« ふと気がついてみると・・・ | トップページ | しつこくクーラーボックスネタ »

クーラーの中蓋

 先日のクーラーボックスの続編。別に中ブタ自体がほしいわけではなくて、保冷マットを中ブタ代わりにクーラーに敷いて、保冷力を高めようと思ったのだが、それならば中ブタを作ってその裏に保冷マットを貼り付ければ良いのでは?と考えて、プロターゲット26L用の中ブタの製作を始めた。中ブタがあるとないでは、保冷力に差があるのはわかっているのだが、もともと中ブタは好きではなかったし、このクーラーをオークションにて手に入れたときには中ブタがなかったので、そのままにしておいた。1日釣行ならそれでも良いが、やはり2泊3日釣行以上になると保冷力を高める必要があるので、中ブタ兼保冷マットというわけだ。

 中ブタなぞ作ったことがなかったので、とりあえずは材料から検討。もともと木工細工は得意で、木でエサ箱を作ったり、投げ釣りクラブに入る前はエビ箱を作ったこともあるので、木材加工を第一候補にしたが、今回はあまりしたことがないアクリル材を用いて作ることにした。水に強いと思ったからだ。そして、色々な方のホームページやブログを拝見し、参考にして今製作中。中ブタの中に入れるタッパーや隙間を埋めるトレーなどは、100均で色々な物が置いてある。しかも100円(税込み105円)なので、サイズが合うかどうかがわからなくても山勘購入しても痛手が小さいのがありがたい。中ブタの横に下部への投入口?を設定して、そこを埋めるフタを探して山勘購入したら、それは見事にぴったりはまって快感!! こんな快感を感じられるのなら、今度から色々と工夫して、工作と100均を併用して作ってみようと思った。

 私が使用しているプロターゲットは、最近メインクーラーボックスとして活躍している。定価なら、ん万円するものだが、とても格安でオークションでゲットできて、きっとこのクーラーボックスは私と運命的な出会いをしたのだろう、と手前味噌ながらほくそえんでいる。あとは、中に入れる魚がないだけ・・・かな??

 ところで、私が以前製作したエサ箱、どなたかいりませんか? 物は、ダイワの旧プロバイザー(現在のクールラインの規格のものかな?)20L、13L併用型。縦向きで20L、横向きで13Lにぴったり合うように製作してある。基本は2室になっているが、その片方は別の板等でさらに2分割できて、合計3室にすることができる。最近とんと使用することがなくなって、倉庫の隅に置いてあるのだ。かなり使い込んですすけているが、頑丈でまだまだ使えると思います。お見合い写真を載せておくので、どなたかお嫁にもらってやってください。

2008081819220000

2008081819230000

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 中ブタについて一家言あるとおっしゃる方、バナーをクリックの上、メールや書き込みでアドバイスをいただけるとありがたいです。

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« ふと気がついてみると・・・ | トップページ | しつこくクーラーボックスネタ »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/42205030

この記事へのトラックバック一覧です: クーラーの中蓋:

« ふと気がついてみると・・・ | トップページ | しつこくクーラーボックスネタ »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ