« 突然ですが、漢字の話 | トップページ | GWの釣行計画 »

吹流し?段差?

 吹流し仕掛け、という言葉がある。

「私はカレイ仕掛けには、主に吹流しを用いています。」

 といった具合。この場合に「吹流し」の対義語をあげるなら、「段差」「松葉」「1本バリ」といった言葉が来るのだろうか。

 吹流し仕掛けという言葉を用語集で調べてみると、天秤があって、その下に仕掛けがくるもの、エサがフワフワとあたかも吹き流しているように見えるので、このような言葉が使われている。船釣りでも、テンビンカゴの仕掛けなどは、天秤の下にハリスが来るので、吹流し仕掛けと呼ぶらしい。なので、上の「吹流し」「段差」「松葉」などの仕掛けも、広い意味でとればすべて吹流し仕掛けとなるのだ。そして、この場合の「吹流し」の対義語は、「胴突き」ということになる。本来はそのような意味合いであることを承知した上で・・・・

 投げ釣りの仕掛けの場合、「吹流し仕掛け」というのは、モトスの途中からエダスが1本(あるいは2本以上?)出ているものをさす。市販されている仕掛けは、ほとんどがこの形。私がこの形の仕掛けを使うのは、キューセンやカワハギ、また、シロギスを狙う場合にほぼ限られている。カレイ狙いで用いるのは、主にエサ取りが多い、秋の乗っ込みシーズン。春のカレイ狙い、特にエサ取りが少ない釣り場では、吹流し仕掛けはほとんど用いない。

 吹流し仕掛けを用いるのは、エサが2箇所(3箇所以上?)にあるメリットがあるとき。エサ取りにエサを取られるとき、1箇所のエサが犠牲になっても、もう1箇所のエサがあるさ、的な安心感がある。なので、エサ取りが多い時には、この仕掛けがかなり有効になる。

 だが、対象魚にとって、エサが2箇所にあるメリットは、私の場合ほとんど感じない。2つのエサが、たかだか40~50センチ離れたところにある意味がどれほどあるのか。50センチ先のエサなら、たとえカレイでもたやすく見つけるだろう。それよりも、2つのエサが近距離にあって、対象魚にとって目立つようなエサのつけ方の方が、メリットが多い気がする。なので、私はこの場合、吹流し仕掛けよりも、段差、あるいは松葉仕掛けの方を多用するのだ。しかも、2つのハリに同じエサをつけるのではなく、別のエサをつけるようにしている。エサが目立って、しかも違う種類のエサ。この方ががカレイなどには有利だと思う。逆に言えば、吹流し仕掛けでも、2本のハリに2種類のエサをつければ、メリットはあるということ。

 皆さんの仕掛けのこだわりは、どういったものだろうか。

Imgp0874

 これは私の、変形段差仕掛け。詳しくは、HPのコラム集をどうぞ。

 今回は、上バリに改良カレイイレグ14号、下バリに丸貝専用6号をつけてみた。上バリにマムシ、下バリにアオイソメの房掛けのイメージで(^^; モトスは8号、ハリスは6号で、それぞれ30センチ、段差は5センチほどになる。パイプを通してあるので、絡みは少ない。仕掛け全長は、スナズリを入れて100センチほど。結構実績ありの仕掛けだ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 突然ですが、漢字の話 | トップページ | GWの釣行計画 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/51364276

この記事へのトラックバック一覧です: 吹流し?段差?:

« 突然ですが、漢字の話 | トップページ | GWの釣行計画 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ