« 大物号数への拘り | トップページ | ホゴライナー »

発光玉

 発光玉の賛否は本当に人によりけり。絶対つけないという人もいれば、色々な工夫をして発光玉を装着する人がいたり。私はどちらかと言えば後者。クーラーボックスの道具入れの中には蓄光器まで装備していて、夜釣りの際には必ずと言ってよいほど発光玉をつける。気持ちの問題だけかもしれない。私の場合は、発光玉をつけることで実績が上がっていると思っているし、つけない主義の人もそれなりに実績が上がっていると主張する。どちらが良いかはその人次第なので、つけている私自身もつけないことに反対する気持ちはない。だが、つける側の意見としては、やはり目立たないより目立つ方が良いに決まってる。発光玉をつけると、アナゴのような外道がよく掛かるからいやだ、と言う人もいるが、裏を返せば、それだけアナゴにも目立つような仕掛けになっているということ。外道はいらないと言っても、それすら来ない釣りも面白くないわけで。それよりも、本命が良く釣れるときには、意外にアナゴやゴンズイなどの外道も良く釣れることの方が多い気がする。なので、外道と言えども釣れた方が、本命が来る可能性の指針にもなるはずだ。なので、発光玉をつけてアナゴの入れ食いは、ある程度は大歓迎。

 ちなみに、試しにこんな仕掛けを作ってみた。

Cimg1894

 

そして、蓄光器で蓄光させて、暗い場所で見るとこんな感じ。

Cimg1891

 

やっぱり、目立たないより目立つ方が良いと思うのだけどなあ。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへもしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 大物号数への拘り | トップページ | ホゴライナー »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/46113837

この記事へのトラックバック一覧です: 発光玉:

« 大物号数への拘り | トップページ | ホゴライナー »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ