« 竿先ライト | トップページ | ヒラメのハリ »

カワハギ・キューセンのハリ

 カワハギやキューセンを狙い始めて16、7年になるだろうか。以前にもブログで書いたが、前任校の同僚の先生が磯のカゴ釣りをするので、投げ竿を持ってよくその先生についていき、色々なところでカワハギ狙いをした。その当時は、もちろんカワハギの大物号数もガラ空きだったので、あまりキューセンには目もくれずにメインカワハギで、よく南紀から紀東にかけて通った。別に年月をかけたから上達したとか、ポイントに精通したなんて自分ではあまり思っていないのだが、仕掛けについては結構試行錯誤を重ねて、今では自分なりの仕掛け作りをしている。一般的なモトス8号、ハリス5号の2本バリの、ハリのチモトにビーズ玉やパールなどを入れて、きらびやかにしているのだが、一番考えたのがハリ。悩みに悩んで今使っているのは、イサキバリ6号。30センチ近いカワハギやキューセンを仕留めるためには、小針であっても軸がしっかりしたものを使いたい。それでいて、刺さりがよさそうなもの。ところが、小針で軸がしっかりしたハリはなかなか見当たらない。形状的には丸セイゴ型が一番良いと思うが、丸セイゴも10~12号クラスでは、軸が細くて不安。少し前までは、丸セイゴの軸太バージョンの「オキアミ専用」なんていうハリが発売されていたので、それをよく使っていたが、今そのハリはどこの店に行っても見当たらない。それで、そのハリが見当たらなくなって、他のよさそうなものを探していたときに目にとまったのが、この「イサキバリ」。形状的には袖型に近いが、結構軸が太く、しかも、軸が部分的に平打ちしてある。なので、エサが取られて少ししか残っていなくても、誘いをかけるとキラキラと光ると考えたのだ。そして、そのハリのフトコロをペンチで少し内側に曲げて、丸セイゴ型に近い形状にし、さらに、軸の短さを補うために、ビニールパイプの2号をチモトに入れ込んでしまう。小さくて頼りないハリに見えるが、私の実績では30センチオーバーのフエフキやメイチダイ、イラも取り込めている。

 ハリは人によって様々なものを使用する。例えば、カレイやシロギスに限っても、使えるハリ、使われているハリは何種類くらいあるのだろうか。カワハギのハリに至っては、最近の波止カワハギブームに乗って、各社から様々な形状のカワハギバリが発売されている。だが、私達が狙うカワハギは、投げ釣りで釣る大型のもの。それを狙うオリジナルなハリを、専用ではないものの中から色々考えるのも面白いと思う。それの代表格が「三越ウナギ」ではないか。私は細長いタイプのハリが個人的にあまり好きではないので、この三越ウナギはあまり使わないが、今、カワハギやキューセンを狙おうとしている方には、もっとも無難なハリであるに違いない。でも・・・試しに私が使っているイサギバリも使ってみてほしい。意外に吸い込みや掛かりが良いので、アタリは確実に近く取れて針ガカリさせることができる。さあ、この秋も、このハリを使ってザブトンカワハギ、オバケキューセンを釣るぞ!!

Cimg0908

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 竿先ライト | トップページ | ヒラメのハリ »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

私の場合キューセン、カワハギ狙いでは殆どがスピニングBですね。掛りの良さではウナギより上ですが太いハリスが巻けないのが難点です。ただ、最近は手持ちより置き竿で狙いますので、そうなると太いハリスを巻けるウナギが
良いかもしれません。それとバラシが多いので
ビッグサーフは大嫌いなのですがこれの9号は吸い込みが良くて根掛りも外れやすく太いハリスも巻けて最近のお気に入りです。寸たらのカワハギ、キューセンでも飲み込んでます。

kisu356様、書き込みありがとうございます。
まず、ビッグサーフを嫌われている理由を教えていただけますとありがたいです。9号あたりの小さなサイズをカワハギに・・・と考えたことは私も何度かあります。今度は一度試してみます。それと、スピニングBは、ウナギバリに共通したあの形がどうしても私には馴染めないのと、近辺の店舗に置いていないことが多いので、遠ざかっている一因でもあります。イサキバリはかなり小さいですが、エサ取りもとりあえず釣り上げて正体を突き止めたいというのも理由のひとつです。活性が高いエサ取りの種類によって、カワハギ、キューセンの食いに影響があるのでは?と思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/42593257

この記事へのトラックバック一覧です: カワハギ・キューセンのハリ:

« 竿先ライト | トップページ | ヒラメのハリ »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ