« 中ブタ完成 | トップページ | クマゼミ調査 »

ハリの号数

 普段使用しているハリの号数って、意外にこだわりがないだろうか。極端に言えば、この種類のハリしか使わないとか。自分では意識していないのだろうが、このハリを使ったときにこんな大物が釣れたとか、自分の思いつきでハリを変えたら思わぬ良い結果が出たとか、そんな長い間の経験値で、知らず知らずのうちに使うハリが限られてくるのだ。と、少なくとも私に限っての話。

 私がメインに使用している虫エサ用のハリは、O社のビッグサーフ。それも、13号と15号しか使わない。私がビッグサーフを使うようになったきっかけは、かつて和歌山市住金裏で、当時クロダイのクラブ記録となった47センチオーバーをビッグサーフ11号で取り込みに成功したことから始まる。そのときは玉網を持参していなくて、あの複雑に入れられたテトラ群を水辺まで降りていって獲物のエラに指を入れて取り込んだ記憶がある。竿を持ったまま下まで降りていく間、ビッグサーフはしっかりとクロダイのカンヌキの部分に刺さっていて、なんと頼れるハリなのだろうか、と思った。それ以来、11号という号数は使わないものの、奇数番号の13号と15号は私の定番のハリになった。シロギスの夜釣りでももちろんビッグサーフ。メインは13号だが、15号でも食いの良いときは、シロギスは平気で食ってくる。じゃ、大物はというと、15号なら50センチオーバーのマダイやクロダイ、スズキやニベと、何でもよく掛かってくれるのだ。このビッグサーフを、2本バリのときには13号を、1本バリのときには15号を使用するのが、主な使い道。ただ、すべてビッグサーフで済ませられるかと言えばそうでもなく、コウジやユムシを使うときは丸セイゴの20号以上、イワシエサの飲ませ仕掛けは伊勢尼15号を使う。このふたつは、獲物の種類、大きさに合わせるというよりも、エサの種類と大きさに合わせているといった方が良いかも。また、どんな場合でも、カレイバリはほとんど使用しない。細長いフトコロの形状が、どうしてもすっぽ抜けを想像させて、気持ちが良くないからだ。それと、上記丸セイゴ20号以外は丸セイゴもほとんど使用しない。軸が固いイメージがあるから、根ガカリがはずれにくい気がする。伸びる利点を活用するならカレイバリだが、ビッグサーフでも金色のノーマルタイプは結構伸びてくれる。

 ハリの種類をあまりにも多くすると、仕掛けケースがごちゃごちゃになって、仕掛けの種類を考えると億劫になる。仕掛けケースはできるだけシンプルに種類も限定して仕掛けを入れておくことが、手返しの際にも生きてくるのではないだろうか。

 なお、カワハギ、キューセンのハリについては、ホームページのコラム集に少し書いてあるので、そちらをごらんいただければ・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ ビッグサーフファンの方、バナーをクリックしてくださいね。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 中ブタ完成 | トップページ | クマゼミ調査 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/42370998

この記事へのトラックバック一覧です: ハリの号数:

« 中ブタ完成 | トップページ | クマゼミ調査 »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ