« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

砂ズリ作り

 次回いつ釣りに行けるのかメドが立たず、かと言って行かないのもシャクなので、夕方いつでも某川尻に走れるように、そして、それ以外の釣りでもすぐに仕掛けが作れるように、気が向いたときに集中して作ってしまおうと、とりあえず砂ズリだけ作った。

 私が砂ズリを入れている容器は、父が生前に補聴器を入れていたプラスチック容器。大げさなものではないけれど、とりあえずは「形見」の品? 太号柄のナイロンを用いた砂ズリは、丸めて仕舞っても癖がつかないので、この入れ物は砂ズリ入れにちょうど良い。蓋もついていて、タックルボックスにちょうどうまく収まる。

 

30本ほど作ってこんな感じ。

Imgp0859

 これで、しばらくはもちそう。

 最近は、砂ズリの全長を40センチから50センチにサイズアップしている。ハリスを短く取っても、仕掛け全長は長くできるわけだ。これからのシーズンは、クロダイやマダイ、スズキ、そして、塩イワシや活けアジの飲ませ釣りに移っていくので、1本バリ仕掛けが手軽に作れる砂ズリはとても重宝する。
 次はボチボチ、仕掛け部分でも作っていくとするか・・・・

 話は変わるが、明日からは新年度。新任の先生も何名か迎えて、またまた職場は若返りそう。明日は朝から夕方まで会議漬けになるが、なんとか乗り切ろう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

今私にできることBGM

 音楽に多少はかかわりがある私ならではの気づいたこと。

 公共広告機構のCMのひとつ、「今私にできること」。
 右手で4分の3拍子の8分音符でたたく、あのメロディ。

 ミラド♯シド♯ラ、ミラド♯シド♯ラ・・・・・・

 右手はずっとこのメロディ。その間、左手は4小節間同じベース音を同じく8分音符でたたき続ける。4小節ずつ別のベース音になっても右手は同じメロディ。それでいて、曲の感情、訴えたいことがしみじみと伝わってくる。すごい曲だと思った。いったい、どんな方が作曲したのだろうか。

 手近にもしピアノがあるのなら、是非このメロディをたたいてみてほしい。今自分に何ができるのだろうか、なんて、本気で考えモードに入れるので。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

息子の定期健診

 今日は2ヶ月に1度の、息子の定期健診の日。いつもは妻が連れて行くのだが、今日は春休み中ということで、私が連れて行くことに。行き先は、大阪市立大学医学部付属病院。

 受付を済ませて採血。子どもにしてはめずらしく、注射を全く怖がらない。物心がついた頃にはすでに注射慣れしていたので無理もないが、心配する私をよそ目に、注射をしたらポケモンカードがもらえるから、と屈託がない。自分から右手を差し出して、ここ!と指をさして、針を刺す位置を看護士さんに指示するほど。

 そして、1時間ほど待って、いよいよ受診。息子の手術のときにお世話になった医師がまたおられて、今もお世話になっているのだが、私がお会いするのは数年ぶり。私が冗談で、「息子は○○先生のような医師になりたいと言っています。」と言ったら、「そうか、それじゃ早く来てくれ、現場は医師が不足しているんだ。」などと、冗談とも本気ともつかない返事をされて、息子と二人で笑っていた。

 息子は現在、まだ免疫抑制剤を1日に1回服用しなければならないが、その量が、体重の増加とともに相対的に減少している。もう少し成長したら、その免疫抑制剤ともいよいよお別れのときがやってくるとのこと。息子よ、それまでの辛抱だ、頑張って薬を飲もう。

 生体肝移植をした子どもの中には、もう大丈夫だろうと素人判断をして、免疫抑制剤を服用させずに放置していて、3ヶ月後に拒絶反応が出て再入院をした例もあるそうだ。私の息子の場合は、類まれな、術後の経過がすこぶる順調な子どもだそうだが、それでもあなどれない。先生の言う通り、もう少し辛抱して、免疫抑制剤と友達でいよう。

 結局昼過ぎまでかかり、病院を出た後は、うどん屋さんで昼食を食べて帰宅。

 外来の待合室で座っていると、紹介状を書いてもらって受診に来たときのことを鮮明に思い出してしまった。診察室での医師との会話がひとつひとつ思い出される。考えてみると、もう8年も前のことになる。今は元気に走り回っている息子を見ていると、これが幸せなのだな、とつくづく実感できるのであった。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

「丸貝専用」の威力

 カレイ用にいろいろな種類のハリが出ている。特によく目立つのが、「○○カレイ」と、何かわけがわかるような、わからないような漢字2文字の熟語がついた、カレイ専用と謳ったハリ。

 最近そのなかの1つを使っていたが、もうやめた。とにかく、線が細く、藻に掛かっただけでハリ先は曲がり、フグをはずすだけで同じくハリ先が曲がる、または折れる。そうでなくても、2~3回投げているうちに、ハリ先は完全に丸くなり、爪先に当てても全く刺さらなくなってしまう。もはや、釣りバリとしての値打ちはない。あえて○○の部分の熟語は書かないでおくが、私の中では、そのハリは信頼度0。よって、すべて処分してしまった。このハリを使って後悔するのは嫌だと思ったから。メーカーさん、もっと耐久性の高いカレイ用のハリを開発してください。(ただし、「トーナメントカレイ」というハリは良いらしい?)

 耐久性が高い、で思いつくのが、O社から発売されているチヌバリ、「丸貝専用」。このハリは神戸の某サーフの方に教えていただいたのだが、最近では一番のお気に入りのハリである。とにかく、耐久性が高い。丸1日使っていても、ハリ先がなまらない、変形しない、折れない。しかも、回収して次回使うこともできるほど長持ちする。気になるようであればハリ先を研げば良いし、何といっても、約20本入って他のハリと同じくらいの値段だから、心置きなく新しいハリを使える。

 私は最近、カレイ仕掛けにも、この丸貝専用を使っている。形状はともかく、とにかく信頼のおけるハリなので、カレイ専用でなくても十分。3月6日の仮屋一文字では、このハリの7号サイズを用いて、27センチカレイを取り込むことができた。そんなわけで、カレイ、アイナメから、クロダイ、マダイ、果ては塩イワシの3連バリに至るまで、この丸貝専用は使用頻度が高くなっている。皆さんもぜひ、お試しを。

 下の2枚の写真は、久しぶりにoptioのデジタル顕微鏡モードを用いて撮影したもの。

Photo

 これは、全体のフォルム。軸が少し長く、フトコロが広いので、虫エサのたくし上げにも対応するし、アオイソメの房掛けもしやすい。もちろん、ユムシ、本コウジも可。

Photo_2

 この、鋭いハリ先が、獲物のアゴを捕らえるのだ。

 ただし、このハリは「ヒネリ」がないので、そのあたりに拘る方は一考の余地があるかも?

 とにかく、使ってみてほしい。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

3月例会無事終了

 第3回オープン大会は中止とさせていただいたが、その代わり、月例会は予定通り開催、友情参加の方も5名加わっていただき、それなりに楽しいひと時を過ごせた。

 お魚の方はと言うと、やはり釣る人は釣る?! それでも、水温は例年よりも1ヶ月以上上昇が遅れていると見られ、エサ取りが場所的に集中していたように聞いたが、それでも、ほとんどエサを取られないことが多く、1時間以上経ってから巻き上げてもエサがそのままついていることが多かった。カレイが本格化するのは4月に入ってからかも? 

 それではここから、「釣る人は釣る!」の部を・・・・(^^;

神戸IサーフのKさん。アイナメ35センチ。堂々優勝!!

Imgp0835_3

 同じく、神戸Iサーフのしんちゃん。33センチマコガレイ。しんちゃんは、今年絶好調?  準優勝!!

Imgp0836_3

 我がクラブからは、安原氏。

Imgp0837_2

 このマコガレイが第4位。クラブでトップ。全く、我がクラブ員は、いったい何をしてまんねや~(>_<) 安原氏はこれで、月例会3連覇!今年は気合いが入ってまっせ~!!

 おっと、クラブ以外の大切なゲスト、ゆうたろうさんの釣果写真を忘れた!! これはドチョンボ!!

 そんなわけで、表彰写真を・・・・(^^;

Imgp0850_3

 ゆうたろうさんは、マコガレイ31センチを釣り上げて、第3位に。

 カレイを持った写真がなくて、ごめんなさい。

 そんなわけで、最後に集合写真を撮って、解散~。

Imgp0853

 釣り人は、釣竿を振っているときには絶対に良い顔をしている。そして、一緒に竿を並べているときの交流がまた楽しい。私たちがこうして釣り場で様々な話をしながら、お互いに元気をあげて、もらって、東日本大震災の被害に遭われた方に元気をお送りしたい。そんな気持ちにさせられた、今回の月例会だった。

 来月の大阪協会春季大会は中止となったが、我が北斗サーフの月例会は、予定通り開催するつもり。

 このたび、月例会に参加して下さった皆様、どうもありがとうございました。来年も開催させていただきますので、そのときはまた、どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

最近の仮屋一文字

 明日の月例会は、本来の狙いは「花見」ガレイなのだが、花見とはとても言えないような気温の低い状態がしばらく続いている。3月に入って、まるで真冬を思わせるような寒い日々の連続で、これではカレイもとてもじゃないが深場に落ちるための体力作りをする気になれないだろう。3月末ということで、花見ガレイの最盛期、というシチュエーションを想定していたが、まだ少し時期尚早かも? とはいえ、2月の末から3月上旬にかけて、パラパラと30センチオーバーのカレイは上がっているので、一縷の望みにかけてみよう。

 最近の仮屋一文字は、ガラ藻、トロ藻、アオサの3大海藻類が海中で幅を利かせていて、潮が流れ始めるとハリと言わず、テンビンと言わず、ラインと言わず、とにかく引っかかるものがあればどこにでもまとわりついてきて、巻き取る際に一苦労する。細ラインに力糸を結ぼうものなら、その結び目にまでまとわりついてくる始末。L型テンビンなんて、ちょっと怖くて使えない状態だ。2本バリ? ん~、やめた方がいいかも?

 明日の私の仕掛けは、道糸はPE4号の通しに、改良テンビン、またはエンダーテンビンといった一直線型のテンビンを用い、仕掛けはハリス6号の通し1本バリの予定。仕掛けはできるだけ短く。3大藻ができるだけまとわりつきにくい仕掛けにした方が良いだろう、との作戦。ただ、潮は小潮なので流れはそうきつくはなさそう。

 あとはカレイの口元にエサを届けるだけなのだが・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

3月度月例会

 震災のことを配慮して、オープン大会は中止したが、クラブ員と様々な論議をしながら、結局月例会は開催することにした。実は、月例会のことをブログで書くことすらやめておこうかと思ったが、コソコソ開催するのも釈然とせず、こうして私たちのクラブは通常通りの活動をしているということを宣言しておきたかった。

 クラブメンバーだけで、と最初は思ったが、折角オープン大会に申し込んで下さった方がおられるのだから、ということで、その方たちにもお声かけをし、何人かの方は友情参加という形で月例会に参加して下さることになった。

 オープン大会よりは規模が小さくなると思うが、世の中、何でもかんでも自粛、中止、といったムードを断ち切るべく、私たちは通常通りの活動をする。お申し込みをされていない方も、飛び入り参加は大歓迎。投げ釣りをしたい!と思われた方、明後日の日曜日、午前5時30分に、淡路市森漁港駐車場にどうぞ集まってください。

 月例会の様子は、とりあえずホームページの釣行記は遠慮させていただくので、詳細はブログでご紹介しようと思う。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

「反原発」?! 知事選スタート

 とにかく、ここ3日ほどは年度末の事務処理やら何やらで目が回るほど忙しく、とてもブログに目を向けられなかったのが実情。明日から春休みには入るが、残務処理は山ほどあり、ちょっと気が重くなっている。

 各地で知事選がスタートしたようだ。時勢に合わせるかのように、「反原発」を訴えている候補もいるようだが、それって果たしてどうなのだろうか。「反」を訴えるのはたやすいが、それに替わる代替発電の方法がしっかりと言えるのかと言いたい。私は以前にも書いたが、原発には反対の気持ちでいる。だが、その裏側で、原発に頼らざるを得ない現状もわかっている。「クリーンで安全な原子力発電」という謳い文句も、使っている燃料が放射性元素ということを思うと、いざというときどうするのだろうか、といつも思っていた。そして、その危惧が現実のものとなり、「やっぱり・・・・」と思う気持ちは大きい。だが、やはり、原発に頼らざるを得ないという気持ちも、心のどこかで存在している。難しい問題だが、この時勢反原発を訴えると支持が集まるだろう、なんていう浅はかな考え方で、選挙戦を絶対に戦ってほしくない。

 話は変わるが、福島原発と女川原発、かたや大きな被害を被った原発、かたや被害を免れた原発。この違いは、設置されている場所の標高の違いであったということだ。女川原発は高台にあり、津波の被害を免れた。それどころか、敷地内は現在、被災住民の避難場所として開放されているらしい。敷地内の体育館、建物、それらが今、被災住民の居住スペースになっているということだ。

 大きな被害が出たから私たちは「原発なんて・・・」というが、その原発が止まって計画停電に追い込まれていることも確かだし、無事だった原発が避難場所になっている現実を考えると、うかつに原発反対を訴えることができない。避難場所になっていることはともかく、その原発のおかげで、快適な生活を営めていることも、間違いなく確かなのだ。

 原発のあり方を、もう一度考え直さなければならない。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイトhttp://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ワカメの・・・・

 頂き物のワカメを使って、いろいろと料理してみた。

 メカブは茹でて細切れに刻んでまな板でたたき、定番のメカブどんぶりに・・・と思いきや、納豆と和えてご飯にかけると絶品!! ただ、メカブは定番中の定番料理なので、写真は割愛(^^;

 おいしかったのは、茎の部分を切り刻んで作った佃煮。

Imgp0834

 これがまためちゃめちゃおいしい。昆布とよく似た味だが、少しだけ苦味があって、歯ごたえもあり、ご飯にのせるといくらでも食べられるほど。作り方は、いろいろとネットで調べてみて、これと思ったものを実践。

① さっと茹でたワカメの茎の部分を細く切って、さらに湯で煮込むこと20分。

② やわらかくなったところで、一旦湯切りして、あらためて調味料に入れて煮なおし。

③ ワカメの茎300gに対して、濃い口しょうゆ100CC、砂糖70g、酒20CC、みりん20CC。これだけ。

④ 煮てはさまし、味を染ませてからまた煮る。汁がなくなるまで、何度か煮る。→ できあがり。

 いつもは魚しか料理しないが、たまにはこういうのもいいかな。

 生ワカメはスーパー等でも売っているので、皆さんも是非お試しを。

 久々に食部門ネタでした。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

高速道路の渋滞

 今日の高速道路渋滞情報。阪和道海南を先頭に最大17km。中国道宝塚トンネルを先頭に21km。名神高速道路京都南ー京都東間で9km。阪神高速道路神戸線西行き魚崎を先頭に第2神明道路にかけて21km。

 これはどういうことを意味するのか。世間の自粛ムードとは別に、この3連休、ちゃんと行楽その他で人々は出かけているということ。

 ある人は言った。

「自粛、中止、辞退・・・何もかもがこうなったら、経済が止まってしまう。経済が沈滞化してしまう。とにかく、動かなければ・・・」

 いつもならあまり気持ちが良い渋滞情報ではないが、今日に限っては少し安心感を覚える、そんな渋滞だった。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

昨日は球技大会

 地震のこと以外を、久しぶりに書いてみる。

 昨日、学年で球技大会をした。学年最後の行事で、学級で盛り上がろうという企画。ただ、球技大会だけではいつもと変わりばえしないので、午前中に球技部門、午後はレク部門ということで、全員大縄飛びやクラス対抗くつ飛ばし、クラス対抗鬼ごっこ、なんていう、傍から見ればなんとも素朴に見える企画もあって、子どもたちは白けるかと思いきや、結構思い切り楽しんでいた。

 昼食は、学年最後の昼食だったので、全員グラウンドで食べ、前日から仕込んであった豚汁を生徒に振舞った。

 前日にあらかじめ募ってあった「豚汁係」の生徒を調理教室に集め、仕込みまではしてあったので、当日は再加熱のみでグラウンドに運んで生徒に配布。おわんを持ってくるように言ってあったので、生徒は豚汁を置いてある机の前に並んで、1人ずつ配っていった。

 おわんを持って並ぶ姿がなんともかわいくて微笑ましい風景であったが、もしかすると、地震で避難されている方も同じように並んでおられるのかなと思うと、少し複雑な気持ちにもなった。

 本当は、今日はどこかに竿を持って出かけようかとも思ったが、昨日は夕方から、生徒指導やらクラス分け資料作りやらで、帰宅したのが午後11時過ぎ。とても釣りの準備をする気持ちにもなれず、今こうしてブログを書いている次第。

 3連休は明日から雨の予報になっているようで、この連休中はどうやら釣り回避かな?

 そうだ、墓参りをしなくちゃ。

 亡くなった父のことを、すっかり忘れていた・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

原発事故~不安の一方で・・・

 かつて原子力発電所で40年間も働かれていた、元原発職員の方が、東電の原発事故対応のために募った専門職の公募に、テレビニュースを観ていてもたってもいられず、応募されたそうだ。その方は、40年間の原発勤務の中で、原発は最も安全な発電、最も未来に近い発電と、自負されていたとのこと。ところが、このたびの震災による甚大な事故発生。その方のお気持ちを察するところに余りある。

 その方の奥様と娘さん。

「夫は(父は)ずっと胸を張って原発に勤務してきた。そして、責任感の強い人。そのことを考えると、(事故対応のために)福島県へ行かせることを反対することはできない。辛いけど、無事に帰宅することを祈るのみです。」

 と気丈に話されている。

 私など、今までずっと、原子力発電の安全神話などあり得ない、原発ほど危険な発電方法はない、と思い続けてきた。もちろん今もその気持ちに変わりはないが、その一方で、そうして胸を張って原発に携わってこられた方もおられるわけで、エネルギー資源を原子力に頼らざるを得ない現代社会の現状、きっとその方も、そうした危惧をいだきながらも、原子力の道を歩んでこられたのかと思うと、私たちが軽い気持ちで、

「だから、原発は反対だと言ったのに。」とか、

「ほら、言わないことではない。」なんて、

軽々しく口にするのは軽率なのではないかと思い始めている。

 今も現地では、昼夜を徹して、自分の身の危険を顧みず、責任感という重圧を胸に抱きながら、線量計を身につけて事故対応をされている方が大勢おられる。線量計のアラームが鳴れば退避、そしてまた作業。放射能という目に見えない恐怖と戦いながら作業をする方々のことを思うと、やはりいてもたってもいられない。だが、私たちにはどうすることもできない。

 今はとにかく、批判的なことを口にする前に、そんな危険な現地で作業に携わる方々へ、頑張ってください! どうかよろしくお願いします!とエールを送りたい気持ちで一杯だ。デマや流言に惑わされることなく、今は冷静に作業を見守っていたいと思っている。私たちの不安を払拭すべく、必死に戦い続けている方々がおられるということを思いつつ。

大阪協会春季大会中止

 大阪協会理事会の席上、かなりの論議を重ねた結果、4月に予定されている大阪協会春季大会は中止することとなった。何もかも自粛、中止という考えには、私自身気持ちの上で理解できる部分と、そうじゃないという部分が混在している状態。ただ、やはり被災された東北、関東の方々への哀悼の意志は持つべき、というよりごく自然に協会員の方が持たれるのは当然のこと。ということで、大会は中止することになったわけである。

 5月の協会オープン大会は、よほどの危険が伴わない限り、当初の予定通り開催の見通し。とりあえず、協会行事の動きが判明した分のみ書いておく。

オープン大会中止

 「表題の通り、第3回北斗サーフオープン大会を中止することにさせていただきました。お申し込みをされた方、また、これからお申し込みの予定であった方、大変残念ですが、諸般の事情により中止させていただきます。」

 これは、クラブとしての意思表明。ここからは私見となるが・・・・

 ただ、この先どういう状況になるかわからず、また、私たちが皆、何もかも中止だの、自粛だの、という結論を次々に出したとしても、被災された方、また、それを見守る私たちが元気になるとは思えない。メモリアルとしての大会は中止というより、延期という表現でとどめておき、3月度の月例会は、よほどの危険が伴わない限り、予定通り開催する方向で検討している。

 釣りがしたい、とか、魚を釣りたい、とかいう理由は、今は全く持ち合わせていない。だが、上に書いたことは、私の正直な気持ち。もちろん、被災された方々への気持ちは相変わらず強く、何とかせねば、何とかしなければ、という思いはいつもある。だが、元気な私たちが沈んでいても、前向きに解決していくとは思えないのである。

 福島原発のニュースは続々と悪化の方向で入ってきている。放射能の恐怖を一番知っているはずの日本が、放射能の危険にさらされるなんて、全くもって皮肉としか言いようがない。

 理科で、「エネルギー資源」という単元があり、そこで、様々な発電方式を学習するが、原発による発電が全発電量のかなりの割合を占めている現状を説明する一方で、「私」自身は常に放射能の恐怖、そして、原発に反対する気持ちを生徒に伝えてきた。もちろん、今もその気持ちは変わらない。電力というエネルギーに原発を使ってでも頼らざるを得ない日本の現状を、今は憂える気持ちでいっぱいになっている。

 地震による壊滅的な被害。

 原発の放射能漏れの恐怖。

 ただ一言、悲しい・・・・

水素爆発・燃料棒破損の可能性

 枝野官房長官の会見での発言、初めの会見とはかなり内容が変わってきている気がする。1号機、3号機の水素爆発、また、燃料棒破損の可能性。注水の未確認。これらのことがどのような影響をもたらすのか、お願いだから楽観的な発言は慎み、真実を話してほしい。もう、かなりの人数が放射能による被爆をされている。今、国民が知りたいのは、ただひとつ、真実なのだ。

 原子力発電、やはりもう一度考え直さなければならないかも。

マグニチュード8.8→9.0に修正

 マグニチュードは、地震そのものの規模を表す。マグニチュードが1増加すると、地震そのもののエネルギーは約30倍になる。単純計算すると、兵庫県南部地震(阪神淡路大震災:マグニチュード7.3)のエネルギーの約900倍近くのエネルギーに相当することになる。

 ただ、兵庫県南部地震の場合は直下型地震、このたびの地震はプレート型地震なので、被害そのものを比較することはできない。

 東海、南海、東南海地震の予想でも、マグニチュード8クラスを想定していると思われるが、まさかマグニチュード9クラスの地震が、しかも東北地方太平洋上で起こったということは、全く想定外だったに違いない。

 地震発生から津波が到達するまでに、30分もかかっていなかったそうだ。果たして地震情報を聞いてから30分以内に避難を完了できるなど、あり得るのだろうか。多くの人々がまだ行方不明と聞く。ただ、生存者はまだたくさんおられると思うので、一刻も早く救助してあげてほしい。

 心が痛む。早くなんとかしなければ・・・・

 そう思う方も多いであろう。ただ、先のブログで書かせていただいた、救援物資の送付先にしても、私自身うかつに書いてしまったかもと後悔しているのだが、送付しようにもその手段が断たれている今、送付作業を多くの方がやってしまうとかえってパニックになるような気もする。救援物資の送付について、もっと行政がそのマニュアルを公開し、誰でもすぐに救援物資を送ることができるようなシステムを、自治体の方で確立してほしい。

 あせらず、落ち着いて行動しよう。

災害用伝言ダイヤル「171」

◎被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

◎安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。

今、私たちにできること

 私は理科の教師だ。大学で地震についてはある程度学んだつもりだし、それなりに知識は持ち合わせているつもり。だが、このたびの大地震で、それがいかに脆弱で儚いものなのかをつくづく思い知った。あれほどの規模の津波が、しかもかなり広い範囲に押し寄せてくることを、いったい誰が想像できたであろうか。

 テレビの映像を観るにつけ、涙が後から後から止まらなくなって困ってしまった。自然現象なので地震そのものを止めることはできないが、せめて、犠牲者を最小限に食い止めてほしい、それだけを願っている。家がなくなっても、命があれば何とかなる。お願いだから、出来るだけ多くの人を助けてあげて! 

 今の私たちに、いったいどのようなことができるのか、またできないのか、どんなことをして良いのか、また、してはいけないのか、自分自身で冷静に判断できずにいる。ライフラインが寸断されている現状を考える限り、物の節約、電気やガスの節約、それがもしかすると被災された方々の助けになるのなら、その程度のことだけはとにかくしておこう、今はそう考えるのが精一杯。

 このたびの大地震で被災された方々に対しては、謹んで、心よりお見舞い申し上げます。

大地震

 どうしよう。

 東北地方が大変なことになっている・・・・

 津波や火災、大変だ・・・

 被害ができるだけ、小さく済みますように・・・・

 今は見守るしかない。

ホームページのこと

 最近はどうしてもブログ中心になってしまって、今年初めあたりから、父の不幸のこともあって、ホームページをなおざりにしてしまっていた。先日の月例会の釣行記を書こうと思ったら、更新する段取りすら忘れかけていた。こりゃやばいな~なんて思って他のページを確認すると、まあまあ放ったらかしのページが多いのなんの。こりゃいかん、ということで、3日ほど前からチマチマと1ページずつ更新作業を進めてきて、今夜ようやく一段落した。

 まず、釣行記と月例会報告。昨年末は3月分ほどサボってしまったので、今年こそ!と1月例会、2月例会、そして、3月例会兼オープン大会のお知らせのページを整理。

 そして、魚拓の部門。クラブ記録一覧表が昨年度のままだったのを書き換え、そして、今年の魚拓(月例会年間大物、クラブ記録含め)のデータを更新した。そして、最後にペナントレースの途中経過。ふう、やれやれ。

 ホームページの管理は動物や植物を育てるのとどことなく似ている。放っておくととんでもないことになってしまう。下手すれば、死なせたり、枯らせたりと同じ現象に陥ってしまうこともありそう。開設してもう3年も経過するが、最初の新鮮味ももしかするとなくなってきているかもしれないし、そろそろリニューアルも考えないといけないかも?

 そんなわけで、これからも懲りることなく北斗サーフ公式サイトをよろしく!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフオープン大会のお知らせ http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/geturei2011-3.html

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

プリウスワゴン?

 ハイブリッド車のトヨタプリウスが、ワゴンタイプに進化するようだ。今朝の産○新聞に掲載されていた記事だが、今までのプリウスならどうしても釣り人が選択しにくいような仕様であったと思うので(乗車定員と可載量の関係で)、これでもしかすると、釣り人は選択肢としてプリウスも範疇に入れることができる。

 写真で見る限り、ボディは同社のウィッシュのような感じ?排気量は1800CCで、2列シートタイプと3列シートタイプがある。3列シートにするにはちょっとした技術革新があって、メインバッテリーを超小型にすることにより可能になったとのこと。なので、2列タイプは220万円前後に対して、3列タイプは300万円程度もする。車幅が広くなった分、3ナンバー設定になるようで、燃費も現行タイプのものに比べるとちょっと悪くなるそうだ。

 皆さん、選択肢としていかがだろうか、プリウスワゴン。私的にはちょっとキャパシティ不足と思っているので、当面は選択肢には入りそうにない、というか、まだ、現在の「豊穣の女神4910号」に替えてからそう年月も経っていないということで、もともと計画なしなのだが・・・・

 だが、下の写真のようなプリウスワゴンがもし存在するなら、もしかすると面白いかも? 釣具がたくさん積めそう(^^)

Photo

Photo_2

 実はこれ、プリウスベースの霊柩車。父の葬儀の際に利用させていただいた会館所有のもの。ホイールベースの長さに注目。ビッグワゴンもかなわない、すさまじいホイールベースは、取り回しは不便そうだが、荷物のキャパはとても高そう。なんて、霊柩車をつかまえてそんな感想を述べても仕方がないか・・・・

 ちなみに、父はこのプリウス霊柩車には乗車していない。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフオープン大会のお知らせ http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/geturei2011-3.html

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

前原氏の辞任は何回目?!

 以前にも鳩山氏が首相になった際に書き込んだ記事。

 民主党内で不祥事を起こして、役を辞任した人がなぜ首相に?!

 菅さんにも同じような辞任劇があったような。

 そして、今回は前原氏。鳩山氏と同じく、民主党内で不祥事を起こして役を辞任した人が、なぜ外務大臣に?! と思っていたら、言わないことじゃない、また不祥事で辞任・・・・

 外国人から献金を受けるのは禁止って、そんなこと、知らなかったとは言わせません。前原さん、あなたは何年政治家をしているんですか。

 もう、いい加減にせーよ、民主党。嘘つき政党は、もうコリゴリ・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ オープン大会のお知らせ

http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/geturei2011-3.html

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

久しぶりに堪能しました

 今日3月6日は、北斗サーフ月例会の日。釣り場は自由という設定だったのだが、クラブの清水氏が3 人で仮屋一文字に行くというので、私の方のグループ、私、ありみつやんか氏、安原氏もそれに便乗して仮屋一文字に行ってきた。なんとなく、クラブ員6名で、オープン大会下見の様相(笑)

 海水温がまだ低く、本命のアタリはおろか、エサ取りのアタリも少ない状況で、本格化するのはまだ先と思われるが、それでも、兵庫協会の方も含めて、竿を出したポイントそれぞれの場所で、30センチオーバーが釣れたから、まずはよしとしなければならないのかもしれない。

 私も小さいながらもマコガレイをゲット。ポリシーを貫いて(^^;刺身にして賞味した。

Imgp0821_2

 28センチの、ちょっとかわいらしいサイズ。それでも・・・

Imgp0822

 こんな盛り合わせになるのだから、小さなカレイも大切に持ち帰るのだ。味は、ここしばらくの間に食べたマコガレイの中で、一番おいしかったくらい。ほのかに甘みを感じて最高においしかった。

Imgp0823

 最後の一切れ、食べるのが惜しいなあ(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフオープン大会のお知らせ http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/geturei2011-3.html

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

塩マムシ

 昨日、釣りに行く際に、尼崎のS釣りエサ店にてボケを購入したのだが、そのついでにマムシも2Kほど仕入れて、帰宅後塩マムシにしてみた。わざわざ塩をしなくても・・・・なんて思われる方もおられるかもしれないが、近頃では塩マムシや塩コガネ、塩ユムシまで、とりあえず塩締めしたエサが流行しているのだ。

 塩締めエサの特長は、エサ取りに強く、ハリ持ちが良いということ。生きエサに比べれば、そりゃ食いは悪いかもしれないが、エサ取り全開の状況では、とにかくハリにエサを残す工夫をする方が大切。その点、この塩締めエサは、ハリ持ちがすごく良い。もっとも、エサ取りがきつい場合には、塩締めエサとてもたないことはあるのだが、それでも、生きエサに比べれば当然雲泥の差。

 いつもは、飽和食塩水に生きたマムシを放り込んで締め、水気を取った後、塩をまぶして即冷凍なのだが、今回は明日の月例会で使用するため、冷凍手順を省略しなければならず、それで、塩締めの時間を長く取ってみた。

Imgp0802

 これは、一昼夜塩締めしたもの。これで2000円分。皆さんは、2000円分で何匹入っているか、数えたことはおありだろうか。試しに、と思い、新聞紙の上に、大中小のサイズごとに並べてみた。

Imgp0803

 2000円で、25匹。普段はグラム数で考えているので、匹数を確認したことはもしかするとなかったかも?

 これを、小さなジップロックに3等分にして入れ、完成。

Imgp0804

 ただし、本当に保存を利かそうと思えば、もう一度塩を取り替えて、締める方が良いかもしれない。ただ、マムシ本来の生きの良い赤味を帯びた色を保つには、これくらいで良いかも。明日の釣りがなければこれを冷凍庫に放り込むはずなのだが、これらはクーラーボックスの中へ。

 ところで、この塩マムシ作りには尾ひれがついていて、塩マムシを一時保管と思って、妻に叱られる覚悟で冷蔵庫に入れてみた。冷蔵庫を開けた妻の言葉・・・

 「あ、意外においしそうにできてるやん。」

 へ?! 意外な言葉。エサを冷蔵庫に入れるなぞ、絶対に許してくれない奥様は世に多いというのに、我が家は恵まれてるなあ。

 ・・・・ん?! 待てよ、私の妻って、もしかすると前世はマコガレイなのかな(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

オープン大会のお知らせ http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/geturei2011-3.html

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

心折れて・・・

 人は誰でも心が折れることくらいある。

 今日はそんな1日だった。

 夕方から頭を冷やしに癒しの場所へ。

Imgp0800

Imgp0801

 2匹のキチヌが、「またおいで!」と言わんばかりに遊んでくれた。

 キチヌは裏切らない・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

道糸用フロロライン

 モトスやハリスではすでに定番となっているフロロライン。だが、意外に道糸でフロロラインを使用されている方は少ない。その原因は、価格がナイロン以上、PE未満と、少し高価なこと、PEのように寿命が長くないこと。つまり、耐久性も、ナイロン以上、PE未満、ということがあげられる。だが、正しい使い方をすれば、かなり便利なラインであることは確かだ。

 皆さんは、こんな経験をされたことはないだろうか。

 カワハギなどを狙うのに、PEラインを使いたくて使ったのは良いけれど、風が強くて糸フケが出て、アタリが出やすいはずなのに、かえってアタリを取りづらかった。

 PEラインやナイロンラインを船道に投げた途端に、船が近づくのが見えて、ラインが沈まずに困った。仕方なしに、あわてて巻き上げ。

 こんなときは、ずばり!フロロラインがお勧めである。その理由は・・・

 ・ナイロンのように伸びず、また、吸水性もほぼ0。つまり、手入れが楽。

 ・比重が大きいので、キャスト後すぐに沈み、糸フケを取りやすい。

 ・アタリはPE並みに鮮明に出る。伸びがないため。

 ・ナイロンよりも強度があるので、1号柄以上細いラインが使える。つまり、遠投には有利。

 これらが理由なのだが、欠点も。

 ・高価。(PEよりは安価だが。)

 ・キズが入ると弱くなる。(これはどのラインも同じだが。)

 ・コシがあり過ぎて、バックラッシュしやすい。

 そこで今回、例の通販サイトで購入してみたのがこれ。

Imgp0798

 デュエルのストレートスライダー。4色分けのフロロラインだが、通常のフロロラインと違って、ソフト仕上げ。メーカーの謳い文句は、ソフトフロロライン。触っての印象は、さしずめ、シー○ーエースといった感じかな?私がいつも使用している道糸は、ナイロンの4号。なので、1号柄小さい3号を購入してみた。もちろん200m巻きだが、私が気に入ったのは価格。1個1180円弱。「弱」というのは、5個セットで購入したので、単純に5で割ってこの価格というわけ。自分では比較的安く購入できたと思うのだが、こればかりは価格だけのことではなく、使用感を味わってみなければ高いのか安いのかわからない。また、使ってみての使用感インプレは書いてみたいと思う。

 できるだけ根ガカリがない場所で、遠投が必要、アタリもしっかり取る必要がある場合に使ってみたいと思っている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

日曜日は月例会・・・釣り場は・・・?

 釣り場はなんと自由!! 日曜日の午後2時に、東大阪の一般道PAに帰り着きさえすれば、どこに釣りに行ってもよいというもの。

 私が父の喪中で、新年総会と1月例会(協会初釣り大会)に欠席した間に、話し合いでそういうことに決まっていた。

 自由か~。うん、面白い。だが困った。午後2時に東大阪ということは、朝までの夜釣り以外は遠い場所は考えられない。昼釣りなら昼前に釣りをやめて戻らなければならない。日曜日の午前9時頃満潮だから、本来ならばカレイなどを狙って朝からの釣りの方が面白いのだが、如何せん釣り時間が短い・・・どうしようか。今回の同行者は、毎度おなじみ、ありみつやんか氏と、音響のスペシャリスト、安原氏。じっくりと相談してみることにしよう。

 昼の釣りなら、一番遠いところで和歌山近辺、もしくは淡路島近辺。時期的には昼はカレイ、アイナメ狙いだから、和歌山方面は少し不利かもしれないな。

 なんて悩んでいてふと考えると、昼の釣りを想定していないものだから、タックルボックスにはカレイ仕掛けのストックがほとんどないことに気づいた。とりあえず、可能性として急いで何組か作成しなければ・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

通販サイト

 釣具の通販サイトで、小物類の激安?サイトを見つけたのでとりあえずご報告。ただし、これが一番安いのかどうかはわからないので、

「もっと安いお店、あるで!」

 とおっしゃる方がおられるとはずかしいので(^^; サイト名は伏せて・・・

 PE3号100m巻き(連結もちろん可) 約900円 定価の74%引き。

 六角オモリ5kg  2500円。

 これってお安い? いやいや、まだまだ安いお店がある?

 ラインはもちろん、メーカーもの。ダイワ製PEラインも、私が見たところ安く販売されている。その他、オーナーやがまかつのハリなども、いわく、激安。 

 ただし、通販は送料がかかるので、そのあたりは不利かも?

 皆様のご判断を・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ