« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

矢野選手、夢をありがとう

 9回表。マウンドに立ったのは、矢野のテーマソングに乗って現れた守護神藤川球児。8回まで好投の久保に変えて、満を持して登板したはずの球児であったが、まさかの連続四球の上に、4番村田に3ランホームランを打たれて逆転され、万事休す。残念ながら、矢野の引退試合を勝利で飾ることができなかった。

 優勝云々は、私は元々無理だろうと思っていたので、今日の敗戦で可能性が限りなく0に近づいてもあまりショックはないのだが、引退試合をまさかの逆転負け、というのが、私にはショックであった・・・・・のだが・・・・

 よく考えてみた。矢野のテーマソングに乗って登板したときの球児の気持ち。四球を連続で与えてしまったときの球児の気持ち。おそらく最後は矢野「捕手」に受けてもらい、三振と取って、ウィニングボールを矢野のキャッチャーミットに収めたかったに違いないのだ。だが、ピンチになると矢野「捕手」の起用の可能性は薄い。だから、とにかく2アウトまで取って、矢野に楽に受けさせてあげたい、と思ったに違いないのだ。そんな高ぶった気持ちが、逆にいつもの球児らしさを消し去る結果になってしまうとは、皮肉としかいいようがないが、それでも、おそらくそんな気持ちでいたであろう球児のことを思うと、今日の敗戦のことで球児を責める気持ちには、私にはどうしてもなれないのである。

 スタンドを埋め尽くしたファンも、おそらく同じ気持ちであったのだろう。ホームランを打った、いや打ってしまった村田にも、そして打たれた球児にも、ブーイングの声は一切起こらなかった(ように見えた。)

 引退セレモニーのとき、村田が矢野に花束の贈呈をした。村田の気持ちもいかばかりか。なんとなく敵であるはずの、ホームランを打ったはずの村田を気の毒に思えてきた。

 スクリーンに矢野の勇姿が映し出されたとき、私はやはり息子の入院手術のときのことを思い出していた。あのときの阪神はすごかった。7月8月の2ヶ月間、連勝に次ぐ連勝。私はほとんど試合を観ることはできなかったが、病室で翌日の新聞を読むことが楽しみのひとつにもなっていて、それがしんどい入院生活の心の糧になっていた。そんな強い阪神の投手陣を支え続けたのは、誰あろう矢野であったのだ。あのときの感謝の気持ちは、私の中にも静かにともり続けていて、そんな気持ちを込めて今日の引退セレモニーを観ていた。

 ペナントレースは来年も戦えるが、矢野の雄姿はもう見ることはできない。少し残念だが、これが時代の流れなんだな、とつくづく思う私であった。

 矢野選手、私にも勇気を与えてくれて、本当にありがとう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

マダイとキューセンを賞味

 先日の釣行で釣り上げたマダイとキューセン。もちろんおいしくいただいた。

 キューセンは塩焼き。これが残念ながら写真を残し忘れて、おいしそうな焼き上がりをお見せできないのが残念。ただ、キューセンの塩焼きをおいしくいただくためのコツを書くならば、特に紀東のキューセンは、瀬戸内で釣れるものよりも少し水っぽく、身がやわらかい感があるので、とにかくその水気を飛ばす感覚で焼き上げるのがミソ。鉄則は遠火の弱火。これで、片面を10分程度かけてじっくり焼き上げる。キューセンはご存知のように、ウロコも食べられる魚で、特に焦げ目のついたキューセンのウロコは香ばしく、パリパリととてもおいしい。遠火の弱火でじっくりと時間をかけて焼けば、水気がうまく飛ばされて、しかもウロコもコンガリ焼きあがるので、ヘタをすると、マダイの塩焼きよりもおいしくいただけるのだ。

 返す返すも、焼き上がりのおいしそうな写真を残せなかったのが残念。

 さて、マダイ。我が家では、マダイの料理はワンパターンと言われようが、定番メニューがあって、もちろん刺身にそれからタイしゃぶ。複数匹釣れた場合にのみ、タイめしがメニューに加わる。そして、身よりももっと楽しみなのが、中骨の塩焼きとカブト煮。どんなにうまく捌いても、中骨には必ず少なからず身がついていて、これを焼き上げて、手で身をほぐしながら食べると、酒が進む進む。中骨で足りない場合は、刺身用にすき取った腹骨の部分も塩焼きに加える。40センチのタイならば、結構な量の塩焼きになる。

 そして、私が最も好きなのはカブト煮。養殖のタイの頭でカブト煮を作ると(スーパーで売っているカブトも同じく。)煮汁があぶらでギトギトになってしまう。ところが、天然物だとそれがほとんどない。だから、濃厚な味の割りにあっさりとしたカブト煮ができる。

 下の写真は、冷蔵庫で1日寝かせたマダイと、カブト煮、中骨の塩焼きセット(^^; 皆さんもタイが手に入ったら、ぜひ試してほしい。

Imgp0492

Imgp0493

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

250号カウントダウン・・・あと8(その3)

 すみません。そうたいした釣行でもなかったのに、わざわざ3回に分けて書いてしまって、読者の皆さんに誇大な期待を抱かせたかもしれないことを、反省します(^^;

 では続き・・・・(書くんかよ~!!って?)

 夜明けまでに何度かエサの状況を確認するために巻き上げた。そして投げ返し。2度ほど「らしい」アタリがあったのだが、2度とも空振り。その2度ともにドラグが鳴ったので、第1投目のマダイのことがあるにせよ、マダイの回遊は結構頻繁にあると感じた。

 夜明けと同時に有光氏を起こす。体調は少し回復したよう。ただ、有光氏にはたいした釣りをしてもらっていないので、かねてより予定していた○○釣りのために場所を移動することを提案し、2人で道具を片付けて移動することにした。移動先は少しゴロタ浜を歩かねばならないが、結構○○が釣れるポイントということで、二人とも竿を1本ずつ持って、釣り場に向かう。

 開始して数投目まではアタリがなかったり、外道が釣れたりと、前日までの台風通過の余波の影響が懸念された。だが、日が照って完全に夜が明けるとポツポツとアタリが出て、二人で合計6匹!! うち、ランク物は3匹。で、次がそのときの釣果写真。

100926choka2

 有光氏、実寸26.1センチと拓寸26.0センチのランク魚2匹を含め、計4匹、私は実寸26.0センチと24センチの2匹。月例会の実寸ランク物は年間大物賞の対象になるのだが、1mm差で有光氏の手に。だが、夜から体調が悪くてろくに釣りができなかった有光氏が、この釣りの後で、

「久々に、ええ釣りができたわ~。」

と言ってくれたので、よかったと思った。夜に釣ったマダイは、特別大物申請だが、月例ランク魚なので年間大物賞候補となり、2人とも、年間大物候補をゲット、ランク魚も2匹ずつと、まあ、いつもたいした釣果にならない月例会としては上出来の成績となった。

 キューセン26.0センチ。これが、私の大物242号である。

 まあ、それだけの話ですぅ(^^; お騒がせしました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

250号カウントダウン・・・あと8(その2)

 満月が煌々と照りつける浅い場所、しかも、干底のベタッとした潮のこの状況で、一体何が掛かったというのか。

 合わせた瞬間の重みから、私はサメかエイ、または巨大アナゴの類かと思った。ところが、巻き上げを開始すると途端にあの独特の頭を振る感触が!半信半疑で巻き続けるが、今までのどの魚よりも顕著な引き具合に、この状況下でも私には「マダイ」と確信できた。そして、足元まで巻くと、やはり予想通り、紛れもないマダイが水面に横たわっていた。 

 「有光~、マダイや~!!」

 そう叫ぶと、有光氏がすぐに車から降りてきた。私はそう大きなサイズではないことを確認して、護岸から抜き上げ。無事取り込みに成功!!

有光 「ええ~っ、もう釣れたんかいな?!」

100926madai1

 撮影は有光氏。サイズは43センチほど。そうたいした大きさではないが、天然物の、魚体がすごくきれいなマダイだった。

 何だか嬉しいを通り越して、キツネにつままれたような気分。絶対に釣れないだろうと思われたこの状況で、第1投目にマダイが釣れたのだから無理もない。そしてもちろん、私も有光氏も再び投げ返したのは言うまでもない。ただ、有光氏はやはり体調がすぐれないらしく、しばらくすると再び助手席の守り神に戻ってしまった。私も何投かしたが、突然睡魔に襲われて、しばらく車中で仮眠することに・・・・

 マダイ43センチは、私にとっては特別大物の申請となる。となると、大物250号カウントダウンの主は一体・・・・・??

 ええい! もう一度続きにするぞ! 

 もったいぶってすみません・・・・・           (続くぅ~)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

250号カウントダウン・・・あと8(その1)

 とにかく最悪だった。ポイントを紀北町の引本に絞って現地に向かったが、到着してみると、著名ポイントは人、人、人・・・・そして、あらゆる場所に竿先ライトのオンパレード。釣り座を確保する場所が全くない。あちらをウロウロ、こちらをウロウロ、全く無計画にオロオロと釣り場を探すのみ。しかも、有光氏は体調が悪いらしく、ポイントを探す間にもシートを倒して寝るばかり。

 有光氏も私も、どちらかと言えば引本には堪能ではなく、私が夏にDランクを釣り上げたということが根拠だけの、時期もなにも考えない無謀な釣行だった。元々、出かける前からテンションが低かった私と、出かける前から体調が悪かった有光氏。おまけに釣り座がないとなればもう二人のテンションは下がる一方。  

 と・・・造船所の横の埋立地に、かろうじて2人が竿を出せるスペースがあった。といっても、沖向きに投げられるスペースには1人が竿を出すのがやっと。有光氏は体調が悪いのか遠慮してか、

「お前が沖向きの釣り座を確保したらええやん。」

 倒したシートから、ボソボソとしゃべる有光氏の声。

「オレもとりあえず竿は出すけど、しばらく車で横になっておくわ。」

 力を振り絞って湾内方向に2本の竿を投げ終えた有光氏は、そのまま助手席の守り神になってしまった。

 仕方がない。とりあえず私も竿を2本出すことにしよう。湾奥のしょぼくれたポイント、しかも満月が煌々と照りつける干底の最悪タイミングなので、「先入観強烈ぅ~」の私は、釣れる気が全くしない。だが、折角手に入れたタイムシに一縷の望みを賭けて第一投。あ、浅い!! しょぼくれたポイント以上にしょぼくれる私。あーあ、今日はボウズやな~(.>_<);

 ところが、ハプニングはその直後にやってきた。2本目の竿にエサをつけているとき、1本目の竿のドラグが短く鳴ったような気がした。

「ん?? ドラグが鳴った???」

 竿先に目をやるが、微動だにしない竿が三脚に乗っかっているだけ。やっぱり気のせい? だが、気にしても仕方がないのでとりあえず2本目を投入。糸フケを取って三脚に竿を置いたあと、1本目に投げた竿を期待もせずにあおってみることにした。

 すると、意に反して,あおった瞬間にグゥ~ンと重い感触が!! 

 (久々にここは、「続く~ぅ」にしよう(^^; )

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

月例会=久しぶりの釣行

 それにしても困ったものだ。釣りの準備をしようとすると、あれがない、これがないと大変。それもそのはず、私としてはめずらしいことに、8月20日の月例会以来釣りに行っていないからだ。ロッドとリールはとりあえず釣行後に手入れをしてから片付けたので事なきを得たものの、洗ったはずのクーラーボックスはプンと臭いがしているし、はさみや全サメジャーは錆びかけているし、仕掛けボックスはグチャグチャになっているし、修復作業におおわらわ。仕掛け作りどころではない。

 というか、夜釣りはほとんど1本バリ仕掛けなので、現地製作で間に合わせようと思っているし、もし夜が明けてカワハギ、キューセンなら仕掛けは十分にある。仕掛け作り? 今はそんなテンションではないなあ(^^;

 先日も書いたが、久しぶりの釣りは、すでに釣り不精、出不精の免疫ができた後なので、それに打ち勝つモチベーションを築くにはかなりの苦労が必要なようだ。明日の夜までにかなうかどうか。

 ただひとつのモチベーションと言えば、早く例のSDをデビューさせたいなということ。ただし、中途半端には使わない。キューセン、カワハギ確信ポイントにて竿を出せるときのみ、使うことにする。ハイエンドリールに、ボーズリールの称号を与えるわけにはいかぬ。

 そんなわけで、探偵ナイトスクープを観ながら準備、準備と・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

回避

 結局釣りは取りやめることにした。体調面でまだ不安があるのと、台風が接近していて波が高く、私が追い求めるキューセンのポイントには行けないこと。そして、そんなに無理をしなくても、今週末に月例会があること。まあ、様々な理由が複合して、取りやめることにしたのだ。

 釣行記を期待して読んでくださっておられる皆さん、どうもご期待に添えなくて申し訳ありません。とりあえず釣りは、体力と気力が充実していて、なおかつ欲求が高まっているときに行けばいいということで。

 今日は朝から作曲と編曲の続き。曲は出来上がっているが、合唱譜の編曲と、ピアノの編曲が残っている。舞台での発表を頭に思い描いて創っていくのは、なかなか夢があって楽しい。作業をしながら、「もしかして、才能があるんかな?」なんて思ってほくそえみながら作業(笑)

 ただ、午後遅くからは段々頭が沸騰してきて、気分転換に久々に銀玉遊技場へ出向いた。はははっ、あっさり負け(^^; たまにはこんなこともあるか。

 最近のお好みは、「牙狼(ガロ)~陰我消滅の日~」。以前の牙狼のライトスペックバージョン。当たる確率が高く、気軽に打てる台だ。以前の牙狼ではどうしても見れなかった、レアなリーチも見れたりして。心滅全回転リーチ、ダイジェスト全回転リーチ、カオルリーチ金絵の具などなど・・・そんなリーチになった瞬間のドキドキ感がたまらなく好きなのだ。

 「次回! 心滅」・・・・もう一度見たいなァ。

 わかる人にはわかるかな?(笑)

 釣りネタでなくて、申し訳ありません・・・・m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

良い医者

 今日は朝からまたしても調子が悪く、ついに今日は学校を休んで医者に行くことに。

 ごく近くに総合病院があるのだが、私は少し離れた(職場への行く道すじ)ところの行きつけの町医者に行くことにした。3日ほどろくに食べていないので、吐き気止めも含めて、点滴を受けることに・・・・

 「吐き気止めは眠くなるねん。矢野さんは今日は車か?」

 「あ、はい。」

 「そしたら、吐き気止めは緩めにしとくわ。」

 「すみません。」

 もともと、眠くなる成分にはものすごく反応が良い体質なので、点滴中から眠気が襲ってきて困った。それでも、眠い目をこすりながら帰宅して、そこから一気に爆睡モードに。今はもちろん起きて、こうしてブログを書いているが、少し体調は持ち直して、胃も違和感はなくなっている。念のため夕食はおかゆで済ませることにしたのだが・・・・

 「矢野さんな、自分の身体のことやねんから、もっといたわったらなあかんわ。いつまでも若いつもりで気楽に構えてたら、ひどい目に遭うで。」

 医者に叱られてしまった。この医者にかかると、毎回のように叱られる。初めはそんな医者の態度にむかっと来ることもあったのだが、とにかく触診が上手で、しかも、叱る割りにはこちらの話もよく聞いてくれる。叱るということは、それだけ心配してくれているということだから、素直に受け入れることにしよう。と思ったのも、触診になんとなく信頼感を感じたから。

 近頃の医者は、パソコンに向かってポチポチ打ち込むだけで、患者の身体に触れようともしない医者が多い気がする。そして、二言目には検査を受けますか?だ。医療に初心者の患者の話を聞くだけでは計り知れないことも多いだろうに。こうして、触診でポツポツと身体を叩き、そして見解を導こうとする医者に信頼感を寄せるのは私だけではない気がするのである。

 とりあえず、今日は医者に行ってよかった。診断は、診断名というほどもなく、

 「ストレスと疲れやな。夏の負担が一気に今出たんやな。しばらく様子を見て、おかしかったらまたおいで。」

 こう言ってくれて、とりあえず納得して会計を終え、帰宅したのだった。

 あー、しんどい3日間だった。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/ 

有給休暇

 まずは阪神ネタから。

 え?ナゴヤドームは鬼門って? ちゃうちゃう。中日の投手が良すぎるの! 試合の数で有利と言われる阪神だが、私にはどうしても中日の方が強い感じがして・・・・中日恐怖症??

 ところで、ダウンの続き。今日は早朝の5時に吐き戻して、(きたない話ですみません。)熱も少し下がったものの、依然37度台をキープしていたので、出勤しても皆に迷惑がかかるだろうと思い、休むことにした。吐き戻した後は少し胃が楽にはなったが、ムカムカ感は取れず、午前中は先日このブログでも書いていた、作曲の楽譜作りとソファーで横になる、を繰り返していた。

 最近はよく、「○○菌」とか、「○○炎」といった、ともすればおそろしい病気が流行っていることを耳にするのだが、私ももしや、その疑いがあるのかと心配していた。

 午後は、妻が九州の実家から帰ってくるということで、大阪空港まで迎えに行くことに。妻は来なくてもいい、なんて言っていたが、こちらも家にこもりきりでは気持ちが滅入ってくるので、熱でフラフラ、胸はムカムカの状態ではあったが、無理に車に乗り込んで空港に向かった。

 到着口でフラフラしながら待っていると、先に息子がひょっこりと現れた。久しぶりのその顔を見て、少しは元気になったかな? おばあちゃんに、ポータブルゲーム(DSの最新?機種??)と、ポケモンのブラック?を買ってもらったとかで、ご機嫌だった。

 私の病気はもしかして、一人でいたせいかな? 帰宅してからは胃も少し落ち着いて、熱も平熱に戻った模様。病院送りは回避できたかも(笑)やっぱり、家族は大切だな。

 うーむ、今週の平日釣行、行けるのかなあ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ダウン

 今日は1日休みであったが、ほとんど家で寝て過ごした。二日酔いになるほど飲んでいないのに、朝から吐き戻しを伴う気持ち悪さと微熱。こんな状態になるのはめずらしい。運動会の疲れなのか、打ち上げの疲れなのか。1日ほとんど何も食べずに過ごした感じ。

 休日の釣りはともかく、明日は学校に行けるのかどうか。とりあえず熱をなんとかせねば・・・・

 そんなわけで、今日のブログは短い目だが、とりあえず、早く寝ることにします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

運動会、見事優勝!!

 今日は朝から上天気の中、運動会が無事に開催された。

 大盛り上がりの中、我がクラスは見事優勝をとげることができ、喜びもひとしお。学年種目の「台風の目」は、競技プログラムの2番目だったのだが、練習ではほとんど勝てなかったのに、本番ではノーミスで見事に1位! これでスタートダッシュをかけられたのがよかった。

 この運動会の優勝は、単に「優勝」の2文字で終わらせるのではなく、後々のクラス活動に良い影響を及ぼしてくれるのが望ましい。優勝することで、クラスは団結できた・・・のかな? 週明けからに期待!!

 それでは今から、運動会の打ち上げに行ってきます(笑)

PS 釣りに出かけられた方(まだ釣り中の方もおられる?)、釣果はいかがでしたか?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

明日は運動会

 世間は3連休で、釣りに行かれている方も多いと思う。釣りに関するブログなのでもちろん釣りが好きな方に多く読んでいただいているのだと思うが、アクセス数が平日よりかなり少ない=普段読んで下さっている方は釣りに行ってる? ほら、図星かな?(笑)

 私は、世間のそんな連休ムードから逃れるかのように、今日は出勤で運動会準備、明日は運動会本番である。明後日はもちろん休みだが、明日の夜に運動会の打ち上げが予定されているので、もちろん釣行はなし。悲しいね(笑) ただ、運動会は私にとって、燃える行事のひとつで、自分のクラスの応援は、かなり熱がこもる方。もちろん、生徒の士気を高めて、クラスをまとめるのが目的なのだが、それがなくても競技は燃える燃える(笑) もう私もそれなりの年齢なので、いつまで担任を持たせてもらえるかわからない。1年1年、これが最後と言い聞かせて、行事に燃えるのだ。なので、明日は楽しみ(^^)

 実は金曜日から妻が子どもを連れて九州の実家に帰省中なのだが、それで夜が暇で暇で仕方がない。それで、昨日も今日も学校から帰宅後は、久しぶりに夜の銀玉遊技場へ向かったのだが、なんと昨日と今日で大勝ち!! 運動会がなければもちろん少なくとも釣行はしているだろうから、この勝利はまさに運動会さまさま。一生懸命働くと、神様はちゃんとご褒美をくれるものだと実感した。

 さ、明日は運動会本番。早朝から吹奏楽部の朝練も入れているので、ここらで早い目に寝るとしよう。

 釣行の皆さん、釣果はいかがですか~~。

 うむ。ここは思い切り、大・漁・祈・願!!(^^)/

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

久しぶりに作曲

 文化祭の学年の出し物で劇や影絵をおりまぜて発表するのだが、その最後を歌で締めくくることになった。既製の歌を採用する案もあったのだが、どうせなら作ってしまおうと、生徒の意見を元に文章をまとめ、それを担当の先生が作詞、それに私がメロディをつけることになった。

 私が学生の頃は、ちょうどニューミュージックとか、シンガーソングライターといった言葉が全盛の時代で、それに乗じて私もよく作詞、作曲を試みたものだ。もちろん、世に出た歌なんてあるわけもないが、一応それなりに詞を作ったり作曲したりの技は持っているつもり。

 勤めてからは全く作曲のチャンスはなかった。吹奏楽の楽譜から編曲をしなおしたり、前任校では校歌を吹奏楽の楽譜に編曲をしたりはあったが、作曲となるといつ以来か・・・・

 詞が仕上がってから約2週間、生徒の声域を考えながらの作曲は困難を極めたが、なんとか仕上げて、今日は一部の先生に仕上がった歌を聴いてもらった。おおむね好評の評価を得たので、今度は合唱譜への書き換えとピアノ伴奏譜を付け加えなければならない。もうしばらくかかりそうだが、なんとか仕上げるつもりだ。

 ブログ上では、吹奏楽ネタはたまにはあるものの、こんな私の別の一面を見ていただいて、どんなものだろうか。どうやら、私と音楽は切り離せないようだ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

あった!!

 昨日ブログを書いた後、仕掛けケースの中身を調べると・・・・

Imgp0450

 キューセン・カワハギ仕掛けがわんさか(^^)

 そういえば、7月の熊野釣行に備えて、大量生産してたっけ・・・・・ということすら、釣行の間隔が開くと忘れてしまうわけで・・・・

 これって、もうキューセン狙いに行く以外にないっしょ!(笑)

 ただ、心配は台風。また、南の海上に台風の渦がにっこりと微笑んでいるではないか。台風は、運動会の学年種目だけで十分なのに・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

チャンス??

 来週の運動会代休に、急遽釣りに行くチャンスが発生。

 もともとその代休には、学校の先生方とのキャンプ兼BBQの予定が入っていたが、とある事情で中止が決定。この行事は10月に再度日程を組もうと検討しているが、それでポコッと空白の日程が空いた状態。

 急に降って沸いたような釣行可能日ということで、全く実感がなく、その週末がクラブの月例会ということもあって、目下お悩み中。しかも、平日ということでどなたかをお誘いするわけにもいかない。さてどうしようか。

 皆さんにもおそらくご経験がおありと思うが、釣りというのは結構短い間隔で釣行すると、次回の予定もすぐに立ち、準備もスムーズにいくのだが、しばらく釣行していないと、出不精というか、釣行不精というか、行動に移す元気がなかなか沸いてこないものである。行くとなれば、仕掛け作り、エサの段取り、現地までの移動など、ある意味わずらわしいことをしなければならないわけで。いやいや、そんなことでどうするねん!!と自分に気合を入れようとしている最中なのである。

 釣行するとなれば、やはりキューセン狙い? おお~そういえば、キススペSDもこの釣りが目的で購入したんだっけ? それと、マダイも狙ってみたい。となれば、やはり南の方か? 熊野? 串本? うーん、悩む悩む。

 と、言っているうちが釣りの楽しい時間なのかも? 道具箱を引っ張り出して、ゆっくりと検討することにしよう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

台風の目

 運動会での我が学年の学年種目はクラス対抗での「台風の目」。4人が長い竹の棒を横に持ってカラーコーンなどを回って走り、競い合うもの。コーンを回る瞬間が台風のように回っているのでこういうネーミングになっている。ムカデ競争や棒倒しと並んで、運動会ではメジャーな種目だ。

 今日はその2回目の練習があった。1回の練習で入退場の練習と、最低2回ずつは競技の練習もしているのだが、どうしても○組には勝てず、クラスの生徒も私も、腕を組んで悩んでいる。

 競技練習のときは皆必死。ああすればいい、こうすればいいと、ケンケンガクガクの論議。私もついつい必死に応援してしまって、練習なのに本番さながらの雰囲気。

 学年のある先生の計らいで、担任が応援する際の大きめの旗を用意してくださり、それを担任が持って振りながら応援したのだが・・・・

 「先生、何なん? その振り方・・・」

 ある生徒が冷静に私の旗竿の振り方を観察していた。自分では全く気づかなかったのだが・・・・

 何のことはない。キャスティングと同じ振り方をしていた。無意識とは言え、投げ竿の振り方をしていたことに気づいたとき、思わず吹き出しそうになって・・・・よっぽど投げ竿を振りたいんやね。病気ですわ(笑)

 運動会まで、あとわずか・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

床屋・・・並ぶ?並ばない?

 今日は、夕方に生徒宅への家庭訪問の約束があったので、そのついでに久しぶりに早く帰宅することに。ただ、そのまま帰るのはもったいないので、床屋さんへ行くことにした。運動会やその練習も控えているし、ちょうど良い機会。

 私の髪型の定番は、もう20年来のスポーツ刈り。20年前に鼻の病気で入院したことがあるのだが、そのとき、入院じゃ頭を洗いにくいだろう、とのことで思い切ってスポーツ刈りにしたのだが、それ以来病みつきに。汗をかいても肌にべとつかないし、何よりも気が向いたら水道でも洗髪できるのが魅力。一晩の夜釣りでも釣り明けは全く不快ではなく、ペットボトルに入れておいた水で、顔とともに頭も洗えば快適そのもの。釣り人の方はぜひスポーツ刈りをお勧めする(笑)また、もうひとつ秘密の魅力があって、歳をとって髪が薄くなったのを隠すことができるわけで・・・(^^;

 ところで、床屋に行くのに皆さんが行くタイミングは?

 私の場合、間違っても休日には行かない。理由は簡単、混んでいるから。折角の休日に、床屋の待合い椅子でたとえ数十分でも待っているのは時間がもったいなくて我慢できない。そんなときに、入る気がなくても床屋さんの前を通ることがあるが、10人近くの方が並んで座っておられて、よく我慢できるなと感心している。私が床屋に行くのは、間違いなく、平日の閉店間際。仕事帰りにガラガラの床屋さんに入って、ノータイムで刈ってもらう。あ~快感(笑)

 私はとにかく並ぶことが大キライ。以前家族でUSJに行ったときも、アトラクションに並ぶ、並ばないで夫婦喧嘩をしたくらいで、それほど並ぶのがキライなのだ。できれば私とそういったテーマパークに行くことは、避けた方が良いようだ。他の場合でも、例えば店で買い物をしたりするのにやむを得ず並ぶこともあるが、ほとんどの場合、そんなときは潔くあきらめて帰宅することにしている。

 どうやら私は、大阪弁で言うところの、かなりの「イラチ」らしい(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

 

阪神タイガース優勝・・・ある?なし?

 阪神ネタ。

 今日はヤクルト相手に、高卒ルーキーの秋山君が無四球完封勝利をあげた。先日からこの秋山君のピッチングを見ているが、めっちゃあどけない顔をしているのに、毎回堂々としたピッチング。今年はともかく、来年は先発ローテーションの一角を担うのでは?ととても期待している。

 ここにきて真弓采配がうまく機能せず、特にピッチャーの起用にチグハグさが目立つ。なんでここで久保を替えるねん! 球児使いすぎやろ!!との声はどこでも聞こえてきそう。もちろん、私も同感。今年は打線がチームを引っ張っているとはいえ、所詮打線は水物。少し良いピッチャーが相手だと、途端に沈黙してしまう。打線が魅力のタイガースではあるが、打線に頼っているようじゃ、先が思いやられる。今年は優勝争いを展開しているし、数字の上からはまだ阪神が有利と思われるが、数字で語るとろくなことがない。私は前から優勝チームは中日だと思っている。総合力じゃ、やっぱり中日が上でしょう。中日のピッチャー、中田やチェン、今は戦線を離脱しているが吉見らの若手ピッチャーは安定しているし、打線もしっかりしている。数字上の有利さで阪神が優勝したとしても、CSではおそらく中日が勝利をものにすると思う。え?巨人はって? 中日には勝てません。

 今年の阪神を悪く言うつもりはないが、これだけ打線がしっかりしているのだから、来年は投手陣を再建して能見や岩田、久保、そして今年デビューの秋山君らを中心にした、投手王国を作ってから優勝争いをしてほしいと思うのだが、どうだろうか。

 え?安藤?福原? ははは(^^) 私の中ではすでに終わっているピッチャーだ。あの覇気のない投げ方。なんとかせーよ、と私は言いたい。かつては阪神のエースと呼ばれた男、かつては阪神一の速球投手と呼ばれた男、過去の栄光にすがらずに、もう一度がむしゃらに野球と向き合うべき。それがなきゃこの人達は間違いなく、本当に終わってしまう。

 なんだかんだ言っても、阪神好きやねんなァ。この気持ち、わかってくれるかな?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/ 

ブログランキング

 日本ブログ村のランキングタブをはずしてから久しい。私的にはランキングなんて気にせず、自分の思っていることを綴っていこうと思っているのだが、ランキングのページを見ると、ほとんど毎日、ランキングタブをクリックしてくださっている方がおられる。ランキングはどうでも良いと言いながら、もう何ヶ月も前からタブをはずしているわけだから、その方はわざわざ過去の記事に遡ってタブをクリックしてくださっていることになる。それはある意味うれしくて、そこまでしてわざわざクリックしてくださることに少し責任を感じるようになってきた。

 私ごときの稚拙なブログ文章を、そうやって読んでくださり、タブをクリックしてくださっていることに感謝して、タブを復活させることにしようと思う。とりあえずランキングタブを貼り付けておくが、これからもランキングなど気にせず文章を書いていこうと思うので、皆様どうぞよろしく。

 最近ほとんど釣りに行けなくて、少しフラストレーションがたまってきている毎日。来週も週末が運動会なので、また釣りには行けず。ただ、一生懸命仕事をしていれば、いつかは神様がまた楽しい投げ釣りを与えてくださると信じているので、来週は運動会に集中して仕事をすることにしよう。運動会では開会式で我が吹奏楽部が演奏することになっている。この運動会期間だけ、吹奏楽部は中学校のオフィシャルクラブとなるのだ。やりがいを感じて練習に臨むことにしよう。

 しばらくは釣行記事からは遠ざかると思うが、たまには釣りの話題を書こうと思うので、皆様どうぞよろしくお付き合いしてやってください。

 いつもクリックして下さっている方、本当にありがとうございます。

 もしよろしければ、下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

光の反射、屈折 

 1年生前半の理科は植物の世界という単元を学習していたが、この夏休み明けからは、物理分野、光の現象という単元を学習している。

 根っからの第2分野(生物、地学)指向の自分にとっては、理科の教師であるにもかかわらず、どうしても第1分野(物理、化学)方面はとっつきが悪く感じてしまう。それでも、自分がこれではだめだと自己叱責しながら光の実験の準備を頑張ってやり、今週初めから各学級の授業で、その実験に取り組んでいる。

 ところが、私の意に反して、この光の実験は生徒達に好評! まずは鏡を使って光の反射の実験。生徒に鏡を持たせて、私が釣りで使用しているゼクセスのヘッドライトで照らしてやると、生徒達はわれ先にと、その鏡で光を反射させて私に反撃(?)してくる。キャー、キャーとそれは賑やか。それから、光の反射角を調べる実験をおこなったが、どの顔も真剣そのもの。

 そして今日は、次の「光の屈折」の実験をおこなったが、これもまた一生懸命に取り組んでいて、こちらが手持ち無沙汰になるほど。

 暗幕を引いての実験で、普段と違った環境での取り組みに生徒が新鮮さを覚えたのかもしれないが、それにしても、自分がとっつきにくいと感じていたこと自体を反省するとともに、実験準備に時間をかければ、それだけ報われることも多いな、と何となく充実感を覚えた1日だった。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

鬼門

 昨日は学校からの帰宅が午後11時半になって、あえなくブログは撃沈。今日もその様相があったのだが、なんとか午後10時過ぎに帰宅できて、今PCの前に向かっている。学校帰りが遅くてブログをあきらめたのは、ブログを始めて以来始めてのこと。だが、これが本来の教師の職務なのだと思うと、妙に納得できる面もあって、この文章を打ちながら苦笑いを浮かべている次第。

 今月の釣りは月末の日曜日の月例会だけの予定とあって、どうも気持ちに張りがない。やはり私には、9月、10月は鬼門のようだ。だが、自分の選んだ仕事であるし、これで27年間も過ごしてきたわけだから、愚痴はこぼすまい。そう心に誓っている。釣行できた暁には、派手にブログやHPを更新してみようと、無謀にも画策中。

 みてろよ~、そのうちまたびっくりするような大物をいわしてやるから。

 さあ、明日も6時間びっしり満タンの授業予定。気合を入れて寝るとしよう。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

タックルの数

 我が北斗サーフのメンバーは、自慢じゃないが多くのタックルを所有する会員はほとんどいない。例えば、副会長は、ロッドはスピンパワー、リールはPAスピンパワーという組み合わせ3組ですべての釣りを頑張っているし、中にはサーフリーダーと旧パワーエアロの組み合わせで頑張っている会員、旧プロサーフのみで釣行している会員など、いわゆる「一張羅」と呼んでもおかしくないタックルで釣行している。以前からそういう会員の姿を見て、それが本来の姿なのかも?と思っていた。最近の私は、そういう会員の姿をある意味見習って、タックルの数を整理する方向で考えるようになった。以前なら、この釣りはこのタックル、この狙いはこれ、とタックルを釣行のたびに変えていたが、最近は私的な「一張羅」トーナメントサーフとトーナメントISOの組み合わせ4セットでほぼすべての釣りをこなすことに挑戦している。それに加えるとすれば、キャスティズムと昨日ゲットしたSDの組み合わせが、引き釣りと置き竿5本体制に貢献するくらい。

 考えてみれば、私達は投げ釣りを普及させるのも大きな役割のひとつだと思う。そして、こうしてブログやホームページで投げ釣りの紹介や釣行記を書く中で、様々なタックルを駆使した釣りや、釣行で多数のタックルを出すことを、これから投げ釣りを始めようという方が読まれたとき、どのように思われるだろうか。私ならもしかすると、とっつきにくいと感じるかもしれない。

 以前某所の投げ釣りで私が3セットのタックルで釣りをしているとき、竿釣りをされている方から、「あんたら投げ釣りは、竿が多すぎるねん!」とおしかりを受けたことがある。ポイントが干渉しているわけではなく、離れた所で釣りをされている方からである。そんな言葉を聞いても私にはどうすることもできなかったが、投げ釣りから釣り人を遠ざけている理由がここにもあるのだと感じたのは事実。

 それはともかく、最近私は、このTⅡとISOの組み合わせのみの釣りに没頭している。そのおかげか、タックルに対する思い入れ?このタックルにもしものことがあれば釣りができないという思い?、それらが融合して、タックルを大切にしようとする思いが強くなった気もするのである。やや不安な面もなくはないが、しばらくはTⅡ4本とたまに登場するキャスティズムの5本体制で頑張ってみようと思っている。でも、4本や5本も竿を出していたら、またおしかりを受けるのかな? 竿数はほどほどにしよう。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

この夏?唯一の新規導入

 先日の「速報???」の続き。

 置き竿用のリールは新規導入から5年は次の新製品を購入せずに安定して使用してこれたが、引き釣り用のリールはそれこそ何年もの間試行錯誤の繰り返し。かといって、自分がそう引き釣りに没頭するかというとそんなことはなく、強いて言えばシロギスよりも、カワハギやキューセンの引き釣りの方が好きといった程度。わざわざそんな釣りのためにキャスティズムというロッドを購入し、それはそれでかなりお気に入りで、シート位置を変えてまで愛用しているのだが、リールは別。なかなかこれといったものに思いが定まらなかった。購入しては売却、また購入の繰り返し。

 この春くらいから改めて引き釣り用のリールを物色しだしたが、ISOを導入完了した直後であったので購入は見送っていた。この夏も諸事情があって新規導入をあきらめていた。

 私が今回目につけたのは、D社のトーナメントサーフ35キャスティズムQD、S社のパワーエアロアルブリードCl4、そして、高嶺の花、スーパーエアロキススペシャルSDの3機種。この3機種に共通しているのは、小型軽量で、しかもドラグ付き。普段は引き釣り専用機だが、いざというときに置き竿にも対応できると思ったのだ。

 キャスティズムQDは、ロッドと同色で相性は良いと思うのだが、ラインキャパがPE1.5号の1種類しかなく、これがキャスティズムに決めかねた原因。予算との関係で、S社のパワーエアロ系ではあるが、小型軽量ということで目に留まったアルブリードにほぼ決定しかけていた。S社ご自慢のツインドラグではなかったのが気になったが、どうせキススペシャルは手が出ないし。そんな感じ。あとは購入するタイミングをはかるだけの状態だった。ところがそんなとき・・・・・偶然が2つ重なった!!

 1 思いがけず、ふと入った銀玉遊技場で大勝!!

 2 ヤフオクに半額以下で新品同様機が出品されている!!

 もしかすると運命の出会い?? 私はためらうことなく、それでも勝った金額を考慮して入札。そして、速報??? なんと半額近くで落札完了!!

 しかも、落札には尾ひれがついていて、本体スプール、替えスプールとも、ほぼ新品のPEが巻かれてあった。

 私はどちらかと言えば小市民なので(^^;こんな高価なリールを購入したこと自体びびっているのだが、使うとなればなおさら。おそらく釣り場ではびびって使えないのではないかと思っている。主に引き釣りに使用し、置き竿にも対応できる理想のリールがゲットできた。これでキューセンをバンバン釣りまくることができれば良いのだが・・・・

Imgp0447

Imgp0448

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

今日は発表会でした

 今日は、市が主催する吹奏楽発表会に出演。先のコンクールは50人という枠が決められていて、それよりも部員数が多い我が校は、やむなく主に1年生から数名をはずした。そして、惜しくも銀賞。コンクールの曲と発表会の曲をかぶらせるか否か、というところだったが、コンクールに出演できなかった1年生も出演できるなら同じ曲をもう一度吹きたい、との生徒の要望で、今日はそのときのリベンジ?といった気持ちでコンクール曲をもう一度演奏した。

 この発表会では、学校紹介の後に部長からの一言挨拶をすることになっているのだが、1晩考えて作文した内容は、「コンクールでは金賞を目指して頑張ってきましたが、残念ながら銀賞でした。ですが、皆で合奏する楽しさをもう一度味わいたいと思い、同じ曲を演奏することにしました。」

 おそらく、出演できなかった1年生のことを気遣っての言葉だったと思うが、その文章を読んで私はなんとなく感慨深いものがあった。出演できなかった1年生のために、そんなふうに考えてくれている。なんとなく顧問の私の気持ちを汲み取ってくれているような気がして、演奏前からさわやかな気持ちで出番を待っていた。

 さて演奏。今回は審査されるわけではなく、誰かに評価されるわけでもなく、コンクールのときの緊張気味の演奏とは打って変わったのびのびとした演奏。部長の言葉が頭にある私は、指揮の振り始めからリラックスした部員達の顔に、私までにこやかな気持ちになり、楽しく指揮を振ることができた。曲自体も、コンクールでピークを迎えた技量に円熟味?丸み?が加わり、力強い曲であるにもかかわらず、包み込むような優しい演奏。もしかすると、コンクールのときよりも出来がよかった? そんな演奏だった。

 コンクールのときに銀賞と知らされて、(一応)金賞を目指していた部員達は号泣する者が続出し、どうしたものかと思っていたが、ある意味今日の演奏で溜飲を下げることができたような気がする。部長の言葉どおり、合奏の楽しさを十分に味わい、それを観客の方に伝えることができたのではないだろうか。

 この曲を演奏するのは、あと文化祭1回。銀賞の報告とともに、音楽の素晴らしさを全校生徒に伝えるような、そんな温かい演奏を創っていきたいと思っている。

 吹奏楽ネタ・・・・最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ああ、ついに・・・

 小さい頃からスポーツは苦手でもプロ野球観戦は好きで、中学生の頃は巨人、学生の頃は近鉄、そして阪神と、ひいきの球団は変われども、テレビ観戦はもちろん、特に近鉄バファローズが強かった頃は藤井寺、日生球場に足しげく通ったものだ。

 ひいきの球団の話は今日は横に置いておいて、観戦のたびに、自分と同じ名前の選手が活躍したらいいなあ、なんて思っていた。この時点で何の話をしようとしているのかお気づきの方もおられると思うが、今日はついに、阪神タイガースの矢野燿大選手が現役引退を表明した。ひじの怪我がここ1、2年思わしくなくて、1軍に復帰することもなく引退した。今年はタイガースの調子がすこぶる良いが、それでも矢野が捕手としてホームベースを守ることは1度もなく、初めは、城島が正捕手の座を奪ったから出番がなくて引退するのかも?なんて思っていたが、ひじの具合がそんなに悪いなんて思いもよらなかった。

 以前、中日の捕手に矢野という選手がいることは知っていたが、正捕手ではなかったはず。そんな矢野が大型トレードで98年にタイガースに入団したときは、私と同じ名前の選手が、ついにひいきの阪神にも生まれた!!なんてとても喜んだのを覚えている。息子が大手術をしたときも、矢野が正捕手をつとめた星野阪神タイガースの優勝でずいぶんと勇気づけられもした。

 近年は、アラフォー世代なんていう言葉が流行って、タイガースで言えば金本、下柳、檜山、そして矢野と、4人の選手がそう呼ばれた。いずれはこの選手達も引退するのだということがわかっていたが、それでもその中で、矢野がトップに引退することになって、なんとなく私的にはショックなのである。おそらく、タイガースに残ってコーチとして貢献してくれることと思うが、現役の矢野選手がもう見れないのは何となく寂しい。

 今日はタイガースは残念ながら負けて6連勝とはならなかったが、引退する矢野のためにも、優勝で有終の美を飾ってくれるとうれしいかな。

 矢野選手、20年の現役生活、そして、タイガースの捕手として12年も貢献してくれて、どうもありがとう。お疲れ様でした。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

いつもの秋になりそうで・・・

 毎年悩みの種が秋の学校行事の多さ。それと吹奏楽部の行事があいまって、なかなか週末の自分の釣りに行けない。とにかく、9月はとりあえず月末の土日がクラブの月例会で死守しているものの、そのほかは土曜日または日曜日に行事がからまっているのでほぼ絶望状態といっても過言ではない。ただ、運動会は日曜日開催のために代休措置がとられるので、その代休には学校の先生方大勢で、どこかの海へBBQ兼釣りにでも出かけようかと相談している。

 9月はそんな状態で、10月はいよいよ学校の文化祭がある月で、もちろん吹奏楽部も発表するわけで、その練習日程も組まねばならず、釣りに関しては全く白紙状態と言ってよい。

 例年のことながら、この釣りに行けない秋のベストシーズンに、カレンダーを指をくわえて眺めなければならないのは辛いものだ。おそらく、この職にある限り、そういった悩みは付きまとうのだろう。

 9月は無理でも・・・・

 10月は何としてでも「自分の釣り」に行こう。カレンダーを穴が開くくらい睨みつけてやる!!(笑)

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

速報???

 どうやら、すごいものをゲットしてしまったようだ。すごいもの? もちろん、投げ釣り関係。

 今日は学校初日に超激務だったので、お疲れモード。したがって、この話題については後日ということで、今日はご勘弁・・・・・

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ