« ハンドプロテクター | トップページ | 明日は研究授業 »

タックルの量

 行ってもいないのにフィッシングショーのコメントをする資格はないが、毎年思うのは、なぜに年々上位機種の価格が天井知らずで上がっていくのだろうかということだ。ロッドなんて、私がヒーコラ言いながらそろえているTⅡが一挙に5本は買えようかと思うばかりの価格のものや、リールでそれはないやろ~と思ってしまう価格のもの。もちろん、それなりのリーズナブルなものも発売されているが、リーズナブルな価格のロッドやリールはやはりそれなりの性能だ。ロッドを振ってみたり、リールのハンドルを回してみればそれがわかる。それらのタックルがどう考えても最上位機種の前座的扱いを受けている気がするのは私だけではないだろう。私たちのお小遣い程度で購入できる価格帯で、これはメーカーが心血注いだ逸品です、というユーザーを唸らせるタックルはないものか。

 さて、それはともかく、色々な方のブログを拝見する中で、タックルの持ちようが人それぞれだなと思うことがある。例えば、様々なグレードの様々な号数のロッドを複数本ずつ揃えておられる方や、これと心中するぞ、と言わんばかりの一張羅のタックルの方。今の私はどちらかと言えば後者に属する。色々揃えて使い分けるのが面倒というか、これさえあればかなりの狙い物を網羅できる、そんなタックルにあこがれているというか。

 もちろん、例えばコロタマ狙いのロッドでヒラメの飲ませ釣りをするわけにはいかない。以前はそう思ってAXクラスの並継ロッドも所有していたが、そのような剛竿を持って行かなければならない釣り場にほとんど行く機会がないのだ。せいぜい潮流の速い場所でニベやマダイを狙ったり、磯からアイナメを狙ったりというのが私のある意味上限の釣りなのだ。現在はTⅡ以外に旧スピンのBXを2本予備で所有しているが、それで十分網羅できる範囲の釣りしか最近はしない。それに、多数のロッドやリールを所有して気持ちを分散させるより、数少ない自分のタックルをかわいがってやる方に気持ちが傾いているのである。今所有しているTⅡには、キスやカワハギの引き釣り、ヒラメやエソの飲ませ釣りから磯のアイナメに至るまで、すべてのシチュエーションで活躍してもらうつもりである。腰がへたるまで使い込む覚悟で・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ あなたはタックル多数所有派ですか?それとも一張羅派?!

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« ハンドプロテクター | トップページ | 明日は研究授業 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
徳島のmazeと申します。

私は「多数所有派」です(^^;

確かに管理や選択が煩わしいと感じる事も多いですが、対象魚種や釣り場の状況に応じて最適なタックルを考えるのが楽しいのです。

釣りに行く前の晩にどの竿やリールを使おうか考えてる時なんて、野球やサッカーの先発メンバーのオーダーやフオーメーションを組むような感覚でワクワクします。

考えすぎて寝るのが遅くなったり、大量に持っていくことになってしまう事があるのが問題ですが・・・(^^;

>mazeさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
私は一張羅派と言っていますが、ぶっちゃけ言いますと、次のタックルを購入するのに、古いタックルが資金になっているだけ。なので、古いタックルが残らないだけの話です(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/47516466

この記事へのトラックバック一覧です: タックルの量:

« ハンドプロテクター | トップページ | 明日は研究授業 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ