« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

帰ってきました

 今朝10時に自宅に戻った。今回の釣りは、とにかく山あり谷ありの、本当に変化に富んだ楽しい、そして勉強になる良い釣りになった。

 釣行中に色々な方から応援のメールや電話がかかってきたが、釣行2日目に携帯電話がトラブル発生。使用不可になってしまい、返信を入れることができなくなって、音信不通状態になってしまった。それが唯一のストレスとなったが、釣果は自分が思っていた予想とほぼ同じになり、まあまあの納得。今日は午前中にとりあえず記録物の魚拓を取り、午後から出勤して新年度の準備等をして、携帯電話のトラブル解消に合計3回も○○○バンクに出向いて、午後9時頃に帰宅。釣行中の睡眠不足もあいまって、今はへろへろ状態、今日はとりあえず思わせぶりな魚拓の写真だけをアップして(^^;とりあえず報告は明日以降ということで。

Dscf13911

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/ 

前半戦終了

今日は朝から雨降り。調子も思わしくなく丸ボーズ・・・
であるが、昨日は何とか◯◯◯の60センチオーバーを2匹!!おまけはシログチ38センチ。
とりあえず、前半戦の任務は完了している。さあ明日から後半戦。次の任務を遂行だ!!

準備完了~膨大な荷物(>_<)

 ようやく遠征の準備が完了。延べ4日もかかった、気の遠くなる準備だった。 

 明日の夕方から西に向かって走る。お相手は正月の初釣りでお世話になった広島のYさん。差し向かいで大物号数トップの方と釣りができるなんてこの上ない光栄である。目標としているポイントはAとBの2箇所。両方とも渡船で渡らなければならないポイントで、まずは朝からつり始めて納竿は翌日の夕方、車中泊ののち、B地点でも朝から翌日の夕方までという、かつて経験したことがないような過酷なもの。宿泊施設を使わないのは安く上がって良いのだが、行き帰りの道中を含めて全泊野宿というのはどんなものなのか、全く想像がつかない。まあ、疲れたら波止上で眠れば良いのだから気楽と言えば気楽なのだが。

 今回の釣りのために、この1、2月は節約モードで過ごしてきた。プライベートの釣行はできるだけ避け、行っても某川尻くらい。そう言えば、一度だけ鳥取に向かってへぼい釣りをしたっけ。大会や月例会以外の釣りと言えばそれくらいのもの。それだけモチベーションをこの遠征に向けてきたわけだ。差し向かいでYさんと釣りができて、色々な勉強をまたさせていただくつもりなので、釣果よりは経験を求めて行く遠征と私は思っている。もちろん釣果が伴えばうれしいに越したことはないが、それありきで釣行すると、またしんどい思いをしてしまいそうなので、できるだけそれは考えないようにしているのだ。

 少し心残りなのは、この日曜日に行われる協会行事「クリーンアップ作戦」に参加できないこと。この行事は昨年から行われている、淀川尻河川敷の清掃活動なのだが、本来ならニュースキャスターとしての仕事をするべきところを欠席せざるを得ないことになってしまったのだ。だが、今さら後ろ髪を引かれていても仕方がない。自分的には滅多にない長期休暇を取れたわけだし、1月から作戦を練ってきた一大遠征であるわけなので、ここは開き直って心置きなく釣りに没頭してこようと思っている。

 上に書いたような日程の釣りなので、携帯電話の充電もままならない状態になるはず。なので、もしかするとこのブログ上で皆さんとお会いするのは31日の夜になってしまうかも。先日も書いたが、その間ブログの更新が不可能であることも考えられるのでどうかご了解を。

 今まで毎日更新を心がけて、自分なりに達成してきたと思っている。ここらで少しお休みをとっても良いかなと。そして、これを機に、ブログランキングからも撤退することも検討している。なんとなく意味を感じなくなってきたので。

 それでは皆さん、私は明日から遠征に出かけます。皆さんも花見カレイの絶好のシーズン、良い釣りをされるようお祈りしています。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 協会行事、「クリーンアップ作戦」に参加される大阪協会員の皆さん、本当にごめんなさい。お気をつけてご参加ください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

史上最大の過酷な作戦

 昨日の夜からある作戦の準備をしている。今週金曜日から「延べ約」5日間の日程で遠征をするのだ。ただ、「史上最大」という枕詞はあくまでも私レベルの話であって、大物志向の方にはよくあることなのかもしれないが。そんなわけで、現在もその準備におおわらわ。ロッド、リールの手入れ、リールの糸巻き替え、仕掛け作り、荷物の詰め込み、考えただけでもぞっとす・・・いやいや、わくわくする準備だ(^^; 

 今週はもちろん金曜日まで出勤するし、しかも明日は協会の理事会があるので、準備をする時間が徹底的に限られている。果たして満足な準備ができるかどうか。

 明日以降、ブログの更新が途絶えるようなことがあっても、私の消息をたどらないでほしい(^^; おそらく、自宅にて準備に四苦八苦しているはずなので。また、釣行記が書けるレベルの釣りができたなら、しっかりと書くつもりでいる。

 さて、準備の続きにとりかかるとしよう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

オープン大会を終えて

 HPにも書かせていただいたが、オープン大会終了後、私を含めたクラブ員6名で、南淡町伊毘にある旅館「海峡」に行ってきた。北斗サーフ25周年記念の親睦旅行だ。早いものでクラブ創設25周年を迎えた。そのうちの22年間、私もクラブにお世話になったことになる。

 我が北斗サーフは1985年に、初代会長小林氏のもとに7名の加盟者を迎え、合計7名で立ち上げられた。クラブ名の「北斗サーフ」は、7名で船出したクラブということで、北斗七星の「7」にちなんで北斗サーフと命名された。手前味噌ではあるが、なかなか洒落たクラブ名と思っているし、私的には大のお気に入りの名前。電話をするときに名乗る際に、「北斗の○○です。」というのは何だか「北斗の拳」を彷彿とさせてなかなか気持ちが良いものだ。

 まあ、それはさておき、やがて13名に会員が増えたのを機に全日本サーフに加盟することになったのだが、それだけ会員が増えるのもそう時間はかからなかったとのことだ。そしてその後も会員は増え続け、最大会員数23名にまで膨れ上がったこともあるのだ。その流れで創設後4年目に私が入会したわけだが、自分の生活も、そしてクラブも本当に様々な紆余曲折を経て現在に至っている。そんな北斗サーフが今年四半世紀の誕生日を迎えたわけだ。

 現在はクラブ員の平均年齢も徐々に高齢化し、クラブの行く末が憂えられる段階にさしかかって、私たちクラブ員としては、何とか新規会員を迎え入れたいとの思いが強いのだが、なかなかそうもうまくいかないのが実際のところ。何とかこの大好きな「北斗」の名前を継承するべく、地道に活動をしていかなければ仕方ないと思っている。

 昨日のオープン大会もそう。「新規会員がほしい」ありきで活動するよりは、むしろ色々な人に投げ釣りの楽しさを味わってほしい、そんな思いで活動に励むことが、私たちの本望ではないだろうか。

 昨日の25周年親睦会では、皆と酒を飲みながらそんなことを考えていた。釣り疲れ?ボーズ疲れ?気疲れ?そんなとてつもない疲れが私を襲ってきて、午後8時前には爆睡モードに突入。何と11時間にも及ぶ、夢の世界の旅だった。

 だけど、本当にオープン大会成功してよかった・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ オープン大会ご参加の皆様、強風の中本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

オープン大会

天候は何とか晴天に恵まれたが、西風が猛烈に強く、おまけに底うねりが出て、釣りのコンディションとしては最悪だった。それでも、40センチオーバーのカレイや◯◯の40センチオーバーも2匹でたなど、何とか大会の面目を保てた感じ。詳しくは明日以降のブログにて!

オープン大会の思い

 ようやく自分の釣りの準備と賞品の準備が完了。後は会計の清水氏と最終打ち合わせをすれば良い段階になった。今年のオープン大会の参加者は昨年よりも少し少ない22名(北斗クラブ員含む)。まあ、三連休の中日ということでお彼岸の中日でもあるし、クラブによっては遠征釣行に出られている場合もあるので、ある面仕方がないかと思っている。参加者が少ないほど賞品に当てる予算が少なくなり苦労する部分ではあるが、折角ご参加いただく方のために、精一杯の用意をさせていただいたつもりである。釣果はどうであれ楽しんで、そして喜んで帰っていただければ、それで私の思いは果たせるのだ。

 サーフ会員が年々減少の一途をたどっている昨今であるが、これは決して投げ釣り人口が減少したということではない。どこの海岸に行っても、友達同士、あるいはファミリーで投げ釣りを楽しまれている方はたくさんおられる。それに、クラブに所属している、していないにかかわらず、投げ釣りの楽しさを味わうために皆同じ舞台の上に立てるわけで、そういった意味でまずはとにかく、「皆で仲良く釣りましょう。」と呼びかける仕事を、微力ではあるが私たちがさせていただいているわけだ。以前このブログ上で、「サーフ」「一般」論議があったのは記憶に新しいが、明日のオープン大会で私たちは、むしろそんな垣根を感じることなく、また参加の皆さんにもそういう垣根を感じていただくことなく、投げ釣りを純粋に楽しんでいただきたいし、私たちも楽しもうと思う。

 少し天候が危ぶまれているが、渡船出船OKのサインも出たことだし、肩肘張らずに皆と投げ釣りを楽しもうと思っている。参加の皆さんが良い釣果に恵まれることを心の底からお祈りしている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。オープン大会釣行記、お楽しみに!!

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

マイティパティ・・・何それ?

 最近ケーブルテレビの息子用番組、カートゥーンネットワークがついている時間が長いのだが、その番組の合間に流れる通販のCMで、しつこいくらい宣伝しているのがこの「マイティパティ」だ。あまりにも多く流れるものだから、息子まで「マイティパティや、マイティパティや!」と言って喜んでいる。そのマイティパティなのだが、アメリカ製の強力パテ、いいや、接着剤のこと。ビニールなどの樹脂製品以外のものなら、おおよそくっつかないものはないとのことである。耐荷重は何と160kg。塗装にも対応し、磨きをかけることもできる。そして何よりも濡れ物にもくっつくという「優れもの」らしい。

 そのCMを観て私は、ふん、またアメリカ製のまがい物を売ってからに・・・と笑っていたのだが、そのCMを観ていた妻が、「あれ、くっつくんと違う?」と提案。「あれ」とは何かというと、年末の愛媛釣行で車のバンパーの下部を少しこすったのだが、その衝撃でバンパーの左側が少し外れかけている、そのことを指していたのだ。そんな妻の言葉を聞いて、なるほど、それは良い案かも? それに、ブログネタに買ってみる手もありだな、などと思い、通販で購入したのだ。それがこれ。

Dscf12761

 こんな箱に入っている代物は・・・・

Dscf12771

 こういうプラスチックの筒に入ったパテスティック4本入り。

 通販らしい宣伝で、普段は2本で2980円だが、初めての方には特別にさらに2本おつけして4本セットの価格!! ときた。

 一応の触れ込みはこうなっている。

Dscf12781

 それで早速車のバンパーを補修すべく、作業に取り掛かった。

Dscf12791_2

 まずは中身を取り出して、使う分だけ包装紙を破り・・・・

Dscf12821

 ナイフ等で適当な大きさに切り・・・・

Dscf12831

 手でこねる。

Dscf12841

 こういう外れ方だったのだが・・・・

Dscf12861

 パテをつけて圧着すると、ちゃんとくっついた!!

 バンパーがはずれただけといっても、おそらく修理代は結構取られるものと思われるので、意外に安くついたかも? それに、剥がす努力をしてみたのだが、なかなか強力に付いていてしばらくははずれそうにない。まあ、本当にぶつけたときの部品交換で、ちゃんととりはずせる自信はないが・・・・(^^;

 このマイティパティは、使い方によっては様々な部分に使えると思われ、結構重宝かも? ヤフオクにも出ているようなので、何かの修理に困っておられる方なら、このマイティパティを使用する方法も検討されてみては? 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

息子が検査入院

 3月14日のブログでも少し触れたが、今日から3日間の予定で息子が検査入院した。私は昨日に続き今日も休暇申請。昨日のド貧果の釣りで疲れていた私は9時頃起床。そのときには妻はすでに仕事に出ていて、息子は起きてテレビゲームをしていた。(息子も当然学校はお休み。)

 昼過ぎに自宅を出発。車で行くと病院の駐車料金が高くつくので電車で向かった。仕事帰りの妻が泊り込みのために夕方病院に来るので、妻が乗ってきた車で私一人が帰る作戦。

 駅前のうどん屋さんで二人で昼食を取り、電車に乗って病院に着いたのは午後1時過ぎ。私にとっては数年ぶりの病院、病棟だったので、なつかしいというか、しんどかった看病生活を思い出したというか。入院手続きの後病室に入り、息子はDSをしたりキッズルームで遊んだり。午後のひとときを息子と遊んで過ごした。前回の入院のときになじみになった看護士さんは一人も残っておらず(6年も前だから当然か。)病棟の雰囲気も少し変わっていた。

 明日は午前9時から生検手術。一応全身麻酔の手術ではあるが、肝臓の部位に針をついて、肝細胞を少しだけ取るだけの手術なので所要時間は数十分とのこと。昼頃には麻酔が解けて明後日の午後退院。

 今私は自宅で一人でいるのだが、息子が大手術のために入院していたときは毎日がこういう生活で、一人暮らしも板についたことを覚えている。今日から明後日までこういう生活だが、日曜日のオープン大会の準備やら何やらで、結構忙しく過ごさなければならなそう。

 ま、ブログを書く暇があるのだから、そうたいしたことはないのだが・・・(^^;

 オープン大会の方はほぼ賞品も決まり、あとは当日の段取りを残すのみとなった。昨年よりは参加人数が少ない見込みだが、昨年以上に楽しくて盛り上がる大会にしたいなと思っている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

降参~(>_<)

 まあ我ながら勘が鈍いというか、ヘタクソというか・・・

 魚の顔を結局1回も拝まずに終わってしまった今回の釣行。

 たった1匹釣れた生物は、節足動物甲殻類・・・・

 まあ、HPの謳い文句にも、

たとえ投げ釣りがヘタクソでも、ただひたすらに投げ続ける気のいい仲間・・・

 なんて書いてあるし、私とてその仲間の一員なのでそれはそれで良いのだが、本当に釣行記を書こうにも何を書いてよいのかわからなくて、それで今回もとりあえずブログだけでご勘弁ということで(^^;

 前日に渡船店に電話をすると、「午後5時半の天気予報を聞いてからでないと判断できない。」と言われ、その通りに午後6時前に電話をしてみると、すでに音信不通。不通ということは渡船可なのかも?と自分勝手な解釈をして、もしだめならそのへんでお茶を濁せばいいか、なんて思っていたら本当にその通り。朝渡船店に行くと船長がいて、「今日は船は出ないよ。」だって。それなら電話通じてよ!なんてことは一切言わなかったが、そのときは本当に船長のほっぺをつまんでぎゅーっと引っ張りたくなったくらい(笑)

 仕方がないので近辺の漁港で竿を出したのだが、どこの漁港も荒れ後の底濁りがひどくて釣りにならず。普通の2本バリなら、投げたらすぐに絡んで、巻き上げるたびにほどく作業をしなければならずうんざり。それでも、ISOのデビュー戦とばかりに、お祝いに駆けつけたスピンパワーペアとともに6本も竿を出して「ただひたすらに投げ続け」た。結果は火を見るよりも明らか。エサは余ってるし、このままここで燻るのもなんだか嫌で、午後0時を回って急いで納竿。高速代を節約して、できるだけ下道を走って次に目指したのは、なんといつも行く某川尻。川尻には午後5時に到着。キチヌでも釣らせなければデビュー戦が飾れない!とばかりに激闘4時間。だが、今日に限ってキチヌもお留守。そんなわけで、午後9時にギブアップ宣言。キチヌ、お前もか・・・・

 私としては、阪神タイガースが開幕の中日戦(日本海)で完封黒星を喫して、2戦目の横浜戦(某川尻)は手堅く勝つつもりが2連続完封を喫した心境。(横浜ファンの方、ごめんなさい。でもこれ、阪神にはよくある話やね(^^) ) まあ、こんな釣りもありますわな。ISOチャン達、ふがいない釣りをしてごめんよ。

 さあ、次なる試合は日曜日の巨人戦(オープン大会)だ。順位は全く気にしないが、なんとかランク魚をゲットして、ISOの初白星といきたいところだ。開幕3連戦でとりあえず1勝すれば上出来?

 ちなみに本日、初めに目指した渡船店は鳥取港、お茶を濁したのは田後港だった。総走行距離540km。自分自身に対してご苦労さん、とねぎらいの言葉をかけておいてやろう。あ~疲れた。 

Dscf12741

 デビュー戦を白星で飾れなかった、チームトーナメントの面々(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ それが突拍子もない行動の結果?と思われた方、悔しいけどバナーをクリック!!(^^;

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

北へ

 雨の後の、冬で言うなら冬型がきつくなったような天候のときに、よりによって北へ走ろうとしている私は少しおバカ? とりあえず釣りの虫を治めなければどうしようもなく、ISOのデビューも早く飾らせたくて、無理やり出かけようとしている。突拍子もない行動は、一度思い立ったら止めることができないようだ。明日の休暇も取ってあることだし、とりあえずドライブがてらに行ってこようか・・・・・

 さ、準備、準備と・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ ほんと、おバカだねぇ・・・と思った方は、遠慮せずバナーをクリックッ!!(^^)

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

突拍子もなく行動に移すクセ

 昔からそうだった。何の計画性もなく、思いたって即行動。そして釣りに行く。最近はそのなりを潜めていて、特に今年に入ってからはほとんどそういった思いつき行動の釣行・・・うーん、そんな釣行どころか、計画を立てての釣行もなかったかも? 自分で言うのも何だが、初釣りの釣行はともかく、今日に至るまで、今年は全く自分らしくない釣りをしていた。

 私の本来の性質は、計画を立てることなく思いつきで釣行に行くこと。そして、意外にそういった釣りの方が釣果が良かったりする。仕事の忙しさで近年めっきりそういった釣りから縁遠くなっていたが、いよいよ明日以降にその真骨頂が発揮される。くれぐれも言っておくが、釣果の真骨頂ではなく、行動に移す真骨頂である。お間違いのないように。

 今月は下旬に、今まで経験したことのないような釣り計画も待っている。そして3月21日はオープン大会。そして、明日以降の突拍子もない釣り。いよいよ私の出番かな? 明日以降のブログ更新は不定期になるものと予想される。日時にこだわらず、リアルタイムで書ければと思っているので、お楽しみに、というか、あまり期待せずに・・・というか(^^;

 さあ、準備に移ろう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ トーナメントISOQD遠投デビュー戦?!と思われた方、バナーをクリック!!

息子の誕生日

 今日はとっても良い天気になった。釣りに行かれた方は、久しぶりの「春の釣り」を満喫されたことだろう。で釣果はどうだったのだろうか。

 で、私はというと、今日はもともと息子の誕生日ということがわかっていたので、家族サービスの日と決めていた。まあ、釣りが良い天気が良いのか、家族サービスが良い天気が良いのか微妙ではあるが、私は私で家族3人、堺市にあるハーベストの丘に行って春の空気を満喫してきた。

Dscf12491

 あんずの花や・・・・

Dscf12511

 菜の花が咲き乱れて・・・・

 すっかり春の風情に衣替えをしていた。

 私は息子と色々なアトラクションで遊んだが、中でも衝撃的だったのが、アクアバルーンQ(だったかな?)という、ビニール製の透明のボールの中に入って水に浮かぶというアトラクション。(下の写真。)

Dscf12651

息子と二人で乗ったのだが、見かけとは裏腹に体力を使う使う。終わったときには、私の経験では2kmほど走った後の息の上がりよう。筋肉痛にも襲われてしんどかったのなんの。しばらく椅子に腰掛けて立ち上がれなかったくらい。だが、息子にすればこのアトラクションが一番面白かったようで、帰り道にもこのアトラクションの話で持ちきり。息子に面白ければ周りの人にも人気が高いようで、なんと3分間のこのアトラクションの待ち時間は40分!! 私たちが遊び終えたときには、待ち時間は1時間を越えていた。まるで、休日のジェットコースター並みの人気ぶりだった。

 そして、とりあえず土産話に馬にも乗せて・・・

Dscf12561

 夕方に帰還。

 ちなみに息子は今週の木曜日から3日間ほど検査入院。何か異常があったとかそういったものではなく、肝機能を検査したり免疫抑制剤の効果を調べたり、そういったものらしい。退院のときからだいたい小学校1~2年の頃に入院が必要と言われていたので予定通りかも。

 とりあえずは7歳にまで成長できた息子を見て、1歳の誕生日を迎えられないと宣告されたときのことを思い出して、よくここまで育ってくれたものだと感慨深いものがあった。

 さて、今週末はいよいよ北斗サーフオープン大会。賞品の準備や役割分担等たくさん仕事はあるが、また楽しい大会になればいいなと思っている。ちなみに申し込み受付は明日まで、まだお申し込みでない方はお早めに!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 息子? 肝機能? 入院? と思われた方は、2008年3月14日の記事(http://fugutarou0026.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/index.html)をご覧ください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

タックルボックス再編

Dscf12391

 いきなり昨日の卒業式ネタの続きで、オノロケからスタート(^^) 私の一生の宝物だ。まあ、卒業式ネタはこのくらいにして・・・(^^;

 以前ご紹介したタックルボックス。3段式で使いやすかったのだが、唯一不満だったのが、3段式の運命か、ボックス本体の底が浅くてラインのボビンや仕掛けファイルを上積みにしなければならず、下の仕掛けファイルやハリスボビンを取り出すときに、いちいちすべてを取り出してしまわなければならなかった点。これを何とかクリアしようと再びタックフボックス漁りに走った。

 それで、ようやく見つけたのがこれ。

Dscf12411

 幅は狭くて2段式ではあるが、ボックス本体の深さが十分でボビンや仕掛けファイルを縦置きにできる。ふたを開けるとこんな感じ。

Dscf12421

 大きめの仕掛けファイルは上積みにしなければならないのが欠点だが、小さいファイルやボビンは写真のように縦置きできる。幅が狭い割りには結構容量があり、収納能力は十分だ。小物ケースから物を取り出すときは、こんな感じになる。

Dscf12431

 今回のポイントは、タックルボックスを購入する際に、同時にうまく収まる小物ボックスを購入した点。これで2段式である不利さをカバーできる。以前のタックルボックスよりもコンパクトで、リュックの下段に収納しても、まだ他の物も収めることができる。

 さて、唯一の欠点は、まだ仕掛けファイルにほとんど仕掛けが入っていない点(^^; やっぱり仕掛け作りは億劫じゃの~。

 今夜から仕掛け作りに励むとしよう・・・・(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ おのろけご馳走様、と思った方はバナーをクリック!!

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

卒業式

 こんなに泣いた卒業式は初めてかも? 証書の名前読み上げが終わり、代表者への証書授与が終わってすぐ、誰が発案、計画をしたのか、いきなりクラス全員で「ふぐたろう学級で良かったです。先生、ありがとうございました!!」 といった内容の声をかけてくれ、これで完全にスイッチが入ってしまって・・・・たった1年間しか付き合いがないのに、本当にありがたい言葉だった。生徒と心を通わせることができたのかな?

 こんなサプライズがあるから、学校の先生はやめられない。

 卒業式の1日だけ、3年間のうちで本当にたった1日だけ、本当に教師をやっていてよかったと思える日だ。この1日の為に私は、いや、私たち教師はどんなしんどいことがあっても頑張れる。子どもたちとの別れは辛いけど、これから広い海原に放されて大きく育っていくことを考えると、辛いよりもうれしい方が勝っている。・・・って、なんだか稚魚放流のような書き方だな(笑)

 そんなわけで、今日は1年で一番素敵で、輝いた1日だった。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

トーナメントISO4500QD遠投巨ギス!!×4

 卒業式前日に、敢えて釣りネタ(^^; 昨年の卒業式前日ネタを読んでみるとほとんど今年と同じ心境が書かれてあり、もういいか・・・と思ってしまった。それに、今日はようやく私の目標がかなった日でもあり・・・

 それは何か・・・・

 (それでは、テーマソングに「サンダーバード冒頭部」を頭の中で演奏願います。)

 タッタラター、・タタタ、タッタラタッタッター・・・・・・♪

Dscf12371

 ついに4台揃った「トーナメントISO4500QD遠投巨ギス仕様」・・・・

 トーナメントサーフⅡを手にしたときから、このリールと出会うのは運命のような気がしていた。しかも、スプールの互換性を最大限に利用して、タイドサーフのスプールに、パワーサーフ巨ギスのドラグノブとスプリングをビルトインした特別仕様。ノブを1回転させるだけでドラグフリー化し、しかも、巨ギススプリングのおかげでドラグのすべりが抜群。これでとりあえずはTⅡの女房役が定まった。

 して、そのデビュー日はいつか。とにかくデビューさせるには、獲物がほぼ確実な釣り物を選びたいもの。今月中のデビューは間違いないのだが、さて、どこで登場させるか。ちょっと思案のしどころ。

 皆さんは、ニューアイテムの筆おろしで何か気にかけておられることはないだろうか。ぜひお聞かせしてほしい。

 さ、明日は卒業式。素敵な式になることを祈っておこう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

 虫エサシステム情報・・・今後の生存可能性50%

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

卒業式2日前

 昨年の同じ日付のブログを紐解いてみると、今日とほぼ同じ題名でブログを書いている。そして、昨年は学校を出たのが9時となっているが、今日は学校を出たのがなんと午後10時半!! ほんまに、3年の担任にどれだけ仕事をさせれば気が済むねん!!という感じ。本当に雑務が多くてしんどいのなんの。まあ、明後日の卒業式本番を終えれば少しは気持ちが落ち着くと思うので、それまでの辛抱かな?

 卒業式が済むまでは、釣りモードはとてもとても・・・・昨日から始めた「虫エサシステム情報」だけは何とか記録していきたいと思うが、こちらは別の意味でいつまで続くかわからない。よって、あまり期待されないように。

 明日は卒業式前日ということで、少しは早く職場を出られるような気がする。この忙しさから開放されるために、久しぶりに銀球でも行ってみようかな?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

虫エサシステム情報・・・・今後の生存可能性45%

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

関西の釣り4月号

Dscf12361

 記事を投稿したのをすっかり忘れていて、今日遅くに学校から帰ると、「届いてるよ。」の妻の声。最初は何のことかわからなかったのだが、○洋社さんの封筒を見て、ようやく思い出した。

 この号では「花見カレイの予想」というテーマで皆さんが記事を書いておられるが、私はその中で、大阪湾の花見カレイ予想を、昨年に淡路島仮屋にて開催した北斗サーフオープン大会の結果を例に挙げて記事を書いた。といっても、昨年のオープン大会の結果報告と、今年のオープン大会の宣伝が大部分を占めた感はあるが(^^;

 昔中学生くらいの頃は、関西の釣りの記事を読んでは夢の世界の話のような気がしてため息をついたものだ。今その、かつてお世話になった関西の釣りに少しは記事で恩返しできているのでは?と思うと少し感慨深いものがあったりして(^^)

 なお、この4月号では、同じブログ仲間のおかキングさんやミスター座布さんの男前2人組が、カラーグラビアを飾られている。私の記事も含めて、皆さん是非「購入して」読んでほしい(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

虫エサシステム情報・・・・今後の生存可能性60%

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

虫エサ簡易育成水槽システム~続報2

 実は、皆さんにお詫びをしなければならないのだが、先日の例の3000円のマムシは、4~5日経って頭部は生きているものの、胴が切れかかった部位から尾部にかけては生きていくことがやはり難しく、その部分が腐敗して悪臭を放つようになったので、とりあえず処分してしまった。生きていた日数(正確に言えばまだ生きている「部分」はあったのだが。)は5日ということになる。ただ、それであきらめてしまうことがどうしても出来ず、先日の某川尻釣行でエサを購入する際に、使わず持ち帰るマムシ500円分も購入、土曜日から再度、マムシが切れていないことを確かめた上で飼育を始めている。エサ店で色々とお話を聞いてみたのだが、エサ店内で生かせているマムシも、やはりよほど条件が良くない限り、エサ店でも死なせてしまうとのこと。エサ店のカウンターの小水槽に入れてあるマムシで1週間程度もてば良い方とのこと。再度挑戦しようとしている矢先に出鼻をくじかれるようなお話だったのであるが、とりあえず、そのまま水を入れ替えて待機させてあった水槽システムに、現在そのマムシ500円分を入れてある。

 とりあえずもう少し様子を見てから、HPのコラム集にアップしようと思っている。

 ところで、そうやって飼っているうちに、マムシを自宅で飼育するための条件が3つあることがわかった。それを今日は紹介しておく。

1 気温と水温。今は時期的に暑くもなく寒くもなくで、とりあえず水槽は常温の倉庫に設置してあるが、夏の暑いとき、また冬の氷点下になりそうなときは、この方法はやめておいた方が良いと思う。冬の場合は温度低下を避けるための保温を考えればなんとかなるだろうが、夏場はあきらめた方がよい。気温はエアコンでなんとかなっても、水温を下げることは「簡易システム」では不可能。というよりも、夏の暑い日にいくらクーラーボックスで保管してあるとはいえ、そのマムシを自宅に持ち帰って飼育すること自体、ほぼ不可能と思ってよいのではないか。

2 水槽に入れる量。今試しているのは500円分なので、匹数にすれば6~7匹だが、先日のように、ほぼ余った3000円分を入れるのはやめた方がよい。もったいないからと惜しまずに、生きの良い胴の傷んでいない個体のみを選別して入れる方がよかった。

3 個体の状態。切れかけていたり、尾部が傷んでいるものはやめた方がよい。指で触るとキュキュッと縮まるくらいの生きの良いものを選別する方がよい。

 このシステムの私のポリシーは、あくまでも「簡易」システム。お金をかけるのであれば定温管理ができるシステムを作ればよいわけで、そんな普及しにくいシステムは今回の場合無意味。なので、漢字入りで13文字もあるシステム名は、自分のお手軽システムに対する皮肉を込めていると理解していただきたい。

 もうしばらく様子を見て、うまくいくようであれば、紹介させていただくことにする。もう少しお待ちを。 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 写真はもう少し後にアップする予定です。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

納得できない言葉遣い

 昨日のキチヌ釣り釣行記は「北斗サーフHP」の釣行記のコーナーにアップしています。うわさのヘッドライトのインプレもしていますので、どうぞご覧ください。

 ところで、皆さんもおそらく私と同じ気持ちで聞いていると思われる言葉遣いをひとつ・・・・

 いつからコンビニではこんな言葉遣いが?!

「お箸のは1よろしかったでしょうか?」

 全く、どんな日本語やねん!!と言いたい。上の言葉遣いには3箇所おかしい部分があるのはおわかりと思う。多くの人がおかしいと思う言葉遣いを、なぜコンビニの店員さんは平気で使うのか不思議でならない。

 話は変わるが、学校の昼食時、生徒がお箸を忘れたからと言って職員室にもらいにくるシーンによく出くわす。私が応対したときは必ず、

「どれだけいるの?」

 と尋ねる。すると生徒は、

「1本です。」

 と返してくる

「本当に1本でいいんやね?! じゃあ待って、割るから。」

 と、お箸を割るふりをする。生徒にすれば、目の前で今もらおうとしている割り箸が割られようとするシーンを見るのは、かなり動揺を誘うようだ。

「いや、じゃなくて、2本、じゃなくて、1セット、じゃなくて、あの、その・・・」

 と、パニックになったところで、

「お箸はね、1膳、2膳って数えるやぞ、覚えとき。」

 こんな会話を生徒と楽しむ私って、ちょっとS系かな? いやいややっぱり、正しい日本語は教えてあげないと。でも、私はこうやって生徒と会話で触れ合うことが好きなので、ちょっとした意地悪は許してもらおう(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ちょっと川尻へ

 今日の午後は雨が小康状態になるようだ。先日の月例会や先月の月例会でも不完全燃焼な釣りに終わり、少々欲求不満な状態になっている。今年に入って行った釣りは、初釣り以外では2回の不完全燃焼月例会とキチヌ狙い1回。最近では常時禁断症状が出ている感じ。それで、今から川尻へキチヌ狙いにでも行ってみようかと思っている。潮は夕方が干潮で夜中の満潮にかけてが込み潮になるので、日が暮れてからチャンスが訪れるのではないだろうか。

 そんなわけで、ちょっと出かけてきます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。釣果報告はまた明日この場所で!!(^^)

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ヘッドライト嫌いの言い訳

 昨日、あのような優れもののヘッドライトの紹介をしながら、今日はなぜヘッドライトが嫌いなのかを書いてみようと思う。ほんま、支離滅裂というかなんというか・・・・(^^;

 サーフに入会する前のある日、私はある小波止に電子ウキ釣りでクロダイを狙いに行った。夕方、釣り場近くのスペースに車を置いて、波止の先端に向けて歩いていくと、そう音をたてて近づいたわけでもないのに、先端の数mまで近づいた時にクロダイが10匹ほど波止の際から蜘蛛の子を散らすように逃げていった。それを見たとき、クロダイという魚は音に敏感なのだと理解したと同時に、不用意に近づいたことを後悔した。だが、後悔しても遅かった。その日はもちろんボーズ。

 またあるとき、テトラ波止に電子ウキ釣りに行ったとき、近くのクロダイ師と話をしてみると、絶対に海面を照らしてはいけないというアドバイスを受けた。取り込みももちろん、ライトを照らさずに行うのである。その証拠に、ああいった電子ウキでのクロダイ狙いをされている方は、小型のペンライトを胸や帽子にとりつけているだけで、ヘッドライトを付けている方はあまりいない。つまり、取り込みはライトを照らさずに行っているわけである。クロダイ師の方がいかにライトに気を遣っているかということがよくわかった。

 もちろん、当時竿釣りをメインにしていたから仕方がない部分もある。投げ釣りはある程度の距離を投げて釣るのだから、そう気にすることもないという意見もあるだろう。だが、やはり過去にそういったいくつかの経験をしていると、自然にそういう気遣いが身についてしまうのである。

 海面を普通に照らしながら投げ釣りをされている方の横には、できるだけ入りたくない。それは、誰がなんと言おうと、私のポリシーであるから仕方ない。安全に釣りをするためにライトを点灯するのは仕方がないにしても、常時点灯させたまま釣りをされている方など、夜釣りに対する姿勢を問いたいと思っているほどだ。夜釣りは暗い海で行うもの。そんな海に突然明るい光が差し込めば、クロダイでなくても警戒心を持つことは用意に理解できる。仲間うちで釣りに行っても、不用意に海面を照らす人には遠慮なく、やめてほしいとお願いすることにしている。

 初めに書いたような経験をしている以上、気を遣って釣りをするに越したことはない。いくら高性能なヘッドライトを手にしたからと言って、この考え方はおそらく今後も変わることはないと思っている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

SUPER LEDヘッドライト

 私はもともと明るいヘッドライトは嫌い。というか、海面に向けて照射するのを極度に嫌う性質である。なので、夜釣りで海方向に目を向けるキャスティング、取り込みの時はできるだけヘッドライトをつけずに行うようにしている。とはいえ、よほどの大物が来たときや、極度に足場が悪い場所でのキャスティングの際には、やむを得ずヘッドライトを点灯するようにしている。

 と、最近まではずっとそう思っていた。ところが困ったことが起こってしまった。そう、老眼だ。エサを付けたり仕掛けを交換する際に、それでなくても眼鏡が合わなくなって見えにくくなってきているのに、その上にヘッドライトが中途半端な明るさだと余計に見えにくくて困ってしまっていたのだ。

 最近ある方のブログ(ブログ通の方なら絶対にご存知の方のブログ)を拝見して、超強力なヘッドライトがあることを知った。それが、富士灯器というメーカーから発売されている、「ZEXUS ZX-310」という型番のもの。普通のヘッドライトは1~2Wがせいぜいの明るさだが、この商品はSUPER LEDのなんと5Wという超強力LEDを搭載している。ヘッドライト嫌いの私が興味を示すのは上のような事情があるためだが、私はためらうことなくすぐ行動に移した。最近の情勢では背に腹は変えられない。ということで、ヤフオクで比較的廉価でゲット!!

Dscf12061

 単3乾電池3本使用で、電池ボックスが別になっているタイプだが、その電池ボックスが後頭部に来るようになっており、重いかと思いきや全くそんなことはなく、かえって普通の電池内蔵タイプよりも安定性があり装着しやすい。(電池内蔵のものはコンパクトであることは確かだが、電池の分の重みで、前にずれ落ちてくることがしばしばあった。)

Dscf12051

 で、最大の明るさがこれ。写真ではわかりにくいが、実際に見れば皆さんおそらくびっくりされるのではないかと思う。

 さらに、LOW-HIGH切り替え式の上に、手元照らし用の3灯LEDもついている。

Dscf12071_2

 さらに、安全のために後部赤色灯も搭載されていて、夜釣りの際には安全面で効果があると思う。そして水濡れにも強いときているから、ほぼ釣り人のニーズには応えられているのではないだろうか。

 私がこのヘッドライトを気に入った理由はただ明るいだけではなく、使い勝手がとても良いということ。それは、スイッチの切り替えに集約される。普通のLOW-HIGH切り替え式ヘッドライトは、消灯する際にいちいち2度、3度とスイッチを押さなければならないが、このヘッドライトは、連続でスイッチを押すとLOW-HIGH-手元灯と切り替えられるが、しばらく同位置で点灯させると、次に押すと1回でOFFになる。これは意外に重宝する部分で、時合い等で早く消灯したいときに2度3度とスイッチを押すのはうっとうしいもの。それが一発点灯、一発消灯できるので、そのわずらわしさから開放される。ちなみに、スイッチは点灯部分の上部に位置しており、操作性は良い。

 繰り返し書くが、私は本来ヘッドライトは嫌い。できれば使いたくないくらい。だが、やはり安全には変えられないし、辛い部分であるが、老眼のわずらわしさからも開放されたい。海面に向けての配慮は今後も神経質なほどすると思うが、「明るさ」「操作性」という部分で夜釣りの心強い味方ができて、今はちょっとうれしい。

 皆さんもぜひ、このヘッドライトを検討してみてほしい。

 とりあえずは、明るさにおそらく、度肝を抜かれることだろう。 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

PAの修理

 私が所有しているPAスピンパワーのうちの一台。購入した直後からラインローラーのネジが固着していて、オイルを差そうにもどうにもできなくて、仕方なくローラーの隙間から流し込む形でメンテを行ってきた。ある日、あまりにもじれったくてねじ回しでネジを思い切り回したところ、ついにネジ山を潰してしまい、仕方なく修理に出すことにした。ベールアームごと交換すれば早いのだが、メーカーに出せば潰れたネジ山を何とか工夫してはずしてくれると思ったのだ。

 先週の末に、修理を依頼してもらった近所の釣具屋さんから電話。内容は、ネジ山が潰れているので、ベールアームを交換しなければならないがどうしますか、というものだった。どうせ交換しなければならないと思っていたので、そのままゴーサインを出しておいたのだが、どうも釈然としない。購入直後から固着していて(その時点で修理に出せばよかったと言えばそれまでだが。)ネジ山が潰れてもメーカーならどうにかしてくれるかも?と思ったのだが、何のことはない、自分でパーツを交換すれば同じことができるものを、工賃別1500円也でしてもらったことになり、こんなことなら自分でパーツを注文して修理すればよかったと思った。本当にメーカーもあてにならない。こういった現象はきっと他にもあるはずなのに、プロであるメーカーから「交換しかできない。」という返答が返ってきたことがどうしても釈然としないのだ。

 メーカーのプロ意識を改めて問いたいと思った。

 ぼやきに付き合っていただき、ありがとうございました(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ S社さんの方、この記事読んでくださってますか~?

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

簡易育成システム続報

 育成というほどの大それたものでもないが、とりあえず、死ぬことがなければ育成につながるのでは?と思われる、昨日から始めた虫エサ育成水槽システム。コメントやメール等でご意見を意外に多くいただき、皆さんが余った虫エサの処分に苦慮されていることがよくわかった。それで、なんとしてもこのシステムを成功させねばと、今はプレッシャーを感じている。しっかりと成功させなければ、写真等で紹介するのははずかしいのでやめておこう、と心に決めているので、今は公開するわけにはいかないが、意外にこの方法はマムシ等の虫エサには合っているのかも?と思われる生存状況。今のところ犠牲を出すことなく、順調に生命を保っている。

 金額的にはそう高くつく方法をとっていない、というか、お金をかければどんな生物だって生存させることは可能であり、それを、いかに安くつかせるかというのが今回の大きな命題であるので、道具等は自分が初めに思ったとおりの道具で済ませている。とりあえず、もう少し待ってほしい。この数日の間に結論は出そうなので・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ついに出た?!虫エサ育成簡易水槽システム

 昨日の月例会で私はマムシ3000円と青イソメ500円を持参した。普段の月例会ではごく普通の購入金額である。作戦的には、青イソメで遠投すればスズキなどが来ないかと思い、その間にマムシの際狙いでアイナメ、少し遠投でカレイをゲットする「はず」だった。ところが、津波騒動で実釣時間が約2時間、しかもほとんどエサ取りすらおらず、結局使用したエサは青イソメ500円とマムシ2匹ほど・・・(^^; マムシはほとんど手をつけておらずに、エサ箱を開けるとグニョグニョとそれは元気が良い。アオイソメの残りはためらいなく「放流」したのだが、このマムシに関しては後ろ髪が引かれる引かれる。結局ためらってためらって、クーラーボックスにもう一度仕舞いこんだ。帰ってから塩マムシにしよう。そのときはそう思っていた。

 ところが、持ち帰ってエサ箱を開けると、まだグニョグニョと元気なこと。それで今度は塩マムシにすることがためらわれて、思案の末にいっそのこと飼ってみようと思った。

 鳥羽から帰宅したのは午後3時頃。津波の「おかげ」で、まるで泉南に釣行して帰ったような早い時間。夜は仮眠もしっかり取れたので身体も元気。それで、その勢いで熱帯魚店に走って「人工海水の素」を購入。ついでに、簡易エアレーション装置(売価1500円ほど。)も購入して帰宅。私なりに工夫した「虫エサ育成簡易水槽システム」を製作し、昨日から飼っている。今のところ元気にグニョグニョとたわむれておられるようで、とりあえず安心。

 ただ、私の目標では最低3週間程度は生き延びてくれなければ話にならないと思っている。それで、そこまで生き続けたらとりあえずの目標達成ということで、私の「虫エサ育成簡易水槽システム」を皆さんに紹介しようと思う。予算も少なく、余った虫エサを手軽に自宅で飼うことができるなら、これほど便利なことはない。エサが余るのでは?という心配をせずにすむ。そのかわり、塩マムシのストックが少なくなっていくのは仕方がない(^^; ただ、数日で全滅の際は、この話はなかったことにしてほしい(笑)その場合は、ブログでは触れないことにするので(爆)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ おい、写真はないのかよ~!! と思われた方は、バナーをクリック!!

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ