« 読みの甘さ | トップページ | 記事掲載 »

「塩」コガネムシ

 最近、外国からの輸入が少なくなったのか、このコガネムシを見る機会が少なくなった。ところがこのコガネムシ、意外に特効薬となることが多い。例えば、昔一世を風靡した和歌山県住友金属裏では、このコガネムシの細めの房掛けが大型イシガレイの特効薬と言われた。私はもちろん、この細めは房掛けで多用したが、太めもエサの付け替え時に、ハリに前回につけたコガネムシが残っていてもそれを取り去らずに次々と付け足していき、しまいには団子状態になってしまったコガネムシのエサで、見事マコガレイを仕留めたということが何回もあった。また、冬に紀の川尻でキチヌを狙うときは、コガネムシの1匹刺しが有効とも言われた。神明間や淡路島でのカレイ狙いでは言わずもがなの有効エサである。

 私もカレイ狙いでは特にコガネムシを好む。色が鮮やかな赤い色であるのでカレイの食い気をそそりそうに見えるのと、ほどよく柔らかく、しかも動きが良いからだ。だが最近は出回る量が少ないのか、問い合わせても入荷がない、と言われることが結構あるのだ。それでいつも仕方なく、マムシやアオイソメで間に合わせているような状況だ。

 ところが、先日の釣行ではこのコガネムシを手に入れることができた。1000円分しか購入しなかったが、マスター情報で、エサ取りが多いときには、わざわざ塩をしたコガネムシ、いわゆる塩コガネが有効と知り、前日の姫路での竿出しの際に暇な時間を利用して、マスターに塩をもらって塩コガネを作った。生きているエサを持っているのに、それをわざわざ塩するのはとっても勇気のいること。だが、最近は明石周辺で塩コガネが有効との話を私も聞いていたので、ためらうことなく塩をしてしまうことにした。

 塩をした後、エサ箱の底にティッシュを数枚重ねて敷き、塩をしたコガネから出た水分を吸収するようにして、そこに塩で締めたコガネムシを丁寧に並べ、クーラーボックスに仕舞った。しばらくしてから見てみると、水分がほどよく出て、色目も鮮やかな塩コガネが見事に出来上がっていた。

 先日の大会で仕留めたマコガレイは、この塩コガネをエサにして釣り上げた。生きたマムシはよくエサを取られたが、この塩コガネは不思議とエサ取りに強く、残ることが多かったので、後半は思い切って2本の竿とも、塩コガネをエサにして釣っていた。エンダーテンビンももちろん貢献度大だが、実はエサの塩コガネが一番貢献度が高かったのではないかと思っている。

 これからの季節は徐々にエサ取りは少なくなると思われるが、もしも万が一エサ取りが多い場合は、この塩コガネを多用してみたいと思っている。大量に作っておいて冷凍保存も良いかなと思っているので、売っているときには思い切って多めに購入し、塩コガネを作っておこうと思う。

091206siokogane

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへもしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 読みの甘さ | トップページ | 記事掲載 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私もコガネ(塩)に対しては良い思い出しか残っていません。遥か昔の話ですが、A~Cのカレイを半日で釣り上げたと言う、とんでもない釣果を恵んでくれたりもしました。が、私を含めた一部の人にしか支持されず、翌年には置かなくなり、それ以来お目にかかっていませんが、あればもう一度使ってみたい餌ですね。

>一読者さん
そういえば、明石付近のお店では、わざわざコガネムシに塩をしたものを販売されていますね。やはり効果があるということでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/46973436

この記事へのトラックバック一覧です: 「塩」コガネムシ:

« 読みの甘さ | トップページ | 記事掲載 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ