« キャスティズム | トップページ | 信念 »

キャスティズムとボトムウォーカー

 先日、ヤフオクにてエギングロッドを手に入れた話をこのブログに書いた。エギングロッドの種類や値打ちはまだまだエギ初心者なのでよくわからないのだが、とりあえず手に入れたロッドは「F社ボトムウォーカー」と呼ばれる8フィート3インチの長さのもの。私はシーバスロッドも所有しているが、それはもう10数年前に購入したD社のパシフィックファントム11フィート振り出し。年代物なので仕方ないのだが、どちらかといえばベロンベロンな感がある。その証拠に、かつて日高川尻でソフトルアーでマゴチを狙っていたとき、大マゴチであろう獲物に竿をのされてしまったことがあるのだ。そのときから、並み継ぎのルアーロッドをほしいと思っていたが、まさかそれがエギングロッドになるとは思いもしなかった。というか、落札するまで並み継ぎのルアーロッドがほしかったことを忘れていたと言った方が正しい。

 パシフィックファントムとボトムウォーカー。両者を比べると、ボトムウォーカーの方は、長さのことは差し引いても持ち重り感がなく、シャキッとした感じ。かなり細身ではあるが、曲げたときの腰の強さを確かめると、シーバスにも十分対応できそうな感じである。最近ではあまりルアーはやらないが、ロッドケースに忍ばせておくと、エギやシーバス、マゴチなど、様々な対象魚を狙うのに役立ちそうな感じがする。エギの専門家の方に尋ねたことはないのだが、エギングロッドでそのような流用をされている方はいるのだろうか。少し知りたいと思っている。Cimg0582 Cimg0584

 さて、一方昨日購入したキャスティズム。ボトムウォーカーと比べると、造りといい、コンセプトといい、まさにボトムウォーカーのロングバージョンといった感じ。両者ともローライダーガイドを使用しており、(ボトム・・・の方は、細い部分はオーシャンガイド)持った感じのシャキット感もそっくり。ボトム・・・はチョイ投げ釣りなら対応できそうだし、逆にキャスティズムの方も、もしかするとエギングでも無理すれば使えそうだし、足元が悪いポイントでのシーバス釣りや、以前竿をのされて悔しい思いをしたマゴチのソフトルアーなんかにも使える気がする。あとは、キスやカワハギなどの引き釣りといった「本職」がメインなのはもちろんである。いつか、家族で投げ釣りに行ったら、この竿を妻や息子に持たせてみようとも思っている。ある方の話によると、このキャスティズムをクロダイのぶっ込み釣りで使ったら、釣り味が良いのではまってしまい、3本揃えた方がいるとも聞く。キャスティズムはS社の同コンセプトのものよりはるかに安価だし、気軽に手にできるロッドではないだろうか。

 そんなわけで最近手に入れた2本の並み継ぎロッド。これから色々なシーンで活躍するのでは?とおおいに期待している。今までクーラーに入ることがほとんどなかったアオリイカやタコ、青物など、「食部門重視派」の私としては、これからの獲物がとても楽しみ~~                                                                                                                      Cimg0585

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ ブログランキングに参加してみます。皆さんよろしく!!

北斗サーフキャスティングクラブ公式サイト http://homepage3.nifty.com/hokutosurf087/

« キャスティズム | トップページ | 信念 »

タックル・アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/41501309

この記事へのトラックバック一覧です: キャスティズムとボトムウォーカー:

« キャスティズム | トップページ | 信念 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ