« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

とんでもhappenな月例会

 今回の月例会はハプニング続きであった。これほど続くこともめずらしい。そのことを順を追って書いてみることにする。

 天候は生憎の雨。前々日の予想では、土曜日中に雨は上がって、日曜日は天気がもつとのことであったが、結局日曜日の9時頃まで雨が残った。雨対策をおろそかにしていた私は、かろうじて防水防寒のスーツがあったので助かったが。

 渡船の出船時刻の6時半きっかりに渡船が到着。さあ乗り込むぞ、と勇んで荷物を用意したのは良いが、あろうことかエンジントラブル。到着と同時にプスッとエンジンが止まってしまい、それ以降かかることはなかった。船は見る見る沖へ漂流していった。船頭は、「すみません~、今日は渡船できませ~ん。」と、エンジントラブルに対処しつつこちらに向かって叫んでいたが、その声もだんだんと沖の方へ。結局渡船で渡ることができなかった私たちは、午前7時半頃からやむなく旧ブラジル丸後で釣りをすることにしたのだが・・・

 午前9時半頃、鳥羽市内のどこかからサイレンがけたたましく鳴った。鳴った瞬間、何のサイレンなのかはクラブのメンバー全員が理解した。そう、チリ地震の津波に関するものだ。そして、その後ほどなくして有線放送で、「津波警報が発令されました。皆さん、高台の方へ非難してください。」とのアナウンスが。え?津波はいつ来るんやろ? 私は急に怖くなって、携帯サイトで調査。おお~、三陸海岸で大津波警報が発令されているではないか! それに、太平洋岸全域に津波警報が発令されている。よく津波警報が発令されるのは知っていたが、大津波警報はもしかすると初めての体験。

 しばらくすると警察官がまわってきて、釣りを早い目に切り上げて避難してください、との「通達」を出された。危険な状況には変わりはないが、とりあえず津波到達予想時刻が午後とのことなので、落ち着いてゆっくりと片付けにかかった。それが午前10時。

 今日は三重協会さんが初釣り大会をされているとのことで、クラブ員さんが撤収して車に向かわれるところをすれ違った。すれ違いざまに、会長から撤収命令が出ました、と話されて行かれた。それを聞いて私たちも急いで道具を仕舞った。

 考えてみれば、私が行こうとしていたのは当初菅島の石切り場。周りに人家はないし、渡船の船頭が津波警報に気づかなければ、予定の午後1時まで迎えに来てくれないところだった。それが、エンジントラブルで渡船を結果的に回避。これはもしかすると、神のお告げだったのでは?とクラブ員と話していた。

 釣りの方は、私は当然のことながらボーズ。夜中の雨の中中之郷で竿を出されていた安田氏が28センチのマコガレイとアイナメの20センチクラスを釣り上げて優勝。2位はマハゼ2匹で有光氏、3位は20センチクラスのマコガレイを釣り上げた清水氏。とりあえず、参加7人中3人が対象魚を確保して、とりあえずの月例会の形にはなったが、生涯2度目の月例会津波警報に、気分的には命からがら大阪に逃げ帰ってこれた形になって、そのことが本当によかったと思っている。命あっての物だね。またHPの釣行記にするほどのものではない釣行にはなったが、とりあえず無事に帰宅できてよかった、それが1番の気持ち。

 そして、まだ現在も津波警報は発令中。各地に大きな被害が出ないことをお祈りしている。

 PS 夜に渡船店から電話がかかってきて、今日のお詫びをされた。だが、今日の場合は別。渡船に乗らずに津波警報に結果的に対処できたことをお知らせして、さらに、もし私たちが渡船に乗ってからエンジントラブルになっていたとしたら、もしかすると大変なことになっていたかもしれないし、お客様をあずかる職業なのだから、そのあたりをもう少し勉強された方が良いのでは?とお伝えしておいた。船は鳥羽の業者にきてもらってトラブルを回避できたとのこと。何はともあれ、よかった。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 今回もHPの釣行記はありません。ごめんなさい。月例会報告の方はHPで紹介させていただきます。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

チリで地震??

 南米チリでM8.8の地震があったらしい。南米のチリとペルーには津波警報が出されたようだが、太平洋全域にも津波に対して警戒を呼びかけているとのこと。このニュースを聞いて私は、「またか~。」と思った。

 もう今から10年ほども前になるだろう2月月例会の日、その日の月例会は徳島の津田一文字に釣行する「はず」だった。私たち一行は前日の夜にフェリーに乗船すべく、和歌山港を目指していた。車中はアイナメやカレイがもうすでに釣れたかのごとく大盛り上がり。もちろん私もその一人であった。ところが、フェリー乗り場に到着してみると、大変なニュースが飛び込んできていた。南半球ニューギニアで大地震があり、日本の太平洋全域に津波注意報発令。それでフェリーの運航が微妙とのこと。さて、どうしよう。クラブ員とあれこれと話をしてはみたものの結論が出てこない。しかも、しばらく待った後、フェリーが運航されることに決定したことも知った。運航には差し支えがないとのことだった。ついでに渡船店にも連絡。これもまた出航するとのこと。この時点で津田一文字の釣行は物理的に可能にはなったが、クラブ員でさらに相談、津波注意報が発令されている今、徳島に渡って一文字で釣りをするのはいかがなものか。というわけで、今私たちが立っている和歌山港近辺での月例会に変更することになった。2月の和歌山港近辺。しかも、私はアイナメ対策に短い1本バリとエサはマムシしか用意していない。紀ノ川尻に入ればキチヌは狙えるが、用意している仕掛けとエサがキチヌ狙いのものではないので、私はどうしてもテンションが上がらず、ついに、釣りを全くしないままに月例会を終えることになってしまった。

 この日の月例会は、有光氏が紀ノ川尻でマムシをエサにキチヌを釣り優勝。あきらめずに釣りをした有光氏と、早々とあきらめた私との差がもろに出た結果であった。

 そして、明日2月28日も月例会。渡船店に電話をすると、問題なく出航するとのことだが、これがもし、津波注意報などが発令されれば変更を余儀なくされるかもしれない。たまたま重なった2月の月例会近辺の地震。なんでまた月例会の日に??

 不安な月例会だが、とりあえずまもなく出発する。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。明日釣行を予定されている方、念のため地震情報には注意してください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ライバル

 真央ちゃん、おしくも銀メダル。キムヨナ選手がやはり素晴らしすぎたということであったのか。じゃあ、真央ちゃんはそうでなかったか? いや、決してそうではないと思う。ショート、フリーで合計3回も3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を決めた真央ちゃんは、やはりヨナ選手に負けないくらい素晴らしいと思う。

 真央ちゃんが世にスケートデビューを果たして、その名が知られるようになったのと時を同じくして、キムヨナ選手も頭角を現した。二人はお互いにライバルとして認め合い、追いつ抜かれつのデッドヒートを今まで何度も繰り返してきたわけだ。それで私が思ったのは、お互いの存在があったからこそ、二人はここまで素晴らしいフィギュア選手に成長できたのではないかということ。どちらか一人でここまで成長できたのか。真央ちゃんにとってキムヨナ選手はあたかも目の上のタンコブのような存在に見えるが、キムヨナ選手の存在があったからこそ、今回のオリンピックで銀メダルという輝かしい成績を残せたのではないかと思っている。

 ライバルは時として活躍すると憎らしいほどの感情が芽生えることがある。だが、その存在がなかったら、自分がここまで成長できていないだろう、とポジティブに考えれば、そのライバルに対して感謝の気持ちすら覚えることになると思う。輪島に対する北の湖、アントニオ猪木に対するタイガージェットシン(ちょっと古い?(^^; )、阪神に対する巨人。ライバルが強ければ強いほど応援したくなるのもごく自然な感情。ライバルは応援する自分自身にとっても大切な存在だ。

 私もクラブに入会したての頃は、クラブ員とペナントを争ったり、魚拓枚数を競ったり、そうして士気を高めてきた。その頃クラブには、どうしても魚拓枚数で勝てない会員さんがおられて、その方に負けまいと私は必死に頑張ったものだ。だが、それが貧弱ではあるが、今の実績に繋がっていると言っても過言ではない。だが、その方はもうすでに退会されていて、もうライバルとして戦うことはできなくなってしまった。今にして思えばとてもなつかしいライバルとの戦いだったし、今その方と共に切磋琢磨できないことが残念でならない。

 ライバルがいるからこそ、自分も磨ける。自分も輝ける。

 真央ちゃん、本当にお疲れ様。ゆっくり休んでください。

PS 昨日の夕食のおかず、ひじき、菜っ葉のお浸し、お刺身、キムチ。味のインパクトは断然キムチだった。オリンピックの時期だけに、それだけで韓国のパワーを感じてしまったりして・・・・(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

J-RUSH(ジェイラッシュ)?

 今日は職場を早い目に出ることができたので、気分転換に銀球遊技場へ。

 自宅近所のところでいいや、と思って近所の店に入ったは良いが、いつも好んで打つ台が全く音沙汰なし。平日の夕方に出撃してあまり良かった試しがないので、5000円ほどでやめて帰ろうと思った矢先・・・・

 同僚が昨日あたりに話していた「JRUSH」という台が1台だけあった。話によると、この台で結構儲けたことがあるとのこと。それが1台だけ? 怪訝に思いながらも試しに座って打ち始めたら・・・・

 なんと、500円で大当たり!! 

 それに、出るわ出るわで気持ち悪いくらい。こんなに出続けてもいいの?というくらいに玉が出て、気がついたら自分の横には16箱のドル箱が積みあがっていた。だからと言ってこの台をもう一度やろうという気持ちにはならないだろうが、平日の夕方にひょっこりと行っただけなのに、こんなこともあるのだと、人事のように感心して帰宅した。

 ん~、トーナメントISOに変身させるべきかどうか・・・現在思案中である(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

釣り場の心霊スポット

 多くの方のブログで時折触れられる話題。

 私が直接それを体感したわけではないが、今日ご紹介するお話の中に出てくる釣り場は、このブログでは敢えて伏せさせていただくということで。そのときは釣果はあったが、実はHPの釣行記は書いていない。

 「ふぐたろうさん、何で行ったん? あそこ。」

 ある釣行後にある人からそう言われて、初めてそういったいわく付きの釣り場であることを知った。だが、知らぬが仏、とはよく言ったもので、もしそういう「いわく」があることを知っていたのなら、おそらくその釣り場へは行っていない。なので、今後も行くことはないのではという気がしている。この時点で、皆さんの中には、「ははん、あそこだな?」とお気づきの方も多いのではないだろうか。

 その釣り場に釣行した方の身には何かが起こるという。大切な物の紛失、事故、けが、病気、最悪は亡くなった方もおられるということだ。とにかく何かが起こる。釣行後に・・・

 だが、私の場合は何事もなかった。しいて言えば、しばらく前のバイク事故くらいのもので、バイクは破損したものの、自分の身体はまったくの無事だった。これから起こらないとは限らないので、ある意味「気をつけよう」とは思うが、もうかなり前の釣行だし、何かが起こるならもう起こっていてもおかしくないはずだとも思う。

 皆さんの中にも、もしかするとそういったいわく付きの釣り場に行かれた経験がおありの方もおられるのでは? 釣りをしていると、背後からの視線が気になって仕方がなかったとか、背筋にぞぞっと寒気が走って仕方なかったとか。私はそういう話を信じてしまう方なので、そういういわく付きの釣り場には行かないでおこうと思っている。科学的ではないにしても、そういう思い込みがかえって何かを引き起こさないとも限らないし、科学では説明できないことだって世の中には多くあるわけだから。

 そう言えば昔、ある人とある釣り場に出かけて、朝まで仮眠をした後・・・・

 朝起きるとその人が助手席で青い顔をしてぼーっと座っていた。

 「どうしたん?」

 と尋ねると、

 「夜ふと目が覚めたら、車の周りに人がたくさんおってな、皆車の中を覗き込んでるねん。気にせんとこ、と思って目をつぶったけど、それから眠られへんかった。」

 そんな話をしてくれた。もちろん私はその話を信じたし、そう言えばそれ以来、その釣り場には行っていない。

 今日ご紹介した「某」釣り場は、皆さんもおそらく釣行された経験があると思う。知らぬが仏、とも言うし、先にも書いたように、敢えて釣り場名は伏せておくことにする。

 ああ~、ちょっと寒気がする・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 背筋が寒い話ですみません。このことをブログに書いたから自分の身に何かがあったとしても,、それはそれであきらめますわ(^^;

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

今日は公立入試

 今日は大阪府の公立高等学校前期選抜入試の日。今日は朝少し早い目に出勤して、高校に登校する生徒のトラブルに備えたが、そのために昨日夜早い目に布団に入ったのが逆に裏目に出て、反対に目がバチッと冴えてしまい、結局午前4時前まで眠れなかった。それで今日は完璧に睡眠不足・・・・別に自分が入試を受けるわけでもないのに、緊張していたわけでもないのに、あの「バチッ」はいったい何だったんだろう? 昨日のあの目の冴え方で夜釣りをしたらさぞ効率が良かっただろうなあ。公立入試だけに、効率が良い話。お粗末様(^^;

 先日、ネットオークションで落札した天秤オモリ各種が今夜届いた。写真は撮っていないが、ロケット天秤30号9本にハヤテ天秤33号6本、熊本天秤33号6本、キング天秤30号5本に25号3本、10号6本ほど。これだけで落札価格約2500円ほど。おそらくセール以外で店頭で購入すれば、総額4000円は下らないという商品だけに、少しお得な感じであった。出品者の方のご好意で、エクスパックにしていただいたので、送料も500円ほどで済んだ。

 最近のメイン天秤は改良名古屋天秤。ほとんどの釣り場、狙い物をこの天秤でカバーしている。ただ、改良名古屋天秤だと、少し潮流が速かったり遠投したい場合に取り付ける33号のオモリがほとんどないので、この場合のみ33号ハヤテ天秤、熊本天秤を使用するつもりでいる。改良名古屋天秤も合計80本ほどあるので、これでしばらく天秤オモリは買わなくて済みそう。

 以前にも書いたが、最近は鉛価格の高騰で、購入するのがためらわれるほどの価格で天秤オモリが売られている。皆さんも苦慮されて色々な工夫をされていると思うが、また書き込みでその工夫を紹介していただければ、と思う。本当に、投げ釣りほどオモリにお金がかかる釣りはないわけで。

 さ、話は最初に戻すが、明日は入試のうち面接、実技試験がある。我がクラスの前期公立受験者の約半数が明日も入試があるということになる。ペーパーで力を発揮しきれなかった分を、どうか実技、面接試験でカバーしてもらいたいものだ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

就活中の男子学生に聞いたらしいのだが・・・

 就職したらどのような生活を望みますか? の質問に対して・・・およそ7割の男子学生が、人より高収入で人より贅沢な暮らしがしたい との答え。

 はっきり言うが、

 お前らあほか! と言いたい。

 上の質問は、今日付けのS新聞夕刊に掲載されていたものだが、この答えに対して、女子学生は半数が、人並みな暮らし、と答えている。この答えにもちょっと首をかしげたが、現実的に見ている女子学生の方がまた常識的と言える。では、どのような答えが理想かと言えば、そんなもんあんたらが考えろとも言いたい。

 まずはしっかりと足元を固めて、自分自身がどのように仕事を理解し、仕事に打ち込み、どのようにすれば精神的に充足できるような生活ができるか、を考えてほしい。これだけははっきり言えるが、いくら高収入でも仕事に対する情熱がなければ精神的に続かないし、人間関係がうまく形成されなければただの苦痛にしかすぎなくなると思うのだ。私など、職場の同僚や生徒との人間関係だけで仕事を続けているようなものだから(^^; これなしには今の教員という仕事は考えられない。近頃の不景気の波は公務員にも押し寄せてきているし(特に大阪府は、有名知事の施策により給与ダウンはしょっちゅう。)決して満足できる収入とは言えないが、それでも今の仕事に精力的に打ち込めるのは、やりがいと人間関係のおかげに他ならないのだ。そして、最も大切なのは・・・・・

 言うまでもなく、「家族との精神的に満たされた生活」である。家族の支えがあるから仕事が続けられる。

 私の言い分・・・間違っているだろうか・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

来週は鳥羽へ

 2月の月例会は、ここ数年恒例となった三重県鳥羽方面へのアイナメ、カレイ狙い。

 昨年の鳥羽月例会では、一応曲りなりにも5名で30センチオーバーのアイナメが数匹出て格好だけはついたのだが、今年は果たしてどうか。とにかく、行きたがる割にはクラブ員は皆「鳥羽音痴」なので、ポイント自体に精通していないという欠点がある。それでも、たまに出かけて大型のアイナメを見ることができたら、また行きたいなと思うのが普通の人であるし、とにかく、どのポイントに入るかが鍵になりそう。

 参加者のうち、私も含めて数名は渡船利用で、菅島、答志島を目指す。私は本当なら菅島の旧石切り場(HP昨年の釣行記参照。)に行きたいのだが、ポイントがアイナメには厳しい状況になっているようで悩みどころだ。かと言って、他のポイントをよく知っているかといえば、そうでもないし。桃取の一文字や埋立地、牛島や弁天島も行って見たい気持ちはあるが、もうひとつ勇気がわかない。うーん、どうしよう。とかなんとか、こうやって悩んでいるときが実は一番楽しいひとときであって、こうした楽しさがあと1週間続くと思えばうれしい気もするし。

 あ、そうそう、昨年の月例会も一般参加者を募集したが(昨年は申し込み0)、今年もこの大会に限らず、我が北斗サーフ単独月例会の折にはクラブ内外を問わず参加を募集することにしている。3月はオープン大会もあるが、この2月の月例会in鳥羽方面も、ぜひ皆様のご参加申し込みをお待ちしています。参加希望の方は、メールでご一報を。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ふぐたろうプレゼンツ??

 先日の月例会の折に、3月のオープン大会の賞品についてクラブ員と話をした。

 賞品といっても、たかが弱小クラブの悲しさ、賞品に当てる予算も限られたものがある。それで、私は皆に、「自宅に保管してある新品の釣り道具(つまり、大会等の頂き物で、未使用のもの。)があれば、供出してほしい。」とお願いしたのだが、そうすると有光氏から即座に、「ほんなら、お前がカレイ大会でもらったPAスピンパワー供出すればええやんけ。」と返ってきた。なるほど、そういう手もあるな。そのことは、カレイ大会で頂いたときから考えていたことではあるのだが、そこでちょっと考え込んでしまった。大きな大会での頂き物ならともかく、合同とは言えクラブ主催の大会での頂き物をそのまま横流ししても良いものかどうか。私にはどうしても主催クラブの方の心づくしのような気がしてならないのだ。やはり、あのリールは私自身が大切に使用するべきなのではないか。

 それで、その頂いたPAスピンパワーの代わりではないが、私自身が個人負担で何か賞品を用意すれば良いということを思いついた。私自身、3月のオープン大会に対しては会長ではなく一クラブ員としてかなり思い入れがあり、昨年のオープン大会のあの楽しい雰囲気、盛り上がりが忘れられず、今年もできる限り盛り上げたいと思っているのだ。毎年できることではないと思うが、たまにはこの「ふぐたろうプレゼンツ」の賞品があっても良いのではないか。

 そんなわけで、オープン大会の1位賞品には、きっと参加の皆さんのテンションが上がるような賞品を、私自身が私自身の予算で考えたいと思う。

 皆さん、乞うご期待!! どしどし大会に申し込んでくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

今日は、内容的にはお休みです

 現在時刻、午後11時44分。この時点から書き始めて、どれほどの内容のものが書けるかははなはだ疑問。書く内容が決まっていればほんの10分ほどで書くこともできるが、なにぶん今夜はテーマが決まっておらず、また宴会後ということで、ウップ状態(^^;でもあるので、無理せず、今日のブログは内容的にお休みの日とします。

 さて、明日からは何を書こうかな?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。ウップ(^^;

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ウオゼ

 今日帰宅して妻に夕食のおかずを尋ねると「ウオゼ」という声が返ってきた。これで私のテンションは↑↑↑。実は私はウオゼが大好物。ところが、今夜ウオゼを食べたのは、実にもう10年以上ぶりのことである。というのも、九州生まれの妻にはウオゼという魚がどういう魚なのかわからなかったとのこと。時々私が、「あー、ウオゼが食べたいな。」なんてブツブツ言っても、「そんな魚知らん。」で片付けられていたのだ。ウオゼ・・・おいしい魚だ。皆さんはもちろんご存知だろうと思うが・・・・

 ウオゼというのは、正式和名はスズキ目イボダイ科のイボダイ。近縁の魚では、日本海の船釣りで狙う大物魚、メダイが有名なところ。そういえば、メダイとウオゼは体型が似ているような気もする。イボダイの地方名で多いのはウオゼ以外にシズという言い方もするとのこと。イボダイがなまって「エボダイ」というところもあるらしい。このウオゼというお魚、新鮮なものは刺身にもなるし、火を通す料理ならできない料理がないくらい、どんな料理にも合うお魚なのだ。それで、ふぐたろう的な味覚の感想を言うならば、食感的にはタチウオに似ているかな?それでいて、身はもっと甘い感じで。やわらかくてあっさりしている。欠点は、大きくても20センチそこそこと小さな魚であること、投げ釣りはもちろん、釣りの対象として専門に狙うにはちょっと無理があるということ。水深のある防波堤などでサビキ釣りをすると、たまに掛かってくるとのことだが、ウオゼ釣りというのは聞いたことがない。

 今日のウオゼは、妻がたまたま前に私が「ウ、ウオゼ・・・」というのを思い出して買ったらしいのだが、久しぶりということで、まずは食感が一番素直な塩焼きにしてみた。本当に日本酒がいくらでも飲める感じ。頭の一部分と中骨以外は全部食べられる。鰭の部分も香ばしくておいしい。これを機会に、またウオゼをリクエストしてみよう。今度からは妻も抵抗なくウオゼを買うことができるだろうし。

Dscf11761

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

どちらが正解???

 スナップサルカンの接続方法のお話。

Dscf11741

Dscf11751

 実は私は投げ釣りを始めてもう40年近くになるが、未だに疑問が解決していないのがコレ。そんなん、どっちでもよか、なんて言ってしまえばそれまでだが、私はきっと正しいつなぎ方があると思っているのである。

 上の写真の接続は、市販の仕掛けを使用すると必ず遭遇する方法。市販の仕掛けには、スナップを道糸に接続するようにスナップサルカンが取り付けてある。

 下の写真は、自作の仕掛けを使用するときの接続方法。ヨリ糸は作る段階で必ずチチワ状になるので、必然的に下向きにスナップが向くように取り付ける。

 で、どちらが本来のつなぎ方なのか、というのが、バカバカしくも40年間私が思い続けてきた疑問である。で、私の考えなのだが、力糸はスナップに接続するよりもサルカンに接続した方が強力なのでは? スナップ部に太い力糸を結ぶのはどうも抵抗があるのだが・・・・皆さんの中の正解をお聞かせください。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

地マムシ

 先日の釣行で昔よく行ったエサ店に立ち寄ってみると、普通ではあまり見かけない「地マムシ」が売られていた。クロダイやキチヌには特効餌と聞いたことがあるので、同行の有光氏と1000円ずつ購入。これで二人とも大いにテンションが上がったのだが・・・・

 結果的にはどの餌にも魚が釣れたなかったので(^^;効能のほどはわからないが、確かに使ってみた感じでは、普通のマムシよりも魚の食いが良さそう。まず、色が独特の茶褐色であること。体液が濃厚そうで、水中でも匂いの効果がありそう。何よりも柔らかくて食い込みがよさげ。まあ、柔らかいということで投げ釣りで遠投には向かないと思うが、それでも頭の部分は結構しっかりしているので、先日の釣りでは頭の部分は遠投することができた。胴から下半分は、近投限定と考えた方がよさそう。

 それはともかくとして、一体「地マムシ」とは何か、ということ。色々調べてみると、地マムシの標準和名は「イワムシ」。えっ?と思って、普段使用しているマムシも調べてみたところ、こちらも「イワムシ」。ややこしい話。後者のマムシは外国産だけかとおもいきや、国産もあるとのことで、国産イワムシが地マムシと言い切るのにも無理がありそうだ。ただ、見た感じも含めて、地マムシとマムシは別種であることは間違いなさそう。そして、地マムシは主に大阪湾沿岸(泉州地域?)で採集されているということ。

 本家マムシは、地方によってはホンムシとかイワイソメとかの呼び方があるらしいし、地マムシはイワムシという呼び名で売られているそうだ。また、浜名湖近辺ではこの地マムシを「弁天ジャムシ」という名で売られているということだ。

 学術的には同種なのか別種なのかはよくわからないが、とりあえず、マムシと地マムシは場所によって使い分けると効果があるのではないだろうか。なんていう中途半端な結論ですみません。お詫びのしるしに先日購入した地マムシを写真でお送りします(^^;

100214jimamusi1

100214jimamusi2

って、この写真じゃ普通のマムシとの区別がつきにくいかな?

 どなたか、地マムシについてもっと教えていただけませんか?

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

和歌山のカレイ

 以前にも書いたが、私がクラブに入会する前、和歌山方面へカレイ狙いによく出かけたものだ。私にとって、カレイ狙いと言えば和歌山方面だった。大カレイで一世を風靡した加太、広大な釣り場の住金裏、和歌山港、他魚も狙える紀ノ川尻、冬の季節風に強い和歌浦方面、そして東燃裏、時折びっくりする大物が出る有田川尻などなど。どこも魅力的で、そして行けば期待に応えてくれる、そんな釣り場ばかりだった。最近のこの近辺のカレイはどうなのだろうか。

 私が最近和歌山方面のカレイ情報の入手を怠っているせいもあるだろうが、あまりカレイの便りを聞かなくなったような気がする。例えば紀ノ川尻。上流の紀ノ川大橋近辺までカレイが上っているときがあって、時折40センチオーバーまで飛び出したりして、キチヌやクロダイ、スズキだけでなく、カレイも魅力的な釣り場だった。ところが、最近はとんとカレイの便りを聞かない。噂によれば、河口付近の橋の工事、青岸の大工事の影響が少なからずあるとの話もある。いずれにしても、カレイ好きな私にとっては寂しい限り。

 ところが、昨日の初釣り大会ではクラブの清水氏が、惜しくも審査には出せなかったが30センチオーバーのカレイを仕留めた。こんな厳寒の時期に、しかもカレイが釣れなくなったと噂される和歌山でよく釣れたものだ。この釣果には私も思わず胸がときめいたくらいだ。釣り場は和歌山港のフェリー乗り場横。詳しいポイントは清水氏から聞きそびれたが、これから花見カレイのシーズンには狙ってみる価値があるかも。

 私のカレイ釣り道場だったとも言える和歌山近辺で、カレイの便りをもっと聞きたいと思うのは私だけではないだろう。この春は私も久しぶりにカレイ狙いで和歌山方面に出かけてみるとするかな。

 どなたか、加太、住金裏等の最近のカレイ情報、お持ちであれば是非ご一報ください。情報を広めて、和歌山をカレイのホットなポイントに復活させましょう。

100214simizukarei1

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

「行かずに家で寝ていた方が良かった釣り師」です(^^;

 結局、徹夜でほとんど眠らずに頑張るも、夜中にエイが1匹来たのみで完全ボーズ。初釣り大会の難しさを改めて確認できたのがせめてもの救いなんて、シャレにもならないが。ただ、クラブ員で唯一清水氏が、夜釣りをあきらめた後の2回戦でなんとかマコガレイの32センチをゲット。この難しい時期に、しかもカレイは死語になりつつある和歌山近辺で釣り上げたのだがら値打ちがある。残念ながら「異種」のあと1匹を釣る事ができなかったので審査には出せなかったが、1匹でも釣果があってよかった。

 そんなわけで、今日はこのへんで。インプレやエピソードはまた後日に・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

初釣り大会

 毎年の事ながら、寒いのになんでわざわざこの時期に?と思いつつ出かけて、貧果に終わる確率が高い大会(^^; とりあえず、キチヌ経由クジメ行きが一番妥当な線だが(^^; これもまた毎年同じパターン。バシッとカレイでも仕留めたいところだが、全く自信なし。しかも・・・・

 妻「今日の釣りは何が釣れるん?」

 私「うーん、余り期待せんといて。キチヌやったら少しは期待できるけど・・・・」

 妻「うーん、お願いやから、期待せんとくから、キチヌは持って帰ってこんといて。」

 ホントにもう、前にキチヌの刺身が意外においしいって言ってたんは誰や!!と敢えて言いたい。

 よく川尻とかでマゴチやスズキ、場合によってはニベなども運良く仕留められる方がおられるが、どんな強運をお持ちなのか、はたまたそれだけの腕の持ち主なのか。それでこれも敢えて言っておこう。

 行かずに寝ていた方が良かったと後悔する釣り師・・・ボーズ。

 対象魚を再確認してほしい釣り師・・・アナゴとゴンズイをそろえる。 

 ショボイ釣り師・・・クジメとカサゴをそろえる。

 並の釣り師・・・キチヌとカサゴ(クジメ)をそろえる。

 すごい釣り師・・・キチヌ(クロダイ)とカレイ(アイナメ)をそろえる。

 偉大な釣り師・・・カレイとマゴチをそろえる。

 と、こうやって強引に書いても、「すごい」まではキチヌ込み(^^; 食べる方は「ミソクソ」なのに、やっぱりキチヌは大切な対象魚ですなあ。ちなみに今日の対象魚は「異種」の2匹長寸。やっぱり、ハードル高ッ!!どう考えても私はせいぜい「ショボイ釣り師」だなぁ。

 まあ、ロッドケースと三脚のインプレを書くつもりで、とりあえず行ってきますわ(^^;

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

知らなかったのは私だけかな?・・・三脚の話

 先日、タックルボックスをリュックに入れるために、リールをロッドケースに放り込むという話を書いた。そして、ヤフオクで手に入れたのがこれ。

Dscf11541  D社の、サーフロッドケース。この中には数本のロッド以外にリールを4台収納することができて、しかもそのうちの2箇所はリールを取り付けて、仕掛けまでセットして収納することができるという優れもの(らしい。) 自分自身がまだ使用していないので、今はロッドケースの写真はこれだけ。使用してからその使用感などをまた書いてみたいと思っている。もちろん、使用感が良ければ、の話。

 今日はこのロッドケースのお話ではなく、三脚の話題。「なんでロッドケースの話題から急に飛ぶねん?」とお叱りを受けるかもしれないが、実は上のロッドケースを出品された方が三脚もオマケでつけてくださっていて、ロッドケースと三脚のセットでお手ごろ価格で落札させていただいたのだ。その三脚というのがこれ。

Dscf11551  ちょうどTⅡにカラーでフィットする三脚がほしかったところで、D社のサーフスタンドを考えていたのだが、今回落札できたのは、上の写真「REDZONE」のサーフ三脚。

 三脚には足を伸ばしたときの固定方法がネジ止め型とレバー型の2種類があるが、私は断然レバー型の方が優れていると思っている。レバー式はネジ山が甘くなったり固着することがほとんどない。そのため、足をガッチリと固定できる。現に今使用している三脚も、第○精工のレバー式だ。上の「REDZONE」はもちろんレバー式で、足の断面が円形ではなく、八角形をしているので、たわみもほとんど起こらない。そして、もっと驚いたのが、竿受け部分の固定方法。普通の三脚なら、受け部分を270度回転させて、足の部分に乗せるようになっていると思うが、これは全く別の発想の固定の仕方。これが何となく気に入った。

Dscf11581  緩んでいるときはこのようになっているが・・・・

Dscf11591_2  受け部分を「90度」上に曲げて・・・・

Dscf11611 写真上に見えているネジで、本体を万力のように締めこんでがっちり固定。

 これ、知らなかったのは私だけなのかと今なんとなくはずかしいのだが・・・・なので、中央の足の集合部にある「受け」は、両サイドの受け部分をセットしなくても使用可能なのだ。乗っているだけの受け部分とは違い、ホールド性は抜群。しかも、左右の受け部分が一直線になるので(普通のものは上から見ると段違いになっているはず。)見た目にも好感が持てる。

 REDZONEのHP(http://www.golden-mean.co.jp/item/fling/redzone-rodholder-tripod/)で調べると、定価で8000円近くする高級品。 金額的に、まず自分では購入することがない。この三脚がほぼ新品でセットにしていただいていたものだから、今何となくうれしくて仕方がない感じ(^^; ロッドケースはともかく、三脚の使用感を早く知りたい。

 とりあえず、今週日曜日の協会初釣り大会でDEBUT予定。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

極光(オーロラ)

 またまた釣りネタではなくて申し訳ありません。

 極光(オーロラ)は、さだまさしのアルバム、「夢の轍(わだち)」に収録されている楽曲のひとつ。オーロラを追いかけて壮絶な死を遂げたカメラマンの、奥さんの心情を綴った歌である。

 私は学生の頃からさだまさしが好きで、暇さえあればさだまさしの楽曲をギターを弾いて歌っていた。もう今から20年以上も昔の話だ。なぜさだまさしの楽曲が好きなのかといえば、ほとんどが実話に基づいて作られていて、真実味が迫ってくるような歌詞と、その歌詞にぴったりの美しいメロディが心に染み入ってくる感覚があるからだ。その、さだまさしの楽曲の中で私が一番好きなのが、この「極光(オーロラ)」である。

 と、これだけなら特にブログに取り上げるほどでもないのだが、先日別用でYouTubeを漁っていたら、この極光(オーロラ)が日本テレビ系の番組「誰も知らない泣ける歌」で過去に取り上げられていたことがわかり、早速それを視聴して本当に泣いてしまったので、ちょっとこの涙を読んでいただいている方にもお分けしようと思って(^^;紹介した次第である。男性なら主人公のカメラマンの気持ちがきっとわかるだろうし、女性なら、その奥さんの気持ちが痛いほどわかるだろうな。

 釣りのブログでそれはないやろ~、なんて言わずに、是非聴いてやってくだされ。

 「誰も知らない泣ける歌」編はこちらから・・・・

 http://www.youtube.com/watch?v=JHORH21yNxM

 オリジナルはこちらから・・・・

 http://www.youtube.com/watch?v=SzORi7JBAuM

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

3Dテレビって?!

 家電メーカーのS社とP社がともに、今年を3D元年と位置づけているらしい。

 そもそも3D画像とは何か。

 私たちは、左目と右目で同じものを見て、それを認識するわけだが、実は左目と右目の網膜に角度が違う別の画像が映っているのをご存知だろうか。左目と右目の幅は普通は10センチ弱。この微妙な角度差(両眼視差)がものを立体的に見せるようにしているのである。

 例えば、普通の写真は2D、つまり二次元的な画像であるわけだが、違う角度で、一見同じに見えるが実は微妙に違う画像を2枚並べると、3D画像、つまり3次元立体画像になる。ある文献から3D画像の例の写真をいただいて下に貼り付けてみるとしよう。

Fuji  この2枚の富士山の写真は、左右に150センチ離れて写したもの。左の写真を左目で、右の写真を右目で見つめ、真ん中で2枚の写真を重ね合わせるように見ると立体画像(3D画像)として見ることができる。少し写真が小さいので、本格的にするならこの写真をプリントアウトして挑戦していただくと良いと思うが、裸眼で見にくければ、虫眼鏡を2枚使ってメガネのように使って上と同様にすると3Dがしやすくなる。また、それでもしんどければ、2枚の写真の間に紙などで「つい立」を立てて仕切るともっと見やすくなる。

 この、写真の3D画像の原理をテレビに応用したものが、3Dテレビである。3Dテレビでは、左目用の画像と右目用の画像を同時に映し出している。そのまま見ると普通のテレビ画像のように見えるだけだが、専用メガネを使うと途端に3Dテレビに変身する。専用メガネの左は左用画像、右は右用画像しか見えない仕組みなのだ。これによって、上の写真の3D画像と同じ原理をテレビ上で働かせることができるわけである。つまり、3Dテレビの動画情報量は、左目用画像と右目用画像が必要なので、普通のテレビ画像の情報量の2倍あるということになる。3Dテレビで3Dテレビ専用の動画を見なければ、3D画像として見ることはできない。

 3Dテレビが普及すれば、今までよりももっと臨場感のあるテレビ画像を見ることができるだろう。話によると、50型の3Dテレビが42万円前後。思ったよりも価格を抑えているな、というのが私の感想。さて、これからどれくらい普及して、どれくらい価格が下がるか。皆さん、期待して待っていよう。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

明日は研究授業

 我が校のある取り組みの一環で、明日は研究授業がおこなわれる。教科は理科と体育。え?理科も当たってるのって? そう。ただし、授業者は私ではなくて他の先生。私は分科会の研究協議の司会の仕事のみ当たっている。今日はそんなわけで、その研究授業の準備で少し遅い目のご帰還。

 今回の理科のテーマは、「いかに生徒に実験方法を考えさせ、それを実践して答えを見つけられるか。」結果と経過の両方ともが問われる授業となる。そして、その題材に与えられたのが「気体の性質」という単元。

 A~Dの記号が書かれた試験管2本ずつに、水素、窒素、二酸化炭素、アンモニアの4種類の気体が入れられている。つまり、4種類8本の試験管がある。A~Dの試験管には、それぞれどの気体が入っているか。気体を識別する実験方法を考え出して、答えを見つけなさい。

 ざっとこんな感じ。このような内容で生徒は実験方法を班で考え、それを実験で実践するのである。明日の研究授業は、前の時間にあらかじめ班で考えてある実験方法を実践する時間。

 以前、私がやらせていただいた研究授業では、ムラサキキャベツの葉の汁を使って、酸性、アルカリ性を確かめる実験を行ったが、今回の研究授業との共通点は「自分の考えで課題を見つけ、手で確かめ、答えを見つける」というところに収束される。今どきの子どもは、答えさえ合っていれば過程を軽く考えてしまう傾向にあるわけで、その過程、途中経過がいかに大切かということを学ばせる、そんな授業計画である。

 実はもうひとつ、明日は大阪の私立高校入試の日でもある。我がクラスの生徒も大半が入試に向かう。入試も研究授業もどのような結果が待っているのか、とても楽しみにしているところである。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 今日のお話は少し理屈っぽかったですか?

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

タックルの量

 行ってもいないのにフィッシングショーのコメントをする資格はないが、毎年思うのは、なぜに年々上位機種の価格が天井知らずで上がっていくのだろうかということだ。ロッドなんて、私がヒーコラ言いながらそろえているTⅡが一挙に5本は買えようかと思うばかりの価格のものや、リールでそれはないやろ~と思ってしまう価格のもの。もちろん、それなりのリーズナブルなものも発売されているが、リーズナブルな価格のロッドやリールはやはりそれなりの性能だ。ロッドを振ってみたり、リールのハンドルを回してみればそれがわかる。それらのタックルがどう考えても最上位機種の前座的扱いを受けている気がするのは私だけではないだろう。私たちのお小遣い程度で購入できる価格帯で、これはメーカーが心血注いだ逸品です、というユーザーを唸らせるタックルはないものか。

 さて、それはともかく、色々な方のブログを拝見する中で、タックルの持ちようが人それぞれだなと思うことがある。例えば、様々なグレードの様々な号数のロッドを複数本ずつ揃えておられる方や、これと心中するぞ、と言わんばかりの一張羅のタックルの方。今の私はどちらかと言えば後者に属する。色々揃えて使い分けるのが面倒というか、これさえあればかなりの狙い物を網羅できる、そんなタックルにあこがれているというか。

 もちろん、例えばコロタマ狙いのロッドでヒラメの飲ませ釣りをするわけにはいかない。以前はそう思ってAXクラスの並継ロッドも所有していたが、そのような剛竿を持って行かなければならない釣り場にほとんど行く機会がないのだ。せいぜい潮流の速い場所でニベやマダイを狙ったり、磯からアイナメを狙ったりというのが私のある意味上限の釣りなのだ。現在はTⅡ以外に旧スピンのBXを2本予備で所有しているが、それで十分網羅できる範囲の釣りしか最近はしない。それに、多数のロッドやリールを所有して気持ちを分散させるより、数少ない自分のタックルをかわいがってやる方に気持ちが傾いているのである。今所有しているTⅡには、キスやカワハギの引き釣り、ヒラメやエソの飲ませ釣りから磯のアイナメに至るまで、すべてのシチュエーションで活躍してもらうつもりである。腰がへたるまで使い込む覚悟で・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ あなたはタックル多数所有派ですか?それとも一張羅派?!

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

ハンドプロテクター

 f光からe光に変更する際に設定に手間取り、昨日はインターネットが不通に。f光のときと同じ設定なのになぜ??? ということで今日はe光の方に来ていただき、設定をしていただいた。本当なら今日は息子を連れてぶらっとフィッシングショーでも行ってみようかと思っていたのだが、このせいでその計画はおじゃんに。ま、仕方ないか~。

 私のPCはマックブック。家族のPCはWindows。Wの方は有線LANだが、Mはエアマックステーション経由の無線LAN。Wのみなら有線LANだけで問題はないが、エアマックステーションはルータにつなぐ必要がある。なので、Wの方もルータ経由にしなければならないのだが、PCが直接続の設定を優先認識していたようで、ルータは無視されていた形。それでインターネットにつながらなかった。そんなわけで、e光の方に、Wにルータを認識してね、の設定をしていただいたということ。それがわからなかったもので・・・機会音痴は困りものだ。

 さて、難しい話は無視していただいて・・・・(^^;

 昨年の今頃、ささくれが指にできて大変、というお話を書かせていただいた。この時期釣りに行くと、できかけのささくれに虫エサ等の汁が入り込み、痛くなるわ、ささくれはひどくなるわで大変だった。釣行後1週間は指の痛みが取れず、翌週に釣りに行けないような状態にもなったものだ。

 ところが、今年はまだ1ヶ所もささくれができていない。なぜか。それは、妻に秘密兵器を教えてもらったからだ。その秘密兵器というのがこれ。

Dscf11421

 これはイオンフォレストというメーカーが代理販売をしているイギリス製のハンドプロテクターである。いわゆるハンドクリームタイプになっているが、風呂上りなどにこれを指先に塗っておくとかさかさせず、しかも、水仕事をしても潤いが保たれ、保湿効果も落ちないという優れもの。釣りのときに塗ればよいと思っていたが、毎日欠かさずチューブから5mmほど取って指先にすりこんでおくと、ささくれ自体ができなくなったのだ。今も指先はツルツルの状態が保たれている。もともとは水仕事対策に作られたもののようなので、釣行前に塗っても効果がありそう。それともうひとつ・・・・

 皆さんはカワハギの魚拓を取るのに苦労されていないだろうか。あの独特の皮に墨を塗ると、いくらでも染み込んでいくくせに、いざ紙を置いてみると、ジュワーと染み出て真っ黒けになる部分と、尻尾の付け根のように、全く紙に墨が乗らない部分ができて苦労させられる。ある人に言わせると、粉の歯磨き粉を塗ったり石鹸をこすりつけて塗るのが良いとのことだが、そうすると、食べることにちょっと抵抗が・・・・そこで登場するのが上のハンドプロテクター。1センチほど指に取って、カワハギの表面に薄く延ばしながら塗っていく。えっ?そんなことして、カワハギは後から食べられるの?!なんて心配になりそうだが、このハンドプロテクターはほぼ無臭なので、食べることにも全く影響はない。少なくとも、歯磨き粉や石鹸よりは・・・(^^;

 それで取った魚拓の例がこれ。

Dscf11431

 これとてあわてて取ったので、そうきれいなものでもないが、まんべんなく墨はいきわたっているのがおわかりいただけると思う。オスのカワハギなので、背びれの糸状の部分もしっかり押したせいで、そのあたりが少し黒くなってしまったが・・・オスとわかるので良しとしよう。

 このハンドプロテクターは、妻に聞くと百貨店等に入っている「BODY SHOP」で売られているそう。1本1800円と少し値は張るが、1本あるとかなりもつと思う。皆さんもささくれ対策にいかが?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

皆さん、フィッシングショーには行かれました??

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/ 

PCインターネットが不通中

プロバイダ変更・設定の段階でトラブり、現在PCからのインターネットが不通になっている。よって携帯からのブログ更新(^^; ブログやHPを熱心にやっている割には、全くメカに弱いことが露呈されて、お恥ずかしい限り。いつ再開通するかは未定だが、それまでは携帯からの更新ということで。

今日はこれでゆるしてね(泣)

標準時子午線が変わる?!

 なんていう記事が今日の産経新聞夕刊に掲載されていた。

 現在の日本標準時は、東経135度の明石市を通る子午線(経線)上で太陽が南中(真南を通過する瞬間)する時刻を午後0時、つまり正午として定められている。東経135度は、ロンドン・グリニッジ標準時から9時間の時差がある線。(地球1周360度を、24時間で割った15度が1時間の時差となる。)

 この標準時子午線を、さらに15度(1時間分)東にある、東経150度(北海道・択捉島の東海上のあたりを通る経線)に変更しようとする動きがあるとのことだ。発案した方は正式に国会に案を提出するらしい。ちなみに、東経150度は、オーストラリアの標準時子午線にあたる。

 かつて、サマータイム制が導入されるのでは?ということが話題に上がったことがあるが、これは夏時間のみ1時間早めて時計を読むこと。標準時子午線の移動によって、このサマータイム制がずっと続く、そういうことになる。太陽は1時間(15度分)早く南中するので、正午が1時間繰り上がるわけ。例えば、現在の午前11時が正午として扱われるのだ。

 午前9時始業、午後5時終業の企業では、現在時刻で午前8時始業、午後4時終業となるのだが、これが9時と5時に読み替えられるようになる。起床時間、就寝時間も1時間早く訪れることになり、人々の生活は1時間早めて動くことになる。そのことは、夜間の消費電力が減るなど、経済効果2兆円にもなるそうだ。

 生活リズムというものは自らの力で変えるのはとても難しい。明日から起床時間を1時間早めろ、と言われても、何かの目的(早朝ランニングなど?)でも無い限り、1日、2日はもっても長くは持たないだろう。だが、時計の短針が強制的に1時間早められれば、就寝時間も1時間繰り上がるので、無理にでも生活リズムは変えられるだろう。

 これらの案について今の私には特に意見はないが、例えば感覚的に朝マズメ、夕マズメの時間の観念は変わると思われる。果たして投げ釣りにとって、良いことなのか悪いことなのか、今のところは不明ということで。

 無責任的御粗末様・・・・(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

リール袋

 最近、私のタックルがS社からD社寄りになっている。ロッドはTⅡ、リールもISOに変わりつつある。かろうじて、リュックはS社のXTを使用しているが、これはしばらく安泰かな? 先日から書いている、タックルボックスの問題さえ解決すれば・・・・

 ところで、ISOを手に入れたところで、ひとつだけため息が出たことがある。それがこれ。

Dscf11361  それなりの価格のリールなのに、何でリール袋がこれなの?S社なんて・・・

Dscf11351  こんな質感の高いリール袋が「付属」で付いてくるのだぞ。

 リール袋の質感だけは少しがっかりしている。ところが、D社は商魂たくましいのか、

Dscf11371 こんなリール袋を「別売」している。別売で価格はなんと1500円ほど。リールがリールだけに思わず購入してしまったが、本来ならこのリール袋は「付属品」級やろ~。

 なんて、少しだけ鬱憤晴らしをしたところで・・・

 こき下ろして何なのだが、実はこのリール袋は結構すぐれもの。材質がネオプレーンの分厚い材質でできていることもさることながら・・・

 ISOのスプールをタイドサーフ用のものに替えてQD化したことは先日も書いたが、となると、標準スプールとQDスプールで、ドラグノブを替える必要がある。つまり、片方のノブも常に携帯しなければならない。その点この袋は、

Dscf11381  付属品を入れるポケットが付いていて、しかも、

Dscf11391  ポケットも別にマジックテープでふたができるようになっている。これならば、スプールノブを入れておいても安心。リール袋にお金を支払うのはしゃくだが、大切なリールを収納するのだから仕方ない。だが、別売でこんな良いリール袋を販売するのはどうしても納得がいかず。

 D社さん、このリール袋は付属でつけてよ~。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。ちなみにこのリール袋の商品名は、「ネオリールカバーⅡ SP-LH」です。ご参考までに。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

続々・タックルボックス

 先日のブログ、「続・タックルボックス」を書いてから、タックルボックスの処遇が気になって仕方がない。なんとかしてタックルボックスを持参しつつ、リュック(S社のXT)も有効活用したい。とすると、リュックの部分でタックルボックスを収納できる場所はただ1ヶ所・・・・

Dscf11331  ここ(リールロッカー)しかないやん・・・・

 とすると、今度はリールの処遇が気になりだして、結局ロッドケースにリールを入れ込むしかない?

 となると、ロッドケースはあれしかない・・・・

 すみません。今日はこれだけ・・・・・(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ はは~ん、あれだなぁ?!と思われた方は、バナーをクリックしてね(^^)

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

帰ってきた相棒

 先日のバイク事故で破損修理に出していた私の相棒「アドレスV125G」が帰ってきた。

Dscf11311  バイク屋さんにバイクを取りに行くと、広場の隅にちょこんと、私が取りに来るのをまってくれていたようだ。思わず私はバイクに向かって、

 「おかえり!」

 なんて無意識に声をかけていて、バイク屋のご主人が思わず苦笑い。それでも、ほぼ1週間ぶりに見る相棒は、たったの1週間だったのにやけに新鮮に見えたりして。

 乗りながらさらにバイクに声をかけていた。

 「あの事故はな、僕が悪いねんけど、100%僕と違うねんで。わかってや。」

 アクセルを2度ほど吹かして、エンジン音で無理やり返事をさせてやった(笑)

 普段の通勤の足としてものすごく重宝している相棒。ただ今走行約8000km。バイク屋のご主人によると、私のタイプのバイクは、走行30000kmで「よく走ったな~。」状態。この距離を越えるといつ寿命が来てもおかしくないという。私は約3年で8000kmだから、あと10年は乗れる計算?もしかすると相棒が寿命を迎えて終わりを告げる頃、私の教師人生も終わりを告げる頃かな? そう考えると相棒が無性にいとおしくなった。暖かくなった頃に竿を1本だけ持って、相棒と熊野あたりまで遠出でもしてみようか、そんなことも考えている。

 相棒さん、これからもよろしく。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

続・タックルボックス

 12月の記事(http://fugutarou0026.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-6ffc.html)で、タックルボックスを使いたいが、リュックに収まりが悪いので使えない、という話を書いた。そのときはそれで収まったのだが、上五島への初釣り遠征の際に、荷物の量がどうしてもリュックでは中途半端で、大型のショルダーバッグを使用した。その荷物の整理をしているときに、ふと思いついたのがタックルボックスの使用。リュックだから納まりが悪いのであって、ショルダーバッグなら問題ないのでは?ということで、家の倉庫にころがっているタックルボックスをひとつ利用してみることに・・・・とりあえず作成した仕掛けについては今までどおりワームバッグを使用するとして、他のタックルボックスを小物入れと併用して使ってみると・・・

 おおー、意外に使い手が良いではないか! 小物も別ケースに収納したものを入れるので、何とも納まりが良い。リュックを使用しなかったからこのタックルボックスで使い勝手が良かったので、リュックの場合はどうすれば良いのかまだ考えていない。とりあえず、ココログの写真が折角大きくなったことだし(笑)私が今使用しているタックルボックスを紹介してみよう。何かご意見、アドバイス等があるよ、とおっしゃる方は、どんどん書き込んでほしい。参考にさせていただくので・・・・

 Dscf11251_3 

 まずは外見から。どこの釣具屋さんでも販売されているもの。開けると3段式になっている。本来はルアー釣りに利用するものかな?

 Dscf11262                                                            開けた状態。それぞれの段は上の段との隙間(最上段はフタとの隙間)に結構余裕があり、収納力は結構ある。

Dscf11271_3 最上段には、今まで使用してきた小物ボックスを開いた状態ですっぽりとはまる。小物入れには、蛍光玉、シモリ玉、ビーズ玉、パイプ、竿先ライトの電池等を入れてある。

横のすきまには瞬間接着剤や投げ釣りに飽きたときに少しおちょくって遊ぶためのメタルジグ(^^; ハサミ、瞬間接着剤等を入れてある。

Dscf11281_2 2段目。竿先ライトケース、ハリケース、応急処置用のセロハンテープ、絆創膏など。

 

Dscf11292 最下段。ハリス各種(6号、8号、捨て糸用にブラック5号)、改良テンビンの短いタイプ(熱収縮チューブの端をふさいでそこに入れている。)、ナマリ(前に紹介したことがある、フジワラ弾丸30号数個)、予備のハサミ(以前、釣り場で拾ったもの。エサ用に使用している。)全サメジャー、蓄光器、尻手ロープ、道糸沈めなど。

 ちなみにこの入れ方は、初釣りの遠征時と全く同じ。先日の武庫川釣行の際は、ロッドを束ねたものに、小型クーラー(エサ入れ用。サカナ入れ用ではありません!)、そして、このタックルボックスを持参したが、荷物がかえってコンパクトになり、持ちやすかった。

 課題は、リュックの場合にどうするか。これは今後の課題ということで(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ