« 最近思ったこと | トップページ | 糸の巻き換え »

とんでもhappenな釣り9~ヒラメ~

 ヒラメというお魚で、ノウハウを語るほど実績があるわけではなく、どちらかと言えば縁の遠いお魚というイメージがある。私の釣ったヒラメはたったの5匹ですべてAランク。そして、以前にも書いたように、魚拓にするとなんとかAランクといった状態で、私がヒラメを釣ると、常に実寸プラス5%以内の魚拓規定との戦いになるのだ。これがキチヌとかクロダイなら、またいつでも釣れるかたいいや、なんて思って魚拓申請をあっさりあきらめるのだが、ことヒラメに関しては間違いなく貴重な大物。だから、魚拓取りも自然と慎重になってしまう。いい加減に納得サイズのヒラメを釣りたいと思っているのだが・・・・・。

 ある年11月、学校の日曜参観の代休が月曜日に当てられていて、先生方と相談して、日本海の佐津にカニ料理を食べに行こうということになった。海に行くのだから釣りをしない手はない。旅行の幹事の先生に無理を言って、翌日は自由行動にしてもらい、釣り組と観光組みに分かれて、昼頃香住で落ち合うことになった。釣り組(3人)が目指したのは浜坂一文字。落ちギスなら何とか釣れるだろうと思ってのことだ。浜坂一文字ではその1年前の同じ時期に私がAランクのヒラメを釣っており、「その期待もありますよ。」と2人に告げてから釣り出した。その日の私はサビキ釣りの道具を持ってきておらず、オール虫エサの置き竿釣り。他の二人は投げ釣りもしつつ、ウキ釣りやルアー釣りに興じている。置き竿の方はたまにシロギスが釣れるが、型がもうひとつ不満。落ちギスの頃のランクを狙っていた私の思惑はどうやらはずれたようで、まだ落ちギスの荒食いが始まっていないようだ。仕方がないので、たまに釣れてくる口掛かりのキスを、飲ませ仕掛けにつけて捨て竿で投げ込んでおいた。すると、ほどなくしてドラグを鳴らすアタリがあり、じっくり食わせて合わせると、なんとヒラメが釣れてきた。サイズは35センチ。こうなると他の二人も急にヒラメ狙いがしたくなって、私の釣ったシロギスをエサにし出した。私もエサを確保せねばと引き釣りに転向、ひたすら「エサ」のシロギスを釣るべく、引き釣りに精を出した。ところがわからないもので、その引き釣りに竿をひったくるようなアタリ。私はエソでも来たか、と慎重に巻き上げると、なんとまたまたヒラメ。これは36センチ。これは私が虫エサで釣ったヒラメ第1号になった。他の二人も苦笑いするしかなく、相変わらずシロギスをつけて投げている。ところが、その頃からシロギスのアタリが遠のいてきた。どの方向に投げてもなかなか釣れない。飲ませのエサも底を尽き、もう終わろうかと言っていた頃、一人が投げ釣りで10センチほどのキューセンを釣った。同時にようやく私にもシロギスが釣れた。私はもうヒラメを2匹も釣っているので、その人と魚を交換し、私がキューセン、その人がシロギスをつけて投げ込んでおいた。「どっちに来るやろね~。」なんて笑いながらアタリを待っていると、アタリがあったのはなんと私のキューセンエサの方。巻き上げて浮いた魚を見ると、またしてもヒラメ。私は2匹釣った余裕で抜き上げたが、驚いたことに、ヒラメはキューセンをくわえただけで、ハリには掛かっていなかった。冷や汗をかきながらサイズを測ると、納得の40センチ。こうして、私はなんとかヒラメのAランクを1匹付け加えることになった。他の2匹のヒラメは同僚のお二人の先生に仲良く1匹ずつ進呈し、平和に1匹ずつのヒラメを持ち帰ることになった。

 近年、浜坂の一文字は、東向きの先端に大型テトラが入れられ、その上に、赤灯波止の沖にテトラ一文字が作られて、一文字からはとても釣りにくい環境になっている。だが、11月頃に浜坂に行くと地元の釣り人が、海底にヒラメが敷き詰めてある、と言うほどヒラメの魚影は濃いようだ。サイズ的には不満はあるが、11月頃に飲ませで狙うと高確率でヒラメがゲットできるし、私の大物200号のように、外道にスズキが来たり、マゴチも釣れたりする。ヒラメの号数を稼ぎたい人は、浜坂に限らず、日本海方面の一文字あたりを狙うと、かなりの確率でヒラメが釣れるのではないだろうか。私もまた久しぶりに、また行ってみようかなと思っている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ ヒラメの参考になった方、もしおられましたら、バナーをクリックしてね(^^)

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« 最近思ったこと | トップページ | 糸の巻き換え »

とんでもhappenな釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/42328457

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもhappenな釣り9~ヒラメ~:

« 最近思ったこと | トップページ | 糸の巻き換え »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ