« 行くか行くまいか | トップページ | 学校は何でも屋ではありません »

とんでもhappenな釣り11~アジュール舞子

 最近は毎年6月と9月あたりに、神戸市のアジュール舞子が恋しくなる。今年は未だ不調のようであまりあがっていない様子だが、ここは近場で高確率にマダイの大型が狙える数少ないスポットである。そんなアジュール舞子のことを知って、一度は夜釣りをしてみたい、と思っていた数年前、ようやくそのチャンスが巡ってきて、9月下旬のある日の午後早く、私はアジュール舞子に釣行した。ここでの餌は、本コウジ、またはタイムシ1本とのこと。私はどちらかといえばタイムシは苦手なので(理由は、使ったことがある方なら少しはわかってもらえるかも?) 当日は明石市にある釣り餌店で本コウジを10匹、そして、秋ということで、食部門からの要請で(^^; キューセンを狙うべくイシゴカイを300円だけ購入して釣り場に向かった。確か金曜日の午後だったろうか。目指すポイントは、アジュール舞子のワンドに向かって左側の護岸一帯とのことだったので、午後3時に車を駐車場に入れ、釣具をかついで左側の護岸に向かった。

 さて、ワンド側からコーナーを曲がってみると、等間隔に10本ほどの竿が投げ入れられ、入る隙間がない感じ。ところがよくみると、一人の釣り人が約3m間隔で竿を並べていた。腑に落ちない気がしてその人にたずねると、後から釣り人が入ってくるための場所取りとのこと。私はなんとなくむなしさを覚えて、その場所はきっぱりとあきらめ、どんどん東の方へ歩いていった。そのポイントは東へ歩いていくとホテルの敷地内に入る。その目印は、入り口付きのフェンスである。そこより東は管理の問題で、午後11時には立ち退かねばならない。それは情報で知っていたものの、釣り場で空いているのはその場所しかない。しかも東の端は別の釣り人が入っている様子。仕方なしに、東の端から20mほど戻ったところの空いたスペースで竿を出すことにした。一晩釣る予定であったが、午後11時には立ち退かねばならない覚悟で、午後4時に釣り開始。初めは引き釣りでキューセンを狙ったが、こちらは退屈しない程度にかかってくる。午後5時、キューセンを20匹ほど釣ってお土産を確保したところで、本コウジ餌で本番の釣り開始。太陽は徐々に下がってきて、右手に見える明石海峡大橋にかかろうとしている。潮は右向きにゆっくり流れているが、釣りにくくはなさそう。まあ、暗くなってからが勝負と思い、2本だけ本コウジ、残りの2本はとりあえず残りのイシゴカイを房掛けにして投げ込んでおいた。

 4本並べてしばらくすると、右端の竿がおじぎをしている。しかも、鋭い動きで竿先が入っているような動き。半信半疑で合わせるとかなりの重量感! 上がってきたのは45センチオーバーのクロダイであった。私は慎重に玉網ですくって、とりあえず本コウジ餌の釣り坊主は免れた。ところが、まだ明るいというのに、もう1本の竿にもアタリ!! 竿先は同じような動き。何がなんだかわからずに合わせると、これもかなりの重量感! で、同型のクロダイをゲット。明るいうちに、45センチオーバーのクロダイ2匹とは、なんと幸運なこと。しかも、コウジはまだ2匹しか使っていない。だが、大抵こういうときは、期待に反して以後アタリがなく・・・となる。なので、あまり期待せずに夕暮れを迎えた。

 だが、こういう謙虚な釣りのときの方が結果は良いのだろうか。午後7時にドラグをジャー!!と鳴らすアタリで、本命のマダイ38センチ、30分後に同42センチ、そして、とどめは午後8時半の47センチ!! 結局午後11時を待たずに納竿し、日付が変わる前には帰宅していた。

 この日を境にして、私のアジュール舞子熱は過熱し、その年にあと3回釣行して、それぞれの釣行でマダイまたはクロダイを必ず1匹はゲットできた。

 この年の釣行が忘れられずに翌年、翌々年と通ったが、それ以後はあまり良い釣果には恵まれていない。以前このブログにも書いたが、本コウジの1発勝負の釣りは緊張感があって面白い。しかも、時には60センチオーバーのマダイも狙えるとあっては、貧果であってもついつい行ってしまうのがアジュール舞子である。

 今年も行ってみたいと思っているが、昨年が不調であっただけに、今年はまだ足が向かない。どのタイミングで出かけるか・・・・それを考えるのも、また楽しみではある。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 行くか行くまいか | トップページ | 学校は何でも屋ではありません »

とんでもhappenな釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/45161440

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもhappenな釣り11~アジュール舞子:

« 行くか行くまいか | トップページ | 学校は何でも屋ではありません »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ