« 子連れ旅 | トップページ | キャンペーン? »

子連れ旅に行ってきました

 釣果が良ければ釣行記かと思ったが、残念ながら良くなかった、というより、あまり釣りに集中できなかったということで、ブログにて失礼ということで・・・(^^;

 昨夜午後10時に息子を連れて自宅を出発。座席の2列目、3列目をフラットにして、布団を持ち込んで寝床を作ってやったら、息子はテンション上がりまくりで、出発後すぐに「仮設自分の巣」で眠ってしまった。平日ということで、武庫川Mにてエサを仕入れ、明石大橋を渡って道の駅淡路へ。息子も行くということで妻が弁当を持たせてくれたが、暖かい麺類、味噌汁、コーヒー等も沸かして飲み食いできるように、そばにあるFマートにて買い物。そして、道の駅の駐車場にて仮眠。

 早朝5時に私だけ起きだして釣り場へ。アタリもなく夜が明けきった6時半頃、そろそろ息子を起こそうと車に戻ると、ちょうど起きたところみたいだった。それで、ペットボトルの水で洗顔し、湯を沸かして弁当、カップ味噌汁、カップ麺などで、息子と二人朝食。

 7時過ぎに息子とともに釣り場に戻って自分の竿を手返しした後、バスロッドを持たせて投げる指導をしようと思い、竿を継ごうと思ったら微妙に合わない。それで良く見るとあろうことか、バスロッドの元竿とエギングロッドの穂先を持ってきてしまっている。両方とも逆印籠継ぎなので、廃品同然のバスロッドの元竿の先を削り、なんとか継ぐことに成功してようやくセット完了。息子にレクチャーすると、右手人差し指で糸をすくって竿を持ち、左手でベールを起こすところまでは何とか覚えたのだが、投げるとき竿を振るのと糸をリリースするタイミングが全くつかめない。挙句に後に飛ばす始末(^^; それでも何とか足元ポチャン程度には投げられるようになった。だが、竿を置いた瞬間に巻きたがるし、置き竿にすると忘れたかのように別の遊びに興じてしまって、なかなか集中しない。ま、小学1年生じゃ仕方がないか・・・・そうこうしているうちに潮が全く動かなくなり、息子が投げるのに慣れて自分の釣りに集中できるようになった頃には潮がピタッと止まってしまった。大きい潮の潮止まりじゃなくて、小さい潮のダラダラ止まりなので、全くの期待薄。それでもなんとか私の大好きなコッパカレイを1匹釣って、息子の前で面目躍如(かな?) 水汲みバケツに入れてやると、何度も捕まえては水に放すを繰り返して遊んでいた。考えてみれば、生きたカレイで遊べる子どもなんてそういない。それだけ取ってみても、来たかいはある、そう思った。いや、コッパガレイ1匹しか釣れなかった負け惜しみかも?

 11時に場所を変わることに。江崎の階段が車横付けできてよさそうなので、第2ラウンドはそこですることに。カレイはだめでも、クジメくらいは釣れるだろうと思ったが、クジメすら来ず。ただ、地元のおじさんらしき人が1mの竹の棒で穴釣りをしておられて、ソイやガシラ、クジメ、ドンコ、ギンポを連発させておられ、投げ釣りよりも穴釣りの方が分がある典型例。息子がおじさんに近寄っていくと、魚が釣れるたびに息子にくれるので、水汲みバケツは段々とにぎやかに。ヒトデやカニも入って、さしずめミニ水族館状態。それで息子はまたひとしきり遊んだ。それらの魚はありがたくいただき、煮付け、から揚げにと、食卓をにぎわした。

 1時には釣りをやめ、松帆の湯で一風呂浴びて、道の駅に戻って少し遅めの昼食。アンカレイジパークで息子を遊ばせて、タコフェリーで本土に戻った。

 よく考えてみれば、息子と2人で釣りに行くのは2回目。しかも1回目はサビキ釣りだったので、投げ釣りに同伴させるのは初めて。小学1年生に上がる機会に1度連れて行きたいと思っていたので、良い機会になった。さて、今度はいつ連れて行こうかな。

 ちなみに、タコフェリーでチケットを買うとき、子ども一人と言うと、年齢はおいくつですか?と尋ねられ、今年小学1年生ですと言うと、それじゃまだ小学校は始まっていませんね。なので運賃は戴きません。とありがたいお言葉。たかが子ども運賃190円だが、そういった小さな配慮がとても気持ち良かった。土、日、祝日と高速道路は1000円均一になってしまったが、船に乗ってはしゃいだ息子、料金を取らなかった係員、そんな味のある船の旅を、まだまだ忘れたくないな、と思った。午後6時帰宅。息子は少し、くたびれたかな? 今日は二人で早い目に寝よう。

Cimg1511

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 子連れ旅 | トップページ | キャンペーン? »

家族のこと」カテゴリの記事

コメント

ん?玄関の写真変わりましたね~
なんとも 微笑ましい  お疲れ様でした

>マスター
鼻の穴を広げてふんぞり返った写真は早く変えてしまいたかったもので(笑)
やっぱり私は淡路島は不得意ですわー

ご無沙汰してます。
ほんまに、なんとも微笑ましい記事ですね~!

私も17~8年前を思い出しました。
秋口に戸坂の浜でのベラ釣りが息子の投げデビューでした。以来、バスやら磯やら連れてまわり、スッカリ釣りキチの仲間入りです。

次回は、ふぐたろうさんの御子息も思い出の獲物を見れる事でしょう!

PS:オープン大会は済みませんでした。

>SSの親父さん
お父さんの先輩、頼もしい限りです。息子を釣りキチにするコツまた教えてくださいね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/44555284

この記事へのトラックバック一覧です: 子連れ旅に行ってきました:

« 子連れ旅 | トップページ | キャンペーン? »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ