« 飲めないのに・・・・ | トップページ | ついに厳寒期に突入?! »

とんでもhappenな釣り10~遅ればせながらの釣行記から~

 先日の徳島県某所の釣り。朝から私はその波止の先端にいた。同行者はいなかったが、同じポイントに入ろうとしたAさん、Bさん、Cさんと話し合って、波止の先端の釣り座を確保。ただし、サーフの仲間内でもあるので、一人二台ずつ出した三脚はお互いに共有しましょう、ということになって釣りを開始した。そのポイントは以前からカレイの乗っ込み時期には一度行ってみたかった場所で、ようやくそのチャンスが訪れたわけなのだが、サーフの有名どころの人は、考えることは同じなのだなとなぜか納得。しかもその私の思いはどうやら的を得ていたようで、釣友との電話のやりとりで、その場所が良いのでは?と援護射撃のアドバイスをもらっていたので、鬼に金棒。錦の御旗を掲げているような、妙な自信をあふれさせながら、私は4本の竿を投げ終えた。

 この日の潮は、9時頃が干潮の若潮。時合いは込み始める10時頃からでしょうか、なんて話していると、竿出しからほどなくして、右端で竿を出していたAさんが大きく竿を曲げた。私は、まさか1投目から・・・なんて思っていると、玉網ですくったのはまぎれもないマコガレイ。しかも、40センチをオーバーしている。そのあまりにも立派なカレイの姿に、私は呆然と眺めていた。

 それからしばらくして、私が左端に入っているBさんの、さらに左に投げてあった竿をあおると妙な重量感が。藻を引っ掛けたような変な手応え。それでもじわりじわりと寄ってくるので、私はあまり期待することもなく淡々と巻き上げていた。すると、突然魚からのシグナル。残り40mほどとなって急に締め込み出したのだ。その感触で、私はカレイと直感。そして、どきどきしながら巻き上げてくると、こともあろうに隣のBさんの道糸と絡んでいる。しかも、テトラ際にきて、カレイが締め込んだ途端に、道糸がテトラにかかってしまい、動かなくなってしまった。Bさんは、玉網を持ってテトラに掛かっている道糸を押して取ろうとしてくれている。頼むからとれてくれ~なんて思っていると、願いが叶ったのか、うまい具合にはずれたようだ。Bさんはすかさず、道糸が絡んでいるのにも構わず魚をすくってくれた。やはりマコガレイだ! しかも、先ほどAさんが釣ったものよりも大きい感じ。私は、生まれて初めて釣り上げた40センチオーバーのマコガレイに、興奮が最高潮に。そして、早くその魚を手にしたい、と思っていた矢先・・・・

 Bさん 「あれ? このカレイ、俺の仕掛け食ってるわ。」

 最初、言っている意味がわからなかったが、Bさんが持っている魚が入った玉網のところに近寄ってよく見ると、げ?! 確かにカレイの口には、私のものではないハリが掛かっている。そしてよく見ると、私の仕掛けはBさんの力糸付近で絡み付いているではないか! つまり私は、Bさんのカレイを、道糸を引っ掛けて巻き上げてきたというわけだ。それでBさんは魚の感触を感じることなく、40センチオーバーのマコガレイを手にした。

 Bさん 「ごめんな~、これ俺のカレイやわ。」

 私   「いえいえ、いいですよ、よかったですね。私もまた頑張りますから。」

 言った内容は本心だったが、私の心の中には一瞬にして絶望感が広がった。

 「う、生まれて初めての40センチオーバーのマ、マコガレイが・・・ううっ(>_<)  」

 手は覚えていた。あの、初めての40センチオーバーのマコガレイの感触。その感触が覚めやらぬ手を震わせながら、私はぎこちなくエサをつけ、ぎこちなく投げ返した。

 「お願いやから、僕にも釣れて~~~~~」

 神様は平等だ。神様は、日頃の行いが良い(?)そんな泣きそうな私の気持ちを察してか、私にもちゃんと微笑んでくれた。その後、ほどなくして、巻き上げ途中に40センチオーバーのヒラメが食いつき、そして、そのすぐ後に、私は記念に残る自己記録のマコガレイ45.0センチを釣り上げることができた。初めのマコガレイの感触はリセットし、自己最長寸を釣り上げた手の感触を、容量の少ない私の頭のハードディスクにしっかりと保存することができたのだった。

 その日は、マコガレイの40センチオーバーばかりを全員でなんと5枚。おまけに、エソやらヒラメやら。全員に、近郊でこんな釣りは初めてや、と言わせる派手な釣行だった。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ皆さん、いつも応援、ありがとうございます。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/ 

« 飲めないのに・・・・ | トップページ | ついに厳寒期に突入?! »

とんでもhappenな釣り」カテゴリの記事

コメント

ふぐたろうさんこんにちは!
スゴイの一言です。
一匹でもなかなかですのに、3人で同じポイントで、ご・ご・ご・五匹!ですか。しかも、45オーバーですか。40ぎりぎりとは別物。私にとっては未知の領域です。しかも狙って釣った喜びは最高ですよね。
40オーバーを狙って徳島方面へは何度も通いましたが・・・
これはオープンにできませんよね。大変なことになります。
 いろいろと想像しながら45オーバーを次の目標にふぐたろうさんを追いかけます・・・無理かな!?

ゆうたろうさん、こんにちは。カレイ狙いはやはりタイムリーな場所をタイムリーなときに行く必要があるのだと痛感しました。あとは時合いの読みでしょうか。私はこれが苦手で・・・
場所については、こういったネット上では公開を控えますが、お話をしないということではありません。また、メールでもいただければと思います。ゆうたろうさんも頑張ってください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/43337431

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもhappenな釣り10~遅ればせながらの釣行記から~:

« 飲めないのに・・・・ | トップページ | ついに厳寒期に突入?! »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ