« 体育館練習 | トップページ | スズキさんを狙いに行きました »

私と音楽のかかわり

 4歳から音楽教室に通い始めた私は、電子オルガンを経て8歳でピアノの鍵盤を叩くようになっていた。結構教育熱心だった母は、どちらかと言えば勉強よりもピアノの教育の方が熱心だったようだ。母も若い頃にピアノを習い、それなりのピアニストになることが夢だったようだが、戦争という目の前の大きな壁には立ち向かうことができなかったようで、終戦を前後して結婚すると同時に、ピアノの夢はあきらめていた。その気持ちが私に向けられたといっても過言ではない。それともうひとつ、生まれながらにして左目が不自由な私には運動をさせることを嫌ったようで、地域の私の友人が子供会のソフトボールチームに入っても、私には決して許さなかった。私の小学校高学年の時代は、スポーツとは無縁、ピアノに明け暮れていたといっても良いくらいだ。

 私は? そんなにピアノが好きだったわけじゃない。ただ母に、ピアノを弾いていれば将来絶対に役に立つ、それどころか、ピアノで飯を食っていける、と言い聞かせられていたに違いない。だが、そんな母の考え方には、当時から幼いながらも心のどこかで反発していた。小学校5年の後半から、そんな母のピアノ教育熱が過熱し、私の気持ちとは裏腹に、音大教授の門をたたき、そこに通わせるようになった。週に3回のピアノレッスンと、1日5時間にも及ぶピアノ練習。嫌で嫌で仕方なかったのに、それが私の運命のように感じて、私は必死にピアノの鍵盤にかじりついていた。

 それが長く続くわけがなかった。中学1年のときについに私は母に向き合って、弱音を吐いた。ピアノ漬けの生活から決別したいと。長い沈黙の後、母はついに「あんたの好きなようにしたらええよ。」と折れた。根気のない私の性格は、こうして生まれたのかも。

 音楽は文字通り、「音を楽しむ」と書く。果たして私は音を楽しめていたのだろうか。今、当時のことを思い出しても、音楽とは「苦しみ」の一言しか出てこないのだ。そんな幼い頃の経験が、今の私にはトラウマのように存在している。音楽は楽しんでなんぼ、と思っている私は、上達するより先にまず楽しまなければ、という感覚にどうしてもとらわれてしまう。ピアノをやめてからの私と音楽とのかかわりは、すべてそんな、ある意味中途半端な状態で進んだ。

 コンクールの練習を振り返って思うことは、上達するための厳しい練習が必要であるのもかかわらず、私の中にはどうしても厳しさが足りない、そんな感じがする。幼い頃から私をピアノと交わらせてきた母は、私に絶対音感というとても素晴らしい感覚と同時に、音楽に対するトラウマも私に植え付けてしまったようだ。厳しい練習は、私には無理かも・・・・・

 明日はいよいよ本番。生徒達にはステージで演奏すること、演奏して多くの人達に音楽の素晴らしさを伝えることの素晴らしさに触れさせてやりたいと思っている。悔いのない演奏ができるように、私も精一杯タクトを振りたい。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 体育館練習 | トップページ | スズキさんを狙いに行きました »

保存版」カテゴリの記事

コメント

 ふぐたろうさん こんにちは!久しぶりにお邪魔いたします。何を隠そう私、大変な音痴で、ピアノを習ったことがある山の神には、あんたはカラオケ行くと迷惑やでと言われております。確かに、小、中学校時代の音楽はとても嫌いで、音楽の授業は地獄のようでした。評価は、もちろん毎回1,2,3。しかし、中学校で、ある「ヘンコ」で有名な音楽の教師との出合いがあって、何を間違ったのか人生、後にも先にも初めて4をいただきました。今でも覚えております。右手一本で、オルガンを弾きながら「ともしび」を歌うと言う課題でした。何が気に入ったのか、生まれて初めて真面目に練習し、そして、音痴なりにとにかく元気よく歌ったことを覚えております。それ以来、音痴は、音痴なりに、ほんの少しですが音楽を楽しむことができるようになったように思います。
 人のブログに長々とすいません。
 ふぐたろうさんのこのお話を読んで、どうしても皆さんにエールを送りたくて、ただそれだけです。

>ゆうたろうさん
音楽も投げ釣りも、やっぱり真剣に、そして楽しくやらなければならないということですね。私もゆうたろうさんの音楽に4をつけてくださった先生のように、少しでも生徒の心に残る先生でありたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/49041144

この記事へのトラックバック一覧です: 私と音楽のかかわり:

« 体育館練習 | トップページ | スズキさんを狙いに行きました »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ