« カワハギ・キューセンのハリ | トップページ | 10月の釣り »

ヒラメのハリ

 昨日、カワハギ、キューセンのハリのことを書いたが、あれは結構自分で自信を持って書いたつもり。今日も「ハリネタ」ついでにヒラメの飲ませ釣りに使用するハリのことを書こうと思うが、こちらは「自信がない」という内容で書いてみることにする。

 ヒラメ用のハリは各社からリリースされているが、種類が多いのはわかるが、なぜあんなにも形がマチマチなのだろう。今私が使用しているヒラメバリ(試しに購入したものも含め)を写真でアップするので見てほしい。

Cimg0906

 左端のハリは「オーナーカット金ヒラメ」。オーナー社からリリースされているハリには「カット」と頭についているものがあるが、これは針先を特に慎重に研いだ、刺さりが良いハリとの認識を私はしている。この「カット金ヒラメ」は、丸セイゴ型のハリ先をネムらせた形状をしていて、ぱっと見には丸セイゴそっくり。市販のヒラメ仕掛けにもこのハリを使ったものは多い。それで私は、ヒラメのハリはこの形が普通と最近まで思っていた。なので、私の飲ませ仕掛けはこのハリを親バリに、チヌバリ5号あたりを孫バリに使用していた。ところが、最近はなんだか頭がこんがらがっている。なぜなら、写真真ん中のハリは、同じオーナー社から出されたハリなのに、形状が全く違う。名前は「鯵ヒラメ」。その名の通り、活けアジを使う釣りに用いる「らしい」。ハリ先は「カット金ヒラメ」のように少しネムらせてあり、親バリとしてハリスを結びやすいように、少し軸が長くなっていて、どちらかと言えばマダイバリのような印象を受ける。だが、使ってみると意外に使いにくかった。なぜなら、軸が太すぎるからだ。コアジを鼻掛けにすると、太すぎるハリが負担になるとみえてコアジがすぐに弱ってしまった。なのでこのハリは今、もっぱら塩イワシ用の3連バリの親バリに使用している。このハリを使うなら、20センチクラスのアジをエサに、メーターオーバーのヒラメを狙うときに限られるのでは?(笑) 最後の右端のハリ。GRANというメーカーらしいが、謳い文句は「針先が鋭い」「アジに負担をかけない細身設計」「親バリ、孫バリともに使える」なのだそうだ。形状ははっきり言って伊勢尼型と同じで、そう言えば針先が鋭い「気はする」。

 さて、どのハリが良いのだろうか。どのハリも形状が三者三様で、「ヒラメバリ」というハリのコンセプトがわからない。というより、色々なハリを見るにつけ、はっきり言って「チヌバリ」で十分なような気がしてきた。要するにアジに負担がかからず、魚の掛かりも良いものであれば良いわけだし。今度からは、引き出しにあるハリを適当に使っとこっと。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« カワハギ・キューセンのハリ | トップページ | 10月の釣り »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

こんばんはsign01あまりに興味深い記事だったのでコメントさせて頂きました。

確かにヒラメバリって多種多様ですよね~( ̄▽ ̄)
僕の場合は船釣り界(船のヒラメ釣りもやるのでw)で最も尊敬している故大塚貴汪氏が「丸セイゴ系の軸の長いハリは餌への負担を考えると触手が伸びない」と言っていた(エサがマイワシの場合ですが)ので、イセアマ系のハリを好んで使っています。
経験則ですが、確かにエサの持ちはハリの重量よりも軸の長さが影響しているように思います。

ところでふぐたろうさんはヒラメを狙うとき何号のオモリを使いますか?
僕は30号でやってしまっていますがやはりもっと軽いオモリでやられているのでしょうか?超気になります(笑)

P,S もし宜しければメール下さい。夜中でも構いませんのでww

>泳がせ狂さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
泳がせ狂さんがされているのは、船からのヒラメ狙いですか?それとも陸から?私は陸から投げで狙いますが、活けアジを使う場合は25号より重いオモリはあまり使いませんね。ほぼ25号で通しています。エサに負担がかかると思うからです。それと、私も軸長のハリはエサに負担がかかると思いますが、「カットヒラメ」というハリだけは掛かりが良いということで、最近は孫バリに良く使っています。親バリはもっぱらチヌバリを使っていますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/42602224

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラメのハリ:

« カワハギ・キューセンのハリ | トップページ | 10月の釣り »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ