« 納竿釣行から帰って来ました | トップページ | 12月29日の恒例行事 »

ラインの結び

 釣りをする以上、ライン同士やラインとサルカン、ラインとハリなど、様々な場面で「結び」が必要なわけで。 

 まずは、道糸とテーパーライン(力糸)の結び。これには大きく2通りの結び方がある。ひとつは電車結び、もうひとつはアメリカ結び(ブラッドノット)。私は主にブラッドノットで結んでいるが、PEとナイロンテーパーラインの場合は電車結びで結ぶこともある。ブラッドノットの場合、私は道糸を7回、力糸を5回巻いて結んでいる。これで強度は十分だ。書物には、ラインの号数が極端に違う場合は不向き、などと書いてあるが、私は4号の道糸と10号の力糸でもこの結び方にしている。締め込みのすべりが悪いこともあるが、特に問題はない。

 次に、力糸とサルカン。この部分は最も負荷が掛かる場所だと思っているので、クリンチノットが基本。(結びについては、詳しく説明できないので、結びを扱ったサイトを探してみてほしい。)ただ、PE通しでサルカンを結ぶ場合は、根ガカリを防ぐ目的で強度を保つために、ダブルクリンチノットで結ぶ場合もある。

 ハリスとハリは外掛け本結び。細いハリスだと内掛け本結びでも良いが、太いハリスを結ぶ場合は内掛けだとすっぽ抜ける可能性がある。また、私の場合はチモトにパイプを通して接着する場合が多いので、結びこぶを小さくするために、結ぶ際の巻き数は4回と比較的少ない。ただ、太ハリスでパイプを通さない場合は、6~8回巻くようにしている。

 かつて、大阪湾の波止釣り名人にNさんという方がおられて、チヌ釣りやハネ釣りの、特に夜釣りの記事を釣り雑誌によく書かれていた。そのNさんがおっしゃるには、夜釣りの場合はできるだけライトを照らさない工夫をしなければならない、そのために、ラインやハリの結びは、暗闇で手探りでもできるようにすることが望ましい、とのことだったように思う。その言葉がなんとなく脳裏から離れず、私もできるだけ手探りでできるようにする心がけをしている。夜釣りの場合、私は海面をライトで照らすことが嫌いで、その他の場合もできるだけライトは照らさないようにしているくらい。なので、Nさんの説明にはとても納得がいったのだ。釣り場でライン結びに手間取っているようじゃ、まだまだ半人前と思う。かくいう私も、手がかじかんでいたり、老眼が入っているために、夜釣りでの結びがライトを照らしてもままならないことが多くなった。これでは大切な時合いを逃してしまうかもしれない。

 私自身もまだまだ修行が足りないな、釣行のたびにそう思っている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。釣り疲れのため、釣行記がはかどりません。もう少々お待ちください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 納竿釣行から帰って来ました | トップページ | 12月29日の恒例行事 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/47140371

この記事へのトラックバック一覧です: ラインの結び:

« 納竿釣行から帰って来ました | トップページ | 12月29日の恒例行事 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ