後、私が思わず後ろ、波止の付け根方向を振り返ったのは、言うまでもない。

 その日は大雨の中、見事にボーズだった。グスン。

 え?いつの釣りかって?! ご想像におまかせします(^^)

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

この差はいったい・・・・? やけくそでその2(>_<)

 今回のプチ遠征は、一応シロギスのAランクをゲットできたのだが、それにしても、あまりの不甲斐ない結果に、釣行記を書く気持ちもどこへやら。この際ブログで堪忍ということで・・・・・(^^;

 「たまたまですよ。」

 N師匠は笑って慰めてくれた。もっとも、もうひと方のO師匠もあまり良い釣果ではなかったので、潮加減など状況の善し悪しもあったとは思うが、それにしても釣果にあまりにも差がつきすぎて、ふぐたろう曰く、

 「草野球対プロ野球」

 本当にそんな感じだった。N師匠の釣果に挑むのは、10年早い?

 渡船で渡ったのは、水島沖に浮かぶ茶瓶という小島。知る人ぞ知る大物のポイントである。午後1時の渡船で渡って、翌日の朝までという、超ロングランの釣り。明るい間もシロギスやキュウセンが釣れますよ、とのN師匠のアドバイスで、虫エサも少々持参していた。そして、午後2時頃釣り開始。ところが、潮の動きがあまり良くなく、その上、本来なら見渡したところ240°ほどの広角に狙えるポイントだったのだが、正面から右寄りの絶好のポイントと言われているところの潮が全く動かず、エサ取りのフグが全開ということで、釣りの間中、正面から左寄りでの勝負を余儀なくされた。左側なら潮も多少動きがある、それで潔く左寄りの勝負に徹することにした。ところが、左寄りは対照的にエサ取りもあまりなく、本命のアタリもなく、もしかするとあまり釣果は良くないかも? そんな嫌な予感が漂い出した。ところが、N師匠は・・・・

 釣り始めてすぐに、32cmのマダイを釣るわ、26cmのシロギスを釣るわで、開始早々2対0とリード。その後、暗くなるまでにシロギスのAランクを2匹追加して、満潮の好時合いに55cmのマダイ、Aランクのコイチ、また同クラスのコイチ、差はどんどん広がるばかり。そして、干潮前後の潮、私がすでに諦めかけていた、そんな時に釣れたダメ押しの一打がこれ。

Imgp1501

 N師匠の釣果は、このスズキ86cmにマダイの55cm、32cm、コイチの37~8cmを2匹、シロギスの26~27cmを3匹の、合計8匹。私はと言えば、満潮前後の時合いに5匹のシロギス(それでも、すべて24cm以上あったのだが)の中から拾った、26cmのもの1匹だけ。スコアは8対1でN師匠の圧勝に終わったのだった。

 N師匠と私の違い? 仕掛けにそんなに差があるわけではない。ポイントの多少の違いはあれども、条件はほとんど同じだったと思う。ただ、唯一の違いは、これが大きいのだが、竿を常に動かされていたということ。私の釣り座からはN師匠の姿は見えず、三脚に立てられた竿だけが見えているといった状態だったのだが、横目で時折見てみると、ほとんどの場合に竿は動いていた。潮が早い時は手返し、動かなくても誘いをかけて、それはもうマメに竿を動かされていた。私など、エサがコウジやユムシであったのを良いことに、投げたら投げっぱなしの時間が多かった。おまけに、干潮の時間帯にうつらうつら・・・・もちろん、N師匠は一睡もなし。

 ずっと竿先を見つめていられる自信のある方、常に竿を手にして誘いをかけて手返しして、そんなマメな操作をひと晩寝ずに続ける自信のある方のみ、上記の釣果を参考にしてほしい。

 N師匠の8匹のランク釣果は、場所の好調を指し示しているのではない。N師匠の努力の賜物を表している。

 皆さん、岡山・水島に釣行してみます?

この差はいったい・・・?

 私の釣果は・・・

Imgp1508

Imgp1511

 それにひきかえ、N師匠は・・・

Imgp1507

Imgp1509

 この差はいったい・・・・?

 そら・・・腕やろな(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

出撃前夜

ロッド トーナメントサーフTⅡ このたびは4レンジャーにて出撃。

リール 今をときめく、パワーエアロフリーゲン。

ライン 最強ライン アトミックスライダー5号。

ロッドスタンド レッドゾーン。

クーラー 目下、出撃8勝1敗の高勝率を残している、イズムトランク。

ウェア 投げてナンボTシャツに、協会記録イシガレイを釣ったときに着用していたシャツ。

エサ 本コウジ、ユムシ。

同行者 大阪協会NサーフのN師匠とO師匠。

 これだけの最強アイテムと最強助っ人が揃えば、釣れないわけないっしょ(笑)

 明日は、ブログをお休みします。いつもブログを書く時間は、おそらく釣り場で寝ていることでしょう(爆)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ナイロンハリス

 台風が近畿地方付近を通過する際、最近大阪はあまり大きな被害が出たことがない。本当に不思議な土地だ。先日の12号、今回の15号にしてもそう。最接近の前後はそれなりに強風が吹き荒れるのだが、それはあくまでも「強風」であり、「暴風」ではなかった。雨も普通くらい。午後には風も雨もピタッと止んで、何もなかったかのような大阪に戻った。ところが、そんな大阪にとっては無難な台風通過のときに限って、他の地方では大きな被害が出る。先日の12号の際は、紀伊半島に多大な被害が出たし、今回も秋雨前線の影響が大きいとはいえ、愛知県の庄内川が氾濫して、名古屋市に大きな被害が出ている。今回の台風は、何となく伊勢湾台風のルートと似ている気がして気になっていたのだが、まさか本当に大きな被害が出るとは・・・・もどかしくて、歯がゆくて仕方がない。現在通過中の関東、東北地方に、大きな被害がでなければ良いのだが。

 台風15号で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、釣りの話。

 皆さんは、ハリスはフロロカーボン派? ナイロン派? それともテトロン系? 釣種や場合によって替える方もおられると思うが、夜釣りの1本バリ仕掛けなどでは、大抵はフロロカーボンを使用されるのではないだろうか。

 私の釣り道具入れに放ったらかしにされたあった、ミストカラーのナイロン8号のボビン巻き。もうあまり残ってはいないのだが、私はそれを見てふとひらめいた。そう言えば、以前西舞子のニベフィーバーの時も、有田川のエソフィーバーの時も、矢ノ川尻のコトヒキフィーバーの時も、節約のためにボビン巻きのナイロンをハリスとして使っていたっけ。今でこそ、贅沢にもフロロカーボン主体に使用しているが、そんなに差があるのだろうか。そんなことを考えた。それで、今回のプチ遠征では、上記のナイロン8号をハリスとして使用することにした。力糸にするにはちょっとしなやか過ぎる気がするが、ハリスに使用すれば、もしかするとそのしなやかさのおかげで食いが良いのでは?と思わせるラインなのだ。

 最近ではとかくフロロを主体にハリスとして使用するが、もちろんシャンとしているし、比重が大きいので、仕掛けのなじみが良いというメリットはあるが、食いの面では果たしてフロロはハリスとしてベストと言えるのかどうか。ロッドで言えばカーボンとグラスの差のようなもの? グラスロッドは重いが粘りがあると言われる。そんな感じで、フロロよりも粘っこそうなナイロンハリスも、結構使い出があるのではないだろうか。そんなふうに思っている。

 ナイロンハリスはフロロよりも廉価だし、節約するためにもこれからはナイロンハリスもどんどん使ってみようと思う。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

228枚

 9月の大阪協会理事会が27日なので、まだ予定としか言えないのであるが、予定通りにいけば9月申請時現在で、クラブの魚拓申請枚数が228枚となる。内訳は、私が64枚、ありみつやんか氏が59枚、次いで、安田氏の34枚、清水氏の24枚と続く。9月現在で、クラブ申請枚数は協会で第5位、個人申請でベスト20に、私とありみつやんか氏がランクされる。さらに、新鋭のゆうたろうさんも、9月申請15枚と、貢献度はかなり↑(^^)

 大物をよく釣られる方、クラブにとっては何ということはない数字かもしれないし、キチヌに頼った数字だと言われればそのとおりである。だが、我が北斗サーフにとっては、これは画期的な出来事なのだ。我ながら良く頑張っていると思う。平均年齢が比較的高い我がクラブが、これほどの数字を残せているのは奇跡に近いのだ。

 そしてもうひとつ。クラブの元気度は魚拓申請枚数に現れると良く言われるが、もちろんそれは大きいことだとは思うが、例えば在籍人数が多いクラブだと必然的に枚数は増えるだろうし、在籍人数に関係なく、1人、2人の会員さんが多数申請して結果的にクラブの申請枚数が増えるということだって有り得るわけだ。我が北斗サーフが良く頑張っているなと思うのは、在籍人数がたったの13名でも、魚拓申請で頑張っておられる方が何人もいるということ。そして、ついでに言えば、我がクラブの一番の自慢は、ほとんど欠かすことなく毎月月例会を開催しているが、そのほとんどの月例会で、出席率が常時80%を超えているということ。これは、クラブ員全員が元気であることの証しであると思っている。

 と言えば格好が良いが、早い話が、結局は皆投げ釣りが好きということなんですわ(笑) 別に無理に釣行しているわけではなく、単純に投げ釣りが好き。これが元気であることの一番の理由。クラブ員全員が、いつまでも元気に、大好きな投げ釣りに没頭できるように今は願うばかり。

 これからも北斗サーフは元気に頑張ります!! 魚拓申請枚数の新記録を更新するべく、釣行あるのみ!!

PS 先日の月例会釣行記、毎度の私の文章で申し訳ありませんが、UPさせていただきました。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

5連休(^^)

 世間では3連休というものがあったようだが、私的には休日は今日1日だけだった。先週の土曜日は運動会の練習と準備、おまけのように授業(^^; そして、昨日の日曜日は運動会本番。幸いにも、両日とも生徒が活動しなければならない時間帯には雨は降らず、昨日は1日上天気に恵まれて運動会も無事終了。で、今日は敬老の日で休日

 ってことは・・・?

 ってことは・・・?

 ってことは・・・?

 ってことは・・・?

 土曜日と日曜日の分、どこかで代休って?!  大アタリ!! うん、今のはドラグが鳴った(^^)

 明日、明後日は通常通りの学校。そして、木曜日が土曜日代休、来週の月曜日が日曜日代休で、5連休となるのだ。本来ならば、5連休を利用して遠征にでも行きたいところだが、それは予算の都合上と、平日を利用するので相方がいないのと高速料金が高いのでボツ。まあ、つつましやかに1泊2日の釣りになると思うが、とりあえずプチ遠征はするつもり。目当ては? もちろん合い言葉「号数UP戦略」をコンプリートするのが目的。うまくいくかどうかはわからないが、とりあえず、あと2、あと2号、何とかしたい。そんな「5連休」の目標になりそう。幸いにも、今週末には天候は回復しそうなので、今から期待している。とりあえず・・・・

 台風、はよどっか行け!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

運動会無事終了

 天気に悩まされた運動会であったが、蓋を開けてみれば、快晴の上天気の中での運動会。朝から水たまりの処理など、大変だったが、無事開催できてよかった。開会式演奏も、何とかコンプリート。

 ってわけで、今から打ち上げ宴会に行ってきます(^^)

 あ~、疲れた~。

 とりあえず、HPに月例会報告をUPしていますので、どうぞご覧ください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

明日は運動会

 この週末3連休は、釣りに行かれている方はおられるのだろうか。天気が悪くて、太平洋岸は波が高い状態が続いているので、もしかすると苦労されているのかも?

 ここ1週間はブログ以外、釣りとは全く縁のない生活をしてきたので、世間様の様子が全くわからない(^^; どなたがどこに釣行されているのか、少しは気になるところ。

 今週は月曜日からずっと運動会関係の練習や準備(私の場合は、吹奏楽部の開会式演奏の練習もあった。)の合間に授業があった感じで、ほとんど息つく暇もなかったくらいに忙しい1週間を過ごした。今日は午後から運動会の準備があって、午前中は授業と運動会練習だった。1時間目と3時間目が、全校練習と学年練習がはいり、合間の2時間目と4時間目が授業であったため、このスクランブル時間割体制に、生徒たちももうメロメロ状態だった。と言いつつ、私や他の先生方も疲れはピーク状態。午後は雨が降ったのだが、明日いきなり晴れて運動会が行われることも想定して、グランドの準備はライン引き以外は先生方の手によってすべて完了。雨の中テントを立てたり、杭を打ってロープを張ったり、入退場門を立てたり。終了時には雨は止んだものの、先生方はずぶ濡れ状態。ほんまようやるわ。

 だが、夕方にはすべて完了して、明日の早朝準備に残りの準備すべてが託されたので、ちょっと早い目に学校を出て久しぶりに銀玉遊技場(^^) 最近には珍しく少額出費で調子良く出たので、少しはストレス解消になったかも?

 妻は昨日から宮崎の実家に帰省中なので、自宅は私一人で、ただいまリラックスモード。今日は早い目に寝て、明日の早朝準備に備えよう。学校に午前7時前に集合。

 ではでは・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

クラブの魚拓申請~9月現在228枚

 クラブのありみつやんか氏から、クラブの申請枚数についての連絡があったので、私も整理してみた。(HPの方で、申請情報を更新していますので、そちらもご覧ください。)

 我がクラブの申請枚数の年間記録は、確か220枚前後だったと思う。もう10年以上も前の話だ。確かクラブの藤井氏が、利尻・礼文でホッケを大爆釣して、申請枚数が加速したと記憶している。それが今年は9月申請時点で、新記録を早くも更新してしまった。久しぶりの記録更新だ。もちろんホッケはなし。

 ホッケがないとはいえ、今年の場合はそのかわり、申請228枚のうち、164枚がキチヌ・クロダイ、もっと言えば、ほとんどがヨドコーワの処方によるもの。そう考えると、申請枚数をいかに廉価で済ませているかということ(^^; ヨドコーワの恩恵がいかに大きかったかということがわかる。ただ、申請が多いということは、それだけでも連盟や協会には貢献できているのでは?と思うので、恥ずかしがらずに胸を張って、228枚だ~!と言っておこう(^^)

 現在のところ、9月申請には間に合わなくて、10月申請まわしが10数枚あると聞いているので、あと頑張って50枚ほど釣れば、夢の300枚申請も可能。あと3ヶ月の申請期間、クラブ員一丸となって、300枚台突破を目指そう。まだまだ、若いクラブの方には負けません。

 そして、自分自身の目標・・・・・25魚種達成と大物250号達成。何とか今年度中には達成したいと思っているのだが・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

秋の日差し

 ここ数日、日差しが半端なくきつい。特に、今週に入ってからはほぼ毎日快晴状態が続き、運動会の練習予定が今週たくさん入っている我が中学校としては、もうありがたいやら、辛いやら。職員室の先生方は、私も含めて軒並み日焼けで真っ黒。夕方には身体がばてているし、おまけにこんなときに限って生徒指導が入ったりで、もう身体はクタクタ状態。今週の日曜日の運動会当日まで、身体がもつかとうか・・・・・

 よく、春や秋の日差しは、真夏のそれよりもきついと言われる。太陽の高度と気温、湿度で言えばもちろん真夏の方が厳しいのだが、秋は湿度が下がる代わりに、空気が真夏よりも澄んでくるために日差しがきつく感じられるのだ。紫外線だけを取れば、もちろん秋の方がきついということ。蒸し暑さがないので、日陰などは比較的涼しくて、日向にいても体感的にはそんなにきつくはないのだが、それでもしばらく外にいると汗が身体中から染み出てくるような感じで、不快指数はやはり高い。

 ただ、明日の後半からは、沖縄近海にいる台風のせいで、天候が崩れてくる予報だ。私の場合は、土、日は運動会関係で両日とも出勤のために、釣りの心配はしなくても済むのだが、運動会が雨天で延期になるのも困る。ここは何とか天気に頑張ってもらって、日曜日まではとりあえず天気がもつことを祈るばかり。

 土、日釣行の予定の方、外洋はすでにうねりを伴った波が高くなっている。十分注意して、釣行先も再考されることをおすすめする。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

身近に起こる不思議な現象

 ふたたび、月例会ネタ。

 私はこの月例会にて、無事50cmのマゴチを仕留めることができた。だが、私の月例会順位は第2位。え? 50cmのマゴチで第2位??? さて、一体何が起こったのか??? 第1位は一体誰が取ったのか??? で、何を釣ったか???

 このことについては、後ほどHPにUPさせていただく釣行記および月例会報告にて答えを述べさせていただくとして、読者の皆さんには私がなぜ第2位に甘んじてしまったのかを推察していただきたい。

 事情魚種を見事当てられた方には、記念品を差し上げますので、どしどしコメントに書き込んでみてください。なお、北斗サーフ、拓研サーフ各クラブメンバー、および、事情をご存知の方には応募資格はございませんので、あしからずご了承ください(笑)

 ヒント・・・この書き方、何となく意味深ですねぇ(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへhttp://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

もしかすると、私の「もの」だけではない?

 なぜか釈然としないことをひとつ。

 メーカー品(のはず)のスパイクブーツ。結構な価格で購入した、いわゆる「ソール貼り替え式」のスパイクブーツ。

 ソールのスパイクピンがちびる前に、上面の継ぎ目が破れて、水が漏れるようになってしまった。両足とも。皆さんは経験ないだろうか。ソール貼り替えか何か知らないけど、上面の継ぎ目を柔に作ってすぐに破れてしまうようでは、意味がないではないか!! もう少ししっかりしたブーツを作ってもらいたいものだ。メーカーさん、読んでる?!

 買い替えを検討したのだが、穴開きはブーツとしては致命的ではあるものの、破れている部分はほんのわずか。これだけのために、また同様のブーツを購入して、メーカーに甘い汁を吸わせるのもシャクだったので、多少不細工にはなるが、ボンドで穴埋めをした。

 昔からあるこの黄色いボンドは、こんなときに何かと重宝する。乾くとゴムと同じような質感になるので、便利なのだ。1回では飽き足らず、乾いては塗り、乾いては塗り、を繰り返すこと5回。

 これで、少なくともあと数回は使用できるだろう。どこまでもつか楽しみではあるのだが、元はと言えばメーカーの不良設計のせい。なんでメーカーのせいで、こんなことで楽しみにしなければならないのか。ん~、納得できん。

Imgp1473

 どや!! メーカーめ! 参ったか!! (^^)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

川尻続報

 予想通りだった。

 当初私たちの十八番のポイントとも言うべき、有田川一文字に向かおうとしたが、事前情報ではまだ濁りが取れていないとのこと。濁りが入っていれば、マゴチ、ヒラメはおろか、エソですら食いが悪くなる。それでも、台風通過から1週間も経っているのだから、いくらなんでもある程度は濁りが取れているだろうと、まず向かった先は、我がクラブの新鋭ゆうたろうさんが得意とされている有田川尻のポイント。川尻の水況を確かめる目的と、一文字に上がる前のキチヌ、シロギス狙いが目的だった。ところが・・・・

 ポイントに到着して、川面を見て唖然。これが、あの有田川なのか・・・・

 いつもの雨後の濁りといったレベルではなかった。流木やゴミが無数に散乱していて、濁っているというよりも、全く生気がない感じ。一目見ただけで、上流部でかなりの雨量があったものと推察できる。釣りが可能か不可能か、というより、釣りをしよういう気持ちに全くなれなかった。同行のありみつやんか氏、安原氏も同様の感想。この分だと、一文字付近にもかなりの濁りが回っていることが予想され、ほんの数分その場に滞在しただけで、すぐに場所を変わる決断をした。一文字には後ろ髪を引かれるが仕方がない。

 濁りの状況は、はっきり言って危機的レベルと思われる。有田川でこうなのだから、おそらく日高川(かなり濁っていたと、別グループのクラブ員が証言。)、古座川、熊野川などの紀伊半島を流れる他の河川も同様の状態なのだろう。ちなみに、帰り道の道中、高速道路上から見た紀の川も同じような状況。水量はかなり多いのだが、土手近くの草が倒されていることを見ると、これでもかなり水量が下がったのだということがうかがえた。

 川尻の釣りは、当面は回避した方が良さそう。上にも書いたが、おそらくドロ濁りでも釣りは不可能ではなく、キチヌなら狙えると思うが、これを読んでおられる方も、あの川の状況を見れば、きっと同じ意見に達することだろう。ちなみに蛇足ながら、日高川尻に隣接する煙樹ケ浜にもかなり濁りが回っているとのこと。参考になるだろうか。

 いつになれば元の水況に回復するのか。今とても気がかりだ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

故 小林元会長が釣らせてくれた・・・

110911yanomagotisumasigao

 どんな大きな大会で釣るよりもうれしかった1匹、マゴチ50cm。

 このマゴチ、小林元会長の供養になったかな。

 小林正卓元会長のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

川尻危機

 明日は北斗サーフ月例会。故小林前会長の追悼大会と銘打って、中紀一帯で行われる。

 秋の中紀と言えば、やはりエソを狙いつつあわよくばマゴチ・ヒラメ狙い、といった釣りがメインになるのだが、私たちのホームグラウンドとも言うべき有田川一文字が、今は不調との見方が強い。先ほど有田の谷口渡船店に問い合わせてみたが、先日の台風12号による豪雨のせいで、未だに川の濁りが取れていないらしいのだ。予想はしていたことだが、マゴチ、ヒラメはともかく、お約束のエソは水が濁っていると途端に食いが渋くなる。一文字付近にはまだ濁りが回っていると思われるので、回避策が正解かもしれない。それでなくても投げ釣りをされる方が意外に少ない有田川一文字のこと、情報が皆無に等しい釣り場への突撃はちょっと勇気がいる。

 ところで、紀伊半島には様々なシチュエーションの釣り場があるが、その中でも、各大河川の川尻は波の影響も少なくて、クロダイ・キチヌ・スズキなどが狙える場所が多い。北から順に紀伊半島を反時計回りに回るように河川を紹介していくと、紀の川尻、有田川尻、日高川尻、富田川尻、古座川尻、熊野川尻などが主な川尻の釣り場だ。ところが、当たり前のことだが、これらの河川はすべて、先日の台風12号で被害がひどかった、紀伊山地一帯に水源を持っている。有田川尻で未だに濁りが取れていないということは、他の河川ももちろん同様のことが言える。川尻の釣りは、もう少し時間を置かないとだめなのではないだろうか。というか、上流で物的、人的被害に遭われた方が多いのに、その川尻で釣りをするのも少し気が引けるような。

 川尻を避けて釣り場を選ばなければならない紀伊半島一帯も、ちょっと魅力半減? まあ、紀伊半島のもう一つの秋の魅力、コロダイ、タマミ狙いの釣り場は影響がないと思われるので、そちらに照準を合わせた方が得策かもしれない。

 さて、釣り場はどこにしよう。今からもう少し検討することにする。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

やっぱりコレ!!

 今日の午前中は、運動会の学年練習があった。立場上指示しなければならないので、朝礼台に立ってマイクを持って指導していたが、昼前くらいになって立ちくらみ・・・・今日は結構な炎天下で気温も高かったのでそのせいもあると思うが、とにかく鉄製の朝礼台の上が暑い!! 台自体の温度が上がって、まるで焼けたフライパンの上に立っているような気分。直射日光ももちろんだが、鉄板の照り返しの日差しでやられた感じ。あ~、疲れた~。

 で、ヘロヘロになって帰宅したら妻が・・・

妻「今日の夕食はうどんでいいかな~。」

 この言葉を聞いた瞬間にまた立ちくらみが・・・・(笑)暑さでヘロヘロになって帰って、熱いうどんはありえへ~ん(泣) そのことを妻に伝えると、

妻「でも、今日はうどんしかないで・・・・」

 う~ん、どうしよう・・・・

 「!!」 

 そうや!この手がある!!

私「冷やしうどんにして~!」

妻「ええよ、その方が楽やし・・・・」

 そして、出来上がった冷やしうどん。やっぱり暑いときはこれやね。薬味はおろししょうがと小ネギと天かす、それに白ゴマ。

Imgp1427

 冷たく冷やした冷やしうどんで、元気回復!!

 さて、今から釣りの準備。そして、明日の午前中は吹奏楽部の運動会練習。頑張ろう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

小林氏追悼大会

 今週末は、故小林氏を偲んで、氏とゆかりのある東大阪拓研サーフの方とともに合同追悼月例会を開催する。釣り場は、氏が特に好んで釣行された、中紀一帯。

 中紀一帯・秋と言えば、我がクラブが得意とするエソ狙い・・・もとい、マゴチ・ヒラメ狙いということになるが、得意としている有田川尻の一文字は、今年はことのほか不調で、その上に先日の台風12号による増水の影響で、おそらく釣果をあげるのは難しいと思われる。

 となると・・・・・

 というか、折角の小林氏の追悼大会なのだから、皆で竿を並べて、氏の思い出話などを語りながら釣りが出来れば良いかな。

 釣り場はどこでも良いから、とりあえずイワシは持参することにしよう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

少タックル精鋭主義

 例えば、コロダイ、タマミ狙いはAX以上のロッドを使い、キス狙いにはCXクラス、飲ませにはDXクラス、などと使い分けておられる方がおられるが・・・・

 私はそのように、多くのタックルを所有することがどうしても苦手。それでなくても無精なのに、そんなに何種類、何セットものタックルを所有したら、きっと気持ちがそれぞれのタックルに回らなくなってしまう。

 私のメインタックルは・・・・というよりも、オンリータックルは、日本語で言うと「一張羅」は(笑)D社のTⅡとS社パワーエアロフリーゲンの組み合わせ。(キャスティズムの並継ぎを所有しているが、これはメインとは思っていない。)できればこの組み合わせで、すべての投げ釣りをこなす、というのが私の理想。もちろん、太刀打ち出来ない釣りがあるのは分かっている。沖磯のコロダイ、タマミ狙いなどはその典型例。ただ、おそらく少なくともここしばらくはそういったヘビーな釣りはしないと思うので、特に今のタックルで不自由することはないと思っている。それなりに意識して、シロギスの夜釣り、冬場のカレイ釣り、岩手のアイナメ釣り、鹿児島のマダイ釣り、瀬戸内の激流のコイチ釣り、マゴヒラの飲ませ釣り、そして、川尻のキチヌ釣りなど、様々なシチュエーションで使ってきたが、このタックルではだめだ、とあきらめさせる釣りはなかった。なので、他のタックルを揃えようという気持ちにはなれないのだ。これからも、他に気持ちが揺らぐタックルに出会わない限り、バリエーションとしてのタックルを揃えることはないと思う。250号、25魚種、そしてその次の目標・・・・すべてTⅡとPAフリーゲンの組み合わせで乗り切っていく。

 少タックル精鋭主義・・・・当面はこれが私のポリシー。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

パワーエアロフリーゲンTD・インプレッション

 購入して約3ヶ月。かれこれこのリールとともに10数回の釣行に出かけているので、私なりのインプレッションを書いてみよう。ただし、これはあくまでも「私見」いや、「ド私見」なので、話半分に読んでいただきたい。

 シマノ製リールでもっともネックだったのが、D社TⅡのリールシートにフィットするのかどうか。もうこのブログで何回となく書いてきて、今となってはすでに開き直っているような状態の、TⅡの「変な」リールシート。TⅡで唯一不満点は、リールの足とジャストフィットしにくいということ。ただし、グリップ自体は特に不満というわけではなく、適度に太くて私は握りやすいと思っている。

 いやいや、TⅡのインプレじゃなくて・・・・(^^;

 そのリールシートに、以前所有していたPAスピンはお世辞にもフィットしているとは言えなかった。リールの足の両サイドがかろうじてシートに掛かっているような状態だったので、大物が来たときなどはとても不安だった。それでISO遠投にチェンジしたのだが、元々はカゴ釣り用のリール、過酷な投げ釣りに使用してギアがもつのだろうか、という不安はいつもあった。そこに、フリーゲンの出現。はじめは、PAスピンと足のサイズが同じという誤解があったので全く眼中になかったが、釣行の際に同行の方にお借りして装着してみると、なんとISOと同じようなフィット感。普通の板シートのようなジャストフィットとは言い難いが、PAスピンとは比べ物にならないほど、しっかりと装着できる。このことが決めてとなって、フリーゲンを所有するに至った。

 いやいや、前置きはもうええから・・・・(^^;

 ではインプレ。

 巻き心地はPAスピンやISOを凌ぐと思う。とても滑らかな巻き心地。リールの足を持って、ハンドルを思い切り回すと、17~8回転は軽く回ってしまうほど。これはGOOD。

 スプール形状は、AR-Cスプールと言って、ラインの放出抵抗が少ないので飛距離にロスがでなくてトラブルも少ない、とあるが、そんなに「おお~~!」と言うほどのものではない。というか、私程度のレベルではそんな感覚なのかもしれない。

 重量は、PAスピンの7~8割といった感覚。前回所有していたISOが400g台だったので、580gのフリーゲンを特に軽いと感じることはできなかった。ただ、PAスピンよりははるかに軽いと思う。

 ツインドラグのノブは、PAスピンよりも回しやすい感じ。PAスピンは微調整ドラグツマミを回していると指先が痛くなったが、フリーゲンはあまりそれが感じられない。

 デザインやサイズ。コンパクトなのとスマートなデザインはGOOD。PAスピンはリュックのリールケースに4台しか入れられなかったが、フリーゲンは5台入る。(というか、私の場合は、5台目のリールはSDなのだが。)

 それと、ちょっと気に入らない点、気になる点をいくつか・・・・

 まず、ハンドルノブ。

Imgp1422

中空大型ノブの形状は特に可もなく不可もなく。ただ、材質がどうしても好きになれない。何となく、「ネチョッ」とした触り心地なのだ。まるで、表面から化学変化で溶けていってる感覚。いくら洗っても拭いてもその感覚が取れないので、半ばあきらめ気味。いろいろなサイトで、アルミマシンカットノブを探してみたが、まだ開発されていない様子。もし発売されたら、大型のものを4色取り揃えて装着してみたいのだが・・・・

 次に、スプールの糸止め。

Imgp1423

 なんで、穴だけやね~ん!! 止めにくい!!

 あと、トラブルをいくつか耳にしているので、書いておこう。

Imgp1424

 スプールの内側にある、ドラグ逆転の際にクリック音を発生させるツメ。これは意外に簡単に折れるらしい。折れればもちろん、ドラグは効かない。

Imgp1426

 ドラグノブ。まだ新品間もない頃に、ネジ穴が甘くなって、ネジが効かなくなったとのこと。

 上の二つのトラブルは、もし起きれば一応クレーム修理をお願いしてみることだ。本来そう簡単に破損する部分ではないので。

 以上、不満点、トラブル多発部分のみ、拡大写真でご紹介させていただいた。

 総合的に見ると、もちろん素晴らしいリールと言えるが、TⅡのシートといい、フリーゲンの糸止めといい、

 「なんでここが、わざわざこんなふうになってるねん!!」

 といった部分があまりにも目立って、メーカー品とはそんなものなのかとちょっとあきらめモード。各メーカーのフィールドテスターさん、しっかりしてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

レインウェア

 先月の月例会での出来事。これは、月例会後のエピソードには書かなかったことなのだが・・・・

 午後9時、安原氏の車から荷物を下ろし、雨が降る予報だったのでレインウェアをリュックの後のベルト部分に固定して釣り場に向かった。と、ここまでは記憶しているのだが、幸か不幸か雨はしばらく降らなかったので、レインウェアのことはすっかり忘れて釣りに没頭していた。

 午前2時頃、予報通り雨が降り出した。最初はシトシト雨だったので、暑くてレインウェアを着ることが億劫だったこともあって、ビーチパラソルで雨をしのいでいた。ところが、だんだんと雨足は強くなり、いよいよレインウェアの出番だな、という段になってようやく気づいた。リュックの後からレインウェアがなくなっているということを。ベルトにレインウェアの袋の紐を通さなかったために、振動でどこかに落としたらしい。

 雨が結構降っているし、夜だと探すのも効率が悪いので、夜明けに釣りを終えてから探すことに・・・・

 そして夜明け。まだ、堤防の上を歩く人が少ない時間から、私は薄暗い護岸沿いの、歩いたと記憶している場所を中心に探して回った。車を止めた場所とポイントは200mほど離れているので、その間を何往復もして探し続けた。だが、ついにレインウェアを見つけることはできなかった。

 もう、5年以上も前にヤフオクでゲットした、ゴアの結構良いレインウェアだった。紐をリュックのベルトに通していなかったことが悔やまれて悔やまれて、しばらく未練が残って、新しい物を購入する気にはなれなかった。だが、釣りをする以上、レインウェアを購入しないわけにはいかない。

 今週中には、新しいレインウェアが届く予定。やはりヤフオクの世話になった。これから秋のシーズン、レインウェアがなくては釣りはできない。これから私の二代目良き相棒になることを祈って、今度は大切に扱うようにしよう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ザイロンX

 昨年頃、さる方がブログに紹介されているのを見て購入しておいた、よつあみ社の「ザイロンX」の4号。(写真は6号)

Item127422p13m

カワハギ・キューセン狙いの際に、両種や外道のキタマクラの歯対策、また、冬場のカレイ狙いでは、餌取りのフグ対策に効果を発揮するとのことで購入しておいたのだが、1年経ってその存在を忘れていた。昨日、仕掛け作りをしようと、道具箱をゴソゴソしていて、久しぶりにこのザイロンを発見!すぐにピンときて、使ってみようと思った。

 かなり丈夫(強度は同号柄の同社ケプラートの約2倍)に出来ているが、その割にしなやかで、カワハギやカレイ、キスなどの吸い込みが抜群に良い。これから秋のシーズンに向けて多用しようと思うが、とにかく高価。5mで1000円ほどするので、ちまちまと効率良く使わなければならない。本来は、ルアーのアシストフックのハリスなどに使用するらしく、その場合はそう長く取る必要はないが、投げ釣りの仕掛けとなると、そのあたりが悩みどころ。

 今日はいろいろと仕掛けを作ってみたが、その中で、ヒラメ用活けアジ飲ませ仕掛けと、塩イワシ用3連バリ仕掛けをご紹介。ヒラメなんてどのみち私自身の実績はほぼないに等しいので、話半分として見ていただきたい。まあ、いろいろ試してみるのも良いことだと思うので。

Imgp1421

 3連バリと、ヒラメ用の親バリは、丸貝専用7号、ヒラメ用の孫バリは、カットヒラメ16号。ハリスとして長く取るのはもったいないので(^^; 短めにナイロン8号のモトスと、チチワ連結した。

 ヒラメ・・・・号数をUPさせるには、こいつも狙いに行かねば。この秋には、ヒラメにも再挑戦してみるつもりである。

 このブログを書く前に、ザイロンをネタに書かれた投げ釣りブログをいろいろと検索してみたが、あまり検索に掛からず。意外に取り上げられたブログが少ないことがわかって、今日はちょっとは貢献したかな?いや、使っておられる方は結構多いと思うのだが・・・・皆さんはどうだろうか。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

断捨離

 今日は暴風警報のため発表会はやはり中止。おかげで時間がたっぷりとできたので、前々からしたかったことを実行した。今日はそのことを書いてみよう。

 ある通勤途中、コンビニの外で休憩していると、外から見える雑誌類の棚に、何となく気になる本を見つけた。

 「断捨離・・・・・?」

 聞き慣れない言葉なので、さらに近寄ってその雑誌の表紙を見てみると、とにかく家にある様々な不要物を処理して、身軽な家にしようとすることを、断捨離(だんしゃり)というらしい。考えついた人は・・・やましたひでこさん? 知らんなあ。主婦から転身?クラターコンサルタント?これもわからん。(後で調べると、クラターとは英語で「がらくた」という意味。) とりあえず通勤途中なのであまり気にも止めずに学校に向かったのだが、1週間たっても、2週間たってもその雑誌はその棚の同じ位置に陳列されたままだった。いっそのこと買おうかな?とも思ったが、あわてなくてもいつでも買えるような気がしたので、買わずにズルズルと日にちが経っていった。そして、1ヶ月ほどして、気がついてみるとその雑誌は消えていた。

 それで、「断捨離」という言葉も脳裏から離れていったのだが・・・・

 今日、妻が朝から倉庫(代わりに使っている土間の部屋)の掃除をしていて、そのとき私に言った。

 「なあ、断捨離って知ってる?」

 その言葉を聞いて、すぐに例のコンビニの雑誌を思い出した。

 「知ってるよ。家のいらない物を処分しまくることやろ?」

 「へ? そんな言葉を知ってるなんて、意外やわ。とにかくな、今、断捨離中やねん。とうちゃんも手伝って。」

 そう言いながら、妻は分別袋の中に、せっせといらない物を詰める作業のを続けた。

 実はコンビニでその雑誌を見た時から気にはなっていた。我が家の倉庫はひっくり返るほど散らかっているということを。いつかは掃除せねば。車用品も園芸用品も釣り用品も、息子が小さい時に使っていた手押し車も三輪車も、とにかくごっちゃになって収拾がつかなくなっている倉庫を、いつかは整頓したい。いらないものを捨てたい。そう思っていたので、妻にそうして声をかけられてすぐに実行に移せた。みるみる、分別ゴミの袋の数が増えていったのは言うまでもない。だが、片付けにはありがちなことで、今は倉庫の中は、片付けようとしても片付けているのか散らかしているのかわからない状態になってしまっている。明日も引き続き作業続行の予定。

 「断捨離」は、ヨガ用語の「断行」「捨行」「離行」の3つの考え方を活用しているのだそうだ。

「断行」・・・・入ってくる要らない物を断つ

「捨行」・・・・家にずっとある要らない物を捨てる

「離行」・・・・物への執着から離れる

(以上、ウィキペディアから引用させていただいた。)

 まあ、断捨離はともかく、がらくたを捨てて掃除をしなければならないと思っていたのは確かで、もしかすると最近お金が残らないのは、風水的に見て、この倉庫を散らかしているからではないだろうか、とさえ思っていたほど。折角の台風の暴風警報が発令されて外出しにくい土曜日になったのだから、思いついたときに作業をしなければ次はいつできるかわからない、そう思って今日は潔く断捨離作業ができた。

 皆さんもご自宅の断捨離作業をしてみては? ほら、気になっている、「あの」部屋をいっそのこと断捨離!!

 ちなみに、蛇足ながら、断捨離作業をすることを、「だんしゃる。」、断捨離が好きな人を「ダンシャリアン」と言うのだそうだ。一応念のため(^^;

 明日も頑張って、だんしゃります(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

台風直撃

 台風12号は、勢力を保ったまま明日の未明に高知県東部に上陸、そのまま四国、中国、近畿地方付近を遅いスピードで縦断する見込みだ。暴風が吹き荒れ、大雨が降る時間がかなり長くなると予想されるので、進路付近にお住まいの方は、十分に警戒してほしい。

 というわけで、発表会の有無は結局今日1日で何の判断もされないまま。明日午前7時現在の警報の発令状況次第ということになった。ただ、現在も発令中の警報は、明日朝時点で解除になる可能性は極めて低く、中止はほぼ必至の状況にあるとみてもよい。

 明日朝は、警報の状況を判断したのちに、生徒連絡網で連絡を回すという段取りになっている。警報次第なのだから連絡はいらんやろ、と生徒に言ったら、やはり連絡をくれないと不安だとのことで。楽器運搬の運送屋さんにも中止連絡を入れて、明日の私の仕事は完了。もとい、完了の予定。

 今日は発表会のことで、かなり神経をすり減らし、疲れモードマックス。

 てことで、寝ることにしよう(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

難儀な台風やな~

 トロトロ走りの自転車。泥酔状態のおっちゃん。左指示器を出していきなり右に曲がるおばちゃんのバイク・・・等々。何を表す様かはもうおわかりと思うが、ほんまに腹が立つ今回の台風である。あっちへウロウロ、こっちへウロウロ、とろとろ進んで全く足取りの予測がつかない。こんな場合が一番ややこしい。ただ、このブログを書いている現段階では、台風はほとんど100%に近い確率で近畿から中国地方方面へ進んでくると思われる。近畿地方は間違いなく、警報が発令されるだろう。金曜日の早ければ夕刻にも、警報が発令されるような気がする。それと、このたびの台風は目がかなり大きいかわりに、周囲の雲がかなり発達しているそうで、また大雨の深刻な被害が発生することが懸念される。まだまだ進行方向が定まりきっていない今の状態だからこそ、最大限の防災対策が必要だと思う。 

 この週末土曜日は、我が市の吹奏楽発表会が開催される日。その発表会は、かなりの高確率で中止される公算が高い。台風のためだ。今日の日中、主催者側からFAXが届いたと教頭先生が教えてくれた。おそらく中止連絡だろうと思ったら、違っていた。

「(会場となる)会館の規定では、台風に関する警報が発令されていれば、会館は閉館となります。このたびの大会も、この規定に準じます。」

 こんな内容だった。ちょっと待てよ。つまり、当日の朝になって警報が発令されていれば中止、発令されていなければ開催ってこと? なんだかその判断があまりにも主催者側中心主義な気がして、今日は1日気分が悪かった。

 発表会の中学校側の事情をどれほど理解しているのだろうか。会場で発表さえさせればそれで発表会は成功とでも思っているのだろうか。会場で発表をするためには、まず生徒を引率しなければならない。警報が発令されなくても、少なくともかなりの風雨は予想できるので、その中を引率しなければならないことになる。もうひとつ、運送業者を手配して、楽器の積み込み、積み下ろしをしなければならない。もしかすると雨の中で。また、多くの中学校は当日の朝に積み込んで運搬する手はずを取っていると思うが、我が中学校は立地条件が悪いためにどうしても前日に楽器を運送業者のトラックに積み込まねばならないのだ。警報が発令されるかどうかわからない段階で、楽器運搬のことを考える必要がある。楽器を積み込んだ、警報が発令された、では大変厄介なことになる。ヤマを張って中止を予想して楽器を運搬しない手を取るか、当日の朝にどうにかして積み込む手はずをとるか、判断に苦しむところ。

 なので、私個人の事情で大変申し訳ないのだが、今回の台風はど真ん中ストライクゾーンに来るか、完全なボール玉か、どちらかが来てもらわないと困るのだ。なのにこのたびの台風ときたら、速度は遅い、進行方向は定まらない、と、まるで私の判断を狂わせようとするかのような動き方。来るなら来る、来ないなら来ない、早くはっきりさせてほしい。

 皆さん、防災対策をしっかりとして、台風襲来に備えてください。 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ