« まわりくどい速報(^^; | トップページ | 久しぶりのHP釣行記更新 »

イシガレイとマコガレイ

 昨日の全日本カレイで、表題の2種が釣れたので、その話題を。

 私達は一般に、イシガレイよりもマコガレイの方が美味との評価をしている。実際に食べてみると、イシガレイの味は何か旨味に欠けるというか、味がないというか、そんな感じ。ところがある本に、

「イシガレイは時折磯臭さがきつい個体がある。そのような個体は、刺身で食べようが、煮ようが焼こうが磯臭さは残る。だが、イシガレイ自体決して味の悪い魚ではなく、特に夏場は市場価値がとても上がる。そんなときのイシガレイは、薄造りにすると、酒がいくらでも飲めるほどである。」

 と書かれてあった。なるほどその話は納得できる。私達はイシガレイをマコガレイと比べるから味が落ちると評価するが、そういえばイシガレイは、身はコリコリと歯ごたえは良いし、薄作りは結構いける。身に味がないといえば、あの高級魚トラフグのてっさも、決して身自体がおいしいとは思えず、高級だから、フグだから、と先入観でおいしいと評価している気がするのである。

 冬のある日に鳴門へカレイ狙いに行ったことがあったが、そのときにイシガレイの35センチが釣れた。私としてはマコガレイの方がおいしいと思いこんでいたので、「なんや、イシかいな。」なんて思ったのだが、その直後にカワハギの20センチクラスが釣れた。そのカワハギは腹がパンパンに張っていて、いかにも肝がつまっていそう。帰宅後にカワハギの腹を開けると、予想通り肌色の大きくてきれいな肝が出てきた。それで私は何を考えたか。食部門派の私の書くことだからもう皆さんはお察しだとは思うが、イシガレイの薄造りをカワハギの肝ポン酢で食べたのだ。もちろん味は絶品!! それで私は、イシガレイの身は白身で癖がなく、磯臭ささえなければおいしい魚なのだということと、身自体に味がないのなら、他の味でカバーすれば良いのだ、ということを悟ったのだ。

 イシガレイはマコガレイよりも大きなサイズが狙え、冬場の貴重な大物であるし、工夫次第ではとてもおいしい魚なので、その肝ポン酢事件以来、イシガレイが釣れても枕詞に「なんや」をつけないようにした。

 そんなわけで、昨日作った料理は、イシガレイのカルパッチョ。薄造りに塩、コショウをして、適当な野菜をちりばめ、オリーブ油とレモン汁をかけて食したのだが、言うまでもなく絶品!! サラダのドレッシングでもいけると思うので、皆さんも一度試してほしい。もちろん、マコガレイや他の魚種でもうまくいくと思うが、イシガレイのように身に味がないからこそうまくいくとも思うのだ。

 さて、今夜は何を食べたか? そんなの、決まっているではないか。とっておきの、マコガレイの薄造り。おいしかったかって? それは愚問です。

Cimg0968 写真はイシガレイのカルパッチョ。うまいですぞ!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

もしよろしければ、バナーをクリックしてください。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« まわりくどい速報(^^; | トップページ | 久しぶりのHP釣行記更新 »

食部門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/43147213

この記事へのトラックバック一覧です: イシガレイとマコガレイ:

« まわりくどい速報(^^; | トップページ | 久しぶりのHP釣行記更新 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ