« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

保守的?!

 皆さんは、見知らぬ町の街角にある、見知らぬ小さな喫茶店に、一人で入る勇気はおありだろうか。きっぱり、私には絶対にない。入店した瞬間の、ご店主の「え?!」という顔や、他の常連らしき客からの「誰やねん?!」といった横目がちに見る顔が目に浮かんで、入店直後から平静を装って席に着く自信が全くわかないのである。目新しい小さな店に入る勇気がないのは、私の大きな特徴だ。

 そうした開拓精神がないのは昔からで、例えば投げ釣りでも、見知らぬ土地で、ここは良さそう?と思っても、まず最初からその場所では竿を出さない。期待に胸を膨らませて、あるいは仕方なしにその場所で竿を出しても、外道やエサ取りのみで釣れなかったらどうしよう、と先入観が先に立ってしまうからである。私が竿を出すのは、実績場や釣り場ガイドに書いてある釣り場とか、とにかくそんな場所ばかりのような気がする。

 その他、どちらかと言えば、私は今の現状を変えたくない派で、起床時間、朝食の形態、通勤路、そして、着る服に至るまで、新しいものには余り手を出したがらない。

 何が言いたいのかというと、先日のブログのテーマに戻るが、原子力発電所は反対だと言いながら、今の電気代が安定した、安定供給の電力形態から抜け出す勇気を持ち合わせていないのだ。だから、先日のブログに書いたような意見になる。

 本当は、自然エネルギーを用いた発電方式に切り替えていくべきだ、という考えを持つべきところが、なかなかそう気持ちに切り替わっていかない自分が歯がゆい。

 先日のブログを書いてから、ずっとそんなことばかり考えていた。考え事ばかりしているから、バイクで事故る? ごもっとも。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

土曜日の夕方・・・・

 また皆さんからお叱りを受けるかもしれない内容で・・・・(^^;

 土曜日の夕方、私は出先からバイクで帰路についていた。結構強く雨が降りしきる中、家路へと急いでいた。

 裏道を通って、府道へと出る信号のない三叉路。左右の交差点の信号は赤。どちらからも車が来ていないことを確認して・・・・

 ふと見ると、左角のビデオショップから1台の車が、私と同じ方向に出ようとしている。様子を見ていると、止まってこちらが出るのを待ってくれている様子なので、会釈をして私が府道を左折した。止まってくれた車の前を通過して走っていく予定だった。ところが・・・・

 気づくのが遅かった。ハザードをつけて停車していた別の車が発進したらしく、あっ!と思う間もなく、「ガシャーン!!」

 衝突してしまった。

 私はバイクもろとも転倒、以前にバイクで事故をしたときと同じように、足の上にバイクが乗っかる感じで止まった。

 「やばい!」

 またどこか骨折したかも? しばらく動転して起き上がることができず、ぶつかった車と、ビデオショップから出ようとしていた車の双方のドライバーが降りてきて、バイクと身体を起こしてくれた。

 「大丈夫ですか?!」

 「どこか痛いところはないですか?」

 「救急車は?! 警察に連絡しましょか?!」

 そう言われて、手足や腰、首を動かして、痛い部分を探してみた。アクセルを持っていた右手の小指付け根を打ったようで、少しすりむいており、突き指のような痛みはあるが、他は異常がない様子。少し気持ちに余裕ができて、バイクはどうなったのかと見ると、アクセルが少し割れたのと、カウルに少しひびが入った程度で、こちらも問題なさそう。

 ぶつかった相手のドライバーは、年のころなら24~5歳の男性。夜の雨の中とはいえ、顔が完全にひきつっているのが見て取れる。立場が逆で私が車のドライバーとしても、同じ表情になっていただろう。私は自分の身体もバイクも、大して異常がないことを確認すると、

 「大丈夫みたいです。私は警察も救急車も必要ないですが、あなたの車の修理をするのであれば、警察に連絡した方が良いでしょうね。」

 そう言うと、若者は車を確認。5センチくらいの幅で少しへこんでいるものの、こちらもほとんど無傷。

 「車はこの程度なら大丈夫です。」

 「そうですか。今のは私がちゃんと確認せずに曲がろうとしたので、私が悪いと思います。なので、警察は必要ありません。」

 「いや、私も急発進しましたから、私も悪いです。」

 「それならば、今回は両成敗ということで、終わりにしましょう。」

 そう言って、恐縮する若者を後にして、私は再びバイクを発進させた。

 本当なら、どんなに小さな事故でも、警察に連絡が原則であるが、なんとなく今回は、呼ばなくても良いという気持ちが強く、それを押し切った感じ。

 それよりも、あれほどのぶつかり方で、どうして双方あの程度の損傷で済んだのか。その方が不思議。かつて、3ヶ月も入院したバイク転倒事故よりも、かなりひどいこけ方をしたのに、大した怪我もなく、バイクの破損もなく、奇跡としか言いようがない。

 何が言いたいのか。

 事故をしたところは、なんと私の実家のすぐそば。そして何よりも、翌日に父の納骨式を控えた、土曜日の夕刻の出来事であったということだ。

 また、両親に借りを作ってしまった・・・・反省。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

父の納骨

 今日は父の納骨式の日だった。と同時に、少し日にち的には早いが、母の17回忌の日でもあった。父が亡くなったのが1月7日。早いもので、もう納骨の儀。月日が経つのは、本当に早い。

 台風の通過でどうなることかと思われたが、父の自宅で読経を終えてから墓に移動するとき、雨雲レーダーを見てみると、奇跡的に八尾市近辺のみ雨雲がなかった。周りが真っ赤(強い雨)であるにもかかわらずである。やはり、母と父の想いは強いのか、奇跡的な天候だった。もっとも、墓に着いたときには雨が降り始め、納骨式の儀も雨の中ということになったが、それでも雨は小雨程度、風もほとんどなかった。墓の事務所で手続きを終えて帰宅するとき、急に風が強くなって雨は本降りに。やはり、奇跡としか言いようがない。

 父が納骨される墓は、母が亡くなったときに母の生前の要望で、河内平野が見渡せる、見晴らしの良いところに、父自らが手に入れた墓である。そして、16年の歳月を経て、ようやく父は墓を購入した当時の想いが果たせ、母に再会することができた。

 今、父は母とどのような会話をしているのだろうか・・・

 次の行事は初盆。

2011052911590001_2

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

原子力発電についてのアンケート

 私は、原子力発電は反対だ。排ガス等を出さないクリーンな発電と、各電力会社は謳っているが、実際に福島県の原発事故を見ていると、本当に安全なのかどうか疑わしくなる。だから、私は反対だ。というか、以前からずっと反対の立場をとってきた。

 だが、そういう意見を持ち合わせると同時に、果たして本当に反対の立場を貫いても良いものかどうか、疑問にも思っている。かつて、高度経済成長期、電力の需要が右肩上がりに増えていき、最も手っ取り早いともいうべき、火力発電所が多く建設された。ところが、火力発電は主に化石燃料を用いてタービンを回し、発電するので、どうしても排気ガスの放出は避けて通れない。同時進行するかのように、各地で公害事件が多発し、住民の怒りの矛先は火力発電所にも向けられたわけで、そういういきさつから原子力発電の建設が行われていったのだと思う。

 今では、原子力発電の占める割合がかなり増えている。そのおかげで発電コストは下がり、電気代を低く抑えるのに貢献しているわけだ。

 今の電気代、皆さんは不満をお持ちだろうか。原子力発電には反対、風力発電や太陽光発電など、自然派発電に切り替えるべき、と多くの方はおっしゃるが、それら自然派発電はどれだけの発電コストがかかるのかご存知なのだろうか。風力発電でも原子力発電の2~3倍、太陽光発電に至っては、約10倍の発電コストがかかるのだ。発電コストが最も安価なのは、何をかくそう、原子力発電なのである。発電方式がすべて風力や太陽光になったとしたら、電気代がいくらになることやら。考えただけでもぞっとする。もっとも、それだけの自然派発電の設備は、もちろん日本にはないので、当面は無理だと思われる。

 私も含めて、ということになるだろうが、安易に原子力発電に反対することは、もはやできなくなっているのである。不幸な事故が起こってしまったとはいえ、私たちが、今も電力の多くを原子力発電に頼っているのは、紛れもない事実なのだ。

 それなら、火力発電を復活させるべきだ、とおっしゃる方には、またあの大気汚染全盛の高度成長期に戻りますか?と尋ねたい。

 どんな発電方法にも一長一短はある。原子力は放射能汚染と常に背中合わせの発電方法であるが、もっとも安く発電でき、事故さえ起きなければもっともクリーンな発電方法であることは間違いない。

 皆さんはどう思われるだろうか。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

今年度アジュール初挑戦・・・・梅雨入り編

 先日、九州南部が梅雨入りしたのに続き、今日は近畿以西の全域が梅雨入りした。平年よりも10日ほど早く、昨年よりも18日も早いとのことだ。5月のさわやかな空気も、あっという間に終わってしまい、ちょっと切ないかも? だが、そんな梅雨時は、様々な魚種が狙える好シーズンとも言える。雨を嫌わずに上手に付き合って、好釣果を得たいものだ。ただ、私自身の釣りの調子は、とっくの昔に梅雨入り(^^; 最近そう言えば、魚の顔をろくに見たことがない。ちょっと気持ちの中では焦っている。

 そんなわけで、今日は今シーズン初、アジュール舞子に釣行した。例の定期テスト1日目の午後を活用した、毎年恒例の釣行だ。今日は午後から雨が降り始めるのはわかっていた。だが、このテスト1日目を逃すと、次にいつ釣行できるかわからないので、雨の釣りを覚悟で強行したわけだ。先日のブログで、学校の若い先生も連れて行くと宣言していたが、雨だし、それでなくてもアタリが少ない釣りでもあるので、こんなことでまた「へたれ釣り師~!!」なんて言われるのも嫌なので、単独で釣行した。

 満潮が午後7時半頃と、小潮とは言え悪い潮とは思わなかったが、やはり小潮の特徴か、流れはあるものの、反転潮目はできず、ダラダラとメリハリのない潮だった。いつもお世話になる明石釣りエサセンターのご主人、神戸T会O会長さんのお話では、ここしばらくの潮は、夜中前後に時合いがやってくるとのことで、やはり半夜のみの私には不利だったようだ。明日がお休みなら夜中どころか、明日朝まで粘りたいところだが、そこはしがないサラリーマン釣り師の私、午後9時にシトシトと雨が降りしきる中あきらめて納竿。アジュールはそう甘い釣り場やおまへんな。釣果0。

 今年のアジュールの特徴は、来ればでかいとのことで、ここしばらく、梅雨の晴れ間を狙って釣行すると、思わぬ大物に出くわすかもしれない。

 そんなわけで、再挑戦日を模索中。とりあえず、雨中の釣りは疲れた。早く風呂に入って寝よう(笑)

Imgp1090

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

テーパーライン

 釣り場で高切れしたときに、「カッカラカラカラ・・・・」とボビンを地面にころがしながらテーパーラインを巻き替えている人を見ると、「ああ、もったいない・・・・」と思ってしまう。テーパーラインは、バーゲンで購入しても、5本巻きで300円はする。高切れするたびに、60円ずつ消えていく計算だ。また、「カッカラカラカラ・・・」も、見ていてあまり格好が良いものではない。

 私はリュックに1000mボビン巻きの安売りラインを忍ばせている。もちろん、テーパーラ・・・もとい、力糸として使用するためだ。号数は8号。テーパーになっていない分、8号という号柄が最も飛ぶし、丈夫だと思っている。また、私が使用する道糸はメインが4号なので、力糸が10号だと結びにくいし、また、飛びも悪い。道糸4号と力糸8号なら、普通にブラッドノット?アメリカ結び?で結べるし、結束も結構強くできる。テーパーラインに比べて、飛びも遜色ない。なんといってもランニングコストが安いのがメリット。1回分10mとして、100回巻けるから、1500円のボビン巻きを購入しても、1回15円で済む計算になる。また、このボビン巻きを入れておくと、まさかのときのモトス、ハリス、はたまた道糸にもなりうるから、便利なのだ。もしかすると、いざというときには、救命用の浮き輪にくくりつけて投げることもできる。(と、先日の海保の海猿さんがおっしゃっていた。)

 それともうひとつ。私はリュックの本体部分には、基本的にタックルボックスと食料、タオルくらいしか入れないので、内部に空洞スペースができる。そこにボビン巻きを入れて糸を引き出して道糸に結び、巻いてやると、ボビンはリュックの中でうまく回転して、「カッカラカラカラ・・・」とならなくても済むのだ。なんといっても、スマートに力糸の巻き替えができる。

 最近はオモリも高価になってきたので、他の部分で経費を削減しなければ、いくらでも高くつく。なので、テンビンは50本束売りの改良テンビンしか使っていないし、オモリも安いときに束買い。道糸は廉価物。力糸もボビン巻き。しがないサラリーマンのせめてもの抵抗といったところ。

 皆さんはどのように、経費を削減されているのだろうか。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

新規・・・導入?!

Imgp1089

 結局悩んだあげく、新規導入に踏み切った。とりあえず1台・・・

 なぜ、こんな部分的な写真かって?

 いや、「本人」がはずかしがるもので・・・・ 4台揃ってからでないと、はずかしくて人前に顔を出せない・・・とのこと(>_<)

 そんなわけで、4台導入計画が始まった。うーん、壮大な計画だ(~o~)実釣投入も、一応その後の予定。

 まずはしっかり働いて、軍資金を稼ごう(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

惨敗!! ~大阪協会オープン大会~

 今日は、大阪協会のオープン大会。

 私は、スズキのランクを狙って、クラブのありみつやんか氏、安原氏を伴って、紀ノ川尻へ行ってきた。

 ただ、3人が集合して出発したのが、現地満潮過ぎの午後10時、午前3時頃に干潮を迎えるとあって、条件は最悪。結局、3人とも朝まで粘って、釣果を得ることができなかった。しかも、今回のオープン大会でのアタリ場所は、紀ノ川ではなくて淀川。やっぱり淀川は強い!! 審査に出される釣果は、ほとんどが淀川尻のものであった。しかも、しかも、やはり日没から午後10時頃までにアタリが集中した模様。 

 私たちがノーフィッシュの憂き目を見たというのに、釣る人は釣るものだ。本日一番の大釣りと思われる釣果をちょっと皆さんにご紹介。

 場所はやはり、淀川尻。

Imgp1031

 上手な人は、上手ですなあ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

キューセン、スズキ、ネズッポ!!

 去る18日水曜日に行われた5月度大阪協会の理事会。私は大物審査部に所属しているので、大物審査をしなければならないのだが、いつも職場を出るのが遅く、審査が始まる午後6時に間に合わないことが多い。午後6時半を過ぎて会場に着くと、さすがにGW明けの理事会ということで、多くの理事の方が大物魚拓や写真をかかえて列を作られていた。この時点で審査ブースは1ヶ所。それで、先に到着してくれていた福岡氏と相談して、ブースを追加して大物審査を行った。やはり、大物審査ブースが2ヶ所あると、さばきが早い。もっと早く到着していれば列を作っていただく必要がなく、申し訳なさを実感。

 理事の方、いつも申し訳ありません。

 さて、今回の理事会で多くの魚拓が提出されたが、とりわけ多かったのがキューセン。特に、愛媛県方面へ釣行された方の申請が多く、審査用紙の魚名欄には、キューセン、キューセン、キューセン・・・・こんなことはめずらしい。よほどキューセンが濃いのだろうか。キューセンランクが空き空きな私にはうらやましい限り。私が愛媛県方面へ釣行する機会はそう多くなく、しかも、行けばほぼ確実にアジの飲ませ釣りに集中してしまうので、キューセンを捕獲するチャンスが少ないのだ。かくなる上は、キューセン1本勝負で愛媛県に飛ぶか?!

 スズキもサイズが良いものが提出されていた。私の場合は別に大きいサイズを求めているのではなく、50センチオーバーが1匹と60センチオーバーが2匹。これだけで良いのに、まあなんとも苦労しているわけで・・・・

 それともうひとつ。一際光っていたのが、30センチクラスのネズッポ。う~、うらやましい~~。私の大物星取り表を見れば、ネズッポがいかに目の上のたんこぶ的存在かがよくわかる。どこかにいないかなあ、ネズッポのネズちゃん(^^; この際、あの嫌なヌメリも許しちゃうので、お願い、釣れて!!(^^;

 大物審査をしているときに、実はいつも、「おお~うらやまし~」と思いながら作業をしているが、まあ、根っからの負けず嫌いというか、そんな気持ちは絶対に顔に出すまい!と、飄々とした顔で審査するようにしている。でも実際は・・・・

 う~、うらやまし~~~(ToT);

 本音ですわ(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

息子初参加!!の予定が・・・

 今週末は、大阪協会オープン大会の日なのであるが、その大会に我が息子を初参加させようと思っていた。ちょっとは親父のかっこいいところを見せつけて、投げ釣りの楽しさをわからせてやろう、という魂胆だったのであるが、予報では日曜日はあまり天気が良くない様子。雨模様の中息子に竿先を見させるのもちょっとかわいそうなので、折角の初参加が回避の方向に進みそう。ちょっと残念。かくなる上は、天気予報が大幅に外れてくれることを祈るのみ。

 息子が参加することをメンバーには伝えてあるので、息子とともに早い目に出ようかと思っていたが、息子不参加ということになると、予定通りの出発かな? 

 狙うはスズキ!! ここはひとつ派手に号数アップして、バシッと決めてかからなければ・・・・と、一応書いておこう(^^;

 さて、どこに行くか・・・・(^^;;;;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

自分も頑張らねば・・・

 一昨日の夜、我がクラブのありみつやんか氏から一通のメール。写メ付き(^^; 念願のスズキランク1匹目を釣り上げたとのこと。ありみつやんか氏は、サーフ在籍が私よりはるかに長いにもかかわらず、不思議とスズキには縁がなかった。というより、我がクラブのメンバー全員が、不思議とスズキには縁がなかったとも言えるのだが、ありみつやんか氏も御多分に漏れず、スズキのランクが遠かったのだ。それで、ほぼ在籍30年目にして、初めてスズキのランクを釣りあげたということだ。さぞうれしかったことだろう。サイズは50センチちょっととそんなに大きいとは言えないが、それでもめでたいスズキの初ランク。しかも、このスズキでありみつやんか氏は、大物15魚種制覇という、ダブルでめでたい結果となった。

 何かの縁があるのか、ありみつやんか氏が、めでたいスズキ初ランクを釣り上げたのと同じ日、広島のYさんは20匹目のヒラメ70センチオーバーを釣り上げて、めでたく大物号数300号に到達したとのこと。

 この2人の結果は、はるかにスケールが違いすぎるが、ひとつ共通点があるのだ。それは、投げ釣りに対して、とても一生懸命なこと。ありみつやんか氏は、仕事の関係でそう遠征できる立場ではなく、そのハンディキャップを埋めるため、せっせと近場通いをして、キチヌ等の大物を稼いでいるし、Yさんは、なんと12年もこのたびのヒラメを釣り上げるために釣り場に通い続けたのだ。そんな2人の頑張りを見るにつけ、なんと私はショボくれた釣りをしているのだと、ちょっと情けなくなってきた。最近の私は、どうもがむしゃらさが影を潜めて、とても淡白な釣りをしてしまっていると思っている。かつての、ひたむきに大物を追い続けていた頃の自分が妙になつかしくて、何がこうしてしまったのだろうと、日々考え続けている。

 さて、大物を狙うには絶好のシーズンになってきた。私もそろそろエンジンを全開にして、大物を狙いに行かなければ。自分にとってはライフワークのような投げ釣り。これがなくなれば、私はきっと私ではなくなってしまうのだろうと、いつも思っている。そんな自分自身の気持ちにも応えなければならない。

 今週末は大阪協会のオープン大会。フルスロットルで臨もう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

緊急速報

 広島のYさんが、大物号数300号を達成されたもよう。ご本人から直接お話を聞き、ブログ掲載を快くOKしてくださったので、今ここで速報として、全日本サーフ会員の皆様に報告します。

 Yさん、本当におめでとうございます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

プチレジャー

 今日は、今シーズン初めての野外バーベキューをした。会場は我が家の玄関先(^^; 最初は外食でもしようか、ということになっていたが、どうしても炭火焼の焼肉を我が家で食べたいということで家族の意見が一致、今日の「開催」となった。玄関先で開催すると一番都合が良いのが、交通費がかからないこと(^^; 材料費もそう高くつくわけではなく、経済的なレジャーといったところ。それで、炭火焼の焼肉がおいしく食べられるのだから最高。

Imgp09892

 どうですやろか、この出来栄えは(^^) 特に、テッチャンなどを焼くと、その脂が炭の上に滴り落ちて、ジュージューとおいしそうな音が食欲をそそる。それでできたのがこれ・・・・

Imgp0992

 う、うまいっ!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

紙のサイズ・・・う~ん、うっとうしい(>_<)

 皆さんもおそらくおわかりと思うが、いわゆる用紙のA版とB版の対決。

 学校現場では、生徒用のプリントはほとんどB版を利用する。要するに、B4版とB5版に問題等を印刷するわけだ。ところが、お役所の書類は、ほぼ間違いなくA4版でやってくる。全く、使い分けがややこしい。

 職員会議のレジュメの印刷も、ある先生はA4版で印刷するし、ある先生はB4版やB5版で印刷する。全く、どうやって綴じれば良いものか・・・

 ここでちょっと言い訳をすると、私は個人的にA版が嫌い。B版が生徒用プリントの主流なので、B版に慣れているせいもあるのだが、例えばテスト問題などはA版でレイアウトすると、ものすごく作りにくい。A4版は中途半端なサイズだし、A3版なんて大きすぎて扱いにくいのだ。なので、テスト問題は大抵、B4版の横レイアウトで作成する。そして、半端な部分はB5版で印刷する。私には、この方が扱いやすい。

 ところが、世間の主流は今やA4版になっていて、例えば大型家電店のサプライコーナーに行っても、B版の用紙はほとんど販売されておらず、種類が豊富なのは、間違いなくA4版だ。本当に不便な世の中になったものだ(^^; 世間全般が、お役所に右にならえってか?

 話は変わって、全日本サーフの大物申請用紙。サイズはB5版なのだが、先月の申請で、我がクラブの若手、安原氏がその申請用紙をA4版で印刷してしまって、そのまま申請しようとすると、大物事務の方にしかられてしまった。それで、安原氏にはその旨を伝えたのだが、よく考えてみるとスーパーランクの申請用紙は、なんとA4版なのだ。そして、各種大会参加の申込書なども、もちろんA4版。ん~、何とか統一してもらうわけにはいかないものだろうか。

 皆さんは、ご自宅でのプリントは、A版印刷か、B版印刷のどちらが主流だろうか。一度皆さんにご意見をお伺いしたいと思っている今日この頃である。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

けなげ・・・

Imgp0988

 近頃突然花を咲かせたポピー。日本名、「ひなげし」。

 「丘の上、ひなげしの花で~♪」

 これは、アグネスチャンのデビュー曲・・・って古い?(^^; で、誰が植えたのか、家族に尋ねてみた。

 妻「知らんよ。ん~、確か、家を建てた頃に植えた記憶があるわ。」

 家を建てた頃・・・って、6年も前やんけ~!

 息子「知ってるよ。」

 え?なんで息子が?!

 息子「庭に花が咲いてるん、知ってるで!」

 だから違うって! 植えた人は誰やっちゅう話!!

 結局、家族中誰も植えた記憶がなかった。

 もしかすると、種が鳥に運ばれたかな? どちらにしても、可憐な花がここしばらく私たちの目を楽しませてくれている。最近庭を無造作にしている私にまるでプレゼントをくれたかのように、けなげにも花を咲かせてくれているポピーだった。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

某月某日

 実は毎年この時期、目論んでいる釣りがある。それは、学校の中間テスト初日の午後、休暇を取って釣りに行くことだ。そして、その目的地は、ここ数年は大抵、神戸市のアジュール舞子に決めている。そして、そして、結構確率高く大物を仕留めている。2009年の6月、日付はやはり中間テスト初日のこと。HPの釣行記にも書いたが、大荒れの中Dランクのクロダイ2匹とBランクのマダイを仕留めたのが、特に顕著な釣果だ。いつ行っても必ず釣れる、とは限らないが、逆に、そんな男らしさが好きで、アジュール通いをしてしまう。

 若手先生「矢野先生、テストの初日に釣りに連れてってくださいよ。」

 そう声をかけられた。今から1週間前ほどのこと。

 私「その日はな、もう釣りの予定が入ってるよ。」

 若手先生「そんなこと言わないで、連れてってくださいよ。」

 そして、全く予想外の返事が返ってくることも予想できずに、

 私「ほなら、僕の釣りについてくるか?」

 若手先生「わかりました! 行きます!!」

 あらまあ、そんなわけで、アジュール舞子には、ちょっと大きいコブがついていくことになってしまった。そして、もう一人の若手の先生も。これで、いつぞや一緒に行ったタチウオ釣りと同じメンバーになってしまった。あほやなあ、ボーズかもしれんのに・・・・

 ボーズでも、人を下手呼ばわりするなよ~(^^;

 タチウオ釣りでは、いつも私を下手呼ばわりするので、今回釣れなかったら、やっぱりそう呼ばれるんやろうなあ。

 「おいっ!! へたれ釣り師!!」

 先輩に向かって、全く・・・・(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ショップでの一部始終

 大雨の降りしきる中、「柔らか銀行」ショップへ。

私 「モニターが映らなくなったのですが・・・」

ショップ店員 「申し訳ありませんが、もう修復不可能です。」

私 「では、せめて、データだけでも保存したいのですが。」

ショップ店員 「ショップでは無理です。ご自宅でパソコンでやってください。」

私 「そのやり方がわからないから尋ねているのです。」

ショップ店員 「と言われましても、ショップでは無理です。」

私 「では、解約したいのですが。」

ショップ店員 「違約金が発生します。」

私 「では、料金プランを最安値の分にしてください。」

ショップ店員 「今月一杯は、プラン変更をされても、金額は変わりません。」

私 「では、どうすれば・・・」

ショップ店員 「そのまま、今月末まで持っておいていただくしか・・・」

 これが、「柔らか銀行」ショップでの、一部始終。

 もう二度と、「柔らか銀行」にするもんか~~~(>_<) ほんまに、店員の対応まで軟弱やわ。犬やタレントを使ってCMに力を入れても、ショップ本体がこれじゃいかん。

 そんなわけで、携帯電話がとりあえず、元の「ドコモ」携帯に戻りましたので、関係各位には後ほど連絡させていただきます。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

i phone緊急事態!!

 今日帰宅後、携帯の着信を見ようと取り出して画面を見ると、真っ白になっていた。再起動もできなくなってしまって、現在使用不能状態。

 昨日のブログで、携帯買い替えなんていう記事を書いたものだから、i phoneがすねてしまったかな?とりあえず、緊急事態。どうしよう。

 とりあえずバッテリーを消費しつくしてから再起動を試みるつもり。

 明日は仕方なしに旧携帯を職場に持参しよう。

 旧携帯番号をご存知の方は、連絡の際はそちらからお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

携帯チェンジ?!

 2年間使用してきた、i phone3。その契約が、5月一杯となってきた。ご存知のように、今時の携帯は、2年契約満了時に解約しないと違約金が発生するしくみとなっている。もしかして今が替え時?と思い、色々と模索してみた。

 i phoneはとても使いやすいスマートフォンだ。アプリも充実していて、必要だな~と思えるアプリはたいていアップルストアで廉価でゲットできる。天気予報、潮時表から、吹奏楽用とも言うべき、メトロノーム、チューナー、ピアノ型キーボード、そして、簡易GPSナビゲーション、交通情報、体重管理ソフトに至るまで、私にとっては必要不可欠なアプリばかり。ところが、ところが、である。

 釣りに行くと、一番使いたい場所で「圏外」。沖磯はもちろん、一文字から地方(じかた)の釣り場に至るまで、ここぞという場面で、たいてい「圏外」。そう、i phoneは、通話エリアの狭い、「柔らか銀行」社製なのだ。 例えば、沖磯で釣りをしていて、天候が急変したとき、渡船に連絡して迎えにきてもらう、といった技が利かなくなるのだ。これは、投げ釣りマンの私には致命傷。沖磯で携帯を見ると、初めはアンテナが5本立っているのに、操作している間に、プイ、プイ、プイ・・・・と1本ずつ消えていくときのあの腹立たしさ。もういい加減に開放されたい!と思えてきた。

 それで、職場の同僚にお願いして、スマートフォンを借りて、私が使っているようなアプリがあるのかどうか確かめてみた。すると、潮時表がなんと使えるではないか! 他のアプリを調べたわけではないが、この、潮時表が使えることが確認できて、すぐさま携帯の会社チェンジをすることを決意。以前から使用して、こんなときの機種交換のために生かせておいた、「あらゆる場所」社の携帯。i phoneの解約の前に、早速ショップを訪ねてみた。

Keitaijpg

 候補はこの2機種。i phoneとまるで瓜二つな、GALAXY-Sと、EXPERIA-ARC。i-phoneからは番号が乗せ替えができるということで、即商談成立。(ただし、元の携帯は解約となるため、○○年契約割引がなくなってしまうということで、元の携帯を息子用として、学割プランで残すことに決定。息子用は月額390円らしい。)

 とりあえず、i phoneの契約が切れる5月末の予約ということで購入することにした。

 携帯電話の機能優先の方にはあまり好かれないスマートフォンだが、PCの代わりとして使用している私のようなユーザーには優れものなのだ。

 とにかく、この携帯を持った限りは、沖磯でも大抵が通話エリアとなるので、ちょっと安心。

 i phoneだけがスマートフォンではなくなった時代は、確実に進化を遂げているようだ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

250号カウントダウン・・・あと5

 先日の釣行で、ようやくマダイのランクが終了。あっけなく終了したものの、やはり、ちょっとはほっとしているのも事実である。だが、マダイのランクを終了して、後の目標を考えてみると、ちょっと気が遠くなってきた。「目の上のたんこぶ的」な魚種が名前を連ね、かなり高いハードルと思われるサイズの魚も並んでいる。とりあえずは、当面実現可能な魚種から埋めていくしかない。(詳しくは、下記を参照してください。)

http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/fugutarou%20jisseki.html

 ここからは、全日本サーフ的考察をすることにしよう。所属されていない方には、興味がないかも・・・・で、すみませんm(_ _)m

 まずは大物魚種。当面の目標は、このブログを始めた頃から大物号数250号であったが、245号に到達して、ようやく現実性を帯びてきた。とりあえず、実現可能なスズキ、キューセンで到達する予定(^^)

 ただし、問題はそこから。キス、カレイ、アイナメ、カワハギ、シマイサギは上のランクが空いているし、難敵ヒラメはガラガラ。おまけに、今では1匹釣ることさえ至難の業とされる、ネズッポ(ノドクサリ、テンコチ)は3匹しか釣っておらず、これがくだんの「目の上のたんこぶ」ってやつ(^^;

 大物号数も、そろそろ頭打ちが近いかな~、と少し弱気になっている。

 続いて、特別大物魚種。これらについては、あまり「釣りたい!」という欲求は沸いてこないのだが、全日本サーフには、大物・特別大物25魚種達成者は表彰されるという制度がある。しかも、その後は25魚種をさらに細分化された、41魚種達成という目標も用意されている。私は現在、タカノハダイとホッケをまだ釣ることができていない。この2魚種を釣ると、25魚種達成となるので、近いうちに何とかしなければならない魚種となっているわけだ。

 当面は磯巡りをしてタカノハダイを狙い、釣れたあかつきには、ホッケ狙いで釣行して、ランクサイズを「2匹」釣りたいと思っている。この2匹の意味、わかる人にはわかるだろうな(^^;

 弱気になりつつも、とりあえずは250号を達成してから、ゆっくりと作戦を練っていきたいと思っている。

 まだまだ先は長い。生きている間に、どこまで到達できるかな(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

産卵期

 今回の鹿児島遠征でわかったこと。

 私たちは一般に4~5月というと、マダイやクロダイなどの乗っ込みシーズンと思っているが、それは土地によって変わるのだということ。今回は、マダイの好シーズンと思って鹿児島に釣行したわけだが、時期的に遅いというのが結論であった。現に、私が釣り上げたマダイも、すでに卵を落とした後だったようで、身はあまり締まっておらず、少しやわらかめで、お世辞にもおいしいマダイとは言えなかった。

 鹿児島近辺のマダイシーズンはずばり、厳冬期であるはずの1月から2月にかけて。そこから3月にかけてマダイは産卵するようで、そのため、もし時間が取れるのであれば、2月頃に釣行するのがベストであるように感じた。

 昨年3月に、同じく鹿児島でマダイを好釣したが、そのタイミングですら、サイズ的に満足がいくものではなかったし、後になって考えれば、シーズンの末期であったわけだ。

 遠征の場合は、その土地、その土地に応じた釣期を、ちゃんと見極めて釣行するべきだ。

 なお、今回の釣行については、ホームページにアップしてあるので、またそちらもご覧ください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

貴重な貴重な獲物

 釣果は最悪な遠征であったが、自分としては満足しなければならない結果だと思うし、何より、とても楽しい釣行であったので、それが一番かも?

 下の写真、もったいぶった撮り方で申し訳ないが、結論は一番最後に報告が楽しいかなと思ったもので(^^;

 それでは、今日はとりあえず休むことにして・・・・zzzz

Imgp0983_2

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

はるか西へ向かいます

 今夜から遠征に出発する。場所は・・・・はるか西の方角ということで(^^; ポイント的には非常にマイナーな場所なので、日本中の投げ釣りファンの方とはポイントが被るということはほぼないと思われる。

 狙いは・・・・今回の遠征では、釣果はあまり気にしないで行こうと思っているので、それも書かないでおこう(^^;;;;

 車で走ること約15時間、900km先の地で、果たしてどんなドラマが待ち受けているか・・・

 2日間ブログを休ませていただいたのに、明日から5日まで、とりあえずブログはお休みということで・・・・

 それでは皆さん、行ってきます。今夜から出発の方、お互いに気をつけて事故のないように楽しんできましょう!!

 気持ちでは、釣果は2の次ってことで(^^)/

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ